プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および閲覧者様の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年09月01日

2016.8.21 バトルゾーン定例会

皆さんこんにちは。

今回は8月21日のバトルゾーン定例会の記事です。

IMG_1152
IMG_1152 posted by (C)てっきん
当日の私。
カンボジア軍の一般兵装備で行きました。
暑い時は一番これが楽です。超軽装だし(^^;

IMG_1149
IMG_1149 posted by (C)てっきん
一緒に参加したやふし君。
装備は一式イスラエル軍なんですが、ライフルが何故か超カスタムのM16。
タボール持ってるんだからタボールで撮ればよかった(^^;
暑かったらしく、途中から着替えてました。そりゃそうだ。

IMG_1153
IMG_1153 posted by (C)てっきん
同じく一緒に参加した山風さん。
今日は夏サバゲ装備。

他にもせっつー君やレンチ兄貴も一緒に参加しました。
せっつー君はアフガン戦のソ連空挺軍装備だったのですが写真撮りわすれました(^^;

IMG_1148
IMG_1148 posted by (C)てっきん
レンチ兄貴の「不法入国者」Tシャツ。
ほしい。


今回は普通の定例会だったのですが、昼休みを利用して「ある競技」にチャレンジしました。
「ある競技」って?

それは・・・「コーラウォーリア」です。

なんやねんそれ?って方は調べてみてください。

簡単に言うと、コーラがぶ飲みしてマシュマロ食って障害物走と射撃競技をやるという、
非常に自分の体を痛めつける競技です(^^;

今回は現地の状況に合わせて障害等設定したのでアメリカ人がやってる真のコーラウォーリア
には全然及ばない内容ですが、それでも地獄でした。

まずうさぎ跳びで銃の元まで移動します。

IMG_1155
IMG_1155 posted by (C)てっきん
そして置いてある銃(RPK)を分解して結合。

IMG_1158
IMG_1158 posted by (C)てっきん
そして大サイズのマシュマロを口に3つ詰め込んでコーラ500mlを一気飲み。

そしてフィールド外周をダッシュで周り、

IMG_1160
IMG_1160 posted by (C)てっきん
拳銃でマンターゲット4つを撃ち、

IMG_1165
IMG_1165 posted by (C)てっきん
最後にまたコーラ500mlを一気飲みで終了。

IMG_1163
IMG_1163 posted by (C)てっきん
実際やってみて、本場アメリカ人ほどのキツい条件じゃないんでなんとかなるやろう
と思ってましたが、それでも十二分にキツかった・・・。
私はなんとかクリアしましたが、今回チャレンジした五人のうち、一人は途中でリタイア、
もう一人はコーラリバースしたほどです。

アメリカ人がやってるバカなことなんてマネするもんじゃねぇな。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 12:59Comments(0)雑記装備品サバゲカンボジア王国軍装備

2016年07月23日

2016.7.16 スルプスカ共和国軍ごっこ

e1cbb92a-1ec8-4096-b115-2ad34d594e6b
e1cbb92a-1ec8-4096-b115-2ad34d594e6b posted by (C)てっきん

皆さんこんばんは。
今回は先日のバトルゾーンでのスルプスカ共和国軍ごっこの記事です。

SMBシャツにスルプスカリザードパンツとかなり軽装ですが、実際写真みてるともっと軽装な兵士もいます。
今回の組み合わせはユーゴ装備の先輩にご指導いただき組んだもの。


a6e42695-20d6-4298-8583-cd2a2bc536a6
a6e42695-20d6-4298-8583-cd2a2bc536a6 posted by (C)てっきん

小物たち。
AKのマガジンをカラービニテでセルビア国旗カラーで縛着しています。

DSCN1703
DSCN1703 posted by (C)てっきん

LCTのM70AB2のハンドガードは実物に換装。

DSCN1704
DSCN1704 posted by (C)てっきん

ヘルメット前部にはセルビア十字を自分で描きました。
実際内戦中の写真を見るとこういうワンポイントなオシャレが多いです。

DSCN1702
DSCN1702 posted by (C)てっきん

グラサン。
内戦中はこういう古めかしいデザインのサングラスの使用例が多いです。
ホームセンター三軒回ってやっと買えました;

1410b636-4d42-42eb-a22f-019ac0fd81af
1410b636-4d42-42eb-a22f-019ac0fd81af posted by (C)てっきん

まえ。
本来肩掛けのマグポを腰に巻き、バラ弾入れマシマシ。

0a175e69-ec3c-462c-912e-adab2c3a6740
0a175e69-ec3c-462c-912e-adab2c3a6740 posted by (C)てっきん

うしろ。
流石に水筒ぐらいつければよかったかしら・・・?


いつかもっと人数集めて部隊写真撮りたいですねぇ。

では今日はこのへんで。



  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:30Comments(0)トイガン装備品サバゲセルビア軍装備内戦時セルビア人軍装備

2016年07月13日

4/24トレンチ WWⅡ英軍装備合わせ

DSCN1677
DSCN1677 posted by (C)てっきん

皆さま今晩は。
今回は去る4月に大阪のトレンチさんで開催された定例会の際に行ったWW2英軍装備
あわせの記事です。

DSCN1669
DSCN1669 posted by (C)てっきん
DSCN1642
DSCN1642 posted by (C)てっきん

英軍の熱地装備はやっとグルカショーツとブッシュジャケットがサイズが合うのが手に入った
ので、折角あったかくなってきたのでフィールドで着ようと思い立った訳です。

DSCN1690
DSCN1690 posted by (C)てっきん

そしてコチラ、写真左は英軍P40を着込んだ英軍装仲間のhanacoさん。

DSCN1695
DSCN1695 posted by (C)てっきん

hanacoさんは暑い中デニソンスモック着込んだりしてました(^^;

DSCN1699
DSCN1699 posted by (C)てっきん

しかし熱地装備と空挺フル装備、なんとも不思議な組み合わせですね(^^;

DSCN1685
DSCN1685 posted by (C)てっきん

エントレンチングツール。戦中品。

DSCN1689
DSCN1689 posted by (C)てっきん

ワイヤーカッター。こっちは戦中同型の戦後品。

DSCN1701
DSCN1701 posted by (C)てっきん

私は熱地装備だったのでそうでもなかったのですが、ウールフル装備のhanacoさんはかなり熱そうでした;
やはり軍装着込むなら春先か秋あたりがイチバンですね・・・  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:00Comments(0)サバゲWWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2016年07月13日

いつぞやのユーゴ軍あわせ

皆さんお久しぶりです。
ミリブロのログイン情報を紛失してしばらくログインできなくなってたのですが、さっきやってみたら奇跡的に
ログイン出来てしまったので更新したいと思います。

DSCN0994
DSCN0994 posted by (C)てっきん

今回は廃屋を中心としたフィールド、ルートアイリッシュさんにお邪魔した時の記事です。
って言っても最早いつ行ったのかも定かではないのですが・・・(^^;

DSCN1102
DSCN1102 posted by (C)てっきん

今回はユーゴスラビア人民軍末期の装備合わせで、写真左の迷彩シャツが私、右がツイッター
フォロワーさんでサバゲ仲間のらんぼーさんです。

DSCN1068
DSCN1068 posted by (C)てっきん

射撃訓練中・・・

DSCN1076
DSCN1076 posted by (C)てっきん

講評。

DSCN1049
DSCN1049 posted by (C)てっきん

トラックにて移動。。。

DSCN1079
DSCN1079 posted by (C)てっきん

会敵!

