プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および閲覧者様の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

2017年07月10日

P37装備いじり

DES-x0nUQAAwdse
DES-x0nUQAAwdse posted by (C)てっきん
皆さんこんばんは。
転職して1か月とちょっと。新しい職場にもだんだんなじんできました。
昨晩久々にWWⅡ英軍のP37装備をいじってはTwitterにうpしていたので折角なのでその写真を使って記事にしたいと思います。

DEStHe_U0AAv-wW
DEStHe_U0AAv-wW posted by (C)てっきん
こちらが私のP37装備。
今はベーシックポーチではなくリー・エンフィールドポーチにしています。

DEStnElVoAA9Rmn
DEStnElVoAA9Rmn posted by (C)てっきん
エントレンチングツールと銃剣とワイヤーカッター。
こういう小物を付けるの大好きです。

DES2Y8aUMAEkCOx
DES2Y8aUMAEkCOx posted by (C)てっきん
銃剣。
銃剣の鞘がいわゆるカナディアンタイプです。
大戦期の一般的な方の鞘が欲しいですね。

DESxOwbVYAA2sjS
DESxOwbVYAA2sjS posted by (C)てっきん
銃剣をエントレンチングツールの柄の先のアタッチメントに接続。
エントレンチングツールのアタッチメントって銃剣を取り付けるための物だったんですね。
昨日初めて知りました(駄

ずっと柄を延長するアタッチメントがあって、それを付けるんだと思っていました・・・。

DETD7XyV0AAJpbc
DETD7XyV0AAJpbc posted by (C)てっきん
カーキドリルの半そでジャケットとグルカショーツ。

DETEblsUMAMLTI6
DETEblsUMAMLTI6 posted by (C)てっきん
一応シャツも持ってます。
リプロですけど。

DETRIXHVwAAjBjA
DETRIXHVwAAjBjA posted by (C)てっきん
KDホーゼ。
グルカショーツと合わせるならやっぱりこれです。
色の濃いのと薄いの、2種類持っています。

DETL_gFUMAAjeE1
DETL_gFUMAAjeE1 posted by (C)てっきん
メスキットと石鹸。
スモールパックにしまってありました。
石鹸は官給品の証であるブロードアローがついていますが、本物かリプロかは不明です。

DETRvCYV0AA96kS
DETRvCYV0AA96kS posted by (C)てっきん
リー・エンフィールドライフル用バンダリア。
何も入れる物が無いので取り敢えずマッチ箱で膨らませているのですが、些か膨らみすぎなのでちょっと考えないとですね。

DETHTtSU0AALs7x
DETHTtSU0AALs7x posted by (C)てっきん
DENIXのリー・エンフィールドとパシャリ。
「桜の国からこんにちは!」→ http://insnowaesenal.militaryblog.jp/
の管理人でサバゲ仲間のせっつー君がKTWのリー・エンフィールドNo.4を買ったので羨ましいかぎり。

P37系装備はとても奥が深くてやりがいのある装備なので、今後も力を入れていきたいですね。
今回紹介した装備や服を実際装備してる写真はこちらの過去記事からどうぞ。
   ↓
http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e781666.html

それでは今日はこのへんで。
おやすみなさいませ。


あぁ~、サバゲー行きてぇなぁ。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:34Comments(0)雑記装備品WWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2016年09月01日

2016.8.21 バトルゾーン定例会

皆さんこんにちは。

今回は8月21日のバトルゾーン定例会の記事です。

IMG_1152
IMG_1152 posted by (C)てっきん
当日の私。
カンボジア軍の一般兵装備で行きました。
暑い時は一番これが楽です。超軽装だし(^^;

IMG_1149
IMG_1149 posted by (C)てっきん
一緒に参加したやふし君。
装備は一式イスラエル軍なんですが、ライフルが何故か超カスタムのM16。
タボール持ってるんだからタボールで撮ればよかった(^^;
暑かったらしく、途中から着替えてました。そりゃそうだ。

IMG_1153
IMG_1153 posted by (C)てっきん
同じく一緒に参加した山風さん。
今日は夏サバゲ装備。

他にもせっつー君やレンチ兄貴も一緒に参加しました。
せっつー君はアフガン戦のソ連空挺軍装備だったのですが写真撮りわすれました(^^;

IMG_1148
IMG_1148 posted by (C)てっきん
レンチ兄貴の「不法入国者」Tシャツ。
ほしい。


今回は普通の定例会だったのですが、昼休みを利用して「ある競技」にチャレンジしました。
「ある競技」って?

