プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および閲覧者様の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年10月28日

北ベトナム/ベトナム人民軍軍装写真②


こんばんは。
お昼に更新した記事の続きになります。
前記事をご覧になってない方はコチラ( ↓ )を先にご覧くださいませ。
 http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e375539.html 


ブッシュハット仕様。
基本的に被り物以外は前記事とかわりません。


被り物が変わっただけなのになんだか機動力が高い印象になりますね(きのせい


攻撃前進だ!



ベトナム人民軍偵察兵(想像図)
あくまでイメージなので実際
実際こういう装備だったか、と言われると違う気がします。


使用銃はPPS43短機関銃。
PPS43のトイガンはないので、これはポーランド製無可動実銃(合法品)です。
当記事トップの中越戦争写真でも写っていますね。


PPS43は大好きな短機関銃なので是非ともトイガン化してほしい銃のうちの一つですが、大きさの都合上、メカボやバッテリースペースを取るのが難しそうですね・・・


装備しているチェストリグは56式半自動歩槍用のもの。グリーンですが、70年代の製造で時代には合ってます。しかしこれもカーキのモデルが欲しいものですね。


背嚢の上にかけてみたり。
ベトナム人民軍の行軍写真でもこういうかつぎかたはよく見ますね。



PPSh41短機関銃。


私のPPSh41はHP製なのでバナナマグが使えず・・・。ARESのものが欲しいです。
HPのものは鉄の質感は他にない素晴らしさなのですが・・・。



狙撃兵。
KTW製のモシン・ナガン狙撃銃です。


KTWのは旧型レシーバなので、M1891/30の狙撃仕様が欲しいところです。


さて、本日の撮影会の写真はこれですべてになります。
ご覧いただきありがとうございました ノシ  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:46Comments(2)軍装北ベトナム軍装備戦後ベトナム人民軍装備

2012年10月28日

北ベトナム/ベトナム人民軍軍装写真①


皆様こんにちは。
本来今日は中国人民解放軍装備の友人と某フィールドで中越戦争の撮影会と行う予定だったのですが、あいにくの雨で中止になってしまい・・・。
折角準備した装備類を無駄にするのもナンですので、朝から一人さびしく室内撮影会をやってました(^^;
せっかくなので記事にしておきます。最近ベトナム記事書いてないですからね・・・。


基本装備。
今回は1979年の中越戦争という設定だったので、北ベトナム軍ではなく、南北統一後のベトナム人民軍装備となっています。
ですのでサンヘルメットの国章や、階級章もキチンとついていますし、小銃もあたらしいAKMとなっています(^^)
しかし基本的にはベトナム戦争中の北ベトナム正規軍とそれほど違う装備もないので記事タイトルにも「北ベトナム」をいれさせていただきます(^^;


小銃はAKMですが、ハイダーやトップカバーをAK47のものに換装してベトナムでよく見る仕様にしてあります。
サンヘルメットには手編みの偽装網にパラシュート生地を裂いた偽装材。


56式チェストリグやパラシュート生地マントでわかりづらいですが、北ベトナム軍の防寒ベストを着ています。ベトナムといえど山岳部は寒く、あまり認知度は高くないですがこういった防寒ベストや防寒帽も軍の正規装備として存在します。
56式チェストリグはカーキモデルです。裏面のスタンプのないものなので製造年がわかりませんが、おそらく60年代のモデルかと思います。
ベトナム人民軍においては、ベトナム戦争中から現用にいたるまで、ほとんどがカーキのモデルで、日本国内で流通している80年代グリーンのものはほとんど使われていません。


腰回りは右腰にはローカルメイドのベトナム製AK3ポケットマグポーチ、左腰にもベトナム製AK5ポケットマグポーチ。
ベトナム人民軍の装具が56式チェストリグに取って代わられる前はこういった肩掛け式のマガジンポーチが主流で、ピストルベルトをポーチのベルトループに通し、肩ひもを肩にかけることでサスペンダーの代わりの役割を果たしています。
階級章はベトナム人民軍下士(伍長相当)。


AK用のスリングは今回ソ連製のものを使用。中国製のもののほか、ベトナム製のものも存在します。
現用では多くがグリーンっぽい色のベトナム製のスリングが使用されております。ベトナム製実物が欲しいのですが、これが全然国内に出回りません(--;


吊れ銃。
背嚢はベトナム人民軍実物のカーキモデル。


背面。
背嚢の上に偽装ループを取り付けています。木製のフレームを布生地で覆ったもので、これに偽装材を挟んで使用します。
今回は100均で購入した造花を取り付けています。
偽装ループの下に見えるグリーンの袋は米袋。背嚢が無い場合は体に巻きつけますが、今回は背嚢に取り付けています。
右腰には北ベトナム実物手榴弾ポーチ。4連のモデルで、カーキ生地です。ダミーの手榴弾は、柄の色が濃い方が日本のこけし職人手作り、薄い方はどこ製かは不明です(^^;
さすがこけし職人、素晴らしい出来です(^^)


実物腕章には「Bảo vệ(防衛)」の文字。
左腰に見える丸いのは、背嚢でよく見えませんが、北ベトナム実物水筒ポーチです。カーキモデルで、独特のローカルメイド生地が気に入ってます(^^)


腰に雰囲気づくりアイテムとして天幕展張用のロープをくくりつけています(^^)
右腰の実物ローカルメイドAK3ポケットマグポーチは傷みと破れがひどく、修理に苦労しました。


腰にメディカルキットポーチをつけていますが、これはビニル生地の新しいモデルで当時の写真資料が見つからず・・・カーキのものを引っ張り出してくれば良かったです。さっき気づきました(^^;


こけし・・・じゃなかった、手榴弾!


でぇい!
・・・変な顔。


さてさて、ではこの記事はこの辺にしておきます。
他にも何パターンかの装備で写真を撮ったのですが、さすがに量が大すぎるので記事を分けさせてもらいます(^^;
ではでは~ ノシ

後半記事はコチラ↓
http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e375701.html






  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 13:48Comments(0)軍装北ベトナム軍装備戦後ベトナム人民軍装備

2012年10月16日

9/22 岸和田BUDDY貸切戦というか最早撮影会


去る9/22に行われた友好チーム様のBUDDY貸切戦に参加させていただきました。
去る、ってももう一か月近く前の話ですががががg 全部Skypeがいけないんや・・・!(内輪ネタ失礼


左よりSSWセキュリティサービスのYafishi氏、同志せっつー、FSBサイドより私、同志すもうく。
今回は同志すもうくと図らずともほぼお揃い装備でわっほい。


ロシアユニット。約1名時空を超えてます。


同志すもうくと連携。
スパイの疑いのあるPMC要員を確保。


「桜の国からこんにちは!(http://insnowaesenal.militaryblog.jp/)」より同志せっつー。
9月とはいえまだまだ暑い中、赤軍のウールコートでゲームに参加されていました・・・。
恐るべし。


私が輸出したモシン・ナガンカービンもちゃんと飛ぶようにカスタムされた上に赤軍旗まで付いていて胸熱。


今回サバゲ初体験の前職の同期N。同郷出身者で今でもちょいちょい絡んでます。
銃は私のFNCを貸し出しました。迷彩服は自前。
写真では撮影用に同志すもうくのAKMSを借りてます。


立て銃、及び吊れ銃の敬礼。


おや?せっつー氏の様子が・・・?







 
Урааааааааааааааааааааа!!

赤軍装備での突撃はいつか人数を揃えてやってみたいものです・・・。
同志せっつーはPM1910機関銃のスクラッチにも挑戦されているので、完成の暁には突撃が盛り上がる事この上なし!

・・・おや?

良い三輪車だ、少し借りるぞ。




突撃!


突撃!!


突撃ィ!!


「俺に追い付いてみな!」 童心に還るN。


弾薬運搬兵同志せっつー。
何とも言えない哀愁・・・。



スト魔女仕様のYafushi氏のプライマリ。
フレーム両面にそれぞれユーティライネン中尉とリトヴャク中尉エンブレム。
なんというエイラーニャ・・・。欲しい。


リトヴャク中尉パッチ。



おまけ


同志せっつーの縞パン実物生地仕様ガバ。
今度はスク水生地ガバを作るのだとか。

もはやなにもいうまい・・・。





  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:01Comments(0)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲソビエト労農赤軍装備

2012年09月26日

武者と陸自と射命丸


去る9月9日、京都某所の私有地フィールドで行われたプライベートゲームに参加してまいりました(^^)


自衛隊装備の多い「舞鶴第3混成団 (http://m5392.militaryblog.jp/)(http://nesi.militaryblog.jp/)(http://izumi.militaryblog.jp/)」様ともご一緒させていただき興奮。
陸自迷彩はやはり日本人の魂に語りかけてくるものがあります・・・
後ろの旧式73式小型トラックたちはフィールド主様の自作。相変わらずすさまじい・・・。


左端が当日の私。この日はサバゲ人生初のテキトー装備。
「すてっきんさん来るならロシア装備を見たい」って方もおられたようで、少し後悔・・・。


自衛隊装備に九九式。これが案外シックリ来る。防暑垂付きの椀帽も相まってかしら・・・。


右端、九九式小銃に自衛隊装備で「立て銃」の構え。なにやら隣に変なものを持った人が・・・?