DSCN1084
DSCN1084 posted by (C)てっきん

DSCN0999
DSCN0999 posted by (C)てっきん

DSCN1000
DSCN1000 posted by (C)てっきん

DSCN1004
DSCN1004 posted by (C)てっきん

DSCN1010
DSCN1010 posted by (C)てっきん

廃屋中心ということで、非常にユーゴ装備とも相性が良く、良い写真がたくさん
撮れました(^^)
ぜひまたユーゴ合わせで撮りたいですね。



おまけ。

DSCN1091
DSCN1091 posted by (C)てっきん

DSCN1097
DSCN1097 posted by (C)てっきん

もちろんポーズとってるだけ。フリですよ(^^;  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 18:06Comments(0)サバゲユーゴスラビア人民軍/連邦軍装備

2016年03月14日

いつぞやのバトラン戦という名の茶飲み会

皆様こんばんは。

暇を持て余しているので、前職で忙しくて全然ブログ更新していなかった時の写真を使って更新
したいと思います。

さて今回は去年の夏ごろ、和歌山のバトルランド1にて実施されたサバゲという名の茶飲み会の
写真です。


DSCN1183
DSCN1183 posted by (C)てっきん

こちらは大祖国戦争のソビエト労農赤軍35年型装備のパブロフ君。
ソ連軍ゴーグルが非常に怪しいです(^^;

DSCN1184
DSCN1184 posted by (C)てっきん

こっちでスイカ食ってるのは日本軍の南方装備の山風さん。
やっぱ夏はスイカですな!

DSCN1193
DSCN1193 posted by (C)てっきん

そしてこちらはスペシャルゲスト、OG装備のHanacoさん。
雰囲気作りの為にティーセットまで持参する徹底ぶり。

いつかWW2英軍合わせやりたいですなぁ。。。
最近レプリカのカーキドリル上下を入手したので、熱地装備とかであわせるのもいいですね。

我々が暑さで参加料払ってるくせにゲームに出ずにセーフティでずっとダベってるだけに対して
Hanacoさんはちゃんとゲームに出てらっしゃいました。
オイラも見習わなきゃ。

そして今回の私の装備は、

DSCN1187
DSCN1187 posted by (C)てっきん

前半はインドシナ戦争のフランス軍植民地空挺大隊でした。

今回の組み合わせは米軍ダックハンタージャケットに英軍ウィンドプルーフパンツという
組み合わせです。
戦後間もない頃は米軍や英軍の装備を使用している例も多く、今回の組み合わせの
ようにフランス製装備品より米英の装備品の割合の方が多い、なんて例もたくさん見かけ
ます(^^;

DSCN1188
DSCN1188 posted by (C)てっきん

銃はマルイのトンプソン。
銃器も多彩な種類が使われておりましたが、モデル化されているものが少なく・・・
MasライフルやMAT49サブマシンガンのモデル化が待たれます(多分無理

今回はトンプソン装備という事で、装具はMAT49短機関銃用のポーチを付けています。

DSCN1190
DSCN1190 posted by (C)てっきん

うしろ。
リュックのフラップにおフランス軍テントシートを挟み込んでいます。

そしてワンポイントのP37ベーシックポーチ。
インドシナ戦争の写真を見ていると、ちらほらこの付け方をしている写真が散見されます。
雑嚢として使ってたのでしょうかね。

DSCN1192
DSCN1192 posted by (C)てっきん

そして水筒は47年型と米軍水筒の2個を付けています。
今思うとやりすぎかも(^^;


DSCN1195
DSCN1195 posted by (C)てっきん

そして昼からは現用ベトナム人民軍の歩兵装備です。

DSCN1197
DSCN1197 posted by (C)てっきん

装備している56式チェストリグは中国軍のものでは無く、ツイッターのフォロワーさんで
同じくベトナム人民軍装備をされている方からのプレゼントのベトナム製のものです(^^

普通行軍等ではスリングで銃を背負う事が多いですが、ベトナム人民軍においてはこ
の写真のように銃身を持って肩に担ぐのが一般的です。

DSCN1198
DSCN1198 posted by (C)てっきん

うしろ。
背嚢に中国軍同型スコップを挿して携行。
ベトナム人民軍ではこの型のスコップが一般的で、紐を結んで背負っているのを
よく見かけます。

DSCN1199
DSCN1199 posted by (C)てっきん

戦闘態勢!

DSCN1202
DSCN1202 posted by (C)てっきん

ベトナムでは多彩な種類のAKが使われており、最近ではMpi-KMが増えています。
まとめてどこかから買い付けたのでしょうかね。

DSCN1203
DSCN1203 posted by (C)てっきん

さて、今回はこんなとこですかね。
ベトナム人民軍装備に関してはいまのとこ関東にしか仲間がおらず、なかなか装備あわせ
が出来ないのが残念です。

何人分かは余分を持っているので、あと何人か仲間が出来れば一個分隊で撮影会ができ
るのですが・・・。

今後の課題ですね。  

2015年04月20日

2014年末撃ち収め WWⅡ英軍近衛歩兵第2連隊



おひさしぶりです、てっきんです。

ここ数ヶ月、今入っている現場の都合で午前6時に会社に集合して午後8時、9時に仕事を終えて帰ってくる
という生活を続けています。現場トラブルが連発し、さらに忙しいです(^p^)

皆様お風邪など召されていませんでしょうか。お互い身体には気をつけましょう・・・。


さて、今日はそのシフトから一時的に外れて前泊まりで和歌山に出張工事に来ているので、宿泊先のネカフェから更新
したいと思います。

しかし更新しようにもネタが溜まり過ぎて何から書いていいやら・・・
そこでツイッターでお題を募集したところ、当ブログではお馴染みのすもうくさんより、「昨年末のフィールド9での
撃ち収めサバゲーの記事」をリクエストいただきましたので書いていきたいと思いますm(_ _)m



DSCN0667
DSCN0667 posted by (C)すてっきん

フィールド9さんは京都府南丹市にある有料フィールドさんで、京都縦貫道ですぐに行けます。
フィールド9さんのサイトはコチラ。→ http://gm00790093.militaryblog.jp/

ただ、場所が少しわかりにくいのでサイトのアクセス方法はよく見ておく事を推奨します(^^;

今回初めてお邪魔させてもらうイベントで、ガンショッププラウダ(右のお気に入りリンク参照)の客友さん
からお誘いをいただきました(^^)

DSCN0668
DSCN0668 posted by (C)すてっきん
DSCN0669
DSCN0669 posted by (C)すてっきん

現地に着いた当初はなだらかな山林フィールドかな、という印象でしたが、ゲームエリアは険しい斜面も多く、
同じ京都のエピングフォレストさん程ではないにしても中々の傾斜です(^^;
私は野戦、山岳戦大好きなので一向に良いのですがw

残念ながらゲーム中およびフィールド内の写真はありません。申し訳ない・・・。
いつもどおり山登って敵を倒したり倒されたりしてました(適当

DSCN0657
(C)すてっきん

今回はWWⅡのイギリス軍。コールドストリームガーズ連隊(近衛歩兵第2連隊)の徽章付P37被服です。
何気にWWⅡのイギリス軍装備でゲームに出るのはこれが初めて。
お誘いいただいたK氏にも「どしたん!東側ちゃうやん!?」とツッこまれました(^^;

DSCN0665
DSCN0665 posted by (C)すてっきん

パッと見てある程度ちゃんと見えるようにはなってると思いますが、時代が時代なので被服やP37装備も当時モノ実物から
戦後生産品、英連邦諸国のコピー品までごちゃ混ぜです(^^;

DSCN0659
DSCN0659 posted by (C)すてっきん

え?「エンフィールドライフルじゃないやん!」って? そんな金無いヨ!
でも欲しいなぁ、リー・エンフィールド・・・。


DSCN0662
DSCN0662 posted by (C)すてっきん

うしろ。

P37装備はなるべくカーキで組みたかったのですが、特にラージパックが緑っぽくて目立ってますね・・・
いつかカーキの欲しいなぁ。
エントレンチングツールは1940年代製実物。

DSCN0663
DSCN0663 posted by (C)すてっきん

アーモポーチもブロードアロー↑入りの実物なのですが、前日の晩経年劣化でクッソ硬くなったスナップボタンと格闘
していたらボタンがちぎれてしまいました・・・。
実物は慎重に扱いましょう・・・;;