それは・・・「コーラウォーリア」です。

なんやねんそれ?って方は調べてみてください。

簡単に言うと、コーラがぶ飲みしてマシュマロ食って障害物走と射撃競技をやるという、
非常に自分の体を痛めつける競技です(^^;

今回は現地の状況に合わせて障害等設定したのでアメリカ人がやってる真のコーラウォーリア
には全然及ばない内容ですが、それでも地獄でした。

まずうさぎ跳びで銃の元まで移動します。

IMG_1155
IMG_1155 posted by (C)てっきん
そして置いてある銃(RPK)を分解して結合。

IMG_1158
IMG_1158 posted by (C)てっきん
そして大サイズのマシュマロを口に3つ詰め込んでコーラ500mlを一気飲み。

そしてフィールド外周をダッシュで周り、

IMG_1160
IMG_1160 posted by (C)てっきん
拳銃でマンターゲット4つを撃ち、

IMG_1165
IMG_1165 posted by (C)てっきん
最後にまたコーラ500mlを一気飲みで終了。

IMG_1163
IMG_1163 posted by (C)てっきん
実際やってみて、本場アメリカ人ほどのキツい条件じゃないんでなんとかなるやろう
と思ってましたが、それでも十二分にキツかった・・・。
私はなんとかクリアしましたが、今回チャレンジした五人のうち、一人は途中でリタイア、
もう一人はコーラリバースしたほどです。

アメリカ人がやってるバカなことなんてマネするもんじゃねぇな。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 12:59Comments(0)雑記装備品サバゲカンボジア王国軍装備

2016年03月19日

英軍Mk.Ⅱ、Ⅲ、Ⅳヘルメットのお手入れ

皆様こんばんは。

さて、今日は手持ちの英軍のヘルメット各種のお手入れをしたいと思います。

DSCN1620
DSCN1620 posted by (C)てっきん

さて、こちらは先日ボロボロのライナーからベルギー軍のものに交換したMk.Ⅱヘルメット。
こちら交換して早々に本家のレプリカライナーが手に入ったのでこちらに交換し直したいと思います^^;

DSCN1621
DSCN1621 posted by (C)てっきん

ライナー交換の手順は先日記事にしたとおり。サクッといきましょう。


DSCN1623
DSCN1623 posted by (C)てっきん

んでこちらはMk.Ⅱヘルメットの後継者たち。肌色のほうがMk.Ⅲ、OD色がMk.Ⅳです。


DSCN1624
DSCN1624 posted by (C)てっきん

このMk.Ⅲヘルメット、以前のMk.Ⅱと同じようにライナーが痛んでしまっています。
Mk.Ⅳではごらんのようにライナー構造自体が違うのですが、Mk.Ⅲはこれまでの型と基本的に一緒。
せっかくベルギー軍ライナーがあまったのでこっちを交換してしまいましょう。


DSCN1625
DSCN1625 posted by (C)てっきん

ただ問題がひとつ。
Mk.Ⅲからはライナーの固定方式がネジからスナップボタンに変更されていたのです;


DSCN1629
DSCN1629 posted by (C)てっきん

仕方がないのでこのとおり。
穴を通して針金で無理やり固定。
まあ被れず箪笥のこやしにされるよりかはヘルメットもこの方が本望でしょう(謎


DSCN1630
DSCN1630 posted by (C)てっきん

さてお次はあご紐。Mk.ⅢもⅣもあご紐は共通です。
しかしフォークランド紛争装備等でよく使うMk.Ⅳの方のあご紐が痛んでいます。
折角ですしこっちも換えてしまいましょ。