右端、九九式小銃で中間姿勢射撃の態勢をとる隊員とM14小銃を構える米兵の間にもやはり謎の人物・・・。
何を持っているのかというと私が持って行ってたゴザでした(^^;
構えているのはサバゲ仲間T氏。
後ろに日本刀を振り回している人物がいますがそれについては後述。


プローン姿勢をとる軽機班。


刻を超えた武田軍。赤備えというやつでしょうか?
先ほどの写真で日本刀を持っていた方です(^^)
ちなみにこの方は実際にこの装備でゲームに参加されていました(^^;


自衛隊との刻を超えた共演(^^)
自衛隊員の方は第3混成団の橋本1尉です。


米兵の振り下ろす日本刀を白刃取りを試みる隊員。
「フッ・・・見切った!  ・・・アレ?」


PPSh41おなじみの「椅子」。
トイガンでは強度不足なので半分空気椅子(^^;


タンクデサント(違

今回初めてこちらに参加させていただきましたが、私有地フィールドとは思えない立派なフィールドで、適度な茂みや起伏、くぼみ等あって素晴らしかったです。機会あらば是非また参加させていただきたいです(^^)



オマケ(ゲームネタゆえわかりづらいかも



ヤマハの原付、メイトの射命丸文(東方プロジェクト:同人ゲーム)×水曜どうでしょう(テレビ番組:北海道テレビ)コラボ痛車。


文々。新聞社ロゴと射命丸のシルエット入り(^^)


「水曜どうでしょうならぬ射命丸どうでしょう。」

※撮影許可並びにブログ掲載許可はいただいています。







  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:57Comments(4)軍装サバゲ陸上自衛隊装備

2012年09月25日

8/16 エピングフォレスト通常戦

CIMG7427
CIMG7427 posted by (C)すてっきん

去る8月16日、京都のサバイバルゲームフィールド、エピングフォレストさんにてゲームしてきました。
今回は数年前からブログで交流しているけだむ君(写真左)と初めて共演。
私は転職後のゴタゴタ、けだむ君は就職後のゴタゴタでかなり強行軍でしたが、無事合同演習を実施できて良かったです(^^;
写真がボケていますがご容赦を・・・;

CIMG7424
CIMG7424 posted by (C)すてっきん
今回もロシアSSO社のゴルカRとSmershコンバットハーネス。
ロシア装備はソ連時代から現代まで地道に増えて行ってはいるのですが、最近サバゲ前夜まで現場やら出張やらで忙しく、準備と後片付けが簡単なこの組み合わせばかりになってきています・・・(--;


以前記事でも紹介したMAGのAK74用45連型マガジンも今回実戦投入。
中華製のスプリング給弾マガジンとは思えないデフォルトの弾上がりの良さ!やはりMAGは素晴らしい!
これで外観もこだわってくれれば文句はないのですが・・・海外製に文句を言ってもどうにもなりません(^^;

CIMG7420
CIMG7420 posted by (C)すてっきん
数年の絡みではあるものの、今回初めてのサバゲのけだむ君。遠く愛知の地より見参。
「NAMっぽくタイガー迷彩にM60で来る!」と言っていたのですが、「夏だし起伏の激しい山フィールドだしやめておいた方が・・・」
と忠告しておいたらM4とモッシーオークに。
岩肌や樹木、枝等が多いエピングフォレストさんではモッシーオークが素晴らしい迷彩効果を発揮しておりました(^^)b

せっかくの初めてのサバゲだったけだむ君ですが、我々眼鏡族のサガである「ゴーグルの曇り」であまり満足の行く結果ではなかったようです・・・;
ためしに私のファン付きゴーグルを貸してみたら効果は抜群のようで、「次回までに絶対調達する!」とのこと。

次こそは万全の態勢でサバゲを楽しんでいただきたいですね(^^)
ためしに私と得物交換してAKを使ってみて、AKも気になりだした様ですし、次が楽しみです。
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:23Comments(0)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲ

2012年09月07日

自動車化歩兵リスペクト・ソ連編

こんばんは。
先日某私有地フィールドにお邪魔しました(^^)


以前までは竹の生い茂る立派なフィールドだったのですが、この先高速道路にされてしまう都合上、すっかり伐採されてしまい・・・。


半分土木作業、半分ハンドガン戦という感じになりました(^^;


今回は大祖国戦争のソビエト労農赤軍装備で参加しました。


今回、相互リンクブログで、ベトナム人民軍装備同志の同志はむ星のブログ「まどろみ三等兵(http://hamu.militaryblog.jp/)」より、「56式自動車両(http://hamu.militaryblog.jp/e352952.html)」をリスペクトさせていただきました(^^;


Iさん、操縦手役ありがとうございました(^^)b



おまけ




おわかりいただけただろうか・・・・
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:24Comments(4)軍装サバゲソビエト労農赤軍装備

2012年08月25日

現用カンボジア王国軍軍装

こんにちは、今日は6月に撮影したまま忘れていた現用カンボジア王国軍の軍装を実際のカンボジア軍の写真を交えてご紹介させていただきます。


撮影日は6/30。
カンボジア製実物ODジャケット( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e302324.html )に同じくカンボジア製DPM迷彩パンツとキャップ( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e279832.html )。
東南アジア製チェックスカーフにロシア製コンバットブーツです。


装具は中国製56式チェストリグ(80年以前のカーキのもの)と、代用品のユーゴスラビア製サスペンダーとピストルベルトです。


銃はカンボジアでも普及している中国製56-2式。私のはリアルソード製です。

ではここからは実際のカンボジア王国軍を見てみましょう。


装備の更新の遅れているところでは装具もつけていないような部隊もよく見かけます。
支給されていないのか、はたまた邪魔だからつけていないのか?
戦闘服も迷彩ではなくODです。わたしはこのODのモデルが好きです。
こういう部隊では靴ではなくサンダル履きの兵士なんかも見かけます。


こちらはDPM迷彩着用例。
カンボジアではいくつかの種類のDPMを見かけますが、私の所持しているDPMはパターンや色合いなどからこのモデルではないかと思います。
装備は中国製56式、サスペンダー、ロシア製RGD-5手榴弾、56式チェストリグ。
56式チェストリグは色合いから80年ごろ生産のカーキからグリーンへの移行期のモデルではないかと思います。


写真が大きいのでサムネイル表示です。クリックしてください。
こちらは装備が恵まれています。外国から招いた教官に近接戦闘を学んでいるようです。
特殊部隊でしょうか?警察は袖章のデザインがちがうのですが、この写真からは袖章の細部がハッキリわからないので軍の部隊なのか警察の部隊なのかはわかりません。
 
タクティカルベストやケブラーヘルメット、ニーパッドなども普及し、レッグホルスターにはピストルも携行しています。
しかし迷彩服はバラバラ。
左端の黒ベストの兵士の右のベルトだけ締めている兵士が着ているのはどうも中国人民解放軍の99式迷彩に見えます。
他にも右の方にはタイかどこかのものと思われるリーフ迷彩を着た兵士も。
 
教官も3カラーを着ていますし、カンボジアの迷彩事情はかなり面白いです。
しかしいろんな国の迷彩服が混用されていても、きちんとカンボジア国章に変更されているのは素晴らしいですね。
 

オマケ。


先日カンボジアに行ってこられたサバゲ仲間の同志すもうくが撮影してきてくださった現地のカンボジア兵。
検問所の兵士だそうです。
デジタル系の迷彩を着ていますね。カンボジアオリジナルの迷彩と思われます。
装備は56式のみのようですね。56式のスリングも中国製の56式用のものです。
 
カンボジア軍も徐々に近代化の波が来てなにやらサバゲーマー装備みたいになって来ていますが、私は昔ながらのOD装備が好きですねぇ。
まだまだ知識不足なのでさらに勉強して精進していきたいです。

  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 14:43Comments(8)軍装サバゲカンボジア王国軍装備

2012年07月24日

ベトナム人民軍軍装撮影会ダッコン編

こんばんは!
誰得記事が続いておりますが、ご容赦ください。需要?そんな事ZSU-23-4(NATOコードネーム:シルカ)!!

