プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および閲覧者様の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年04月18日

4/14 BUDDY夜戦 ウクライナ軍装

こんばんは、すてっきんです(^^)
去る4月14日に大阪・岸和田のCQBフィールドBUDDYさんにて行われたナイトゲームにお呼ばれしてきました(^^)
 

今回は現用ウクライナ軍装備で参加しました。
以前からウクライナ軍装備はボチボチ集めていたのですが、サバゲでウクライナ装備をやるのは初めてです(^^)
 

CIMG6640
CIMG6640 posted by (C)すてっきん
当日の装備

 
CIMG6641
CIMG6641 posted by (C)すてっきん
ウクライナ軍のブタン迷彩服上下の上に同迷彩の防寒外皮を着て、その上にウクライナ軍タクティカルベストをつけています。
ヘルメットはソ連製SSh68、ライフルはVFCのAKS74です(^^)

 
CIMG6642
CIMG6642 posted by (C)すてっきん
腰回りに旧ソ連軍ピストルベルトと水筒を装備。
ウクライナ軍は旧ソ連型のピストルベルトをバックルのデザインだけウクライナ国章?に変えて今でも使用していますが、手に入らなかったのでソ連軍のもので代用です(^^;)

 
CIMG6645
CIMG6645 posted by (C)すてっきん
タクティカルベスト。
 


同型のタクティカルベスト。ウクライナ空挺軍のようです。
画像のものは砂漠用ブタン迷彩ですが、私のものは単色です。あまり一般部隊では見かけず、特殊部隊系や海外派遣などを行う部隊での使用が多いように感じます。

 
CIMG6647
CIMG6647 posted by (C)すてっきん
捧げ銃!
カラシニコフライフルで捧げ銃を行う場合、ロシアなど旧共産圏ではこのように銃を横にする場合が多いですね。ユーゴスラビアなどでもこの方式のようです。(通常捧げ銃は弾倉が前を向くように銃を捧げる)
カラシニコフは弾倉が長いので、整列した際に弾倉が前の列の兵士に接触するのを防ぐためでしょうか(--;?
ちなみにSKSライフルなどでは通常の捧げ銃がおこなわれているようです

 

私が着ている外皮はおそらくこのタイプだと思われます。
内側にインナーがつけられるようになっているのですが、私のはインナーがないので寒いです(^^;

 
CIMG6648
CIMG6648 posted by (C)すてっきん
旧ソ連型バックパック。
第二次大戦で使用されたモデルからほとんど変わっていません(^^;

 
CIMG6673
CIMG6673 posted by (C)すてっきん
今回一緒に参加した同志モスコフ。
ラスター迷彩です。ロシア内務省軍?

 
CIMG6665
CIMG6665 posted by (C)すてっきん
CIMG6666
CIMG6666 posted by (C)すてっきん
CIMG6664
CIMG6664 posted by (C)すてっきん

 
CIMG6686
CIMG6686 posted by (C)すてっきん
同じく一緒に参加した同志ワサビ・ニコフ。

 
CIMG6690
CIMG6690 posted by (C)すてっきん
ワサビ師使用のLCTのAK74Mのニューバージョンです。素晴らしい出来。購入はいつになるやら・・・
 

CIMG6681
CIMG6681 posted by (C)すてっきん
 CIMG6685
CIMG6685 posted by (C)すてっきん
夜間ゆえにうまいこと撮れなかったのですが、逆に臨場感が出たような・・・(きのせい
 

CIMG6657
CIMG6657 posted by (C)すてっきん
んで、アテクシ。

 
CIMG6653
CIMG6653 posted by (C)すてっきん
CIMG6654
CIMG6654 posted by (C)すてっきん
CIMG6659
CIMG6659 posted by (C)すてっきん
CIMG6660
CIMG6660 posted by (C)すてっきん
 

んで、当日のゲーム内容ですが、ダメダメでした;
せっかくこの日のために購入したレスキュー隊用のフラッシュライトは忘れるわ、AKのギアはたびたび調子悪くなるわ・・・
まあしかし夜戦は初めてだったので、勉強になる事も多かったです。
次行くときはライトを忘れないようにしよう・・・
 
あと意外とウクライナブタンが夜間の迷彩効果が高く、新しい発見です(^^  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 03:35Comments(0)ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲウクライナ軍装備

2010年03月22日

【再録】ウクライナ軍放出品水筒

 
 
【2010年3月の再録記事です。内容そのまま。】
 
 

全体像 posted by (C)Stechkin
今回は前回の記事とはうってかわってウクライナ軍放出品の水筒のご紹介です。
といっても見た目ソ連軍のものと変わりませんよね。私には区別が付きません(^^;
というかソ連時代のだしソ連軍のそのままだったり?
 

ベルトループ posted by (C)Stechkin
ベルトループはX字型になってます。
 

カバーフラップ posted by (C)Stechkin
ボタンを外して帯?を上にグイッと引っ張ると水筒の封印が解かれます
 

ベルトループ-解除 posted by (C)Stechkin
この時にベルトループを片側だけ通しているとこのように水筒はカバーごとベルトにぶら下がってくれます。ベルトに水筒を通すときにX字のループ二つともに通してしまうとボタンで留めてる帯を外した時点でストンと下に落ちてしまいます。
【追記:ロシアや旧ソ連諸国の戦争映画を観ていると、どうもX字のベルトループ両方にベルトを通して、水筒使用時にはカバーごと水筒を取り外して使用していたようです】
 

水筒とカバー posted by (C)Stechkin
で、カバーを外すとこんな感じ。
なんかいかにも昔の軍用水筒って感じですね。材質はアルミ?
塗装も剥げてるんでデッドストックではないようですね。
 

俯瞰 posted by (C)Stechkin
上から見るとこんな感じ。そら豆みたいな形ですな。
キャップと水筒はチェーンでつながっています。
 

カバー内部刻印 posted by (C)Stechkin
カバーの内側にこんなスタンプが。1957年製?古いッ
 

底部刻印 posted by (C)Stechkin
水筒底部の刻印。こっちは1969年製。カバーと本体で10年以上生産時期が離れてます(--;
周りにキリル文字でなんか書いてますが読めはしますが意味は解りません(^^;
 

水筒内部 posted by (C)Stechkin
水筒&キャップ内部。キャップには機密性保持のためにゴムが。
中は意外と綺麗ですが汚れはついてますし相当古いので実用はやめといた方がいいですね(^^;
 
総評としてはなかなかいいです。古いながらも状態は悪くありません(^^)b
これはもうソビエト・ロシア装備に組み込み決定ですな。