プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および閲覧者様の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

2017年11月26日

S&T 三八式歩兵銃 エアーコッキングガン

こんにちは。
数か月おきの更新が当たり前の我がブログでまさかの二日連続更新です。

さて、今回のネタは・・・・

IMG_1878
IMG_1878 posted by (C)てっきん
コチラ。

S&Tの三八式歩兵銃エアーコッキングガン、購入しました。

日本人のミリヲタならほとんどの人が欲しいであろう三八式歩兵銃ですが、筆者も多分に漏れず昔から欲しい銃でありました。
ただ今回は大陸メーカーであるS&Tの製造という事で些か不安でありました。
同メーカーの64式小銃も持っていますが、お世辞にもいい出来とは言えませんでしたので・・・。

しかし今回、ネットでレビューを見た感じではそこまで悪い出来では無いようでしたので、今回購入に踏み切った訳です。
購入価格は約4.5諭吉。

それでは細部を見ていきましょう。

IMG_1869
IMG_1869 posted by (C)てっきん
薬室上部の刻印。

「お、ちゃんと菊の御紋も再現されとるやんけ!」

とか思った?

残念ながら花びらの枚数が違います。
実物は16枚の八重表菊紋ですが、このS&Tの三八式は15枚です。

まあパッと見は分からんので良しとしますか。
細部は違うとは言え、菊の御紋を大陸メーカーが付けてくれただけ良しです。
あとガス抜き穴が貫通してるのも嬉しいですね。

IMG_1868
IMG_1868 posted by (C)てっきん
機関部後部。

回転式の安全装置も再現されており、キチンと稼働します。

IMG_1875
IMG_1875 posted by (C)てっきん
遊底部。

デフォルトで金属製の防塵カバーが装着されています。これは嬉しい!
ボルトハンドルを操作するとカチャカチャといい音がします。

IMG_1876
IMG_1876 posted by (C)てっきん

ボルトストロークはこんなもん。
短いような気がしますが、まあエアコキですし仕方ないのかも。

IMG_1871
IMG_1871 posted by (C)てっきん
弾倉下部。

思いっきり「MADE IN CHINA」の表記があります。
ここはマイナスポイントですね。その内上から黒で塗ってしまいますかね。

IMG_1872
IMG_1872 posted by (C)てっきん
マガジン部。

思いっきりマガジンが見えています。
まあエアコキだから仕方ないんですが、これは何とかしたいですね。

IMG_1873
IMG_1873 posted by (C)てっきん
マガジン。

ダブルカアラムの26発装填です。
構造上ローダーの使用は無理ですね。

IMG_1877
IMG_1877 posted by (C)てっきん
今回は予備マガジンも2個一緒に購入しました。

マガジンが小柄なので、弾薬ポーチでの携行もしやすそうですね。

IMG_1874
IMG_1874 posted by (C)てっきん
照星部。

照星(フロントサイト)はガードが付いてる戦中型。たしかKTWさんのはガードが付いてないんじゃなかったか。
ここは嬉しいですね。
銃剣は持ってないので取り付けが可能かどうかは分かりません。

照門(リアサイト)の写真は撮るの忘れました(駄
コチラはきちんと目盛り入りで可動します。

IMG_1870
IMG_1870 posted by (C)てっきん
銃身前部。

何だこりゃ?
なんか加工時か何かの赤い罫書き線みたいなのが残っています。
個体差なのかしら。

IMG_1867
IMG_1867 posted by (C)てっきん
初速。

東京マルイ製0.2gバイオBB弾で適正HOP時の数値です。
ほぼこの数値で安定しています。

海外製のエアガンはHOPパッキンがダメなのが結構ありますが、今回はちゃんと働いております。
写真は撮ってませんが、HOP調整は照門の下にあるネジを六角レンチで調整する方式です。

IMG_1876-1
IMG_1876-1 posted by (C)てっきん
装填時のコッキングですが、個体差なのかたまに装填不良を起こします。

色々やってみましたが、写真の用にボルトを引く際に下に力を加えながら装填すると解決しました。
初期不良なのか筆者のコッキングのしかたがマズかったのか・・・何にせよ一応の解決はしたので良しとしましょう。


さて、私のレビューはこんなもんですね。
結論としては、この値段でこの出来なら充分じゃないかと思います。
その内サバゲーフィールドに連れて行ってあげて実戦投入といきたいですね。
  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 16:28Comments(2)トイガン大日本帝国陸海軍装備銃器

2017年11月25日

2017年8月 夏の北ベトナム軍装備

皆さまお久しぶりです。

今年の春に再就職してから中々サバゲにも行けていません。

そんな中8月に久々にサバゲに行ってきたのでその時の記事を書きたいと思います。

IMG_1682
IMG_1682 posted by (C)てっきん
今回は真夏という事で、比較的涼しげな1960年代北ベトナム人民軍装備で参加しました。

IMG_1665
IMG_1665 posted by (C)てっきん
それと今回は自分への誕生日プレゼントで買ったCZ P-09の試運転も兼ねています。

IMG_1664
IMG_1664 posted by (C)てっきん
他にもAKMのボルトハンドルが折れたので代わりに最新版のボルトハンドルやらBB弾やらガスやら色々買いました。
CZ P-09はフィールドで使ってみた感じ、素直な弾道でしたね。
今後もグロックなんかと一緒に使っていきたいです。

IMG_1670
IMG_1670 posted by (C)てっきん
LCTの最新版AK用ボルトハンドルは取り付けが大変でした。
メカボックスまで外したのなんてホント久しぶりでした。

AK本体はウェザリングしてあるので、ボルトハンドルも其のうちウェザリングしようと思います。

まあ、結局忘れたまま放置するんでしょうけど・・・(駄


IMG_1671
IMG_1671 posted by (C)てっきん
装備の方はこんな感じ。

北ベトナム軍といえばグリーンのイメージが一般的なようですが、1960年代の北ベトナム軍の装備はカーキ色です。
なので今回の装具もカーキ色のものに統一。

今回は肩掛けのAKポーチにグレネードポーチ、メディカルキットポーチに中国軍水筒、民生品の雑嚢の組み合わせです。

IMG_1673
IMG_1673 posted by (C)てっきん
被り物はお馴染みのサンヘルメット。
今回はカーキ色の個体に偽装網を装着。

IMG_1674
IMG_1674 posted by (C)てっきん
装備を組み上げたらこんな感じ。
北ベ装備はサスペンダーを使わず、各ポーチの肩掛けストラップで荷重を分散するようになっています。

IMG_1675
IMG_1675 posted by (C)てっきん
装具を装着して前から見た図。


IMG_1678
IMG_1678 posted by (C)てっきん
こちらは靴。
今回は妥協して現用のものでお茶を濁しました。

IMG_1679
IMG_1679 posted by (C)てっきん
中敷きに自衛隊の行軍用中敷きをセット。
これで履き心地は抜群です。


IMG_1685
IMG_1685 posted by (C)てっきん
フィールドにて、1960年代北ベトナム人民軍装備の私と、今回一緒に参加した同じ会社の先輩N氏。

IMG_1687
IMG_1687 posted by (C)てっきん
会社でN氏もサバゲが趣味であることをたまたま聞いたので今回お誘いしました。
普段はインドアでゲームをされているそうです。

IMG_1691
IMG_1691 posted by (C)てっきん
まえ。

IMG_1692
IMG_1692 posted by (C)てっきん
立ち。

IMG_1693
IMG_1693 posted by (C)てっきん
かばんちゃんです。
うそです。

IMG_1695
IMG_1695 posted by (C)てっきん
今回も車を出してくれたやふし。
タクティカルキルト装備です。涼しいんだろうなぁ・・・俺は着ないけど(

IMG_1697
IMG_1697 posted by (C)てっきん
久々のSSWメンバー集合!
実に3、4年ぶりの事です。みんな変わりなく。

IMG_1700
IMG_1700 posted by (C)てっきん
サバゲが終わってからは皆で飯食いました。肉肉。




おまけ



IMG_1684
IMG_1684 posted by (C)てっきん
アウターバレル内でBB弾が三発同時に弾詰まりを起こすという珍事。
  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:47Comments(0)軍装トイガン装備品サバゲ北ベトナム軍装備

2017年07月10日

P37装備いじり

DES-x0nUQAAwdse
DES-x0nUQAAwdse posted by (C)てっきん
皆さんこんばんは。
転職して1か月とちょっと。新しい職場にもだんだんなじんできました。
昨晩久々にWWⅡ英軍のP37装備をいじってはTwitterにうpしていたので折角なのでその写真を使って記事にしたいと思います。