という訳で、前回( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e347376.html )の続きで、今回はベトナム人民軍特殊工兵隊(特殊攻撃隊とも)、ダッコンの軍装記事です。


野戦装備のダッコンといえばコレ!半袖短パンの迷彩戦闘服に装具なし、AKSのみ、しかも裸足という男前っぷり。


まさしく己の肉体が武器!ですね。



CIMG7107
CIMG7107 posted by (C)すてっきん
今回ダッコン軍装をやるのは私ではなく元同期ОКБです(^^;
北海道に帰ってしまう記念に最後の晴れ舞台です。


ダッコンといえば上の画像たちのように特徴的のダックハンター迷彩が有名ですが、ダッコン用の半袖短パン戦闘服はこの写真のリーフしか持っていないので、今回はリーフで撮影。


撮影前にお化粧。


ダッコンはドーランなどを用いず、泥などの自然物での偽装を好んで行います。


今回の偽装はこの写真を参考に(^^)


顔にも容赦なく塗り塗り。

CIMG7279
CIMG7279 posted by (C)すてっきん
一名の援護下のもと、川を渡るダッコン隊員。

CIMG7277
CIMG7277 posted by (C)すてっきん
後ろの援護の隊員はこの日愛知から参加してくださった同志東方紅。
人民解放軍のダックハンターでダッコン迷彩代用です。

CIMG7282
CIMG7282 posted by (C)すてっきん
AKMSは同志ワサビ・ニコフからお借りしました(^^)

CIMG7290
CIMG7290 posted by (C)すてっきん
CIMG7301
CIMG7301 posted by (C)すてっきん
今度は川にざぶり。

CIMG7295
CIMG7295 posted by (C)すてっきん
北海道に帰る前にとても良いパフォーマンスをやってくれました(^^)ありがとう!


オマケ


(写真提供:同志セルゲイ)
川にどっぷり浸かって演技指導と撮影を行う私(^^;
人民軍キャンバスブーツが水に浸かってパッと見てレザーブーツのような色に・・・  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:42Comments(2)軍装サバゲ現用ベトナム人民軍装備

2012年07月20日

現用ベトナム人民軍軍装分隊撮影②

お待たせしました!(待ってる人いるのか^^;? )
前回( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e343910.html )の記事の続きです。

前回は各人の装備や、川辺での撮影写真でしたが、今回はバンカー中心です(^^)


(写真提供:同志セルゲイ)
土嚢陣地で防衛にあたるベトナム人民軍分隊

(写真提供:同志セルゲイ)
陣地から敵性車両に睨みを効かせるRPG!
陣地ならB-10や65式無反動砲が欲しいところですが・・・・

(写真提供:同志セルゲイ)
腕には人民軍実物「Bảo vệ(防衛)」腕章。こういった腕章は人民軍の訓練写真、動画等で確認できます(^^)
CIMG7258
CIMG7258 posted by (C)すてっきん
指揮官の手旗と号令と共にRPGが発射されます!

CIMG7267
CIMG7267 posted by (C)すてっきん


(写真提供:同志セルゲイ)
56-2式はベトナムでは見かけないのですが、今回は銃が不足していたため投入。隣国カンボジアではよく見かけるのですが・・・。

(写真提供:同志M)
左側二名、私と同志東方紅は「Bảo vệ(防衛)」腕章をつけていますが、指揮官訳のコサック(マルサ)氏は「trục ban(基軸?)」腕章をつけています(^^)

(写真提供:同志すもうく)

(写真提供:同志すもうく)

(写真提供:同志すもうく)

CIMG7270
CIMG7270 posted by (C)すてっきん

(写真提供:同志すもうく)

現用ベトナム人民軍の軍装をされる方は少なく、今回チームの同志たちの協力でこのような素晴らしい写真を撮ることが出来て幸せです(^^)
感謝いたしますm(--)m

もうちょっとだけ続きます。


次回はベトナム人民軍特殊部隊、ダッコン編です!

需要?なにそれおいしいのですか?  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:41Comments(0)軍装サバゲ現用ベトナム人民軍装備

2012年07月07日

現用ベトナム人民軍軍装分隊撮影①

CIMG7138-1
CIMG7138-1 posted by (C)すてっきん
みなさんこんばんは。
先日のゲーム(http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e341650.html)の際に実施した現用ベトナム人民軍軍装での分隊写真撮影会の模様をお伝えします(^^)
装備のほとんどは私の貸出ですが、一部持ち寄っていただきました。

まずは参加者の紹介から。

CIMG7107
CIMG7107 posted by (C)すてっきん
元同僚ОКБ。今回は一人だけ旧来のグリーン戦闘服です。
今回ベトナム人民軍砲兵下士(伍長)の階級章を付けていますが、砲なんて当然無いのでRPG装備です(^^;


現在リーフ迷彩への更新をおこなっているベトナム人民軍ですが、旧来のグリーンの戦闘服も多数現役で、この戦闘服も混紡の比較的新しいものです。

CIMG7146
CIMG7146 posted by (C)すてっきん
コサック(マルサ)氏。今回は士官学校生徒や教官、一部部隊などが着用しているローカルメイドの笹柄迷彩です。
歩兵科の兵科章に略帽、トカレフホルスター装備で今回は指揮官をやっていただきました(^^)
56-2式はベトナムでは見かけないのですが、今回は銃数が足りず投入。


笹柄迷彩参考画像

CIMG7152
CIMG7152 posted by (C)すてっきん
今回愛知からはるばる参加してくださった同志東方紅(http://plath81.blog31.fc2.com/)。
ベトナム人民軍兵一(一等兵)です。
同志には56式とサンヘルメットを持参していただきました(^^)
56式のウェザリングが素晴らしいです・・・・・

CIMG7155
CIMG7155 posted by (C)すてっきん
今回巻き込まれた形の同志ワサビ・ニコフ(http://nkvd.militaryblog.jp/)。
AKMSと56チェストリグを持参していただき、ベトナム人民軍下士(伍長)をやっていただきました。

CIMG7150
CIMG7150 posted by (C)すてっきん
んで、アテクシ。ベトナム人民軍少尉です。

ではここからは撮影会の模様を、実際のベトナム人民軍画像とともにご覧ください(^^)

CIMG7122
CIMG7122 posted by (C)すてっきん
CIMG7145
CIMG7145 posted by (C)すてっきん

CIMG7153
CIMG7153 posted by (C)すてっきん

(写真提供:同志すもうく)
CIMG7243
CIMG7243 posted by (C)すてっきん
CIMG7242
CIMG7242 posted by (C)すてっきん

CIMG7246
CIMG7246 posted by (C)すてっきん
CIMG7253
CIMG7253 posted by (C)すてっきん

(写真提供:同志すもうく)

まずはひとまずこのあたりで次の記事へ続きます(^^;
色調とか光源とかもうちょっとうまく処理できたらよかったのですが・・・・

つづく  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 02:38Comments(4)軍装サバゲ現用ベトナム人民軍装備

2012年06月29日

6/23エピング戦 現用ベトナム人民軍装備

こんばんは、すてっきんです(^^)

去る6月23日、京都のエピングフォレストさん( http://www.cwo.zaq.ne.jp/bfbbw808/ )にてゲームをしてきました。
今回はその模様について。

CIMG7234
CIMG7234 posted by (C)すてっきん
今回は現用ベトナム人民軍装備で参加しました(^^)


(現用ベトナムに詳しくない方の為に現用ベトナム人民軍写真)

CIMG7311
CIMG7311 posted by (C)すてっきん
今回はわざわざ愛知から同志東方紅( http://plath81.blog31.fc2.com/ )が遊びに来てくれました!
人民解放軍装備がキマッております(^^)b

CIMG7314
CIMG7314 posted by (C)すてっきん
同志東方紅は普段は中国人民解放軍、台湾軍など、中華圏の軍装をメインにされています。
今回はさる理由によりその本領発揮とはならなかったのですが・・・それはまた後程。

CIMG7130
CIMG7130 posted by (C)すてっきん
見事にウェザリングされた同志東方紅のRS 56式d(^^)b
金属部分のみではなく、木製部分も素晴らしい汚しです。

CIMG7158
CIMG7158 posted by (C)すてっきん
頭にシダ植物を盛られるすもうく氏(^^;

CIMG7113
CIMG7113 posted by (C)すてっきん
軍装・サバゲを始められたばかりだというのに、相変わらず色々終わってらっしゃいます・・・。(褒め言葉
KLMKに6b2ボディアーマー、RD54にショフィールドカバー付SSh68ヘルメットとは・・・。
ソビエト末期から連邦黎明期の空挺軍でしょうか。

CIMG7118
CIMG7118 posted by (C)すてっきん
RD54には空挺軍の意匠が!シブい!