DSCN0655
DSCN0655 posted by (C)すてっきん

ブーツは代用品のフルレザーのコンバットブーツなのですが、アンクルブーツではないためレギンスがうまく巻けていません(^^;


その後ゲームが進むにつれ次第に動きにくくなってきてついにてっきんは・・・

DSCN0666
DSCN0666 posted by (C)すてっきん

謎のリザード迷彩マンに変身したりしてました。


DSCN0675
DSCN0675 posted by (C)すてっきん

そして今回ご一緒したすもうく氏。

DSCN0671
DSCN0671 posted by (C)すてっきん

何だか着の身着のままで手荷物だけもって前線に移動させられてるみたいだ・・・。

DSCN0673
DSCN0673 posted by (C)すてっきん

 [←前線 30km先]      入..... トボトボ


  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 19:48Comments(0)サバゲWWⅡイギリス軍装備

2014年11月25日

8月トレンチ戦 -フォークランド英軍装備-

皆様こんばんは、すてっきんです。
実に5ヶ月以上も放置していましたが、今和歌山に出張に来ていて夜やることもないので
ブログ更新してみよう企画第2弾です。
昨日も更新していますのでそちらも良かったらご覧ください。


さて今回は・・・
前々から行って見たいと思っていた大阪の野外戦フィールド「トレンチ」さんにお邪魔してきました。

DSC_0001
DSC_0001 posted by (C)すてっきん
当日はフォークランド紛争時のイギリス軍装備です。
ベレーがずれて変なかぶり方になってるのはスルーお願いします(^^;

構成品は

・英軍P68DPM迷彩野戦服上下
・英軍P58装備セット
・英軍マルーンベレー(空挺徽章付)
・代用品ロシア製コンバットブーツ
・KingArms L1A1電動ガン

といった感じです。

o3DwY
o3DwY posted by (C)すてっきん
しかしコットンでしかもラージパックまで背負ったP58装備の暑い事暑い事・・・。
いやフォークランドって南極近い極寒の地なんだからそりゃ8月にやれば暑いって・・・。

1IPQH
1IPQH posted by (C)すてっきん
そんなことにも気づかず暑さでグロッキーな筆者。
ベレーの被り方がダサいのは無視で・・・;

DSC_0002
DSC_0002 posted by (C)すてっきん
当日は同業他社の後輩Sくんと、

DSC_0003
DSC_0003 posted by (C)すてっきん
同じく同業他社のN課長が来てくれました。
N課長も暑さでグロッキー・・・(^^;

それでもなんとか「折角初めて来たのだから」と気を奮い立たせて参加してまいりました。

感想としてはフィールド構成がとてもいい塩梅で、正しくトレンチの名の通り
良い感じに掘られた溝や盛り土、自然物や見張り台等のの構成が良いバランスでした。

もって行ったL1A1もどうやら当たり個体のようで、手持ちのエアガンで一番の精度を
発揮してくれました。
あとKAのL1はサバゲ用にフルオートも可能なのが地味に有難いです。

とても楽しめた素敵なフィールドさんだったので、是非また仲間たちと来ようと思います。
貴重な野戦主体のフィールドですので、我ら軍装勢には大変有難いフィールドになりそうです!




次はショットショーネタかな・・・?  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 16:00Comments(0)装備品サバゲ冷戦期イギリス軍装備

2014年11月24日

8月バトランバーベキュー戦-インドシナ仏軍のような何か-

こんばんは、5ヶ月以上放置しておいてまさかの更新です。
現在短期出張で和歌山に来ており、ホテルですることが無かったので、
仕事用のノートPCでTwitterにうpした画像からネタ出ししてお送りします。

さて、今回は8月のお盆休みに仲間たちと一緒に行って来た「バトルランド」
さんでのゲームレポです。

さてこのバトルランドさん、イベント等でよく名前は聞くのですが、実際
行くのは今回が初めてだったりします(^^)

今回は「第13親衛狙撃師団」のヒロゴフ氏と「桜の国からこんにちは!」の
SSWチームメイト同志せっつーより「バーベキュー」のお誘いを受けてやってま
いりました。よってゲームにはほぼ出ていません(駄)

さて、今回どんな装備を着ていこうかな、と思いを巡らせた結果、部屋が
散らかりすぎて色々引っ張りだして来るのが億劫、という事で(駄
最近集め始めたインドシナ紛争時のフランス軍装備でもやるか!と思い立ち
ました。

という事で・・・

KwC3R
KwC3R posted by (C)すてっきん
Mle50/53ピストルベルトとサスペンダー。
当時米軍から供与された装備品も多く使用されており、大戦米軍のそのまんま
みたいな装具の兵士も普通に居たようです。
今回Mle50/53サスを買ったことでずっと放置していたピストルベルトにも
やっと活躍の機会がきました。

これを・・・

u6050
u6050 posted by (C)すてっきん
こうして。
ダックハンタージャケットはよくわからんレプリカです。どれほどのものなのか
米軍知識が皆無の私にはサッパリ(駄

wnFLx
wnFLx posted by (C)すてっきん
そしてそこに米軍のM1910水筒やら包帯入れやらポーチを配して。

PAqeK
PAqeK posted by (C)すてっきん
そしてそこにフランス軍MAT49短機関銃ポーチと3連ポーチを加えたのがコチラ。
ヘルメットは国籍不明のM1ヘルメットに英軍のネットカバーを被せています。
パンツは米軍のM43HBTのレプリカを着用、靴はかなり昔に買ったフランス軍キャン
バスシューズを履いています。

しかし後でよく実際の写真を見てみると3連ポーチも50/53ベルトもインドシナでの使用例が
見つからなかった・・・
調査不足お恥ずかしい限りです(--;

71p8A
71p8A posted by (C)すてっきん
銃はこちら、中古で買ったマルイのトンプソンです。
インドシナは勿論、現在やっと形になってきた大戦英軍装備にも使えます(^^)
M1928がほしいとこですが・・・

rWAey
rWAey posted by (C)すてっきん
フィールドに良い監視所があったので撮影に拝借。

zEvu1
zEvu1 posted by (C)すてっきん
暑さもあってか全くゲームに出る気のない今回の身内参加メンバーたち(^^;
写真右が労農赤軍上級中尉軍装の同志ヒロゴフ、隣に座っているのが労農赤軍兵卒の
SSW仲間同志せっつー。写真下で寝てるのがイスラエル国防軍軍装のSSW仲間やふし。

私は何とかやる気を振り絞り3回参加しましたが、ノーマルマガジン一本しか持って
なかったので全く戦力になっておりませんでした(^^;

unnamed7
unnamed7 posted by (C)すてっきん
労農赤軍上級中尉の同志ヒロゴフ。
結局撮影会になっています(^^;

qz1VX
qz1VX posted by (C)すてっきん
途中通り雨が降るが、それでも睡眠の構えを取るやふし。

unnamed23
unnamed23 posted by (C)すてっきん
一方、フィールドでは前日夜から日本軍ユニットの方たちによって見事な監視壕が
掘られていました(^^)

unnamed22
unnamed22 posted by (C)すてっきん
壕にて双眼鏡で監視するヒロゴフ上級中尉。

unnamed21
unnamed21 posted by (C)すてっきん
いやあ、結構な深さですよこれは。
重機の力も借りたと仰ってましたが、一晩でこれは凄い。

unnamed27
unnamed27 posted by (C)すてっきん
unnamed24
unnamed24 posted by (C)すてっきん
壕で前方警戒するせっつー兵卒。

unnamed2
unnamed2 posted by (C)すてっきん
おっと、下着軍装マン!下着軍装マンです!