DSCN1631
DSCN1631 posted by (C)てっきん

固定方式はいたって簡単。
マイナスドライバーとラジオペンチではずして、、、


DSCN1632
DSCN1632 posted by (C)てっきん

取替え。
これでフォークランド装備で堂々とヘルメットを被れます(^^

さて、本日はこのへんでオサラバ。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:00Comments(0)雑記装備品冷戦期イギリス軍装備WWⅡイギリス軍装備

2016年03月18日

WWⅡイギリス軍熱地装備を目指して

C48Uz
C48Uz posted by (C)てっきん

皆様こんばんは。
こちら、英軍のカーキドリルジャケット。届きたてほやほやです(謎

と、言う訳で・・・・

DSCN1614
DSCN1614 posted by (C)てっきん

着込みました。・・・部屋が汚い?ほっとけ。
とりあえずカーキドリルで服をそろえて、P37装備着込んだだけですが。
とりあえず着ただけで、何年のどこの戦線、といった想定はしてません。

DSCN1615
DSCN1615 posted by (C)てっきん

うしろ。
エントレンチングツールの延長、ほしいですね。
別にこのままで良いっちゃ良いんですが。

DSCN1610
DSCN1610 posted by (C)てっきん

ウールのバトルドレスにしろカーキドリルにしろ、なんとなく形にはなってきました。

DSCN1613
DSCN1613 posted by (C)てっきん

こうなるとJGも欲しくなってくるんですよね。
いや、それは更に深い沼やぞお主・・・。

では今回はこのへんで。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:47Comments(2)雑記装備品WWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2016年03月09日

WWⅡイギリス軍Mk.Ⅱヘルメット ライナー交換

皆さんこんばんは、超絶お久しぶりです。
約1年ぶりの更新です。

現在、患ってる病気の治療のため仕事を辞め、なんとか食いつなぎながら治療をしておりますが・・・

7uCqY
7uCqY posted by (C)てっきん

こんな事して遊んでるぐらいには精神は元気です。


さて、今回は・・・

DSCN1429
DSCN1429 posted by (C)てっきん

WWⅡ英軍の軍装には必須であるMk.Ⅱヘルメットですが・・・

DSCN1430
DSCN1430 posted by (C)てっきん

手持ちのものはライナーが痛んでおり、クッション部分が完全に剥離してしまっています。

今回はこれを別のものに取り替えましょ。


DSCN1431
DSCN1431 posted by (C)てっきん

英軍のヘルメットですが、Mk.Ⅱはライナーは頭頂部のネジ一本で固定されており、
簡単に取り外す事ができます。


DSCN1432
DSCN1432 posted by (C)てっきん

さて、コイツはベルギー軍のヘルメット。
チンストラップ仕様等を考えると英軍でいうMk.Ⅰ相当でしょうか。

このヘルメットは特に使う予定もないので、今回はコイツのライナーと交換しようと思います。

DSCN1433
DSCN1433 posted by (C)てっきん

こちらがベルギー軍ヘルメットのライナー。

先ほどの英軍のものの写真と比較していただければ一目瞭然、ライナーの
素材等英軍のものとは多少違いますが、固定方式は全く一緒です。

DSCN1434
DSCN1434 posted by (C)てっきん

では早速交換してしまいましょう。

ネジも古いので若干硬かったですが、ネジ一本固定ですので簡単にはずれます。

DSCN1435
DSCN1435 posted by (C)てっきん

そしてベルギーヘルメットからも同じように取り外して交換、作業完了です。


これで問題なく英軍装備でヘルメットが被れます。


  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:25Comments(0)雑記装備品WWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2014年01月01日

あけまして

おめでとうございますm(- -)m

忙しくて随分長いこと更新できずにいましたが、皆様お元気でしたでしょうか。
本年も2月ごろに一月を越える長期主張があったりと忙しいことが予想されますが、
なんとかやっていきたいと思います。

皆様本年もよろしくお願いいたします。

DSCN0239
DSCN0239 posted by (C)すてっきん
 
鏡餅?