CIMG7164
CIMG7164 posted by (C)すてっきん
前の竹林戦のときにもそうでしたが、KLMKの迷彩効果は緑が多い地形では素晴らしいですね(^^)
カーキ色の6b2とRD54装備じゃなきゃバレないんじゃ、と思ってしまいます。
でもそこがイイ!

CIMG7131
CIMG7131 posted by (C)すてっきん
今回もロシア最新装備メーカー、サバイバルコープス社のSURPATに身を包んだ同志セルゲイ。
流石にフル装備は暑いのか、同迷彩のTシャツにブーニーハットです。装具もSmershでしょうか。
AKカスタムに余念がありません(^^)

CIMG7180
CIMG7180 posted by (C)すてっきん
90年代なロシア軍装に身を包んだ同志モスコフ。
川に入って撮影会をされてますが、台風4号の影響でいつもより流れが急です(^^;

CIMG7209
CIMG7209 posted by (C)すてっきん
すもうく氏と一緒に。
やはりこの時代のロシア軍装は興奮します・・・Урааааа!

CIMG7217
CIMG7217 posted by (C)すてっきん
緊迫の戦闘シーン!!

CIMG7170
CIMG7170 posted by (C)すてっきん
私が撮影用に持ってきたRPG-7に興奮するワサビ師。
「エエなぁ~・・・RPG買おかな・・・」

CIMG7126
CIMG7126 posted by (C)すてっきん
私が持ってきた信号らっぱを吹くコサック(マルサ)氏。
コサック氏はらっぱ手の経験があり、私と二人で起床らっぱやらメシのらっぱやら吹いていました(^^)

CIMG7179
CIMG7179 posted by (C)すてっきん
私が持ってきたベトナム国旗を持つ管理人さん。
普段は管理人さんはWWⅡ米軍装備なので、ブラックパジャマ装備の管理人さんは激レアです!!
私もこれまで米兵な管理人さんしか見たことありませんでした・・・
ゲームに参加された際は、武器を持たず、ベトナム国旗だけ掲げて敵陣に突撃されてました。
もちろん私も一緒に突っ込みました(^^)
動画を撮ってあるのでそのうちお見せ出来たら、と。

CIMG7175
CIMG7175 posted by (C)すてっきん
今回も赤チームのマーカーにはベトナム人民軍腕章を使いました(^^)
この腕章の意味は「防衛」。

CIMG7138-1
CIMG7138-1 posted by (C)すてっきん
今回最大のネタは現用ベトナム人民軍分隊写真撮影会です!
前回記事( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e338409.html )で手持ちの現用ベトナム装備貸し出して分隊写真撮りたいな、と言っていましたが、いろいろ働きかけた結果、さっそく叶ってしまいました・・・(^ワ^)

CIMG7122
CIMG7122 posted by (C)すてっきん
左が同期ОКБ。右が同志東方紅。
二人とも私が貸し出した装備です。同志東方紅やワサビ師は今回の撮影会のため、ご自身の専門の軍装に力を入れられなかったと思います・・・。申し訳ない。
ОКБはもう少しで地元の北海道に帰ってしまうので、今回ラストゲームです・・・

撮影会の模様や、撮影写真については別記事でみっちりタップリやります!乞うご期待!!
現用ベトナムとかどこに需要があんねん、とかそういうツッコミはなしね!!!




オマケ。

CIMG7105
CIMG7105 posted by (C)すてっきん

サンヘルメットを盛られたОКБ。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 04:21Comments(0)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲ現用ベトナム人民軍装備

2012年06月18日

現用ベトナム人民軍装備を更に強化!

CIMG7020-1
CIMG7020-1 posted by (C)すてっきん
こんばんは、すてっきんです。
上の画像は手持ちの現用ベトナム人民軍被服。

CIMG7018-1
CIMG7018-1 posted by (C)すてっきん
最近さらに現用ベトナム人民軍のリーフ迷彩服やリーフ迷彩背嚢、略帽等を追加注文したりして、現用人民軍で分隊が組めそうになってきました(^^)
まあ身体は一つなんでだれかにお願いしなければいけませんが・・・;


また、この写真のタイプのベトナム人民軍陸軍の特殊部隊であるダッコン用半袖短パンのリーフ迷彩戦闘服も入手しましたが、さすがに私の醜い生足を露出するのは憚られるので着用画像をあげる機会はあるのかしら・・・(^^;


目指せサバゲでベトナム人民軍分隊!!

  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:34Comments(0)軍装現用ベトナム人民軍装備戦後ベトナム人民軍装備戦闘服・被服

2012年06月13日

久々のロシア軍装


こんばんは、すてっきんです(^^)

最近ベトナム軍装ばかりでロシア軍装記事をあげていなかったので、チームブログを更新したついでに個人ブログのこちらにもロシア軍装写真を貼っておきます。

今回はロシア自動車化狙撃兵(歩兵)です(^^)

着用装備詳細はチームブログの記事まで。
     ↓ ↓ ↓
http://fsb.militaryblog.jp/e336984.html  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 02:43Comments(5)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備

2012年05月31日

5/20 ベトミン軍装サバゲ

CIMG6843
CIMG6843 posted by (C)すてっきん
こんばんは、去る5月20日、ZB26のテストも兼ねてサバゲに行ってまいりました(^^)

DSC_0984
DSC_0984 posted by (C)すてっきん
今回はサバゲ撮影用に購入したヘッドマウントカメラのテストも兼ねています。

CIMG6854
CIMG6854 posted by (C)すてっきん
今回の装備はインドシナ戦争におけるベトミン軍です。ベトナム人民軍の母体となった組織で、軍学校の設立などに多くの旧日本軍人がかかわったとされています。

CIMG6856
CIMG6856 posted by (C)すてっきん
ベトミン軍は時代が時代だけにハンドメイド装備も多く、旧軍やフランス軍からの鹵獲装具、ソ連、中共からの援助等と混用されていたものと思われます。
写真資料を見ていてもハッキリとわからないものが多いです(^^;
今回の私の装備も、旧軍、ソ連、北ベトナム、中国、フランスなどの装備をごちゃまぜにしています(--;

CIMG6828
CIMG6828 posted by (C)すてっきん
タケノコ両手にご満悦のPoko氏。
今回もゲーム前にみんなでゲームの妨げになるタケノコ狩りです。

CIMG6829
CIMG6829 posted by (C)すてっきん
Poko氏や同志セルゲイ曰く普通においしかったそうです(^^)

CIMG6836
CIMG6836 posted by (C)すてっきん
漢の背中・・・

CIMG6832
CIMG6832 posted by (C)すてっきん
「お、エエモンめっけた」

CIMG6830
CIMG6830 posted by (C)すてっきん
「これでIEDを・・・ウヒヒ」
ワサビ師は相変わらずです。

CIMG6835
CIMG6835 posted by (C)すてっきん
タケノコを勢いよく蹴り倒すみんなの頼れるアニキ、Naji氏。

CIMG6826
CIMG6826 posted by (C)すてっきん
今回の装備銃。

HP製 PPSh41短機関銃
KTW製 Mosin-Nagant M1891狙撃銃
ROCK ZB26軽機関銃

その他、ハンドガン戦用に軍装とは関係なくグロック17なども持っていきました。

CIMG6845
CIMG6845 posted by (C)すてっきん
ZB26機関銃はベトミン軍、および北ベトナム軍で使用されましたが、弾薬の都合上、ベトナム戦争中盤ごろには姿を消していきました。


映画、「ワンス・アンド・フォーエバー」の序盤、ベトミン軍のフランス軍への奇襲シーン、終盤の積み上げられた北ベトナム軍の銃器のシーンで登場していたのが印象に残っています。もっとも、マガジンがAKタイプに改造されたモデルが出ていましたが(^^;

CIMG6849
CIMG6849 posted by (C)すてっきん
細部の造りは荒いですが、ZB26をモデル化してくれただけでうれしいです(^^)
専用スリングを持っていないので適当にロシア製AKスリングがついています(--;

CIMG6844
CIMG6844 posted by (C)すてっきん
帽章は北ベトナムのものではなくキチンとベトミン軍の実物です(^^)
水筒は旧軍の昭五式?のレプリカ。

使用したところ、30メートルほどの距離で狙ったところを中心に半径1mほどの距離に着弾します。
精度とは程遠いですが、軽機関銃としてはリアルなのかも(^^;?