DEStHe_U0AAv-wW
DEStHe_U0AAv-wW posted by (C)てっきん
こちらが私のP37装備。
今はベーシックポーチではなくリー・エンフィールドポーチにしています。

DEStnElVoAA9Rmn
DEStnElVoAA9Rmn posted by (C)てっきん
エントレンチングツールと銃剣とワイヤーカッター。
こういう小物を付けるの大好きです。

DES2Y8aUMAEkCOx
DES2Y8aUMAEkCOx posted by (C)てっきん
銃剣。
銃剣の鞘がいわゆるカナディアンタイプです。
大戦期の一般的な方の鞘が欲しいですね。

DESxOwbVYAA2sjS
DESxOwbVYAA2sjS posted by (C)てっきん
銃剣をエントレンチングツールの柄の先のアタッチメントに接続。
エントレンチングツールのアタッチメントって銃剣を取り付けるための物だったんですね。
昨日初めて知りました(駄

ずっと柄を延長するアタッチメントがあって、それを付けるんだと思っていました・・・。

DETD7XyV0AAJpbc
DETD7XyV0AAJpbc posted by (C)てっきん
カーキドリルの半そでジャケットとグルカショーツ。

DETEblsUMAMLTI6
DETEblsUMAMLTI6 posted by (C)てっきん
一応シャツも持ってます。
リプロですけど。

DETRIXHVwAAjBjA
DETRIXHVwAAjBjA posted by (C)てっきん
KDホーゼ。
グルカショーツと合わせるならやっぱりこれです。
色の濃いのと薄いの、2種類持っています。

DETL_gFUMAAjeE1
DETL_gFUMAAjeE1 posted by (C)てっきん
メスキットと石鹸。
スモールパックにしまってありました。
石鹸は官給品の証であるブロードアローがついていますが、本物かリプロかは不明です。

DETRvCYV0AA96kS
DETRvCYV0AA96kS posted by (C)てっきん
リー・エンフィールドライフル用バンダリア。
何も入れる物が無いので取り敢えずマッチ箱で膨らませているのですが、些か膨らみすぎなのでちょっと考えないとですね。

DETHTtSU0AALs7x
DETHTtSU0AALs7x posted by (C)てっきん
DENIXのリー・エンフィールドとパシャリ。
「桜の国からこんにちは!」→ http://insnowaesenal.militaryblog.jp/
の管理人でサバゲ仲間のせっつー君がKTWのリー・エンフィールドNo.4を買ったので羨ましいかぎり。

P37系装備はとても奥が深くてやりがいのある装備なので、今後も力を入れていきたいですね。
今回紹介した装備や服を実際装備してる写真はこちらの過去記事からどうぞ。
   ↓
http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e781666.html

それでは今日はこのへんで。
おやすみなさいませ。


あぁ~、サバゲー行きてぇなぁ。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:34Comments(0)軍装雑記装備品WWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2016年12月29日

2016年12月29日サバゲおさめチェチェン風

こんばんは。

今日はらんぼーさんの提案で、奈良県のフィールド「ラグーンシティ」さんへ撃ちおさめに行ってきました。

ラグーンシティ様のホームページはコチラ→ http://www.laggooncity.jp/

1229-1
1229-1 posted by (C)てっきん
当日の私(左)とすもうくさん。
チェチェン紛争時のロシア軍の軍装をしています。
CQB主体のフィールドなのにタクティカルのタの字も無い・・・。

楽しめればええんじゃ。

1229-2
1229-2 posted by (C)てっきん
防寒着プラス。
私はOKZK防寒着の上に6Б3Тボディーアーマー、すもうくさんがアフガンカの上に6Б4ボディーアーマー
を装着し、さらにアフガンカの防寒着を羽織っています。

1229-3
1229-3 posted by (C)てっきん
ご一緒した五式さん。
ロシアのおまわりさん装備です。

1229-4
1229-4 posted by (C)てっきん
警棒を装備。コワイ!!


フィールドはかなり寒かったですが、ロシア製の防寒着のおかげで凍えることなく
ゲームに集中できました。
ってかウールのインナーが重くてかさばるので動きは制限されましたが・・・^^;

ゲームの成績は相変わらずのへっぽこでしたが、非常に楽しい一日でした。
来年もよろしくお願いいたします。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:15Comments(0)ロシア連邦軍・内務省軍装備

2016年09月01日

2016.8.21 バトルゾーン定例会

皆さんこんにちは。

今回は8月21日のバトルゾーン定例会の記事です。

IMG_1152
IMG_1152 posted by (C)てっきん
当日の私。
カンボジア軍の一般兵装備で行きました。
暑い時は一番これが楽です。超軽装だし(^^;

IMG_1149
IMG_1149 posted by (C)てっきん
一緒に参加したやふし君。
装備は一式イスラエル軍なんですが、ライフルが何故か超カスタムのM16。
タボール持ってるんだからタボールで撮ればよかった(^^;
暑かったらしく、途中から着替えてました。そりゃそうだ。

IMG_1153
IMG_1153 posted by (C)てっきん
同じく一緒に参加した山風さん。
今日は夏サバゲ装備。

他にもせっつー君やレンチ兄貴も一緒に参加しました。
せっつー君はアフガン戦のソ連空挺軍装備だったのですが写真撮りわすれました(^^;

IMG_1148
IMG_1148 posted by (C)てっきん
レンチ兄貴の「不法入国者」Tシャツ。
ほしい。


今回は普通の定例会だったのですが、昼休みを利用して「ある競技」にチャレンジしました。
「ある競技」って?

それは・・・「コーラウォーリア」です。

なんやねんそれ?って方は調べてみてください。

簡単に言うと、コーラがぶ飲みしてマシュマロ食って障害物走と射撃競技をやるという、
非常に自分の体を痛めつける競技です(^^;

今回は現地の状況に合わせて障害等設定したのでアメリカ人がやってる真のコーラウォーリア
には全然及ばない内容ですが、それでも地獄でした。

まずうさぎ跳びで銃の元まで移動します。

IMG_1155
IMG_1155 posted by (C)てっきん
そして置いてある銃(RPK)を分解して結合。

IMG_1158
IMG_1158 posted by (C)てっきん
そして大サイズのマシュマロを口に3つ詰め込んでコーラ500mlを一気飲み。

そしてフィールド外周をダッシュで周り、

IMG_1160
IMG_1160 posted by (C)てっきん
拳銃でマンターゲット4つを撃ち、

IMG_1165
IMG_1165 posted by (C)てっきん
最後にまたコーラ500mlを一気飲みで終了。

IMG_1163
IMG_1163 posted by (C)てっきん
実際やってみて、本場アメリカ人ほどのキツい条件じゃないんでなんとかなるやろう
と思ってましたが、それでも十二分にキツかった・・・。
私はなんとかクリアしましたが、今回チャレンジした五人のうち、一人は途中でリタイア、
もう一人はコーラリバースしたほどです。

アメリカ人がやってるバカなことなんてマネするもんじゃねぇな。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 12:59Comments(0)軍装雑記装備品サバゲカンボジア王国軍装備

2016年07月23日

2016.7.16 スルプスカ共和国軍ごっこ

e1cbb92a-1ec8-4096-b115-2ad34d594e6b
e1cbb92a-1ec8-4096-b115-2ad34d594e6b posted by (C)てっきん

皆さんこんばんは。
今回は先日のバトルゾーンでのスルプスカ共和国軍ごっこの記事です。

SMBシャツにスルプスカリザードパンツとかなり軽装ですが、実際写真みてるともっと軽装な兵士もいます。
今回の組み合わせはユーゴ装備の先輩にご指導いただき組んだもの。


a6e42695-20d6-4298-8583-cd2a2bc536a6
a6e42695-20d6-4298-8583-cd2a2bc536a6 posted by (C)てっきん

小物たち。
AKのマガジンをカラービニテでセルビア国旗カラーで縛着しています。

DSCN1703
DSCN1703 posted by (C)てっきん

LCTのM70AB2のハンドガードは実物に換装。

DSCN1704
DSCN1704 posted by (C)てっきん

ヘルメット前部にはセルビア十字を自分で描きました。
実際内戦中の写真を見るとこういうワンポイントなオシャレが多いです。

DSCN1702
DSCN1702 posted by (C)てっきん

グラサン。
内戦中はこういう古めかしいデザインのサングラスの使用例が多いです。
ホームセンター三軒回ってやっと買えました;

1410b636-4d42-42eb-a22f-019ac0fd81af
1410b636-4d42-42eb-a22f-019ac0fd81af posted by (C)てっきん

まえ。
本来肩掛けのマグポを腰に巻き、バラ弾入れマシマシ。

0a175e69-ec3c-462c-912e-adab2c3a6740
0a175e69-ec3c-462c-912e-adab2c3a6740 posted by (C)てっきん

うしろ。
流石に水筒ぐらいつければよかったかしら・・・?