unnamed1
unnamed1 posted by (C)すてっきん
赤軍の襦袢上下にフル装備・・・なんだこの違和感(^^;

unnamed17
unnamed17 posted by (C)すてっきん
おっと、こっちも下着です!上だけですが・・・

unnamed20
unnamed20 posted by (C)すてっきん
大円匙と小円匙。野戦築城には欠かせませんね。

unnamed18
unnamed18 posted by (C)すてっきん
築城作業で下着姿なまま戦闘に入る兵卒せっつー。

unnamed19
unnamed19 posted by (C)すてっきん
おや?モシン・ナガンのフロントサイトが無い・・・

unnamed
unnamed posted by (C)すてっきん
やふしも下着!

unnamed4
unnamed4 posted by (C)すてっきん
弱そう・・・

unnamed5
unnamed5 posted by (C)すてっきん
とりあえず猫さんを離してあげてください。


そんなアホな事やってる間に待望のお昼がやってきました。

unnamed16
unnamed16 posted by (C)すてっきん
バーベキューの準備にかかる一行。

3wNEd
3wNEd posted by (C)すてっきん
私もシャツに着替えて戦闘(食事)体制。

unnamed13
unnamed13 posted by (C)すてっきん
中々墨に火が着かず苦戦。

unnamed15
unnamed15 posted by (C)すてっきん
赤軍飯盒でお芋を茹でます。

unnamed11
unnamed11 posted by (C)すてっきん
unnamed14
unnamed14 posted by (C)すてっきん
「早く煮えねーかなー」

unnamed12
unnamed12 posted by (C)すてっきん
もろこしもあるでよ!

unnamed8
unnamed8 posted by (C)すてっきん
その後監視壕を掘るのに奮闘された日本兵の方々もお招きして、フィールドの片隅
が謎のバーベキュー会場と化しておりました(^^;

ちょいとトラブルもありましたが、非常に美味しかったです。
お誘いありがとうございました!

今回は連続更新予定です。
予約投稿で明日にもうひとつ記事をあげる予定です。
そちらも良かったら見てやってください!  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:18Comments(0)イベント装備品サバゲソビエト労農赤軍装備フランス植民地軍装備

2013年07月14日

6/22竹林戦 現用カンボジア軍とかソ連とか中共

CIMG8730
CIMG8730 posted by (C)すてっきん

こんばんは、去る6月、某所のプライベートフィールドゲームに参加してまいりました(^p^)

参加メンバーは左から私、ユニットSSWよりやふしと同志レンチ、FSBサイド同志すもうく、
SSWサイド同志せっつー。
フィールドの大幅改造以後こちらに参加させていただくのは初めてで、SSWサイドは
こちらのフィールドは初参戦です。

CIMG8719
CIMG8719 posted by (C)すてっきん
当日の私は現用カンボジア軍一般兵。
カンボジア軍実物OD戦闘服(ボトムは陸自65式作業服で代用)と実物DPM迷彩
キャップ、56式チェストリグにRSの56-2式装備です。
当日のカンボジア軍装撮影の写真はまた後日別でアップしますのでそちらもご覧
いただけると幸いです。(需要あるんか?)

CIMG8718
CIMG8718 posted by (C)すてっきん
準備中のソ連兵、すもうく氏。

CIMG8728
CIMG8728 posted by (C)すてっきん
KLMKオーバースーツに6Б2ボディーアーマー、パナマハットでアフガン侵攻時の
ソ連空挺軍装備です。
流石にボディーアーマーは暑かったらしく、数ゲーム後には脱いでいました(^^;

CIMG8715
CIMG8715 posted by (C)すてっきん
同じくアフガン侵攻時のソ連空挺軍装備の同志せっつー。
アフガンカの上にKZSオーバースーツのジャケットのみ、腰にはワンポイントに
SKSマガジンポーチというオシャレな組み合わせ(^^)

氏の当日のブログレポはこちら( ↓ )をご参照ください。
http://insnowaesenal.militaryblog.jp/e451618.html

CIMG8723
CIMG8723 posted by (C)すてっきん
同志せっつーと同志すもうくのコラボ。
アフガン装備は夏にピッタリですね!着てる側は暑いけども(--;

CIMG8717
CIMG8717 posted by (C)すてっきん
スマホをいじる中国人民解放軍装備の同志レンチ。シュールな絵面です(^^;

CIMG8716
CIMG8716 posted by (C)すてっきん
人民解放軍ヘルメットの偽装も造花でイイ感じに。
私もヘルメットや背嚢の偽装に造花を使いますが、なかなかオススメです(^^)
造花、買い足さないとなぁ。

CIMG8735
CIMG8735 posted by (C)すてっきん
なにやらいかがわしいハイダー(^^;

CIMG8734
CIMG8734 posted by (C)すてっきん
TENGAハイダーを試射するやふし。
「パコッ パコッ」と面白い音がします(^^;

CIMG8732
CIMG8732 posted by (C)すてっきん
やふしの名誉のために言っておくと、このTENGAハイダーは同志せっつー
の所業。

CIMG8740
CIMG8740 posted by (C)すてっきん
暑いのかKZSを脱いだ同志せっつー。
アフガンカは生地が厚く、ジャックブーツも履いているのでなお暑いです(--;

CIMG8750
CIMG8750 posted by (C)すてっきん
CIMG8751
CIMG8751 posted by (C)すてっきん
ガンケースの上で爆睡。
こんな姿勢でよく寝られるなぁ・・・。

DSC03732
DSC03732 posted by (C)すてっきん
こちらのフィールドが大規模改修されてから来たのは初めてですが、面積が
狭くなった分フィールドの密度があがり、難易度の高いゲームフィールドとなって
いました。

DSC03683
DSC03683 posted by (C)すてっきん
攻略も難しく、終始地の利のある常連の方々に圧倒されていました(^^;
しかしゲームとしてはハイレベルで、初めて来たSSWサイドの三人にも
満足してもらえたようで安心しました。

また来よう。




オマケ

CIMG8739
CIMG8739 posted by (C)すてっきん

 不 法 入 国 者 レ ン チ 兄 貴
  
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 15:17Comments(3)ソビエト連邦軍装備サバゲカンボジア王国軍装備

2013年06月15日

5月のサバゲ ベトナム人民軍と自衛隊

出張先の富山からこんばんは、すてっきんです(--)ノ
フリーズと格闘しながら職場のオンボロノートPCで更新してますが、「お使いのPCに最
新版~がインストールされていないため云々」攻撃も相まって未だかつて無いスローペース
作業となっております(^^;

CIMG8668
CIMG8668 posted by (C)すてっきん
今はもうとっくに過ぎ去った5月の初旬、京都のフィールドCombatZoneKyoto様にてサバゲしてまいりました。

CIMG8682
CIMG8682 posted by (C)すてっきん
今回はとあるネタのため、陸自Ⅱ型迷彩マシマシです。
私も昔とった杵柄、陸自装備も持って行きました。サングラスに中帽姿で円匙と信号ラッパ
装備が私です(^^;
ラッパはともかく、他は弾帯Ⅱ型に水筒、救急品袋、中帽に円匙と災害派遣装備です。

CIMG8683
CIMG8683 posted by (C)すてっきん
かつては日常的に着用していた装備たちですが、こうやってサバゲで着るとは思いもよりま
せんでした。
転職してから初めてかと思います(^^;

CIMG8680
CIMG8680 posted by (C)すてっきん
今回の「とあるネタ」のために新規に陸自装備を買った方々も沢山いて、関西人のネタにかける
執念を思い知らされました(--;

CIMG8660
CIMG8660 posted by (C)すてっきん
自衛隊といえばこの方、17師団本管中隊の愛国二曹氏(写真右)。
前記事の夜戦や、JointFTXの記事で紹介させていただいた73式小型トラックの所有者です。
写真左はついに憧れの陸自装備でサバゲ参加の同志セルゲイ。

CIMG8659
CIMG8659 posted by (C)すてっきん
愛国二曹氏の89式を試射する同志セルゲイ。
89式は私も思い出の銃なので是非とも欲しいところですが、なかなか手がまわりません(--)