CIMG6861
CIMG6861 posted by (C)すてっきん
今回もモシン・ナガン狙撃銃を持っていきました。
黒靴下が目立ってしまっていますね・・・反省

CIMG6859
CIMG6859 posted by (C)すてっきん
筆者に狙撃銃を有効活用できるウデがあればよかったのですが・・・(^^;

CIMG6868
CIMG6868 posted by (C)すてっきん
今回のロシア勢。
左が夏季ロシア兵装備の同志モスコフ。ショフィールド迷彩パンツにジャケットオフのTシャツ姿、SSh68の組み合わせが素敵。私はこういう場末なロシアの兵隊が大好きです。
右のすもうく氏、軍装始めたばかりでKLMKとは渋すぎますね・・・
そして竹林でのKLMKの迷彩効果の高さには驚きました(^^;

CIMG6896
CIMG6896 posted by (C)すてっきん
すもうく氏はNajiのアニキのご同僚だそうです(^^)

CIMG6902
CIMG6902 posted by (C)すてっきん
そして、Naji氏の着てきていたポロシャツと、私のイーグルのリポバッテリーバッグの配色が完全に一致していたのでパシャリ(^^

CIMG6900
CIMG6900 posted by (C)すてっきん
バッテリーといえば、私のヘッドマウントカメラ・GoProの社外品予備バッテリーの商品名がなんと「WASABIバッテリー」。
写真ではつぶれてて見えづらいですが、ワサビをイメージした緑のロゴとワサビバッテリーの表記もキチンとあります。
せっかくなのでワサビ師とパシャリ(^^

CIMG6904
CIMG6904 posted by (C)すてっきん
チームメンバー、コサック氏のバーチカルフォアグリップが愉快な事に(^^;
トラックの運ちゃんみたいだ・・・

CIMG6899
CIMG6899 posted by (C)すてっきん
これは貴重!なワサビ師のウッドランド。しかし軍人ではなく武器商人か何かのゴロツキに見えr・・・ゲフンゲフン。

CIMG6879
CIMG6879 posted by (C)すてっきん
メカフェチ垂涎。

CIMG6906
CIMG6906 posted by (C)すてっきん
ゲームが終わったら毎度の土木作業。セイフティが徐々に広がっていきます。

今回撮影した動画、問題なく撮れていたのですが、編集には時間がかかりそうです(^^;
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 02:30Comments(5)軍装サバゲベトミン軍装備

2012年05月16日

5/6 サバゲ動画紹介 越南人民軍

CIMG6814
CIMG6814 posted by (C)すてっきん
こんばんは(^^)
先日のサバゲの動画をアンチョビことチビ氏(リンク参照)がアップロードされておりましたので私が映っていた動画をご紹介させていただきます。



この日(http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e327005.html)は現用ベトナム人民軍装備でした。
ユーゴスラビア人民軍装備のチビ氏もワタシもはっきりとうつっております(^^;

動画後半で私がターミネーター役のPoko氏に突撃を敢行するシーンが映っているのですが、突撃後、やられずに逃げています。
実はこのときPoko氏は銃の不調で弾が出ない状態でした・・・
それを知らないで突撃していたのです(^^;

突撃の途中から速度が落ちているのがわかると思います。
このとき、「あれ、弾飛んでこねぇな・・・・」とか思って戸惑っていました(^^;

そのあと弾がでてないのを知り、あわてて逃げ帰っています(--;
こうやって動画で3人称視点で見ているとおもしろいですね(^^

DSC_0984
DSC_0984 posted by (C)すてっきん
動画といえば、先日ヘッドマウントカメラを購入しました。
GoPro Helmet HEROというモデルです(^^)

趣味仲間であり、たまにサバゲをご一緒するでど氏(http://www.youtube.com/user/didloaded)の影響で私もサバゲ動画を撮ってみたくなったので。
おそらく購入したモデルも氏と同じものかな?と。

また近日サバゲがあるので、ZB26と一緒にカメラのテストもしておこうと思います(^^)

チビ氏の当該記事はコチラ。
http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e327621.html
私のゲーム中の写真なども張られているのでもしよければ。
最近略帽ばっかでサンヘルメットの写真ブログに載せてませんな・・・ベトナムの時は毎回持って行ってるんですけどねぇ。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:09Comments(0)軍装サバゲ現用ベトナム人民軍装備

2012年05月11日

5/6 サバゲ 現用ベトナム人民軍装備

CIMG6807
CIMG6807 posted by (C)すてっきん

こんばんは(^^)
先日のベトナム人民軍サバゲの模様をお伝えします。

今回は珍しい軍装の方も居ました(^^)

CIMG6777
CIMG6777 posted by (C)すてっきん
ユーゴスラヴィア人民軍です。
前々からユーゴのM77戦闘服はほしいなとは思っていたのですが、今回実物をみて尚更ほしくなりました・・・
予算、予算はどこだ・・・

CIMG6784
CIMG6784 posted by (C)すてっきん
国民党軍兵士です。
私は国民党軍には詳しくないので詳しい所属などはわからないのですが・・・
ZB26がまぶしいです・・・私のZB26もそのうち公開しますん。

CIMG6772
CIMG6772 posted by (C)すてっきん
季節柄、フィールドはタケノコでいっぱい(^^;)
まずは皆でタケノコ掘りです。

CIMG6771
CIMG6771 posted by (C)すてっきん
CIMG6769
CIMG6769 posted by (C)すてっきん
タケノコ掘りを実施するユーゴスラヴィア人民軍兵士・・・

CIMG6768
CIMG6768 posted by (C)すてっきん
タケノコを担ぐPoko氏。
BM21にでも装填するつもりでしょうか(^^;?
今日はウクライナ軍のブタンを着ておられます。

CIMG6814
CIMG6814 posted by (C)すてっきん
今回のアテクシの装備は現用ベトナム人民軍。

CIMG6815
CIMG6815 posted by (C)すてっきん
現用ベトナム人民軍装備は何パターンか持っているのですが、サバゲ投入は今回が初めてです(^^)

CIMG6796
CIMG6796 posted by (C)すてっきん
今回の目的はKTWのモシン・ナガン狙撃銃の調整メインです。
ゲームとゲームの間はほとんどこいつの調整に費やしてました(^^;)

最終的に皆様の助言でなんとか着弾がレティクルの中におさまるようになりましたm(_ _)m

CIMG6800
CIMG6800 posted by (C)すてっきん
今回もゲームは56式メイン。
モシン・ナガンの調整後の実戦投入もしました。
56式はまたセレクタがイカレてしまったのでなんとかせねば・・・・

CIMG6794
CIMG6794 posted by (C)すてっきん
今回初めてご一緒させていただいた「先祖は水呑み百姓。今も貧乏人!!」(←リンク参照)のアンチョビことチビ氏。(以下チビ氏)
チビ氏は普段帝国陸軍の軍装をされていますが、今回はユーゴスラヴィア人民軍軍装です(^^)

CIMG6778
CIMG6778 posted by (C)すてっきん
うしろ。

CIMG6809
CIMG6809 posted by (C)すてっきん
ゲーム中撮影した写真。
いい感じに撮れました(^^)

CIMG6812
CIMG6812 posted by (C)すてっきん
CIMG6811
CIMG6811 posted by (C)すてっきん
ZB26軽機関銃を運用するチビ氏。
援護射撃なら任せろー! バリバリ。

ゲーム自体はM70AB2代用のAKMSを使用されていました。

CIMG6808
CIMG6808 posted by (C)すてっきん
セイフティに帰還されている参加者の皆様。
やはり軽機はキャリングハンドルで提げるのが絵になります(^^)

CIMG6803
CIMG6803 posted by (C)すてっきん
ステン短機関銃を運用するミハエル氏。

CIMG6779
CIMG6779 posted by (C)すてっきん
お持ちのZB26はすでに結構いじられてます。
やはり大陸製であるので、細かいとこは色々不安な出来です(^^;
私のZBともなにやら質感が違っているような・・・?

CIMG6786
CIMG6786 posted by (C)すてっきん
おにぎりリクエスト再び(^^;

CIMG6806
CIMG6806 posted by (C)すてっきん
きょうのワサビ・ニコフ氏。
ゴルカRとパルチザンカモスーツ。

CIMG6816
CIMG6816 posted by (C)すてっきん
ゲームが終わったらみんなでボランティア。
フィールド増設の為に土木作業(^^)

今月もまたここでゲームに参加する予定です。
楽しみー。
ZB26持って行けるかしらん?
  