こないだツイッターでの企画でやったヘルメットタワーです(^^;
積み重ねるのが大変で、途中4度崩れて、撮影にこぎつけるまで30分かかりました(--;

DSCN0269
DSCN0269 posted by (C)すてっきん
 
年始ということで実家に帰っています。

DSCN0270
DSCN0270 posted by (C)すてっきん
 
写真は親父の寒蘭栽培施設。
以前はメダカ飼育施設が大半だったのにまた寒蘭のスペースが増えています(^^;

DSCN0252
DSCN0252 posted by (C)すてっきん
DSCN0258
DSCN0258 posted by (C)すてっきん
DSCN0260
DSCN0260 posted by (C)すてっきん
DSCN0261
DSCN0261 posted by (C)すてっきん
DSCN0262
DSCN0262 posted by (C)すてっきん
 
帝国海軍、っていうか某ゲームのグッズ買ってみたり、

DSCN0275
DSCN0275 posted by (C)すてっきん
 
中田商店で装備品買い足してみたり。
 
DSCN0278
DSCN0278 posted by (C)すてっきん
 
帝国陸軍の襦袢です。

ソ連のインナーシャツが欲しいのですが、中田商店では常に品切れなのでどうに
かせんといかんですね。
今回買ったこの襦袢はまた別の用途。

DSCN0279
DSCN0279 posted by (C)すてっきん
中田レプリカのサイズ大号です。
ちょいデカイですが、中号在庫なしなので・・・。

DSCN0289
DSCN0289 posted by (C)すてっきん
言わずと知れたロシアの民間装備品メーカー、SPLAV製のロシアンタイガー迷彩キャップ。

DSCN0281
DSCN0281 posted by (C)すてっきん
私はこの迷彩好きで、同迷彩のバラグラバなんかも持ってたりします(^^;

DSCN0282
DSCN0282 posted by (C)すてっきん
タグ。
昔はカミシュ迷彩とか呼ばれてましたが、タグに「ティーグル」って書いてます(^^;
英語に直すと「タイガー」ですね(^^)

DSCN0275
DSCN0275 posted by (C)すてっきん
あとは写真下に写ってる防寒帽はロシアの旧型防寒帽「ブジョンノフカ」。
大戦初期などのソビエト労農赤軍装備などに使います。
まあこれはおみやげ品なので出来栄えはアレなのですが(^^;

ブーツのほうは、中国人民解放軍の戦車靴。
今までソビエト労農赤軍装備のブーツ「サパギー」の代用は東ドイツ製を使っていましたが、
去年のゲームで靴底がパックリいってしまったのでものはためしに購入。

デザインは良く似ているのですが、革の質感が全然ちがうのでとりあえず無し(^^;


去年のサバゲーやイベントの写真については正月休みの間に順次記事を更新していけたらと
思います。
どこまで追いつくかはわかりませんが・・・;
ネタはあれども記事を更新する時間をとれないでござる・・・。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:37Comments(3)雑記装備品

2012年09月15日

ロシア装備強化と激辛

みなさんこんにちは、最近ブログの更新が全く追い付いていないすてっきんです(--;
 
以前京都のトイガンショッププラウダさん(http://www.pravda.jp/index.html)で購入したロシア装備についてちょこっと。


中華メーカー、「MAG」のAK用45連型ロングマガジンです(^^)


装弾数は140発。スプリング給弾式で、弾上がりも良いです。


MAGのAKマガジンは外見はこう言っちゃナンですがショボいです。が、その代わり給弾性能は素晴らしいです(^^)
中華製のスプリング給弾マガジンは精度が悪く弾詰まりなんて日常茶飯事ですが、MAGのマガジンはそういった事は一切無く、ストレス無く使用できるので愛用しております(^^)b