CIMG8675
CIMG8675 posted by (C)すてっきん
同じく愛国二曹氏の89式を試射するNaji兄貴。
Naji兄貴も今回の「とあるネタ」のために自衛隊被服を購入されました(^^;
愛国二曹氏の89式の床尾(ストック)に所属が白で表記されているのがわかるかと思います。
相変わらず素晴らしいこだわり。89式はほとんどの部隊でこのように床尾に白で部隊名や
管理番号を表記しています。

CIMG8674
CIMG8674 posted by (C)すてっきん
自衛隊といえば靴磨き。
コサック氏がみんなの前で靴磨きの展示をやっています(^^)
私も久しくやってないので久々に鏡面仕上げまでやろうかしら・・・。

そして今回の私の本命装備はコチラ。

CIMG8695
CIMG8695 posted by (C)すてっきん
現用ベトナム人民軍兵一(一等兵)です(^^)
いつもはだいたい一般的な人民軍兵士をやっているのですが、今回は少し装備の恵まれて
いる部隊の兵士の想定で装備を組んでみました。

CIMG8698
CIMG8698 posted by (C)すてっきん
被服はベトナム人民軍実物リーフ迷彩&階級章。リーフ迷彩は官給品です。
装具は現用人民軍のほとんどの部隊で使われている56式チェストリグ。圧倒的にカーキの
モデルの使用例が多いので、中国の60年代製のカーキモデルを使用。
しかし現用人民軍では中国製のものとベトナムで生産されたローカルメイドのものもよく
見られるのでそっちもほしいところです(^^;)

CIMG8699
CIMG8699 posted by (C)すてっきん
小銃はロシア製のAKMやAK47や中国製の56式など、7.62mmのAKが主です。最近は
東独製AKのMpi-KMの使用例も多く見かけます。今回はLCTのAKMを使用。
近年のベトナム人民軍は欧州の旧共産圏からSu-27系戦闘機やT-72系戦車を買い付けて
いるので、Mpiなどもそういった経緯で輸入されたのかもしれませんね。
追記:結局T-72M1の導入はポシャッたようで・・・。
ブーツはフランス軍や中国軍のものに酷似したベトナム製キャンバスシューズの使用例が多い
ですが、昨今の装備の更新に伴ってコンバットブーツの使用例も徐々に増えてきており、
今回はロシア製のコンバットブーツを代用品で使用しました。

CIMG8696
CIMG8696 posted by (C)すてっきん
うしろ。
米軍のM56弾帯と水筒は実際に着けている兵士がちらほら散見されます。米軍や南ベトナム
から接収したものや中古品が主なのでしょうね。
また、携帯シャベル(中国軍型?)を背中に装備するのも萌えポイントです(^^)
私は中国軍のシャベルを持っていないのでこの写真で背負っているのは旧日本軍の小円匙
のレプリカですが(--;

CIMG8691
CIMG8691 posted by (C)すてっきん
マーカー代わりに着けているのはベトナム人民軍実物「bảo vệ」腕章。
読み方は「バオ ベ」、翻訳すると防衛とか守護とかそういう意味のようです。
フランス統治時代の影響でベトナム語のアルファベットの「クォック・グー(ベトナム語で国語)」
が採用される前はチュノムなどの漢字文化の影響を受けた表記をしていたので、
日本語に訳すと読みが似ている言葉は沢山あります(^^)

CIMG8676
CIMG8676 posted by (C)すてっきん
おや、セイフティに何やらアヤシゲな旗が。
そして写真左にもアヤシゲな人物・・・。

DSCF9003
DSCF9003 posted by (C)すてっきん
そう、やはり犯人はこの人、ワサビ・ニコフ師でした(^^;
今回はアフリカのムジャヒディンの想定のようです。先程の画像の旗は「サラフィー主義」
なるものを表すものだそうで。

DSCF9007
DSCF9007 posted by (C)すてっきん
お使いのAKMもかなりいい感じになっております(^o^)
お召の謎のチョコチップ迷彩は中国製だとか。良い色合いです(^^)

DSCF9006
DSCF9006 posted by (C)すてっきん
これでヒゲがあれば最高なのですが、師の職場の都合上伸ばせないのだとか。
ザンネン。

CIMG8665
CIMG8665 posted by (C)すてっきん
ワサビ師が巻いておられたターバン。さすがに長い(^^;

CIMG8664
CIMG8664 posted by (C)すてっきん
おや、このイロイロ逝っちゃってる(失礼)M16は・・・

CIMG8679
CIMG8679 posted by (C)すてっきん
サバゲメイト、やふしのものでした。
この男、相変わらずである。

CIMG8678
CIMG8678 posted by (C)すてっきん
とりあえず全国のガバファンに五体投地で謝る準備をすべきダナ。

CIMG8661
CIMG8661 posted by (C)すてっきん
セイフティのガンラック。
奥のウェザリングAK達がワサビ師の、真ん中辺のが私、手前のタンカラーがやふしの
銃です(^^)

CIMG8670
CIMG8670 posted by (C)すてっきん
黙々とVSRを試射するコサック氏。
非常にサマになっております(^^)

DSCF9013
DSCF9013 posted by (C)すてっきん
ネタで持っていった「I Love pho」Tシャツ。ベトナムで売ってる土産物です(^^;

DSCF9010
DSCF9010 posted by (C)すてっきん
結構好評。

DSCF9009
DSCF9009 posted by (C)すてっきん
なんだか投降してるみたいだ・・・。



オマケ

CIMG8666
CIMG8666 posted by (C)すてっきん
ゲームに投入されたシュルツェン付き10式戦車。
一人が乗って、一人が後から押して操縦します(^^;
私も乗ってみたかった・・・(ぉ
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:06Comments(0)サバゲ現用ベトナム人民軍装備陸上自衛隊装備

2013年06月15日

5月の夜戦

こんにちは、すてっきんです(^p^)
現在出張で富山県に来ています。
いい加減ブログ更新サボりすぎなので、出張に持ってきた会社のPCで
更新してみます。
かなり旧式のノートPCなんでこの文章書いてる時点で既に二回フリーズ
しています(--;

CIMG8622
CIMG8622 posted by (C)すてっきん
さて、今回は5月の初旬に行ってきた夜戦のレポです。
フィールドは京都のCombat Zone Kyoto様。久々の夜戦です(^^)
前の夜戦の際は折角消防隊用のライトを買ったのに忘れていったので、
今回こそ持参(^^;

CIMG8623
CIMG8623 posted by (C)すてっきん
今回の持参銃。
LCTのAK74Mと同じくLCTのAMD63。
両方ともHOPパッキンとインナーバレルを交換してあります(^^)
AK74Mには前述の消防隊用のライトをハンドガードに自衛隊御用達のOD色
ビニールテープで固定してあります。

みずぼらしいと思われるかもしれませんが、こうするだけで全然違うのです。
半接点で点灯できるので、ハンドガードを保持した左手の指で一瞬だけ照射
できます。これだけで夜戦におけるタクティカルアドバンテージは格段にUP。
長く照射してると位置バレますが(^^;

CIMG8629
CIMG8629 posted by (C)すてっきん
今回の装備。
ウクライナ軍TTSKO迷彩の上下に同迷彩の野戦外被。
前回の夜戦で解ったのですが、ウクライナ軍のTTSKO迷彩は夜戦での視認性
が低いのでこのチョイスです。(^^)
ベストはプラウダのフリマで1500円だかで買ったもの。中々使い勝手は
良いです。
そして頭にはミリタリーショップで売ってた暗色の葉っぱ模様のブッシュハ
ット。
ニーパッドはロシアのメーカー、サバイバルコープス社のSURPAT迷彩の物。
とにかく夜戦での視認性の低さを考えてのチョイスです。