2012年05月09日

5/4 バトルゾーン戦 北ベトナム軍装

CIMG6757
CIMG6757 posted by (C)すてっきん

こんばんは(^^)
去る5月7日、奈良県のバトルゾーンさんでゲームをしてきました。

CIMG6761
CIMG6761 posted by (C)すてっきん
今回も北ベトナム人民軍装備で参加しました。
最近新たに北ベトナム装備を追加購入したので、それらの実地テストも兼ねています(^^)
武器は56式メイン。

CIMG6758
CIMG6758 posted by (C)すてっきん
今回も前回(http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e313658.html)同様造花を偽装材にしてみました。
前回は背嚢に直接取り付けだったのですが、今回は偽装ループに取り付けたのでより効果的な偽装になっています(^^)
しかし今回は衝立に身を隠した際、背嚢が邪魔で同じバリケードに入ってる方に迷惑になってしまったので背嚢は早々に外しました(^^;

CIMG6759
CIMG6759 posted by (C)すてっきん
この日は生憎の天気。
雨が降ったりやんだりで天気に翻弄されました(--


CIMG6755
CIMG6755 posted by (C)すてっきん
今回ご一緒した方。
黒装備をバッチリ整えてらっしゃります(^^)
しかしサバゲは今回が初めてだとか・・・てっきり経験者かと思っていました(^^;

CIMG6764
CIMG6764 posted by (C)すてっきん
しかし彼のM4もこの天候でドロドロ・・・これでも動くのは流石のマルイ製ですね。

CIMG6763
CIMG6763 posted by (C)すてっきん

今回のスコアです

1 セミオート戦 56式使用 1デス
2 セミオート戦 56式使用 3キル
3 フラッグ戦  56式使用 1キル1デス 敗北
4 フラッグ戦  56式使用 2キル 勝利
5 フラッグ戦  56式使用 3キル1デス 雨のため中断
6 殲滅戦    56式使用 1デス

お昼休み
7 自由参加セミオート戦 56式使用 1デス
8 自由参加セミオート戦 56式使用 1デス

9 殲滅戦    56式使用 1キル1デス
10 殲滅戦   56式使用 4キル
11 殲滅戦   56式使用 1デス
12 殲滅戦   56式使用 2キル1デス
13 殲滅戦   56式使用 1デス
14 メディック戦 56式使用 8キル1デス
15 メディック戦 56式使用 12キル4デス
16 フラッグ戦 56式使用 1デス
17 フラッグ戦 56式使用 1デス

全体のスコアとしてはまあ良好でしょうか?
ブラックパイソンバレルを組み込んだ56式も精度は良好で、遠距離でも問題なく中っていました(^^)
ただ、AKタイプの宿命、ギア、セレクターの不調は相変わらずで、今回もまたセレクターがイカレてしまいました・・・修理せねば・・・

今回のフィールドさんのバトルゾーンさんは、去年の夏のプレオープン以来来ていなかったので、この1年の間にずいぶん様変わりしましたね。
以前よりぐっと熱いゲームを楽しむことが出来ました(^^)
また改装に入るそうなので、次に行くのが楽しみです。


オマケ

CIMG6756
CIMG6756 posted by (C)すてっきん
俺の股間のモーゼルを見てくれ・・・こいつをどう思う?
(この写真は私ではありませんヨ。)  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:48Comments(3)軍装サバゲ北ベトナム軍装備

2012年05月01日

4/29 CZK JOINT-F.T.X ロシア軍ユニットレポ

CIMG67397
CIMG67397 posted by (C)すてっきん
 

みなさんこんばんは。
去る29日、京都CombatZoneKyotoにて行われたコスプレゲームイベント、JOINT-F.T.Xにロシア軍ユニットとして参加して来ました(^^)
 

http://combatzonekyoto.militaryblog.jp/e322161.html
↑イベント詳細についてはコチラ。

 
CIMG67203
CIMG67203 posted by (C)すてっきん
 
当日はSSOのゴルカRにテクニコムの6Б23ボディアーマー、SPOSNのSmershにSSOのBerezka迷彩キャップ、LCTのAK74MのNVにベラルーシ製ПК-А(PK-A)ダットサイト装着、背中にはRPG-26といういでたちでロシア国内軍としてロシア軍ユニットで参加しました(^^) 
 

CIMG66982
CIMG66982 posted by (C)すてっきん
 
今回のイベントの為にわざわざ千葉から夜行バスにのって参加しに来てくれた「生涯学習日誌(ブログリンク参照)」のみむ君。
タイ軍とロシア海軍歩兵軍装をされている彼は今回海軍歩兵軍装でロシア軍ユニットの友軍です。
海軍歩兵独特の黒染めのAKポーチが素敵(^^)b

CIMG6699
CIMG6699 posted by (C)すてっきん
そして今回会場のCZKまでの車提供&ドライバー役のムー君。
以前の職場の部下です。今回サバゲが初めてで、ロシア軍官給品フローラ迷彩服と6Sh92ベスト、6Б27ヘルメット、ブーツ、AK74Mを貸し出してロシア陸軍をやってもらいました(^^)
ちなみに以前の現用ベトナム人民軍記事(http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e298887.html)でベトナム人民軍兵士をやってくれたK君と同一人物です(^^;

CIMG67173
CIMG67173 posted by (C)すてっきん
みむ君とムー君の二人で記念撮影(^^)
みむ君は私が以前譲ったSPLAV社のM32ベストを装備しています。
ロシア海軍歩兵ではこのベストをよく見かけます。海軍歩兵は予算不足という噂ですし、兵士達が自費購入しているのでしょうか(^^;?
みむ君のSSh-68ヘルメットはモンゴル軍モデルを再塗装してフローラヘルメットカバーを装着しているようです。フローラヘルメットカバーが私のものとは違いノンリップです。うらやましい・・・

6
6 posted by (C)すてっきん
海軍歩兵と陸軍の共同!画面右のムー君は袖まくりしているのでわかりづらいですが、フローラ迷彩服の両袖にはちゃんとロシア軍と自動車化狙撃兵パッチがついています。
当日は物凄い夏日で、腕まくりも致し方ない・・・


CIMG67024
CIMG67024 posted by (C)すてっきん
今回はKTWのモシン・ナガン狙撃銃も調整かねて持っていきました。一度も使いませんでしたが・・・(--;

CIMG67044
CIMG67044 posted by (C)すてっきん
うしろ。

CIMG67054
CIMG67054 posted by (C)すてっきん
RPG-26装備です。
さすがに邪魔な上耐久性不足なのでゲーム中は外しましたが(^^;

CIMG67224
CIMG67224 posted by (C)すてっきん
今回初使用のLCT製AK74Mニューバージョン。
インナーバレルをブラックパイソンに、チャンバーにファイアフライの電気くらげ、電気なまず、ノズルもでんでんむしに換装してあります。今日の為に今回イベント協賛でもある購入先のガンショッププラウダさんがイベントまでに組み込みを間に合わせてくれました(^^)
ПК-Аダットサイトは普段は今回ムー君に貸してるミキシングビルドAK74Mに付けていたので会場のレンジにて装着、ゼロイン調整。


とりあえず午前中は参加者の皆さんがフィールドに慣れてくれるようにと通常ゲーム。
私ふくめ、今回がCZK初体験という方もそこそこおられたのでありがたいです。

思ったより起伏が激しく、森林エリアと高台エリア、市街地エリアの境界が崖に近い斜面になっており、エリア間の移動時に遮蔽物に身を隠せないのが難しく、また楽しいところでもありますね。

そして次はうちのチームではおなじみ、「ターミネーター戦」です(^^)
(ターミネーターはいくら撃たれてもヒットにならない、ターミネーターのみフルオート可。その他はセミオートオンリー、一度ヒットされると終了。ターミネーターをギブアップさせるか、制限時間を逃げ切れば勝ち・・・)

 

(この画像はCZK様のブログより許可を得て使用しています。)
今回もターミネーター役はチームのおもちゃ、Poko氏。
ゴーグルの奥の眼鏡が妖しくギラリと光ります。


(この画像はCZK様のブログより許可を得て使用しています。)
さすがPoko氏、いくら撃たれても痛がる素振りも見せず、のっしのっしと威圧感たっぷりな動きで参加者たちを討ち取って行きます・・・。
何人か果敢な突撃至近射撃を敢行しましたが、Poko氏のタフネスの前にあえなく返り討ち・・・


(この画像はCZK様のブログより許可を得て使用しています。)
ターミネーターと交戦する参加者たち。
写真右、いつもゲームをご一緒するNajiさんも今回はパルチザン柄のゴルカにRPKでロシア装備。
RPKはサバゲを引退されたご友人から頂いたのだとか(^^;ウラヤマシイ...

