プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および閲覧者様の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

2016年03月19日

英軍Mk.Ⅱ、Ⅲ、Ⅳヘルメットのお手入れ

皆様こんばんは。

さて、今日は手持ちの英軍のヘルメット各種のお手入れをしたいと思います。

DSCN1620
DSCN1620 posted by (C)てっきん

さて、こちらは先日ボロボロのライナーからベルギー軍のものに交換したMk.Ⅱヘルメット。
こちら交換して早々に本家のレプリカライナーが手に入ったのでこちらに交換し直したいと思います^^;

DSCN1621
DSCN1621 posted by (C)てっきん

ライナー交換の手順は先日記事にしたとおり。サクッといきましょう。


DSCN1623
DSCN1623 posted by (C)てっきん

んでこちらはMk.Ⅱヘルメットの後継者たち。肌色のほうがMk.Ⅲ、OD色がMk.Ⅳです。


DSCN1624
DSCN1624 posted by (C)てっきん

このMk.Ⅲヘルメット、以前のMk.Ⅱと同じようにライナーが痛んでしまっています。
Mk.Ⅳではごらんのようにライナー構造自体が違うのですが、Mk.Ⅲはこれまでの型と基本的に一緒。
せっかくベルギー軍ライナーがあまったのでこっちを交換してしまいましょう。


DSCN1625
DSCN1625 posted by (C)てっきん

ただ問題がひとつ。
Mk.Ⅲからはライナーの固定方式がネジからスナップボタンに変更されていたのです;


DSCN1629
DSCN1629 posted by (C)てっきん

仕方がないのでこのとおり。
穴を通して針金で無理やり固定。
まあ被れず箪笥のこやしにされるよりかはヘルメットもこの方が本望でしょう(謎


DSCN1630
DSCN1630 posted by (C)てっきん

さてお次はあご紐。Mk.ⅢもⅣもあご紐は共通です。
しかしフォークランド紛争装備等でよく使うMk.Ⅳの方のあご紐が痛んでいます。
折角ですしこっちも換えてしまいましょ。


DSCN1631
DSCN1631 posted by (C)てっきん

固定方式はいたって簡単。
マイナスドライバーとラジオペンチではずして、、、


DSCN1632
DSCN1632 posted by (C)てっきん

取替え。
これでフォークランド装備で堂々とヘルメットを被れます(^^

さて、本日はこのへんでオサラバ。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:00Comments(0)雑記装備品冷戦期イギリス軍装備WWⅡイギリス軍装備

2014年11月25日

8月トレンチ戦 -フォークランド英軍装備-

皆様こんばんは、すてっきんです。
実に5ヶ月以上も放置していましたが、今和歌山に出張に来ていて夜やることもないので
ブログ更新してみよう企画第2弾です。
昨日も更新していますのでそちらも良かったらご覧ください。


さて今回は・・・
前々から行って見たいと思っていた大阪の野外戦フィールド「トレンチ」さんにお邪魔してきました。

DSC_0001
DSC_0001 posted by (C)すてっきん
当日はフォークランド紛争時のイギリス軍装備です。
ベレーがずれて変なかぶり方になってるのはスルーお願いします(^^;

構成品は

・英軍P68DPM迷彩野戦服上下
・英軍P58装備セット
・英軍マルーンベレー(空挺徽章付)
・代用品ロシア製コンバットブーツ
・KingArms L1A1電動ガン

といった感じです。

o3DwY
o3DwY posted by (C)すてっきん
しかしコットンでしかもラージパックまで背負ったP58装備の暑い事暑い事・・・。
いやフォークランドって南極近い極寒の地なんだからそりゃ8月にやれば暑いって・・・。

1IPQH
1IPQH posted by (C)すてっきん
そんなことにも気づかず暑さでグロッキーな筆者。
ベレーの被り方がダサいのは無視で・・・;

DSC_0002
DSC_0002 posted by (C)すてっきん
当日は同業他社の後輩Sくんと、

DSC_0003
DSC_0003 posted by (C)すてっきん
同じく同業他社のN課長が来てくれました。
N課長も暑さでグロッキー・・・(^^;

それでもなんとか「折角初めて来たのだから」と気を奮い立たせて参加してまいりました。

感想としてはフィールド構成がとてもいい塩梅で、正しくトレンチの名の通り
良い感じに掘られた溝や盛り土、自然物や見張り台等のの構成が良いバランスでした。

もって行ったL1A1もどうやら当たり個体のようで、手持ちのエアガンで一番の精度を
発揮してくれました。
あとKAのL1はサバゲ用にフルオートも可能なのが地味に有難いです。

とても楽しめた素敵なフィールドさんだったので、是非また仲間たちと来ようと思います。
貴重な野戦主体のフィールドですので、我ら軍装勢には大変有難いフィールドになりそうです!




次はショットショーネタかな・・・?  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 16:00Comments(0)装備品サバゲ冷戦期イギリス軍装備