CIMG8627
CIMG8627 posted by (C)すてっきん
背後に写ってる陸自73式小型トラックは17師団本管中隊の愛国二曹氏の私物。
廃車になった実物と三菱ジープをベースに作成されたオソロシイこだわり(^^;

CIMG8625
CIMG8625 posted by (C)すてっきん
CIMG8624
CIMG8624 posted by (C)すてっきん
ゲームが始まって照明が落とされると何も見えません(^^;
今回も貸切戦だったのでいつもどおりたまにシュチュエーション戦をはさんで
マッタリと進行してました。

スンゴイ寒かったですが、楽しかったからいいや。

それではまた。
多分連続更新しますノシ
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 17:50Comments(0)装備品サバゲ

2013年03月26日

3月のBUDDY戦With現用ポーランド被服

DSC03000
DSC03000 posted by (C)すてっきん
みなさま今晩は、3月の初めに岸和田BUDDYにて友好チーム「UGO」様主催の貸切ゲームにお誘いいただき、参加してまいりました(^^)

DSC03007
DSC03007 posted by (C)すてっきん
今回は現用ポーランド軍の装備を主体としたサバゲ装備です(^^;
現用ポーランド軍のパンテラ迷彩服に同迷彩のタクティカルベストに出所不明のLC-2ベルト、黒のレッグポーチ、
ロシアのサバイバルコープス社製のニーパッドにロシア製コンバットブーツといういでたち。被り物はポーランドベレーですが、ゲーム中はずっとポーランド軍ブッシュハットでした。

CIMG8465
CIMG8465 posted by (C)すてっきん
うしろ。
ロシアのSSO社製ダンプポーチをつけています。

CIMG8471
CIMG8471 posted by (C)すてっきん
今回は遠く愛知の地から同志東方紅(http://plath81.blog31.fc2.com/)が遊びに来てくれました(^^)

DSC03001
DSC03001 posted by (C)すてっきん
今回も中国人民解放軍です。

DSC03003
DSC03003 posted by (C)すてっきん
そして今回車を出してくれた前職の後輩ムー君(写真左)。
サバゲの参加は現用装備イベントJointFTX以来で、今回は2回目となります。

CIMG8480
CIMG8480 posted by (C)すてっきん
そしてこちらはおなじみのロシア軍装馬鹿(褒め言葉)すもうく氏。
今回はデジタルフローラの現用ロシア空挺軍装備です。

CIMG8482
CIMG8482 posted by (C)すてっきん
正面アップ。

CIMG8485
CIMG8485 posted by (C)すてっきん
CIMG8487
CIMG8487 posted by (C)すてっきん
空挺徽章や階級章もバッチリ。

CIMG8488
CIMG8488 posted by (C)すてっきん
フローラの防寒戦闘服。
こういう組み合わせは大好きです(^^)b
何気に被っているニット帽がロシア軍でよく見かける実物・・・

CIMG8492
CIMG8492 posted by (C)すてっきん
こちらにも徽章バッチリ(^^)

CIMG8496
CIMG8496 posted by (C)すてっきん
風船割りゲームなど、いろいろなゲームを楽しみました(^^)

CIMG8509
CIMG8509 posted by (C)すてっきん
ブゥオン!!

CIMG8529
CIMG8529 posted by (C)すてっきん
「俺に銃はいらねぇ・・・コイツで充分だ」
ライトセーバーを構えるムー君。(セリフは捏造

DSC03004
DSC03004 posted by (C)すてっきん
折角の現用の、しかも西洋の軍装品主体なのにカンボジア製クラマスカーフを巻いて台無しにする男すてっきん。

CIMG8502
CIMG8502 posted by (C)すてっきん
猫車を発見。
猫車を見つけたらやらざるを得ない。
操縦手:ムー君  車長:同志東方紅

CIMG8514
CIMG8514 posted by (C)すてっきん
女王様に蹂躙される参加者。
ご褒美でしょうか?

CIMG8518
CIMG8518 posted by (C)すてっきん
タイーホ。



そして始まるいつもの撮影会。


DSC03020
DSC03020 posted by (C)すてっきん
テロリストを車から引きずり出すの巻。
テロリスト役はムー君。

DSC03022
DSC03022 posted by (C)すてっきん
確保!

DSC03025
DSC03025 posted by (C)すてっきん
セカンダリに持ち換え、ボディチェック。


DSC03031
DSC03031 posted by (C)すてっきん
下車戦闘!
ちなみにスリングはマグプルMS2ですが、今回の使用銃AMD-63にはスイベルの都合上つかないのでストラップ
で無理やりつけています(^^;

DSC03008
DSC03008 posted by (C)すてっきん
DSC03009
DSC03009 posted by (C)すてっきん
DSC03016
DSC03016 posted by (C)すてっきん
DSC03013
DSC03013 posted by (C)すてっきん
CIMG8538
CIMG8538 posted by (C)すてっきん
こういう障害物は絵になりますね(^^)

DSC03034
DSC03034 posted by (C)すてっきん
最新ロシア空挺軍フル装備を着込んだ同志すもうくと共演(^^)b

DSC03039
DSC03039 posted by (C)すてっきん
「折角来たんだし紅兄もプロパガンダ的な写真撮ろうぜ」
「ファッ!?」

DSC03040
DSC03040 posted by (C)すてっきん
「打倒美帝!」

  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:06Comments(5)ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲ現用ポーランド軍装備

2012年10月16日

9/22 岸和田BUDDY貸切戦というか最早撮影会


去る9/22に行われた友好チーム様のBUDDY貸切戦に参加させていただきました。
去る、ってももう一か月近く前の話ですががががg 全部Skypeがいけないんや・・・!(内輪ネタ失礼


左よりSSWセキュリティサービスのYafishi氏、同志せっつー、FSBサイドより私、同志すもうく。
今回は同志すもうくと図らずともほぼお揃い装備でわっほい。


ロシアユニット。約1名時空を超えてます。


同志すもうくと連携。
スパイの疑いのあるPMC要員を確保。


「桜の国からこんにちは!(http://insnowaesenal.militaryblog.jp/)」より同志せっつー。
9月とはいえまだまだ暑い中、赤軍のウールコートでゲームに参加されていました・・・。
恐るべし。


私が輸出したモシン・ナガンカービンもちゃんと飛ぶようにカスタムされた上に赤軍旗まで付いていて胸熱。


今回サバゲ初体験の前職の同期N。同郷出身者で今でもちょいちょい絡んでます。
銃は私のFNCを貸し出しました。迷彩服は自前。
写真では撮影用に同志すもうくのAKMSを借りてます。


立て銃、及び吊れ銃の敬礼。


おや?せっつー氏の様子が・・・?







 
Урааааааааааааааааааааа!!

赤軍装備での突撃はいつか人数を揃えてやってみたいものです・・・。
同志せっつーはPM1910機関銃のスクラッチにも挑戦されているので、完成の暁には突撃が盛り上がる事この上なし!

・・・おや?

良い三輪車だ、少し借りるぞ。




突撃!


突撃!!


突撃ィ!!


「俺に追い付いてみな!」 童心に還るN。


弾薬運搬兵同志せっつー。
何とも言えない哀愁・・・。



スト魔女仕様のYafushi氏のプライマリ。
フレーム両面にそれぞれユーティライネン中尉とリトヴャク中尉エンブレム。
なんというエイラーニャ・・・。欲しい。


リトヴャク中尉パッチ。



おまけ


同志せっつーの縞パン実物生地仕様ガバ。
今度はスク水生地ガバを作るのだとか。

もはやなにもいうまい・・・。





  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:01Comments(0)ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲソビエト労農赤軍装備

2012年09月26日

武者と陸自と射命丸


去る9月9日、京都某所の私有地フィールドで行われたプライベートゲームに参加してまいりました(^^)


自衛隊装備の多い「舞鶴第3混成団 (http://m5392.militaryblog.jp/)(http://nesi.militaryblog.jp/)(http://izumi.militaryblog.jp/)」様ともご一緒させていただき興奮。
陸自迷彩はやはり日本人の魂に語りかけてくるものがあります・・・
後ろの旧式73式小型トラックたちはフィールド主様の自作。相変わらずすさまじい・・・。


左端が当日の私。この日はサバゲ人生初のテキトー装備。
「すてっきんさん来るならロシア装備を見たい」って方もおられたようで、少し後悔・・・。


自衛隊装備に九九式。これが案外シックリ来る。防暑垂付きの椀帽も相まってかしら・・・。


右端、九九式小銃に自衛隊装備で「立て銃」の構え。なにやら隣に変なものを持った人が・・・?