いつかもっと人数集めて部隊写真撮りたいですねぇ。

では今日はこのへんで。



  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:30Comments(0)軍装トイガン装備品サバゲセルビア軍装備内戦時セルビア人軍装備

2016年07月13日

4/24トレンチ WWⅡ英軍装備合わせ

DSCN1677
DSCN1677 posted by (C)てっきん

皆さま今晩は。
今回は去る4月に大阪のトレンチさんで開催された定例会の際に行ったWW2英軍装備
あわせの記事です。

DSCN1669
DSCN1669 posted by (C)てっきん
DSCN1642
DSCN1642 posted by (C)てっきん

英軍の熱地装備はやっとグルカショーツとブッシュジャケットがサイズが合うのが手に入った
ので、折角あったかくなってきたのでフィールドで着ようと思い立った訳です。

DSCN1690
DSCN1690 posted by (C)てっきん

そしてコチラ、写真左は英軍P40を着込んだ英軍装仲間のhanacoさん。

DSCN1695
DSCN1695 posted by (C)てっきん

hanacoさんは暑い中デニソンスモック着込んだりしてました(^^;

DSCN1699
DSCN1699 posted by (C)てっきん

しかし熱地装備と空挺フル装備、なんとも不思議な組み合わせですね(^^;

DSCN1685
DSCN1685 posted by (C)てっきん

エントレンチングツール。戦中品。

DSCN1689
DSCN1689 posted by (C)てっきん

ワイヤーカッター。こっちは戦中同型の戦後品。

DSCN1701
DSCN1701 posted by (C)てっきん

私は熱地装備だったのでそうでもなかったのですが、ウールフル装備のhanacoさんはかなり熱そうでした;
やはり軍装着込むなら春先か秋あたりがイチバンですね・・・  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:00Comments(0)軍装サバゲWWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2016年07月13日

いつぞやのユーゴ軍あわせ

皆さんお久しぶりです。
ミリブロのログイン情報を紛失してしばらくログインできなくなってたのですが、さっきやってみたら奇跡的に
ログイン出来てしまったので更新したいと思います。

DSCN0994
DSCN0994 posted by (C)てっきん

今回は廃屋を中心としたフィールド、ルートアイリッシュさんにお邪魔した時の記事です。
って言っても最早いつ行ったのかも定かではないのですが・・・(^^;

DSCN1102
DSCN1102 posted by (C)てっきん

今回はユーゴスラビア人民軍末期の装備合わせで、写真左の迷彩シャツが私、右がツイッター
フォロワーさんでサバゲ仲間のらんぼーさんです。

DSCN1068
DSCN1068 posted by (C)てっきん

射撃訓練中・・・

DSCN1076
DSCN1076 posted by (C)てっきん

講評。

DSCN1049
DSCN1049 posted by (C)てっきん

トラックにて移動。。。

DSCN1079
DSCN1079 posted by (C)てっきん

会敵!

DSCN1084
DSCN1084 posted by (C)てっきん

DSCN0999
DSCN0999 posted by (C)てっきん

DSCN1000
DSCN1000 posted by (C)てっきん

DSCN1004
DSCN1004 posted by (C)てっきん

DSCN1010
DSCN1010 posted by (C)てっきん

廃屋中心ということで、非常にユーゴ装備とも相性が良く、良い写真がたくさん
撮れました(^^)
ぜひまたユーゴ合わせで撮りたいですね。



おまけ。

DSCN1091
DSCN1091 posted by (C)てっきん

DSCN1097
DSCN1097 posted by (C)てっきん

もちろんポーズとってるだけ。フリですよ(^^;  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 18:06Comments(0)サバゲユーゴスラビア人民軍/連邦軍装備

2016年03月20日

インドシナ戦争フランス植民地空挺大隊Mle47/52スモック

DSCN1641
DSCN1641 posted by (C)てっきん

皆さんこんばんは。
画像は冬に手に入れたインドシナ、アルジェリア戦争期のフランス軍空挺スモック。
その中でもMle47/52と呼ばれる型のものです。
写真では上だけですが、下もセットで手に入れました(^^


DSCN1638
DSCN1638 posted by (C)てっきん

という訳で着込んでみました。


DSCN1640
DSCN1640 posted by (C)てっきん

インドシナ戦争期のフランス軍の装備品はアメリカ、イギリス軍等の装備品が入り混じって
おり、今回着込んだ装備のように上下ちぐはぐな例も沢山見受けられます。


DSCN1636
DSCN1636 posted by (C)てっきん

というかこのスタイル大好きなんですよね(^^;
なので今回は折角上下手に入れたスモックですが、あわせは英軍ウィンドプルーフパンツとです。
M1カービンはTwitterで一時話題になった5000円程度で買えるエアコキ。


DSCN1639
DSCN1639 posted by (C)てっきん

うしろ。
P37ベーシックポーチを雑嚢代わりに。これも実際の着用例があります。
まあポーチの型がちがうんでそれは何とかせにゃならんのですが(^^;
水筒も47年型と米軍のM1910をつけてます。
2つはさすがに付けすぎだと思うので次ははずします(--;

ではでは今回はこのへんで。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:30Comments(0)軍装フランス植民地軍装備戦闘服・被服

2016年03月19日

英軍Mk.Ⅱ、Ⅲ、Ⅳヘルメットのお手入れ

皆様こんばんは。

さて、今日は手持ちの英軍のヘルメット各種のお手入れをしたいと思います。

DSCN1620
DSCN1620 posted by (C)てっきん

さて、こちらは先日ボロボロのライナーからベルギー軍のものに交換したMk.Ⅱヘルメット。
こちら交換して早々に本家のレプリカライナーが手に入ったのでこちらに交換し直したいと思います^^;

DSCN1621
DSCN1621 posted by (C)てっきん

ライナー交換の手順は先日記事にしたとおり。サクッといきましょう。


DSCN1623
DSCN1623 posted by (C)てっきん

んでこちらはMk.Ⅱヘルメットの後継者たち。肌色のほうがMk.Ⅲ、OD色がMk.Ⅳです。


DSCN1624
DSCN1624 posted by (C)てっきん

このMk.Ⅲヘルメット、以前のMk.Ⅱと同じようにライナーが痛んでしまっています。
Mk.Ⅳではごらんのようにライナー構造自体が違うのですが、Mk.Ⅲはこれまでの型と基本的に一緒。
せっかくベルギー軍ライナーがあまったのでこっちを交換してしまいましょう。


DSCN1625
DSCN1625 posted by (C)てっきん

ただ問題がひとつ。
Mk.Ⅲからはライナーの固定方式がネジからスナップボタンに変更されていたのです;


DSCN1629
DSCN1629 posted by (C)てっきん

仕方がないのでこのとおり。
穴を通して針金で無理やり固定。
まあ被れず箪笥のこやしにされるよりかはヘルメットもこの方が本望でしょう(謎


DSCN1630
DSCN1630 posted by (C)てっきん

さてお次はあご紐。Mk.ⅢもⅣもあご紐は共通です。
しかしフォークランド紛争装備等でよく使うMk.Ⅳの方のあご紐が痛んでいます。
折角ですしこっちも換えてしまいましょ。


DSCN1631
DSCN1631 posted by (C)てっきん

固定方式はいたって簡単。
マイナスドライバーとラジオペンチではずして、、、


DSCN1632
DSCN1632 posted by (C)てっきん

取替え。
これでフォークランド装備で堂々とヘルメットを被れます(^^

さて、本日はこのへんでオサラバ。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:00Comments(0)軍装雑記装備品冷戦期イギリス軍装備WWⅡイギリス軍装備

2016年03月18日

WWⅡイギリス軍熱地装備を目指して

C48Uz
C48Uz posted by (C)てっきん

皆様こんばんは。
こちら、英軍のカーキドリルジャケット。届きたてほやほやです(謎

と、言う訳で・・・・

DSCN1614
DSCN1614 posted by (C)てっきん

着込みました。・・・部屋が汚い?ほっとけ。
とりあえずカーキドリルで服をそろえて、P37装備着込んだだけですが。
とりあえず着ただけで、何年のどこの戦線、といった想定はしてません。