MAGのスプリング給弾マガジンはセット販売もしているのですが、この性能にほれ込んだ私は74用オレンジ、74用プラム、AKM用オレンジと、各種ともセット購入しています(^^;
ノーマルの47用スチールプレスマガジン型のも販売しないかな・・・


さて、こちらはロシアの装備メーカー、SSO社のダンプポーチです。勿論ロシア製。


タグです。タグにボールペン等でチェックが入ってたりするのはロシア製品ではよくある事です(^^;


ベルクロもついており、このように折り畳みも可能です。


中身。
至って普通のダンプポーチです。


ベルトループ部。
ピストルベルトにもモールにも取り付け可能ですね。
今まで近年のロシア連邦軍の装備には同社のSmershサスペンダーキットを使っているのですが、ダンプポーチを取り付ける際には 「明日香縫製雑貨店(http://sewing.aska-corps.com/)」様 がかつて販売していた ロシアBerezka迷彩柄のダンプポーチ(http://arablog.militaryblog.jp/e11817.html) を使用していたのですが、架空装備になるので今後は今回購入したSSO製のダンプポーチを使用していこうと思います。


話は変わって買い物後、プラウダ様より「激辛で有名な中華料理屋があるので食べに行かないか」と誘われたので、ホイホイついていってみました。

「激辛商店街」という町おこし?に参加されている「麒麟園(http://www.kyoto-gekikara.com/store.php?ShopID=18)」というお店です。

ラーメンの辛さが1~5まであり、5は日本一辛いとかなんとか。


左側はプラウダ夫妻、右側に見切れているのはサバゲ仲間で、この時たまたまプラウダに居合わせたM氏。

 

私はとりあえず3辛を注文・・・。
辛いのそんなに得意ではないので、3ならまだイケるだろう・・・。
 

・・・
・ ・ ・
・  ・  ・  ・ ! !?
 
からい・・・・

何だこれは、舌と唇が痛い、辛い!ヒリヒリ!!
しかしただ単に辛いだけではなく、キチンとうまみもある辛さです。おいしい!


ヒィヒィ言いながらも無事完食。内臓が熱い・・・翌日ケツも熱い・・・。

お店の方に聞くと、どうも私が食べた3辛から辛さが格段にUPし、スープだけでなく麺にも香辛料を練りこんであるのだとか・・・。
今度行く時には2辛ぐらいに抑えておきましょう・・・。


ちなみにプラウダ夫妻は5辛を完食済です(^^;

  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 16:56Comments(0)トイガン雑記装備品

2012年08月05日

遂に機械化歩兵に!


以前からチームメンバーから譲っていただく話を進めていた三菱ミニカを本日受領しました!

今までゲームに行くのが大変でしたが、これで今までよりゲームへの参加が楽になります(^^)
 
はやく自動車保険に入らないと・・・ただ今見積もり中です。  
タグ :ミニカ三菱

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 19:57Comments(2)雑記

2012年04月30日

サイゴン陥落37周年


 
こんばんは。
ベトナム戦争末期、1975年4月30日に北ベトナムによってサイゴンか解放されてから37年が経ちましたね。
西側諸国にとっては「サイゴン陥落」「共産主義への敗北」、ベトナムにとっては「サイゴン解放」、そして「南部ベトナムの解放」を象徴する日です。
 

  

 

 
ベトナム戦争の傷跡はいまだ癒えず、戦争終結後も対中国等で様々な問題を抱えるベトナム・・・ 
ドイモイ政策後著しい成長を続けるベトナム・・・
 
今後のベトナムはどうなっていくのでしょう。
 
  

2011年12月07日

はじめまして!