右端、九九式小銃で中間姿勢射撃の態勢をとる隊員とM14小銃を構える米兵の間にもやはり謎の人物・・・。
何を持っているのかというと私が持って行ってたゴザでした(^^;
構えているのはサバゲ仲間T氏。
後ろに日本刀を振り回している人物がいますがそれについては後述。


プローン姿勢をとる軽機班。


刻を超えた武田軍。赤備えというやつでしょうか?
先ほどの写真で日本刀を持っていた方です(^^)
ちなみにこの方は実際にこの装備でゲームに参加されていました(^^;


自衛隊との刻を超えた共演(^^)
自衛隊員の方は第3混成団の橋本1尉です。


米兵の振り下ろす日本刀を白刃取りを試みる隊員。
「フッ・・・見切った!  ・・・アレ?」


PPSh41おなじみの「椅子」。
トイガンでは強度不足なので半分空気椅子(^^;


タンクデサント(違

今回初めてこちらに参加させていただきましたが、私有地フィールドとは思えない立派なフィールドで、適度な茂みや起伏、くぼみ等あって素晴らしかったです。機会あらば是非また参加させていただきたいです(^^)



オマケ(ゲームネタゆえわかりづらいかも



ヤマハの原付、メイトの射命丸文(東方プロジェクト:同人ゲーム)×水曜どうでしょう(テレビ番組:北海道テレビ)コラボ痛車。


文々。新聞社ロゴと射命丸のシルエット入り(^^)


「水曜どうでしょうならぬ射命丸どうでしょう。」

※撮影許可並びにブログ掲載許可はいただいています。







  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:57Comments(4)サバゲ陸上自衛隊装備

2012年09月25日

8/16 エピングフォレスト通常戦

CIMG7427
CIMG7427 posted by (C)すてっきん

去る8月16日、京都のサバイバルゲームフィールド、エピングフォレストさんにてゲームしてきました。
今回は数年前からブログで交流しているけだむ君(写真左)と初めて共演。
私は転職後のゴタゴタ、けだむ君は就職後のゴタゴタでかなり強行軍でしたが、無事合同演習を実施できて良かったです(^^;
写真がボケていますがご容赦を・・・;

CIMG7424
CIMG7424 posted by (C)すてっきん
今回もロシアSSO社のゴルカRとSmershコンバットハーネス。
ロシア装備はソ連時代から現代まで地道に増えて行ってはいるのですが、最近サバゲ前夜まで現場やら出張やらで忙しく、準備と後片付けが簡単なこの組み合わせばかりになってきています・・・(--;


以前記事でも紹介したMAGのAK74用45連型マガジンも今回実戦投入。
中華製のスプリング給弾マガジンとは思えないデフォルトの弾上がりの良さ!やはりMAGは素晴らしい!
これで外観もこだわってくれれば文句はないのですが・・・海外製に文句を言ってもどうにもなりません(^^;

CIMG7420
CIMG7420 posted by (C)すてっきん
数年の絡みではあるものの、今回初めてのサバゲのけだむ君。遠く愛知の地より見参。
「NAMっぽくタイガー迷彩にM60で来る!」と言っていたのですが、「夏だし起伏の激しい山フィールドだしやめておいた方が・・・」
と忠告しておいたらM4とモッシーオークに。
岩肌や樹木、枝等が多いエピングフォレストさんではモッシーオークが素晴らしい迷彩効果を発揮しておりました(^^)b

せっかくの初めてのサバゲだったけだむ君ですが、我々眼鏡族のサガである「ゴーグルの曇り」であまり満足の行く結果ではなかったようです・・・;
ためしに私のファン付きゴーグルを貸してみたら効果は抜群のようで、「次回までに絶対調達する!」とのこと。

次こそは万全の態勢でサバゲを楽しんでいただきたいですね(^^)
ためしに私と得物交換してAKを使ってみて、AKも気になりだした様ですし、次が楽しみです。
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:23Comments(0)ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲ

2012年09月07日

自動車化歩兵リスペクト・ソ連編

こんばんは。
先日某私有地フィールドにお邪魔しました(^^)


以前までは竹の生い茂る立派なフィールドだったのですが、この先高速道路にされてしまう都合上、すっかり伐採されてしまい・・・。


半分土木作業、半分ハンドガン戦という感じになりました(^^;


今回は大祖国戦争のソビエト労農赤軍装備で参加しました。


今回、相互リンクブログで、ベトナム人民軍装備同志の同志はむ星のブログ「まどろみ三等兵(http://hamu.militaryblog.jp/)」より、「56式自動車両(http://hamu.militaryblog.jp/e352952.html)」をリスペクトさせていただきました(^^;


Iさん、操縦手役ありがとうございました(^^)b



おまけ




おわかりいただけただろうか・・・・
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:24Comments(4)サバゲソビエト労農赤軍装備

2012年08月25日

現用カンボジア王国軍軍装

こんにちは、今日は6月に撮影したまま忘れていた現用カンボジア王国軍の軍装を実際のカンボジア軍の写真を交えてご紹介させていただきます。


撮影日は6/30。
カンボジア製実物ODジャケット( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e302324.html )に同じくカンボジア製DPM迷彩パンツとキャップ( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e279832.html )。
東南アジア製チェックスカーフにロシア製コンバットブーツです。


装具は中国製56式チェストリグ(80年以前のカーキのもの)と、代用品のユーゴスラビア製サスペンダーとピストルベルトです。


銃はカンボジアでも普及している中国製56-2式。私のはリアルソード製です。

ではここからは実際のカンボジア王国軍を見てみましょう。


装備の更新の遅れているところでは装具もつけていないような部隊もよく見かけます。
支給されていないのか、はたまた邪魔だからつけていないのか?
戦闘服も迷彩ではなくODです。わたしはこのODのモデルが好きです。
こういう部隊では靴ではなくサンダル履きの兵士なんかも見かけます。


こちらはDPM迷彩着用例。
カンボジアではいくつかの種類のDPMを見かけますが、私の所持しているDPMはパターンや色合いなどからこのモデルではないかと思います。
装備は中国製56式、サスペンダー、ロシア製RGD-5手榴弾、56式チェストリグ。
56式チェストリグは色合いから80年ごろ生産のカーキからグリーンへの移行期のモデルではないかと思います。


写真が大きいのでサムネイル表示です。クリックしてください。
こちらは装備が恵まれています。外国から招いた教官に近接戦闘を学んでいるようです。
特殊部隊でしょうか?警察は袖章のデザインがちがうのですが、この写真からは袖章の細部がハッキリわからないので軍の部隊なのか警察の部隊なのかはわかりません。
 
タクティカルベストやケブラーヘルメット、ニーパッドなども普及し、レッグホルスターにはピストルも携行しています。
しかし迷彩服はバラバラ。
左端の黒ベストの兵士の右のベルトだけ締めている兵士が着ているのはどうも中国人民解放軍の99式迷彩に見えます。
他にも右の方にはタイかどこかのものと思われるリーフ迷彩を着た兵士も。
 
教官も3カラーを着ていますし、カンボジアの迷彩事情はかなり面白いです。
しかしいろんな国の迷彩服が混用されていても、きちんとカンボジア国章に変更されているのは素晴らしいですね。
 

オマケ。


先日カンボジアに行ってこられたサバゲ仲間の同志すもうくが撮影してきてくださった現地のカンボジア兵。
検問所の兵士だそうです。
デジタル系の迷彩を着ていますね。カンボジアオリジナルの迷彩と思われます。
装備は56式のみのようですね。56式のスリングも中国製の56式用のものです。
 
カンボジア軍も徐々に近代化の波が来てなにやらサバゲーマー装備みたいになって来ていますが、私は昔ながらのOD装備が好きですねぇ。
まだまだ知識不足なのでさらに勉強して精進していきたいです。

  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 14:43Comments(8)サバゲカンボジア王国軍装備

2012年07月24日

ベトナム人民軍軍装撮影会ダッコン編

こんばんは!
誰得記事が続いておりますが、ご容赦ください。需要?そんな事ZSU-23-4(NATOコードネーム:シルカ)!!