DSCN1615
DSCN1615 posted by (C)てっきん

うしろ。
エントレンチングツールの延長、ほしいですね。
別にこのままで良いっちゃ良いんですが。

DSCN1610
DSCN1610 posted by (C)てっきん

ウールのバトルドレスにしろカーキドリルにしろ、なんとなく形にはなってきました。

DSCN1613
DSCN1613 posted by (C)てっきん

こうなるとJGも欲しくなってくるんですよね。
いや、それは更に深い沼やぞお主・・・。

では今回はこのへんで。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:47Comments(2)軍装雑記装備品WWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2016年03月14日

いつぞやのバトラン戦という名の茶飲み会

皆様こんばんは。

暇を持て余しているので、前職で忙しくて全然ブログ更新していなかった時の写真を使って更新
したいと思います。

さて今回は去年の夏ごろ、和歌山のバトルランド1にて実施されたサバゲという名の茶飲み会の
写真です。


DSCN1183
DSCN1183 posted by (C)てっきん

こちらは大祖国戦争のソビエト労農赤軍35年型装備のパブロフ君。
ソ連軍ゴーグルが非常に怪しいです(^^;

DSCN1184
DSCN1184 posted by (C)てっきん

こっちでスイカ食ってるのは日本軍の南方装備の山風さん。
やっぱ夏はスイカですな!

DSCN1193
DSCN1193 posted by (C)てっきん

そしてこちらはスペシャルゲスト、OG装備のHanacoさん。
雰囲気作りの為にティーセットまで持参する徹底ぶり。

いつかWW2英軍合わせやりたいですなぁ。。。
最近レプリカのカーキドリル上下を入手したので、熱地装備とかであわせるのもいいですね。

我々が暑さで参加料払ってるくせにゲームに出ずにセーフティでずっとダベってるだけに対して
Hanacoさんはちゃんとゲームに出てらっしゃいました。
オイラも見習わなきゃ。

そして今回の私の装備は、

DSCN1187
DSCN1187 posted by (C)てっきん

前半はインドシナ戦争のフランス軍植民地空挺大隊でした。

今回の組み合わせは米軍ダックハンタージャケットに英軍ウィンドプルーフパンツという
組み合わせです。
戦後間もない頃は米軍や英軍の装備を使用している例も多く、今回の組み合わせの
ようにフランス製装備品より米英の装備品の割合の方が多い、なんて例もたくさん見かけ
ます(^^;

DSCN1188
DSCN1188 posted by (C)てっきん

銃はマルイのトンプソン。
銃器も多彩な種類が使われておりましたが、モデル化されているものが少なく・・・
MasライフルやMAT49サブマシンガンのモデル化が待たれます(多分無理

今回はトンプソン装備という事で、装具はMAT49短機関銃用のポーチを付けています。

DSCN1190
DSCN1190 posted by (C)てっきん

うしろ。
リュックのフラップにおフランス軍テントシートを挟み込んでいます。

そしてワンポイントのP37ベーシックポーチ。
インドシナ戦争の写真を見ていると、ちらほらこの付け方をしている写真が散見されます。
雑嚢として使ってたのでしょうかね。

DSCN1192
DSCN1192 posted by (C)てっきん

そして水筒は47年型と米軍水筒の2個を付けています。
今思うとやりすぎかも(^^;


DSCN1195
DSCN1195 posted by (C)てっきん

そして昼からは現用ベトナム人民軍の歩兵装備です。

DSCN1197
DSCN1197 posted by (C)てっきん

装備している56式チェストリグは中国軍のものでは無く、ツイッターのフォロワーさんで
同じくベトナム人民軍装備をされている方からのプレゼントのベトナム製のものです(^^

普通行軍等ではスリングで銃を背負う事が多いですが、ベトナム人民軍においてはこ
の写真のように銃身を持って肩に担ぐのが一般的です。

DSCN1198
DSCN1198 posted by (C)てっきん

うしろ。
背嚢に中国軍同型スコップを挿して携行。
ベトナム人民軍ではこの型のスコップが一般的で、紐を結んで背負っているのを
よく見かけます。

DSCN1199
DSCN1199 posted by (C)てっきん

戦闘態勢!

DSCN1202
DSCN1202 posted by (C)てっきん

ベトナムでは多彩な種類のAKが使われており、最近ではMpi-KMが増えています。
まとめてどこかから買い付けたのでしょうかね。

DSCN1203
DSCN1203 posted by (C)てっきん

さて、今回はこんなとこですかね。
ベトナム人民軍装備に関してはいまのとこ関東にしか仲間がおらず、なかなか装備あわせ
が出来ないのが残念です。

何人分かは余分を持っているので、あと何人か仲間が出来れば一個分隊で撮影会ができ
るのですが・・・。

今後の課題ですね。  

2016年03月09日

WWⅡイギリス軍Mk.Ⅱヘルメット ライナー交換

皆さんこんばんは、超絶お久しぶりです。
約1年ぶりの更新です。

現在、患ってる病気の治療のため仕事を辞め、なんとか食いつなぎながら治療をしておりますが・・・

7uCqY
7uCqY posted by (C)てっきん

こんな事して遊んでるぐらいには精神は元気です。


さて、今回は・・・

DSCN1429
DSCN1429 posted by (C)てっきん

WWⅡ英軍の軍装には必須であるMk.Ⅱヘルメットですが・・・

DSCN1430
DSCN1430 posted by (C)てっきん

手持ちのものはライナーが痛んでおり、クッション部分が完全に剥離してしまっています。

今回はこれを別のものに取り替えましょ。


DSCN1431
DSCN1431 posted by (C)てっきん

英軍のヘルメットですが、Mk.Ⅱはライナーは頭頂部のネジ一本で固定されており、
簡単に取り外す事ができます。


DSCN1432
DSCN1432 posted by (C)てっきん

さて、コイツはベルギー軍のヘルメット。
チンストラップ仕様等を考えると英軍でいうMk.Ⅰ相当でしょうか。

このヘルメットは特に使う予定もないので、今回はコイツのライナーと交換しようと思います。

DSCN1433
DSCN1433 posted by (C)てっきん

こちらがベルギー軍ヘルメットのライナー。

先ほどの英軍のものの写真と比較していただければ一目瞭然、ライナーの
素材等英軍のものとは多少違いますが、固定方式は全く一緒です。

DSCN1434
DSCN1434 posted by (C)てっきん

では早速交換してしまいましょう。

ネジも古いので若干硬かったですが、ネジ一本固定ですので簡単にはずれます。

DSCN1435
DSCN1435 posted by (C)てっきん

そしてベルギーヘルメットからも同じように取り外して交換、作業完了です。


これで問題なく英軍装備でヘルメットが被れます。


  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:25Comments(0)軍装雑記装備品WWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2015年04月20日

2014年末撃ち収め WWⅡ英軍近衛歩兵第2連隊



おひさしぶりです、てっきんです。

ここ数ヶ月、今入っている現場の都合で午前6時に会社に集合して午後8時、9時に仕事を終えて帰ってくる
という生活を続けています。現場トラブルが連発し、さらに忙しいです(^p^)

皆様お風邪など召されていませんでしょうか。お互い身体には気をつけましょう・・・。


さて、今日はそのシフトから一時的に外れて前泊まりで和歌山に出張工事に来ているので、宿泊先のネカフェから更新
したいと思います。

しかし更新しようにもネタが溜まり過ぎて何から書いていいやら・・・
そこでツイッターでお題を募集したところ、当ブログではお馴染みのすもうくさんより、「昨年末のフィールド9での
撃ち収めサバゲーの記事」をリクエストいただきましたので書いていきたいと思いますm(_ _)m



DSCN0667
DSCN0667 posted by (C)すてっきん

フィールド9さんは京都府南丹市にある有料フィールドさんで、京都縦貫道ですぐに行けます。
フィールド9さんのサイトはコチラ。→ http://gm00790093.militaryblog.jp/

ただ、場所が少しわかりにくいのでサイトのアクセス方法はよく見ておく事を推奨します(^^;

今回初めてお邪魔させてもらうイベントで、ガンショッププラウダ(右のお気に入りリンク参照)の客友さん
からお誘いをいただきました(^^)