結局誰もPoko氏を討ち取る事無くタイムアップ、Poko氏のドMの面目躍如となりました(^^)


そしてお昼。


(この画像はCZK様のブログより許可を得て使用しています。)
昼食後、全員参加のビンゴゲームが開催されました(^^)
景品はCZKさん、協賛のプラウダさん、セキトーさんが提供され、なんと参加者全員に景品が当たるという大盤振る舞いっぷり!
中にはネタ商品もありましたが・・・(^^;
写真は左からCZK管理人yuu氏、プラウダ店長、プラウダ代表。


(この画像はCZK様のブログより許可を得て使用しています。)
そしてさっそくビンゴとなったみむ君!
しかしくじ引きの結果景品は天下一品のドンブリでした(^^;ザンネン


(この画像はCZK様のブログより許可を得て使用しています。)
続々とビンゴとなり、商品のくじ引きを行う参加者たち・・・
くじを引いてるリード迷彩ボトムの海自Tシャツの方は同チームのコサック氏、その後ろのフローラボトムにタンクトップはムー君。
因みに私はS.W.A.T.のタクティカルブーツが当たりました(^^
SVDSのエアコッキングなんかを当てておられた方も・・・


そして午後の部はシュチュエーションイベント!
(残念ながらシュチュエーションイベントの写真はありません(--;))


紛争地にボランティアに赴いていた日本人グループが現地民兵に拉致される!
日本国政府は米軍の協力を得て陸上自衛隊中央即応集団、特殊作戦群を投入!無事邦人の確保には成功するものの、脱出の際に搭乗していた米軍の新型ステルスヘリが撃墜されてしまう!

現地民兵が殺到する中、米軍と自衛隊が邦人を守るため必死の抗戦!米政府は現地に取り残された米兵と自衛隊員、邦人の回収と墜落したヘリの機密保持のため、救出部隊を送る!

一方ロシア政府は墜落した新型ヘリの機密を探るべくスペツナズを投入、混乱する戦場からヘリのブラックボックスの回収を図る!
なお、各勢力の衛生兵はヒットした味方兵士を各人一度まで復活させることができる。
南部のキルハウス内の米軍はキルハウスの外には出られない。
民兵はヒットされたのち、モスクに戻れば無限復活可能。
 
...一応状況としてはこんな感じです(^^;
 
ロシアユニットの勝利条件は「ヘリのブラックボックス(ポリタンク)を回収、スタート位置まで運搬」となります。


(この画像はCZK様のブログより許可を得て使用しています。)
ブリーフィングです。
写真中央が当日突然ロシア側のリーダーを任されてたどたどしく説明する私(^^;
士官教育はおろか下士官教育もうけていないためグダグダです・・・

結局は民兵と米軍でつぶしあっている間は様子を伺い、スキを見て突入、ブラックボックスを回収!という作戦で行くことに。

そしてゲームスタート。
とりあえず北側からやってくる米軍救出ユニットを警戒しつつ、前には出ずに様子をうかがい、散発的な戦闘を行うロシア軍ユニット。
戦闘中、一度撃たれてしまうがボディアーマーで命拾いする。(ボディアーマー装着者は2ヒットで退場というルール

米軍は数が多いだけに戦闘力はすさまじく、民兵を次々と排除するのですが、民兵はモスクまで戻れば復活できるルールのため、次から次へと米軍の許へと殺到します!
だんだん戦力を削がれていく米軍、自衛隊・・・これはチャンスだ!

ロシアユニットの一人が前進を促します。
「そろそろ突っ込むぞ!」
「「「「「「「Ураааааааааааа!!!!!!」」」」」」」
怒号をあげて前進を開始するロシア軍ユニット!
高台の遮蔽物越しに援護しながら数名がヘリに向かって突っ込みます!

私も突撃組として高台から斜面を下りて突っ込む!
何人かは米軍の応射でやられてしまうが、生き残った同志がヘリと仮定された二階建てのキルハウスに突っ込む!
後に続く私!
前を行く同志は内部からの応射でやられてしまうが、相撃ちで米兵もやられてる!このまま突っ込むぞ!
しかし障害物が少なく、私も撃たれてしまう!

近くの障害物にズリズリ這いよりながら叫ぶ。「衛生兵ーー!」
すると衛生兵のNajiさん、攻撃の合間をぬって斜面を駆け下り、私の許にやってきます!
「はいよ、すてっきん!」
そしてすり抜けざま、私の頭にタッチ!
よし、これでイケる!

そしてそのままヘリ内部に突っ込み、ハチあわせた米兵に5.45mm弾(ホントは唯のBB弾)を叩き込む!
しかし米兵のやられ際の応射で相撃ちとなり、あえなく退場・・・
ヘリの中には米兵1名。どうやらこの米兵、私の前に突っ込んだ同志の攻撃でヒットとなるものの、ボディーアーマーのお蔭で命拾いしていたようである・・・

そしてその後、事態は進展せず、われらがロシア軍ユニットは任務を達成することができないまま戦いを終えた・・・。


そして2ゲーム目!
今度こそ雪辱を晴らすべく戦闘を開始するロシア軍ユニット。今回私は当初北側に張り付き、南下する米軍救出部隊を攻撃する。
米軍救出部隊は我々ロシア軍と民兵の2勢力を同時に相手せねばならず、フィールドの端に位置する我々への反撃は幸いにもそれほど激しくない。一緒に北の守りに就いた同志と散発的に撃ってくる民兵の攻撃をやりすごしつつ一緒に米兵を屠っていく・・・
結果、米軍の救出部隊は衛生兵を残し壊滅状態。

「衛生兵ー!!」「ダメだ、ロシア軍の攻撃で衛生兵が助けに来られない!」
切羽詰った米軍からこちら側に呼びかけが来ます。

『おい、スペツナズ!聞こえるか!こちらは負傷兵ばかりだ!これ以上の攻撃は国際問題だ!』
『我々はアメリカ人が攻撃してきたから反撃しているだけだ!そちらが前進してくる限り攻撃する!』
『・・・わかった、我々はお前たちへの攻撃を中止する!だから我々にも発砲するな!いいか、お前たち、今からロシア軍には撃つんじゃない!』

そういったやり取りのあと、米軍救出部隊とロシア軍ユニットがお互いに銃を向けあいつつも撃たないまま、米軍の衛生兵が救出部隊の負傷者を復活させていきます。

そうして再び前進を開始した救出部隊はヘリまで到着、ヘリからブラックボックスを回収します!
「マズい!あれを持ち帰られたら終わりだ!」
しかしブラックボックスを回収した米兵達ははヘリを後にしてすぐ撃たれ、ブラックボックスのみが取り残されます。

なんとかしてアレを回収せねば!どうしようかと思っていたところに南部の米兵を警戒していた同志が叫びます!
『アメリカ人が約束を破った!撃ってきたぞ!』
救出部隊とヘリの護衛の米軍部隊とのやり取りが不十分だったのか、はたまた別の理由か、再びロシア軍と米軍が交戦を始めます。


もう北側の米軍救出部隊を警戒する必要がなくなったので私も南部の米軍や民兵との戦闘に加わります。
ふと横を見ると、Najiさんが弾切れのため、マガジンを付けずにAKS74を撃っています。
弾は出ていなくても牽制の効果はあるようで、敵もNajiさんの空撃ちで陰に引っ込みます。
しかしずっと同じ場所にいるのでじわじわとこちらもやられていきます。
こちらもだいぶ戦力が減ってきたので
「これ使ってください」
とNajiさんにマガジンを投げて寄越します。
そして米軍と交戦中撃たれ、ボディアーマーで一命を取り留めながらもなんとかブラックボックスを回収する機会をうかがいます。
南部の米軍とは距離があるし、民兵の攻撃も小康状態になってる。今なら行ける!

「「Урааааааа!!」」

同志とともに斜面を駆け下り、ヘリへ向かいます!
しかし障害物が少なく、同志はやられてしまい私は最寄りの障害物に飛び込みます。
斜面の上から同志たちの援護射撃を受けながら周囲を確認する。

ブラックボックスまでは10mほど、南部の米軍からはヘリが邪魔で攻撃できない。民兵も引っ込んでる。
これはいける!

すぐさま障害物から飛び出し、ブラックボックスとなるポリタンクを引っ掴む!
水が入っているが、この程度の重さなら大丈夫!斜面の上から同志の援護を受けつつそのまま斜面まで走り抜け、大地を蹴って斜面を登り、すぐさまバリケードに飛び込む。斜面の上は米軍から丸見えだ!

「いいぞ、それをスタート地点まで持っていけば勝ちだ!」
「一気に走ります、援護を!」
「了解!3、2、1、今だ!」
ダダダダダダダ!

同志の援護を受けつつ、一気にスタート位置まで走る!
そしてスタート位置の数字が書かれた木箱にブラックボックスを置き、渾身の力で叫ぶ!!!

「ブラックボックス確保おおおおおぉぉぉぉ!!!」

『ブラックボックス確保!ゲーム終了です!!』

「「「「「「Урааааааааааааааааа!!!!!!!」」」」」」
そして響き渡るロシア軍ユニットの歓声!!

やった!やったぞ!!さっきの屈辱を果たしたぞ!!