という訳で、前回( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e347376.html )の続きで、今回はベトナム人民軍特殊工兵隊(特殊攻撃隊とも)、ダッコンの軍装記事です。


野戦装備のダッコンといえばコレ!半袖短パンの迷彩戦闘服に装具なし、AKSのみ、しかも裸足という男前っぷり。


まさしく己の肉体が武器!ですね。



CIMG7107
CIMG7107 posted by (C)すてっきん
今回ダッコン軍装をやるのは私ではなく元同期ОКБです(^^;
北海道に帰ってしまう記念に最後の晴れ舞台です。


ダッコンといえば上の画像たちのように特徴的のダックハンター迷彩が有名ですが、ダッコン用の半袖短パン戦闘服はこの写真のリーフしか持っていないので、今回はリーフで撮影。


撮影前にお化粧。


ダッコンはドーランなどを用いず、泥などの自然物での偽装を好んで行います。


今回の偽装はこの写真を参考に(^^)


顔にも容赦なく塗り塗り。

CIMG7279
CIMG7279 posted by (C)すてっきん
一名の援護下のもと、川を渡るダッコン隊員。

CIMG7277
CIMG7277 posted by (C)すてっきん
後ろの援護の隊員はこの日愛知から参加してくださった同志東方紅。
人民解放軍のダックハンターでダッコン迷彩代用です。

CIMG7282
CIMG7282 posted by (C)すてっきん
AKMSは同志ワサビ・ニコフからお借りしました(^^)

CIMG7290
CIMG7290 posted by (C)すてっきん
CIMG7301
CIMG7301 posted by (C)すてっきん
今度は川にざぶり。

CIMG7295
CIMG7295 posted by (C)すてっきん
北海道に帰る前にとても良いパフォーマンスをやってくれました(^^)ありがとう!


オマケ


(写真提供:同志セルゲイ)
川にどっぷり浸かって演技指導と撮影を行う私(^^;
人民軍キャンバスブーツが水に浸かってパッと見てレザーブーツのような色に・・・  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:42Comments(2)サバゲ現用ベトナム人民軍装備

2012年07月20日

現用ベトナム人民軍軍装分隊撮影②

お待たせしました!(待ってる人いるのか^^;? )
前回( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e343910.html )の記事の続きです。

前回は各人の装備や、川辺での撮影写真でしたが、今回はバンカー中心です(^^)


(写真提供:同志セルゲイ)
土嚢陣地で防衛にあたるベトナム人民軍分隊

(写真提供:同志セルゲイ)
陣地から敵性車両に睨みを効かせるRPG!
陣地ならB-10や65式無反動砲が欲しいところですが・・・・

(写真提供:同志セルゲイ)
腕には人民軍実物「Bảo vệ(防衛)」腕章。こういった腕章は人民軍の訓練写真、動画等で確認できます(^^)
CIMG7258
CIMG7258 posted by (C)すてっきん
指揮官の手旗と号令と共にRPGが発射されます!

CIMG7267
CIMG7267 posted by (C)すてっきん


(写真提供:同志セルゲイ)
56-2式はベトナムでは見かけないのですが、今回は銃が不足していたため投入。隣国カンボジアではよく見かけるのですが・・・。

(写真提供:同志M)
左側二名、私と同志東方紅は「Bảo vệ(防衛)」腕章をつけていますが、指揮官訳のコサック(マルサ)氏は「trục ban(基軸?)」腕章をつけています(^^)

(写真提供:同志すもうく)

(写真提供:同志すもうく)

(写真提供:同志すもうく)

CIMG7270
CIMG7270 posted by (C)すてっきん

(写真提供:同志すもうく)

現用ベトナム人民軍の軍装をされる方は少なく、今回チームの同志たちの協力でこのような素晴らしい写真を撮ることが出来て幸せです(^^)
感謝いたしますm(--)m

もうちょっとだけ続きます。


次回はベトナム人民軍特殊部隊、ダッコン編です!

需要?なにそれおいしいのですか?  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:41Comments(0)サバゲ現用ベトナム人民軍装備

2012年07月07日

現用ベトナム人民軍軍装分隊撮影①

CIMG7138-1
CIMG7138-1 posted by (C)すてっきん
みなさんこんばんは。
先日のゲーム(http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e341650.html)の際に実施した現用ベトナム人民軍軍装での分隊写真撮影会の模様をお伝えします(^^)
装備のほとんどは私の貸出ですが、一部持ち寄っていただきました。

まずは参加者の紹介から。

CIMG7107
CIMG7107 posted by (C)すてっきん
元同僚ОКБ。今回は一人だけ旧来のグリーン戦闘服です。
今回ベトナム人民軍砲兵下士(伍長)の階級章を付けていますが、砲なんて当然無いのでRPG装備です(^^;


現在リーフ迷彩への更新をおこなっているベトナム人民軍ですが、旧来のグリーンの戦闘服も多数現役で、この戦闘服も混紡の比較的新しいものです。

CIMG7146
CIMG7146 posted by (C)すてっきん
コサック(マルサ)氏。今回は士官学校生徒や教官、一部部隊などが着用しているローカルメイドの笹柄迷彩です。
歩兵科の兵科章に略帽、トカレフホルスター装備で今回は指揮官をやっていただきました(^^)
56-2式はベトナムでは見かけないのですが、今回は銃数が足りず投入。


笹柄迷彩参考画像

CIMG7152
CIMG7152 posted by (C)すてっきん
今回愛知からはるばる参加してくださった同志東方紅(http://plath81.blog31.fc2.com/)。
ベトナム人民軍兵一(一等兵)です。
同志には56式とサンヘルメットを持参していただきました(^^)
56式のウェザリングが素晴らしいです・・・・・

CIMG7155
CIMG7155 posted by (C)すてっきん
今回巻き込まれた形の同志ワサビ・ニコフ(http://nkvd.militaryblog.jp/)。
AKMSと56チェストリグを持参していただき、ベトナム人民軍下士(伍長)をやっていただきました。

CIMG7150
CIMG7150 posted by (C)すてっきん
んで、アテクシ。ベトナム人民軍少尉です。

ではここからは撮影会の模様を、実際のベトナム人民軍画像とともにご覧ください(^^)

CIMG7122
CIMG7122 posted by (C)すてっきん
CIMG7145
CIMG7145 posted by (C)すてっきん

CIMG7153
CIMG7153 posted by (C)すてっきん

(写真提供:同志すもうく)
CIMG7243
CIMG7243 posted by (C)すてっきん
CIMG7242
CIMG7242 posted by (C)すてっきん

CIMG7246
CIMG7246 posted by (C)すてっきん
CIMG7253
CIMG7253 posted by (C)すてっきん

(写真提供:同志すもうく)

まずはひとまずこのあたりで次の記事へ続きます(^^;
色調とか光源とかもうちょっとうまく処理できたらよかったのですが・・・・

つづく  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 02:38Comments(4)サバゲ現用ベトナム人民軍装備