DSCN0668
DSCN0668 posted by (C)すてっきん
DSCN0669
DSCN0669 posted by (C)すてっきん

現地に着いた当初はなだらかな山林フィールドかな、という印象でしたが、ゲームエリアは険しい斜面も多く、
同じ京都のエピングフォレストさん程ではないにしても中々の傾斜です(^^;
私は野戦、山岳戦大好きなので一向に良いのですがw

残念ながらゲーム中およびフィールド内の写真はありません。申し訳ない・・・。
いつもどおり山登って敵を倒したり倒されたりしてました(適当

DSCN0657
(C)すてっきん

今回はWWⅡのイギリス軍。コールドストリームガーズ連隊(近衛歩兵第2連隊)の徽章付P37被服です。
何気にWWⅡのイギリス軍装備でゲームに出るのはこれが初めて。
お誘いいただいたK氏にも「どしたん!東側ちゃうやん!?」とツッこまれました(^^;

DSCN0665
DSCN0665 posted by (C)すてっきん

パッと見てある程度ちゃんと見えるようにはなってると思いますが、時代が時代なので被服やP37装備も当時モノ実物から
戦後生産品、英連邦諸国のコピー品までごちゃ混ぜです(^^;

DSCN0659
DSCN0659 posted by (C)すてっきん

え?「エンフィールドライフルじゃないやん!」って? そんな金無いヨ!
でも欲しいなぁ、リー・エンフィールド・・・。


DSCN0662
DSCN0662 posted by (C)すてっきん

うしろ。

P37装備はなるべくカーキで組みたかったのですが、特にラージパックが緑っぽくて目立ってますね・・・
いつかカーキの欲しいなぁ。
エントレンチングツールは1940年代製実物。

DSCN0663
DSCN0663 posted by (C)すてっきん

アーモポーチもブロードアロー↑入りの実物なのですが、前日の晩経年劣化でクッソ硬くなったスナップボタンと格闘
していたらボタンがちぎれてしまいました・・・。
実物は慎重に扱いましょう・・・;;

DSCN0655
DSCN0655 posted by (C)すてっきん

ブーツは代用品のフルレザーのコンバットブーツなのですが、アンクルブーツではないためレギンスがうまく巻けていません(^^;


その後ゲームが進むにつれ次第に動きにくくなってきてついにてっきんは・・・

DSCN0666
DSCN0666 posted by (C)すてっきん

謎のリザード迷彩マンに変身したりしてました。


DSCN0675
DSCN0675 posted by (C)すてっきん

そして今回ご一緒したすもうく氏。

DSCN0671
DSCN0671 posted by (C)すてっきん

何だか着の身着のままで手荷物だけもって前線に移動させられてるみたいだ・・・。

DSCN0673
DSCN0673 posted by (C)すてっきん

 [←前線 30km先]      入..... トボトボ


  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 19:48Comments(0)軍装サバゲWWⅡイギリス軍装備

2014年11月25日

8月トレンチ戦 -フォークランド英軍装備-

皆様こんばんは、すてっきんです。
実に5ヶ月以上も放置していましたが、今和歌山に出張に来ていて夜やることもないので
ブログ更新してみよう企画第2弾です。
昨日も更新していますのでそちらも良かったらご覧ください。


さて今回は・・・
前々から行って見たいと思っていた大阪の野外戦フィールド「トレンチ」さんにお邪魔してきました。

DSC_0001
DSC_0001 posted by (C)すてっきん
当日はフォークランド紛争時のイギリス軍装備です。
ベレーがずれて変なかぶり方になってるのはスルーお願いします(^^;

構成品は

・英軍P68DPM迷彩野戦服上下
・英軍P58装備セット
・英軍マルーンベレー(空挺徽章付)
・代用品ロシア製コンバットブーツ
・KingArms L1A1電動ガン

といった感じです。

o3DwY
o3DwY posted by (C)すてっきん
しかしコットンでしかもラージパックまで背負ったP58装備の暑い事暑い事・・・。
いやフォークランドって南極近い極寒の地なんだからそりゃ8月にやれば暑いって・・・。

1IPQH
1IPQH posted by (C)すてっきん
そんなことにも気づかず暑さでグロッキーな筆者。
ベレーの被り方がダサいのは無視で・・・;

DSC_0002
DSC_0002 posted by (C)すてっきん
当日は同業他社の後輩Sくんと、

DSC_0003
DSC_0003 posted by (C)すてっきん
同じく同業他社のN課長が来てくれました。
N課長も暑さでグロッキー・・・(^^;

それでもなんとか「折角初めて来たのだから」と気を奮い立たせて参加してまいりました。

感想としてはフィールド構成がとてもいい塩梅で、正しくトレンチの名の通り
良い感じに掘られた溝や盛り土、自然物や見張り台等のの構成が良いバランスでした。

もって行ったL1A1もどうやら当たり個体のようで、手持ちのエアガンで一番の精度を
発揮してくれました。
あとKAのL1はサバゲ用にフルオートも可能なのが地味に有難いです。

とても楽しめた素敵なフィールドさんだったので、是非また仲間たちと来ようと思います。
貴重な野戦主体のフィールドですので、我ら軍装勢には大変有難いフィールドになりそうです!




次はショットショーネタかな・・・?  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 16:00Comments(0)軍装装備品サバゲ冷戦期イギリス軍装備

2014年11月24日

8月バトランバーベキュー戦-インドシナ仏軍のような何か-

こんばんは、5ヶ月以上放置しておいてまさかの更新です。
現在短期出張で和歌山に来ており、ホテルですることが無かったので、
仕事用のノートPCでTwitterにうpした画像からネタ出ししてお送りします。

さて、今回は8月のお盆休みに仲間たちと一緒に行って来た「バトルランド」
さんでのゲームレポです。

さてこのバトルランドさん、イベント等でよく名前は聞くのですが、実際
行くのは今回が初めてだったりします(^^)

今回は「第13親衛狙撃師団」のヒロゴフ氏と「桜の国からこんにちは!」の
SSWチームメイト同志せっつーより「バーベキュー」のお誘いを受けてやってま
いりました。よってゲームにはほぼ出ていません(駄)

さて、今回どんな装備を着ていこうかな、と思いを巡らせた結果、部屋が
散らかりすぎて色々引っ張りだして来るのが億劫、という事で(駄
最近集め始めたインドシナ紛争時のフランス軍装備でもやるか!と思い立ち
ました。

という事で・・・

KwC3R
KwC3R posted by (C)すてっきん
Mle50/53ピストルベルトとサスペンダー。
当時米軍から供与された装備品も多く使用されており、大戦米軍のそのまんま
みたいな装具の兵士も普通に居たようです。
今回Mle50/53サスを買ったことでずっと放置していたピストルベルトにも
やっと活躍の機会がきました。

これを・・・

u6050
u6050 posted by (C)すてっきん
こうして。
ダックハンタージャケットはよくわからんレプリカです。どれほどのものなのか
米軍知識が皆無の私にはサッパリ(駄

wnFLx
wnFLx posted by (C)すてっきん
そしてそこに米軍のM1910水筒やら包帯入れやらポーチを配して。

PAqeK
PAqeK posted by (C)すてっきん
そしてそこにフランス軍MAT49短機関銃ポーチと3連ポーチを加えたのがコチラ。
ヘルメットは国籍不明のM1ヘルメットに英軍のネットカバーを被せています。
パンツは米軍のM43HBTのレプリカを着用、靴はかなり昔に買ったフランス軍キャン
バスシューズを履いています。

しかし後でよく実際の写真を見てみると3連ポーチも50/53ベルトもインドシナでの使用例が
見つからなかった・・・
調査不足お恥ずかしい限りです(--;

71p8A
71p8A posted by (C)すてっきん
銃はこちら、中古で買ったマルイのトンプソンです。
インドシナは勿論、現在やっと形になってきた大戦英軍装備にも使えます(^^)
M1928がほしいとこですが・・・

rWAey
rWAey posted by (C)すてっきん
フィールドに良い監視所があったので撮影に拝借。

zEvu1
zEvu1 posted by (C)すてっきん
暑さもあってか全くゲームに出る気のない今回の身内参加メンバーたち(^^;
写真右が労農赤軍上級中尉軍装の同志ヒロゴフ、隣に座っているのが労農赤軍兵卒の
SSW仲間同志せっつー。写真下で寝てるのがイスラエル国防軍軍装のSSW仲間やふし。