こうしてシュチュエーションゲーム第二回は光栄にも私がブラックボックスを持ち帰り、ロシア側の勝利という結末を迎えることができました。
もううれしくてうれしくて、その後も「Ураааа!!」と叫びっぱなしでした(^^;

ちなみに衛生兵のNaji氏、私がノーマルマガジン1本のみを渡した後、ゲーム終了までの短時間で2人倒したそうです。
恐るべし(^^;


CIMG67426
CIMG67426 posted by (C)すてっきん
その後はあまり時間もないので通常戦。

CIMG67417
CIMG67417 posted by (C)すてっきん
昨日の敵は今日の友。陣営関係なくチームを組み、通常戦を楽しみました。


そして最後にもう一度だけターミネーター戦が開催されました。
しかし今回のターミネーター役はみむ君。なんでも本人たっての希望だとか。

そして上半身タンクトップのロシア軍ボーダーシャツのみでスタート位置に向かうみむ君。
いくら千葉からきた思い出づくりといってもそれは痛いと思うよみむ君!
一度は自己責任ということで何も言わなかった運営側ですが、さすがにまずいと思ったのか、Najiさんがみむ君の上着を持っていきます。

そしてゲームスタート!
午前のPoko氏ターミネーターと違い、しょっぱなから「Ураааа!!」と雄たけびをあげて突進するみむ君!そして蜘蛛の子を散らすように逃げ惑う参加者たち!
ゆっくり歩いていたと思えば急に走りだし、またゆっくりに戻るという非常に心臓に悪い動きで参加者たちをひっかき回し、屠っていくみむ君!

しかしひとしきり暴れまわったあと、弾が切れてあえなくリタイアするみむ君。
リタイアしたものの、みんなを恐怖のどん底に陥れました(^^;

そして最後は閉会式。
関西独特のノリで挨拶の擦り付け合いがあったのち、みむ君もみんなに挨拶。
最後は「また関西に遊びに来る!」ということで、自身が演じたターミネーターに因んで「I'll be back!」とシメておられました(^^)


(この画像はCZK様のブログより許可を得て使用しています。)
今回サバゲ初体験なのにいきなり軍装ゲームに連れてこられたムー君(写真右)ですが、とても楽しんでもらえたようで、「是非また誘ってください!」と言っておりました(^^
また今月のゲームに声をかけてみようと思います。


今回のゲームですが、主催者側は「ゆるーい軍装イベント」とおっしゃってましたが、ゲーム内容も細かいプチイベントも充実しており、かなり楽しむことが出来ました(^^)
参加者の皆さんも楽しそうで、とてもよいイベントだったなぁと思います。
軍装という面では確かにゆるいかもしれませんが、ゲーム性、バラエティー性は素晴らしく、サバゲー、軍装初心者のかたも大いに楽しめたのではないかと思います。
また機会あれば第2回、第3回もやるそうなのでその時は是非参加したいですね!



オマケ

CIMG67462
CIMG67462 posted by (C)すてっきん
CIMG67456
CIMG67456 posted by (C)すてっきん
CIMG67449
CIMG67449 posted by (C)すてっきん
自衛隊ユニットで参加された方の私有車。
陸上自衛隊の73式小型トラックです。三菱のライセンスジープの足回りに廃棄処分になった73式を載せ、合体させたものだそうです。
民間車には無い管制灯火ランプや所属表記等、素晴らしいこだわりようでした。
ナンバーもフィールド内で自衛隊ナンバープレート(自作)に付け替えられています(^^;


 ↓今回一緒に参加したみむ君のブログの当イベント記事はコチラ。
http://mimtch.militaryblog.jp/e323589.html

 ↓今回主催のCZKさんのブログの当イベント記事はコチラ。いろいろ写真もあります。
http://combatzonekyoto.militaryblog.jp/e323388.html



 
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 06:25Comments(4)軍装イベントロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲ

2012年04月30日

サイゴン陥落37周年


 
こんばんは。
ベトナム戦争末期、1975年4月30日に北ベトナムによってサイゴンか解放されてから37年が経ちましたね。
西側諸国にとっては「サイゴン陥落」「共産主義への敗北」、ベトナムにとっては「サイゴン解放」、そして「南部ベトナムの解放」を象徴する日です。
 

  

 

 
ベトナム戦争の傷跡はいまだ癒えず、戦争終結後も対中国等で様々な問題を抱えるベトナム・・・ 
ドイモイ政策後著しい成長を続けるベトナム・・・
 
今後のベトナムはどうなっていくのでしょう。
 
  

2012年04月18日

4/14 BUDDY夜戦 ウクライナ軍装

こんばんは、すてっきんです(^^)
去る4月14日に大阪・岸和田のCQBフィールドBUDDYさんにて行われたナイトゲームにお呼ばれしてきました(^^)
 

今回は現用ウクライナ軍装備で参加しました。
以前からウクライナ軍装備はボチボチ集めていたのですが、サバゲでウクライナ装備をやるのは初めてです(^^)
 

CIMG6640
CIMG6640 posted by (C)すてっきん
当日の装備

 
CIMG6641
CIMG6641 posted by (C)すてっきん
ウクライナ軍のブタン迷彩服上下の上に同迷彩の防寒外皮を着て、その上にウクライナ軍タクティカルベストをつけています。
ヘルメットはソ連製SSh68、ライフルはVFCのAKS74です(^^)

 
CIMG6642
CIMG6642 posted by (C)すてっきん
腰回りに旧ソ連軍ピストルベルトと水筒を装備。
ウクライナ軍は旧ソ連型のピストルベルトをバックルのデザインだけウクライナ国章?に変えて今でも使用していますが、手に入らなかったのでソ連軍のもので代用です(^^;)

 
CIMG6645
CIMG6645 posted by (C)すてっきん
タクティカルベスト。
 


同型のタクティカルベスト。ウクライナ空挺軍のようです。
画像のものは砂漠用ブタン迷彩ですが、私のものは単色です。あまり一般部隊では見かけず、特殊部隊系や海外派遣などを行う部隊での使用が多いように感じます。

 
CIMG6647
CIMG6647 posted by (C)すてっきん
捧げ銃!
カラシニコフライフルで捧げ銃を行う場合、ロシアなど旧共産圏ではこのように銃を横にする場合が多いですね。ユーゴスラビアなどでもこの方式のようです。(通常捧げ銃は弾倉が前を向くように銃を捧げる)
カラシニコフは弾倉が長いので、整列した際に弾倉が前の列の兵士に接触するのを防ぐためでしょうか(--;?
ちなみにSKSライフルなどでは通常の捧げ銃がおこなわれているようです

 

私が着ている外皮はおそらくこのタイプだと思われます。
内側にインナーがつけられるようになっているのですが、私のはインナーがないので寒いです(^^;

 
CIMG6648
CIMG6648 posted by (C)すてっきん
旧ソ連型バックパック。
第二次大戦で使用されたモデルからほとんど変わっていません(^^;

 
CIMG6673
CIMG6673 posted by (C)すてっきん
今回一緒に参加した同志モスコフ。
ラスター迷彩です。ロシア内務省軍?

 
CIMG6665
CIMG6665 posted by (C)すてっきん
CIMG6666
CIMG6666 posted by (C)すてっきん
CIMG6664
CIMG6664 posted by (C)すてっきん

 
CIMG6686
CIMG6686 posted by (C)すてっきん
同じく一緒に参加した同志ワサビ・ニコフ。

 
CIMG6690
CIMG6690 posted by (C)すてっきん
ワサビ師使用のLCTのAK74Mのニューバージョンです。素晴らしい出来。購入はいつになるやら・・・
 

CIMG6681
CIMG6681 posted by (C)すてっきん
 CIMG6685
CIMG6685 posted by (C)すてっきん
夜間ゆえにうまいこと撮れなかったのですが、逆に臨場感が出たような・・・(きのせい
 

CIMG6657
CIMG6657 posted by (C)すてっきん
んで、アテクシ。

 
CIMG6653
CIMG6653 posted by (C)すてっきん
CIMG6654
CIMG6654 posted by (C)すてっきん
CIMG6659
CIMG6659 posted by (C)すてっきん
CIMG6660
CIMG6660 posted by (C)すてっきん
 

んで、当日のゲーム内容ですが、ダメダメでした;
せっかくこの日のために購入したレスキュー隊用のフラッシュライトは忘れるわ、AKのギアはたびたび調子悪くなるわ・・・
まあしかし夜戦は初めてだったので、勉強になる事も多かったです。
次行くときはライトを忘れないようにしよう・・・
 
あと意外とウクライナブタンが夜間の迷彩効果が高く、新しい発見です(^^  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 03:35Comments(0)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲウクライナ軍装備