皆様はじめまして。そうでない方はこんばんは。
この度ミリブロに引っ越して参りました「すてっきん」と申します。
主に旧共産圏の軍装でサバゲに出ている駆け出し軍装ゲーマーです。
よろしくお願いいたします。
 
さて、このブログは作ったばかりのまっさらな状態なので、旧ブログから幾つか記事を再録という形でアップさせてもらおうと思います。何もないのも寂しいし、以前書いた記事ももったいないので。
 
ですがその前に、まず私がどういう人間なのか知って貰うために、以前の軍装写真を幾つかアップさせていただきます。百聞は一見に如かず、という事でご覧いただけると幸いです。
 
DSC_0129
DSC_0129 posted by (C)すてっきん
90年代ロシア空挺軍装備です。
 
6b5ー1
6b5ー1 posted by (C)すてっきん
90年代ロシア軍装備チェチェン風味です。
 
DSC_0449
DSC_0449 posted by (C)すてっきん
北ベトナム人民軍装備です。
 
DVC00027
DVC00027 posted by (C)すてっきん
北ベトナム人民軍ラッパ手装備です。
 
DSC_0314
DSC_0314 posted by (C)すてっきん
現用カンボジア王国軍装備です。
 
DSC_0076
DSC_0076 posted by (C)すてっきん
3
3 posted by (C)すてっきん
現用ロシア軍自動車科狙撃兵(歩兵)装備です。
 
1
1 posted by (C)すてっきん
現用ベトナム人民軍歩兵科上尉装備です。
 
4
4 posted by (C)すてっきん
ちょっと前の写真ですが、武器達です。
 
5
5 posted by (C)すてっきん

現用ベトナム人民軍歩兵3名分隊です。
左で旗で指揮してる少尉が私、56式小銃の1等兵とRPG-7の伍長が撮影に付き合ってくれた友人です。装備は私がレンタルしたもの。
 
さて、この辺で私は過去記事の再録作業に移ります。
つたないブログ、管理人ですが、どうぞよろしくお願いいたします。  

2011年06月10日

【再録】北ベトナム軍カーキ戦闘服脱色失敗...OTZ

 
 
【2011年6月の再録記事です。内容そのまま。】
 
 

 
すごく・・・オレンジです・・・。
 
画像は先日入手した北ベトナム軍カーキ戦闘服のレプリカです。
 
ちょっと綺麗すぎるので褪色させようとキッチンハイターに漬け込んだのですが、ただでさえ強力なキッチンハイターをドバドバ入れたせいか、はたまた元々の生地の都合か、綺麗なミカン色になってしまいました/(^O^)\
 
これはもう染め直すしかなく、明日染料を捜しに行ってみます(--;)
まあこれもお勉強という事で(^_^;
これでちゃんと染色できなければ金銭的損失は大きいですが・・・
 
   

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)雑記北ベトナム軍装備戦闘服・被服

2010年01月24日

【再録】ベレッタM1934を見ると

 
 
【2010年1月の再録記事です。内容そのまま。】
 
 
NOIRが見たくなります。
問題あったら消します。
 
今回はアニメ、NOIR(ノワール)の紹介です。
まずはこちらをご覧ください。(コメントOFF推奨)


【ニコニコ動画】動画ページ
ファンが作ったMADの様です。素晴らしい編集技術ですね。
 
NOIRとは真下耕一監督の少女と銃とオカルト三部作の第一作目で、真下監督作品の中ではイチバンのお気に入りです(2001年作品)。
 
少女と銃とオカルト、というだけあって勿論各種銃器が登場します。
主なものとしては主人公コンビ、霧香とミレイユが使うベレッタM1934とワルサーP99。
 
私」がタナカのベレッタM1934とマルゼンのP99を買ったのもこの作品の影響だったりします(^^;
 
少々古い作品ではありますが、たまに銃器の作画があまりよくなかったり戦闘や銃器に関してリアルさよりも演出に力を入れているあたりに好みが別れる点以外はオススメの作品です。
 
他にも主人公、霧香のカッコいい戦闘シーン集なるものもありました。
ご丁寧に最終話近辺のシーンはカットされています(^_^)
(コメントOFF推奨)



【ニコニコ動画】動画ページ
個人的には霧香のえげつない戦い方が気に入ってます(^^;
ネクタイやらグラサンやら…。
 
この記事を見て少しでも興味を持った方はぜひ。
真下監督作品はハマってしまうとかなり楽しめますよ!
 