私は何とかやる気を振り絞り3回参加しましたが、ノーマルマガジン一本しか持って
なかったので全く戦力になっておりませんでした(^^;

unnamed7
unnamed7 posted by (C)すてっきん
労農赤軍上級中尉の同志ヒロゴフ。
結局撮影会になっています(^^;

qz1VX
qz1VX posted by (C)すてっきん
途中通り雨が降るが、それでも睡眠の構えを取るやふし。

unnamed23
unnamed23 posted by (C)すてっきん
一方、フィールドでは前日夜から日本軍ユニットの方たちによって見事な監視壕が
掘られていました(^^)

unnamed22
unnamed22 posted by (C)すてっきん
壕にて双眼鏡で監視するヒロゴフ上級中尉。

unnamed21
unnamed21 posted by (C)すてっきん
いやあ、結構な深さですよこれは。
重機の力も借りたと仰ってましたが、一晩でこれは凄い。

unnamed27
unnamed27 posted by (C)すてっきん
unnamed24
unnamed24 posted by (C)すてっきん
壕で前方警戒するせっつー兵卒。

unnamed2
unnamed2 posted by (C)すてっきん
おっと、下着軍装マン!下着軍装マンです!

unnamed1
unnamed1 posted by (C)すてっきん
赤軍の襦袢上下にフル装備・・・なんだこの違和感(^^;

unnamed17
unnamed17 posted by (C)すてっきん
おっと、こっちも下着です!上だけですが・・・

unnamed20
unnamed20 posted by (C)すてっきん
大円匙と小円匙。野戦築城には欠かせませんね。

unnamed18
unnamed18 posted by (C)すてっきん
築城作業で下着姿なまま戦闘に入る兵卒せっつー。

unnamed19
unnamed19 posted by (C)すてっきん
おや?モシン・ナガンのフロントサイトが無い・・・

unnamed
unnamed posted by (C)すてっきん
やふしも下着!

unnamed4
unnamed4 posted by (C)すてっきん
弱そう・・・

unnamed5
unnamed5 posted by (C)すてっきん
とりあえず猫さんを離してあげてください。


そんなアホな事やってる間に待望のお昼がやってきました。

unnamed16
unnamed16 posted by (C)すてっきん
バーベキューの準備にかかる一行。

3wNEd
3wNEd posted by (C)すてっきん
私もシャツに着替えて戦闘(食事)体制。

unnamed13
unnamed13 posted by (C)すてっきん
中々墨に火が着かず苦戦。

unnamed15
unnamed15 posted by (C)すてっきん
赤軍飯盒でお芋を茹でます。

unnamed11
unnamed11 posted by (C)すてっきん
unnamed14
unnamed14 posted by (C)すてっきん
「早く煮えねーかなー」

unnamed12
unnamed12 posted by (C)すてっきん
もろこしもあるでよ!

unnamed8
unnamed8 posted by (C)すてっきん
その後監視壕を掘るのに奮闘された日本兵の方々もお招きして、フィールドの片隅
が謎のバーベキュー会場と化しておりました(^^;

ちょいとトラブルもありましたが、非常に美味しかったです。
お誘いありがとうございました!

今回は連続更新予定です。
予約投稿で明日にもうひとつ記事をあげる予定です。
そちらも良かったら見てやってください!  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:18Comments(0)軍装イベント装備品サバゲソビエト労農赤軍装備フランス植民地軍装備

2014年06月02日

2014年春 ショットショー戦利品

こんばんは。
お久しぶりです、すてっきんです。

正月の更新で「去年のサバゲーやイベントの写真については正月休みの間に順次記事を更新していけたらと
思います。」と言ったな。

あれは嘘だ。

と、言うわけで、5/31と6/1に大阪心斎橋で開催されたショットショージャパンの戦利品を簡単に写真で紹介します。

NCM_0011
NCM_0011 posted by (C)すてっきん
当日の私。
初日はソ連末期の空挺軍装備で行きました。
初日があまりにも暑かったので二日目は90年代ベトナム人民軍K94中尉夏季制服で行きました。
これは写真撮り忘れました(駄

DSCN0561
DSCN0561 posted by (C)すてっきん
ユーゴ軍の携帯シャベルとポーチです。
ユーゴ軍装備もある程度そろって普通の歩兵装備やるには問題ないんですが、
そういやユーゴのエントレンチングツール持ってなかったなと思い。

DSCN0545
DSCN0545 posted by (C)すてっきん
上等兵階級章と帽章。
今持ってるM93迷彩服用の階級章が下士官だったので、兵階級のもほしかったのです。
帽章はこのタイプは持ってなかったので。
ユーゴの帽章ではこのタイプがイチバン好きです。
ベレーにつけると最高にカッコイイのですが、ユーゴのベレーは持ってないのでまたいずれ。

DSCN0562
DSCN0562 posted by (C)すてっきん
ユーゴ版SKSポーチ。
ユーゴ内戦装備でこれをワンポイントで付けるとクールです。
今までシングルのものしか持ってなかったので。革の状態もいいです。

DSCN0546
DSCN0546 posted by (C)すてっきん
人民解放軍の迷彩パンツです。すごい安かった・・・。
もちろん人民解放軍はやるつもりないので、これはカンボジア軍やネパールの某勢力用です(オイ

DSCN0550
DSCN0550 posted by (C)すてっきん
ソ連の丸飯盒です。
大戦ソ連の労農赤軍用。これは戦後のものですが、ほとんど当時と形が変わらないので代用にピッタリ。

DSCN0551
DSCN0551 posted by
まだ新品で脱脂もされていません(^^;)

DSCN0553
DSCN0553 posted by (C)すてっきん
ソ連のホーローマグカップです。

DSCN0554
DSCN0554 posted by (C)すてっきん
これも新品で、内側にラベル、っていうか紙が貼ってあります。

DSCN0555
DSCN0555 posted by (C)すてっきん
どうやらこれも戦後製。刻印が一瞬モリ○ガのマークかと・・・

DSCN0552
DSCN0552 posted by (C)すてっきん
労農赤軍の手榴弾ポーチのレプリカ。形的にF1(Ф1)手榴弾用ですかね。

DSCN0557
DSCN0557 posted by (C)すてっきん
ベトナム人民軍特工隊(ダッコン)少尉制服。写真には写ってないですが上下セットです。
80年代のものだろうとのことですが、たぶんそうだろうと思います。
おそらくK82型で、この当時の士官制服は自費で仕立てたりするので生地や色合い、縫製もまちまちです。

DSCN0544
DSCN0544 posted by (C)すてっきん
ベトナム公安の帽章。
そういえば人民軍は広い年代カバーしてるのに公安は何も持ってないので。
作りをみるかぎりそんな古いものではなさそうです。

DSCN0541
DSCN0541 posted by (C)すてっきん
グリーンのシャツ。
ベトナムっぽいですが、襟や肩に階級章や兵科章を付ける穴やループがないので
他の国かもしれません。
どのみち北ベトナム用に使いつぶしたり貸しだし用には十分に使えそうです。
追記:中国の被服だそうです。

DSCN0556
DSCN0556 posted by (C)すてっきん
旧軍用の襟布です。
旧軍でなくても襟布は沢山使い道がある便利アイテムです。

DSCN0548
DSCN0548 posted by (C)すてっきん
陸上自衛隊の旧迷彩のヘルメットカバー。
66式鉄帽用です。けっこう痛んでて補修痕もあるので破格の値段で購入。
いつか旧迷彩もフルでそろえなきゃなぁ・・・。

DSCN0542
DSCN0542 posted by (C)すてっきん
水筒カバー。

DSCN0549
DSCN0549 posted by (C)すてっきん
今は正式外になった陸自65式作業服の作業帽。
65式作業服は新品で上下持ってるのでちょうど良かったです(^^)

DSCN0543
DSCN0543 posted by (C)すてっきん
戦時中のマッチ。どうも今のマッチにラベルを貼ってるみたいです。
日本だけではなく、各国の戦時中のマッチはお国柄なんかが見えてきて面白いアイテムですね。


ショットショーに行くついでに近くのミリタリーショップ、「チャーリー」さんと「MASH」さんにも行ってきました。

チャーリーさんでは

DSCN0547
DSCN0547 posted by (C)すてっきん
怪しい迷彩柄の野戦服を購入。
色合いはロシアのタイガー迷彩に近いですが、パターンはリザード迷彩に近いです。

DSCN0559
DSCN0559 posted by (C)すてっきん
あと米軍のバンダリアも購入。あって困らないアイテムです。
これはCAL.30の表記があったのでM14かM1カービンのものでしょうか。
米軍に興味がないので良くわからないです(駄

あと写真に撮ってないですが、北ベトナムの防寒ベストも一着購入。
すでに持っていますが、今もってるのよりかなり状態が良かったので。

チャーリーさんの次はMASHさん。

DSCN0558
DSCN0558 posted by (C)すてっきん
英軍のP37装備でまだ持ってない部分を買い足しました。
ベルトとヨークと剣挿しです。
これでやっとP37装備がひとまずの完成です。
あとは銃さえあれば大戦英軍装備ができるのですが・・・。

ショットショー二日目が終わったあと、「レッドアフガン」の林さんとベトナム料理を食べに行きました。

DSCN0537
DSCN0537 posted by (C)すてっきん
大好きなベトナムビールを呑みたかったのですが、この日は車で来ていたので断念・・・。

DSCN0536
DSCN0536 posted by (C)すてっきん
ゴイクン(生春巻き)です。
ベトナム料理でこれがイチバン好きです(^^)

DSCN0539
DSCN0539 posted by (C)すてっきん
カエルの揚げ物(^^;)
カエルを食べるのは初めてですが、キチンと料理されたものはいけるもんですね。
肉の感じが煮ものの魚みたいでした。

DSCN0530
DSCN0530 posted by (C)すてっきん
折角なので、以前同志からいただいたロシアの煙草「КОСМОС(コスモス)」を二人で吸いました。
林氏が以前吸ったロシア煙草はひどいものだったそうですが、これは普通においしかったですね。


以上春のショットショーの簡単な写真レポです。
今年も非常に実りが多いイベントでした。関東からも友人が遊びに来てくれましたし、
色んな人との交流の持てる素晴らしいイベントです。
冬のショットショーが今から楽しみです(^^;
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 02:51Comments(0)軍装イベントソビエト連邦軍装備装備品

2014年01月01日

あけまして

おめでとうございますm(- -)m

忙しくて随分長いこと更新できずにいましたが、皆様お元気でしたでしょうか。
本年も2月ごろに一月を越える長期主張があったりと忙しいことが予想されますが、
なんとかやっていきたいと思います。

皆様本年もよろしくお願いいたします。

DSCN0239
DSCN0239 posted by (C)すてっきん
 
鏡餅?

こないだツイッターでの企画でやったヘルメットタワーです(^^;
積み重ねるのが大変で、途中4度崩れて、撮影にこぎつけるまで30分かかりました(--;

DSCN0269
DSCN0269 posted by (C)すてっきん
 
年始ということで実家に帰っています。

DSCN0270
DSCN0270 posted by (C)すてっきん
 
写真は親父の寒蘭栽培施設。
以前はメダカ飼育施設が大半だったのにまた寒蘭のスペースが増えています(^^;

DSCN0252
DSCN0252 posted by (C)すてっきん
DSCN0258
DSCN0258 posted by (C)すてっきん
DSCN0260
DSCN0260 posted by (C)すてっきん
DSCN0261
DSCN0261 posted by (C)すてっきん
DSCN0262
DSCN0262 posted by (C)すてっきん
 
帝国海軍、っていうか某ゲームのグッズ買ってみたり、

DSCN0275
DSCN0275 posted by (C)すてっきん
 
中田商店で装備品買い足してみたり。
 
DSCN0278
DSCN0278 posted by (C)すてっきん
 
帝国陸軍の襦袢です。

ソ連のインナーシャツが欲しいのですが、中田商店では常に品切れなのでどうに
かせんといかんですね。
今回買ったこの襦袢はまた別の用途。

DSCN0279
DSCN0279 posted by (C)すてっきん
中田レプリカのサイズ大号です。
ちょいデカイですが、中号在庫なしなので・・・。

DSCN0289
DSCN0289 posted by (C)すてっきん
言わずと知れたロシアの民間装備品メーカー、SPLAV製のロシアンタイガー迷彩キャップ。

DSCN0281
DSCN0281 posted by (C)すてっきん
私はこの迷彩好きで、同迷彩のバラグラバなんかも持ってたりします(^^;

DSCN0282
DSCN0282 posted by (C)すてっきん
タグ。
昔はカミシュ迷彩とか呼ばれてましたが、タグに「ティーグル」って書いてます(^^;
英語に直すと「タイガー」ですね(^^)

DSCN0275
DSCN0275 posted by (C)すてっきん
あとは写真下に写ってる防寒帽はロシアの旧型防寒帽「ブジョンノフカ」。
大戦初期などのソビエト労農赤軍装備などに使います。
まあこれはおみやげ品なので出来栄えはアレなのですが(^^;

ブーツのほうは、中国人民解放軍の戦車靴。
今までソビエト労農赤軍装備のブーツ「サパギー」の代用は東ドイツ製を使っていましたが、
去年のゲームで靴底がパックリいってしまったのでものはためしに購入。

デザインは良く似ているのですが、革の質感が全然ちがうのでとりあえず無し(^^;


去年のサバゲーやイベントの写真については正月休みの間に順次記事を更新していけたらと
思います。
どこまで追いつくかはわかりませんが・・・;
ネタはあれども記事を更新する時間をとれないでござる・・・。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:37Comments(3)雑記装備品

2013年07月14日

6/22竹林戦 現用カンボジア軍とかソ連とか中共

CIMG8730
CIMG8730 posted by (C)すてっきん

こんばんは、去る6月、某所のプライベートフィールドゲームに参加してまいりました(^p^)

参加メンバーは左から私、ユニットSSWよりやふしと同志レンチ、FSBサイド同志すもうく、
SSWサイド同志せっつー。
フィールドの大幅改造以後こちらに参加させていただくのは初めてで、SSWサイドは
こちらのフィールドは初参戦です。

CIMG8719
CIMG8719 posted by (C)すてっきん
当日の私は現用カンボジア軍一般兵。
カンボジア軍実物OD戦闘服(ボトムは陸自65式作業服で代用)と実物DPM迷彩
キャップ、56式チェストリグにRSの56-2式装備です。
当日のカンボジア軍装撮影の写真はまた後日別でアップしますのでそちらもご覧
いただけると幸いです。(需要あるんか?)

CIMG8718
CIMG8718 posted by (C)すてっきん
準備中のソ連兵、すもうく氏。

CIMG8728
CIMG8728 posted by (C)すてっきん
KLMKオーバースーツに6Б2ボディーアーマー、パナマハットでアフガン侵攻時の
ソ連空挺軍装備です。
流石にボディーアーマーは暑かったらしく、数ゲーム後には脱いでいました(^^;

CIMG8715
CIMG8715 posted by (C)すてっきん
同じくアフガン侵攻時のソ連空挺軍装備の同志せっつー。
アフガンカの上にKZSオーバースーツのジャケットのみ、腰にはワンポイントに
SKSマガジンポーチというオシャレな組み合わせ(^^)

氏の当日のブログレポはこちら( ↓ )をご参照ください。
http://insnowaesenal.militaryblog.jp/e451618.html

CIMG8723
CIMG8723 posted by (C)すてっきん
同志せっつーと同志すもうくのコラボ。
アフガン装備は夏にピッタリですね!着てる側は暑いけども(--;

CIMG8717
CIMG8717 posted by (C)すてっきん
スマホをいじる中国人民解放軍装備の同志レンチ。シュールな絵面です(^^;

CIMG8716
CIMG8716 posted by (C)すてっきん
人民解放軍ヘルメットの偽装も造花でイイ感じに。
私もヘルメットや背嚢の偽装に造花を使いますが、なかなかオススメです(^^)
造花、買い足さないとなぁ。

CIMG8735
CIMG8735 posted by (C)すてっきん
なにやらいかがわしいハイダー(^^;

CIMG8734
CIMG8734 posted by (C)すてっきん
TENGAハイダーを試射するやふし。
「パコッ パコッ」と面白い音がします(^^;

CIMG8732
CIMG8732 posted by (C)すてっきん
やふしの名誉のために言っておくと、このTENGAハイダーは同志せっつー
の所業。

CIMG8740
CIMG8740 posted by (C)すてっきん
暑いのかKZSを脱いだ同志せっつー。
アフガンカは生地が厚く、ジャックブーツも履いているのでなお暑いです(--;

CIMG8750
CIMG8750 posted by (C)すてっきん
CIMG8751
CIMG8751 posted by (C)すてっきん
ガンケースの上で爆睡。
こんな姿勢でよく寝られるなぁ・・・。