   

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)雑記銃器

2009年12月04日

【再録】ロシアな夢を見た



【2009年12月の再録記事です。内容そのまま。】
 
 

 
今日は珍しく見た夢の内容を覚えていたので書いてみることにします。
 
 
夢の中で私は何故かロシアで行われる自衛隊の室内戦闘訓練に随伴して参加する事になってました。
 
訓練実施場所は芝生の生えた広場みたいな場所にある、スペツナズのアルファ部隊の訓練映像に出てくるような板で出来たキルハウスでした。
 
訓練に使う銃器は何故かマカロフPMM。
んでPMMを使って自衛隊員と一緒に突入訓練をしていました。たしかあまりスコアはよく無かったと思います。
 
そして三回目の訓練に入る前に残弾を確認しようと弾倉を引き抜きました。PMM用のダブルカァラムマガジンで、残弾は一発でした。
 
「こりゃ三回目は無理だな」
 
と思ってたら、何故かこの訓練を視察に来ていたウラジーミル・プーチン首相が私のところに歩みでてきたかと思うと、↑の画像の様に背広の懐に手を突っ込んでマカロフを取りだし弾倉を抜き取ると、
 
「これを使うといい」
 
と、抜き取った弾倉とポケットから取り出したもうひとつの弾倉を手渡してくれました。
 
渡された弾倉は両方ともマカロフPM用のシングルカァラムマガジンで、両方とも8発フルロードされてました(^^;
 
私は戦闘能力ならおそらく世界首脳中最強と思われるプーチン首相(予備役大佐)に丁重にお礼を言うと、三回目の訓練を開始しようと移動をはじめました。
 
 
ここで朝を迎えました(^^;
 
変なとこはリアルなんですが、自衛隊がロシアで訓練したり、マカロフを使ったりと訳わかりません(^^;
 
しかしプーチン首相から弾倉を手渡してもらうなんて…
   

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)雑記ロシア連邦軍・内務省軍装備

2009年03月02日

【再録】カンボジア軍すげえ!

 
【2009年3月の記事の再録です。内容そのまま。】



昨日食堂でテレビ見ながら飯食ってたら「戦車で野球ボールを発射する」みたいなバカな企画やってました。
協力してくれたのはカンボジア軍。
でも実験当日になって戦車が来られないとか。
「変わりにコレでやってみよう」と指揮官が兵士に持って来させたのは旧ソ連製のロケットランチャー、RPG
そしてその弾頭に野球ボールを載せ、テープでグルグル巻きにする指揮官。相当シュールな光景です。
そして早速発射!
号令と共に射出された弾頭は安定翼を展開し、数メートル飛翔した後燃料に点火してバッターボックスに向かって突撃して行く!
そしてキャッチャーのハリボテに衝突した弾頭は爆発し、バッターボックスを吹き飛ばした!!
 
しかし肝心のボールはと言うと、発射の衝撃で吹き飛ばされ、射手の2m程先に落ちていた…。
最早完全に当初の目的とかけ離れてるw
 
結局日にちを置いて戦車の都合がつく日に再挑戦。
使用した戦車も旧ソ連製(多分T-55)。
結果、発射したボールはバッターボックス直前でバウンドしたが、見事にキャッチャーのハリボテに命中! 
球速は約320km/hであった…。
プロ野球のピッチャーの約二倍かよw
すげえwww
 
結局何が言いたいのかと言うと、これだけ軍がはっちゃけられるって事はカンボジアももう昔の弾圧や紛争の悪夢から抜けてきたって事だよね。まだまだ傷跡は癒えないだろうけど。
ポル・ポト政権に対する裁判も始まった事だし。
軍隊は戦争せずにいられるのが一番だと思います。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)雑記