DSC03732
DSC03732 posted by (C)すてっきん
こちらのフィールドが大規模改修されてから来たのは初めてですが、面積が
狭くなった分フィールドの密度があがり、難易度の高いゲームフィールドとなって
いました。

DSC03683
DSC03683 posted by (C)すてっきん
攻略も難しく、終始地の利のある常連の方々に圧倒されていました(^^;
しかしゲームとしてはハイレベルで、初めて来たSSWサイドの三人にも
満足してもらえたようで安心しました。

また来よう。




オマケ

CIMG8739
CIMG8739 posted by (C)すてっきん

 不 法 入 国 者 レ ン チ 兄 貴
  
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 15:17Comments(3)軍装ソビエト連邦軍装備サバゲカンボジア王国軍装備

2013年06月15日

5月のサバゲ ベトナム人民軍と自衛隊

出張先の富山からこんばんは、すてっきんです(--)ノ
フリーズと格闘しながら職場のオンボロノートPCで更新してますが、「お使いのPCに最
新版~がインストールされていないため云々」攻撃も相まって未だかつて無いスローペース
作業となっております(^^;

CIMG8668
CIMG8668 posted by (C)すてっきん
今はもうとっくに過ぎ去った5月の初旬、京都のフィールドCombatZoneKyoto様にてサバゲしてまいりました。

CIMG8682
CIMG8682 posted by (C)すてっきん
今回はとあるネタのため、陸自Ⅱ型迷彩マシマシです。
私も昔とった杵柄、陸自装備も持って行きました。サングラスに中帽姿で円匙と信号ラッパ
装備が私です(^^;
ラッパはともかく、他は弾帯Ⅱ型に水筒、救急品袋、中帽に円匙と災害派遣装備です。

CIMG8683
CIMG8683 posted by (C)すてっきん
かつては日常的に着用していた装備たちですが、こうやってサバゲで着るとは思いもよりま
せんでした。
転職してから初めてかと思います(^^;

CIMG8680
CIMG8680 posted by (C)すてっきん
今回の「とあるネタ」のために新規に陸自装備を買った方々も沢山いて、関西人のネタにかける
執念を思い知らされました(--;

CIMG8660
CIMG8660 posted by (C)すてっきん
自衛隊といえばこの方、17師団本管中隊の愛国二曹氏(写真右)。
前記事の夜戦や、JointFTXの記事で紹介させていただいた73式小型トラックの所有者です。
写真左はついに憧れの陸自装備でサバゲ参加の同志セルゲイ。

CIMG8659
CIMG8659 posted by (C)すてっきん
愛国二曹氏の89式を試射する同志セルゲイ。
89式は私も思い出の銃なので是非とも欲しいところですが、なかなか手がまわりません(--)

CIMG8675
CIMG8675 posted by (C)すてっきん
同じく愛国二曹氏の89式を試射するNaji兄貴。
Naji兄貴も今回の「とあるネタ」のために自衛隊被服を購入されました(^^;
愛国二曹氏の89式の床尾(ストック)に所属が白で表記されているのがわかるかと思います。
相変わらず素晴らしいこだわり。89式はほとんどの部隊でこのように床尾に白で部隊名や
管理番号を表記しています。

CIMG8674
CIMG8674 posted by (C)すてっきん
自衛隊といえば靴磨き。
コサック氏がみんなの前で靴磨きの展示をやっています(^^)
私も久しくやってないので久々に鏡面仕上げまでやろうかしら・・・。

そして今回の私の本命装備はコチラ。

CIMG8695
CIMG8695 posted by (C)すてっきん
現用ベトナム人民軍兵一(一等兵)です(^^)
いつもはだいたい一般的な人民軍兵士をやっているのですが、今回は少し装備の恵まれて
いる部隊の兵士の想定で装備を組んでみました。

CIMG8698
CIMG8698 posted by (C)すてっきん
被服はベトナム人民軍実物リーフ迷彩&階級章。リーフ迷彩は官給品です。
装具は現用人民軍のほとんどの部隊で使われている56式チェストリグ。圧倒的にカーキの
モデルの使用例が多いので、中国の60年代製のカーキモデルを使用。
しかし現用人民軍では中国製のものとベトナムで生産されたローカルメイドのものもよく
見られるのでそっちもほしいところです(^^;)

CIMG8699
CIMG8699 posted by (C)すてっきん
小銃はロシア製のAKMやAK47や中国製の56式など、7.62mmのAKが主です。最近は
東独製AKのMpi-KMの使用例も多く見かけます。今回はLCTのAKMを使用。
近年のベトナム人民軍は欧州の旧共産圏からSu-27系戦闘機やT-72系戦車を買い付けて
いるので、Mpiなどもそういった経緯で輸入されたのかもしれませんね。
追記:結局T-72M1の導入はポシャッたようで・・・。
ブーツはフランス軍や中国軍のものに酷似したベトナム製キャンバスシューズの使用例が多い
ですが、昨今の装備の更新に伴ってコンバットブーツの使用例も徐々に増えてきており、
今回はロシア製のコンバットブーツを代用品で使用しました。

CIMG8696
CIMG8696 posted by (C)すてっきん
うしろ。
米軍のM56弾帯と水筒は実際に着けている兵士がちらほら散見されます。米軍や南ベトナム
から接収したものや中古品が主なのでしょうね。
また、携帯シャベル(中国軍型?)を背中に装備するのも萌えポイントです(^^)
私は中国軍のシャベルを持っていないのでこの写真で背負っているのは旧日本軍の小円匙
のレプリカですが(--;

CIMG8691
CIMG8691 posted by (C)すてっきん
マーカー代わりに着けているのはベトナム人民軍実物「bảo vệ」腕章。
読み方は「バオ ベ」、翻訳すると防衛とか守護とかそういう意味のようです。
フランス統治時代の影響でベトナム語のアルファベットの「クォック・グー(ベトナム語で国語)」
が採用される前はチュノムなどの漢字文化の影響を受けた表記をしていたので、
日本語に訳すと読みが似ている言葉は沢山あります(^^)

CIMG8676
CIMG8676 posted by (C)すてっきん
おや、セイフティに何やらアヤシゲな旗が。
そして写真左にもアヤシゲな人物・・・。

DSCF9003
DSCF9003 posted by (C)すてっきん
そう、やはり犯人はこの人、ワサビ・ニコフ師でした(^^;
今回はアフリカのムジャヒディンの想定のようです。先程の画像の旗は「サラフィー主義」
なるものを表すものだそうで。

DSCF9007
DSCF9007 posted by (C)すてっきん
お使いのAKMもかなりいい感じになっております(^o^)
お召の謎のチョコチップ迷彩は中国製だとか。良い色合いです(^^)

DSCF9006
DSCF9006 posted by (C)すてっきん
これでヒゲがあれば最高なのですが、師の職場の都合上伸ばせないのだとか。
ザンネン。

CIMG8665
CIMG8665 posted by (C)すてっきん
ワサビ師が巻いておられたターバン。さすがに長い(^^;

CIMG8664
CIMG8664 posted by (C)すてっきん
おや、このイロイロ逝っちゃってる(失礼)M16は・・・

CIMG8679
CIMG8679 posted by (C)すてっきん
サバゲメイト、やふしのものでした。
この男、相変わらずである。

CIMG8678
CIMG8678 posted by (C)すてっきん
とりあえず全国のガバファンに五体投地で謝る準備をすべきダナ。

CIMG8661
CIMG8661 posted by (C)すてっきん
セイフティのガンラック。
奥のウェザリングAK達がワサビ師の、真ん中辺のが私、手前のタンカラーがやふしの
銃です(^^)

CIMG8670
CIMG8670 posted by (C)すてっきん
黙々とVSRを試射するコサック氏。
非常にサマになっております(^^)

DSCF9013
DSCF9013 posted by (C)すてっきん
ネタで持っていった「I Love pho」Tシャツ。ベトナムで売ってる土産物です(^^;

DSCF9010
DSCF9010 posted by (C)すてっきん
結構好評。

DSCF9009
DSCF9009 posted by (C)すてっきん
なんだか投降してるみたいだ・・・。



オマケ

CIMG8666
CIMG8666 posted by (C)すてっきん
ゲームに投入されたシュルツェン付き10式戦車。
一人が乗って、一人が後から押して操縦します(^^;
私も乗ってみたかった・・・(ぉ
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:06Comments(0)軍装サバゲ現用ベトナム人民軍装備陸上自衛隊装備