プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および閲覧者様の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年07月23日

2016.7.16 スルプスカ共和国軍ごっこ

e1cbb92a-1ec8-4096-b115-2ad34d594e6b
e1cbb92a-1ec8-4096-b115-2ad34d594e6b posted by (C)てっきん

皆さんこんばんは。
今回は先日のバトルゾーンでのスルプスカ共和国軍ごっこの記事です。

SMBシャツにスルプスカリザードパンツとかなり軽装ですが、実際写真みてるともっと軽装な兵士もいます。
今回の組み合わせはユーゴ装備の先輩にご指導いただき組んだもの。


a6e42695-20d6-4298-8583-cd2a2bc536a6
a6e42695-20d6-4298-8583-cd2a2bc536a6 posted by (C)てっきん

小物たち。
AKのマガジンをカラービニテでセルビア国旗カラーで縛着しています。

DSCN1703
DSCN1703 posted by (C)てっきん

LCTのM70AB2のハンドガードは実物に換装。

DSCN1704
DSCN1704 posted by (C)てっきん

ヘルメット前部にはセルビア十字を自分で描きました。
実際内戦中の写真を見るとこういうワンポイントなオシャレが多いです。

DSCN1702
DSCN1702 posted by (C)てっきん

グラサン。
内戦中はこういう古めかしいデザインのサングラスの使用例が多いです。
ホームセンター三軒回ってやっと買えました;

1410b636-4d42-42eb-a22f-019ac0fd81af
1410b636-4d42-42eb-a22f-019ac0fd81af posted by (C)てっきん

まえ。
本来肩掛けのマグポを腰に巻き、バラ弾入れマシマシ。

0a175e69-ec3c-462c-912e-adab2c3a6740
0a175e69-ec3c-462c-912e-adab2c3a6740 posted by (C)てっきん

うしろ。
流石に水筒ぐらいつければよかったかしら・・・?


いつかもっと人数集めて部隊写真撮りたいですねぇ。

では今日はこのへんで。



  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:30Comments(0)トイガン装備品サバゲセルビア軍装備内戦時セルビア人軍装備

2012年01月04日

ツァスタバM70AB2電動ガン製作なう

皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 
さて、水面下で進行していたユーゴスラビア版AKMS、ツァスタバM70AB2の製作計画に進捗が訪れたました(^_^)
ツァスタバM70系のライフルはユーゴスラビア、セルビア等の軍装に必須でありますが、当然どこのメーカーからも発売されておりません。よってスクラッチ&ミキシングビルドでの製作を計画しています。
 

そして遂に同志のお店に発注をお願いしていたM70フレームが到着したので作戦決行です。
 

素体となるのはLCTのAKS-47。スチール削り出しの限定品の新品で、非常に勿体無いですが、これも軍装の為…
今回取り寄せていただいたLCTのM70フレームと、この間のショットショーで入手した実物ハンドガードを組み込みます。
実物グリップも所持していいるのですが、内部にモーターがくる都合上組み込めないので、グリップ自作にあたっての資料です。
 

現在の進捗状況。
フレーム組み換えは至って簡単ですが、第1関門、ツァスタバ名物3ホールハンドガードです。
通常のAKハンドガードより長いこいつを組み込む為にはガスチューブとバレルの切削加工が必要です(-_-;)
また、ハンドガードが長いぶんリアサイトブロックが後退するため、レシーバートップカバーやボルトキャリア、バレルの切削加工が必要です…
 
さらに第二関門、グレネードサイトの自作、第3関門のグリップ自作も待っています…
負けるな俺!  

2011年12月19日

ユーゴスラビア・セルビア軍M93迷彩シャツいじり

3
3 posted by (C)すてっきん
こんばんは、大祖国戦争のソ連赤軍と魔女を題材にした漫画「靴ずれ戦線」におおハマり中のすてっきんです(^_^;)
今回はM93迷彩シャツについて。
 
4
4 posted by (C)すてっきん
シャツ自体はM93迷彩服共々ずいぶん前に揃えたのですが、最近同志に階級章を譲って頂いたので縫い付け。
一応左胸ポケット上につけるのが正規のようですが、結構いい加減に付けてる写真も見受けられます(゚▽゚*)浪漫
 
2
2 posted by (C)すてっきん
と、その前に釦が一カ所取れていたのでその辺に転がってたのを付けました。この方が「身近にあるものでテキトーに補修した」感じが出て良いと思いまして。
 
1
1 posted by (C)すてっきん
んで、今度こそ階級章も縫い付け。
M93迷彩シャツはロールアップした袖を釦で留められるのが素敵です。どうもこの機能は昔からユーゴスラビアの野戦シャツにはあったようで、M77やM89などの旧型の野戦シャツでも確認出来ます(^_^)
しかしこのM93迷彩シャツ、私にはサイズがでかいです(^_^;
素材もナイロンっぽいですし、もちっと小さいサイズのコットン製のM93迷彩シャツが欲しいところです。
【追記:同志からナイロンっぽい素材のシャツは内務省のものかもしれないという情報をいただきました】
   

2011年11月21日

【再録】ユーゴスラビア人民軍AK用マグポーチ

お久しぶりです。すてっきんです。
再就職関連のドタバタはまだ終わりませぬ…。

Share photos on twitter with Twitpic
今回はユーゴスラビアのAK用マグポーチについてです。
左の人が肩から掛けてるのがそうです。
かつては革製でしたが、時代と共に改修されていっています。
 
11 posted by (C)すてっきん

コチラが私のもの。
現在ユーゴスラビア圏で出回っている一般的なタイプです。
頑丈な造りで、ツァスタバM70シリーズ(ユーゴ版AK)等のマガジンを4本収納出来ます。
ユーゴスラビアの装具やポーチ類はグレーが多いのが特徴的です。素敵ー。
なにやら数カ所前の持ち主によると思われるボールペンによる筆記があります。  

22 posted by (C)すてっきん

裏側にはベルトループがあり、肩掛けストラップをかけた上でウェビングベルトを通して身体に固定します。
元より肩掛け式マグポーチって大好きなので(北ベトナム軍装では必須ですし)、垂涎ものですね(=ω=)
 
33 posted by (C)すてっきん
 
中はこうなってます。
なんとビックリ、外側は布なのに内側は革張りです!
旧共産圏のマガジンポーチではトップクラスの造りではないでしょうか…!

早いとこユーゴスラビア人民軍装備をキッチリ揃えてフィールドデビューしたいもんです(^_^;)
まあボチボチやりましょう…(資金繰り的な意味で
 
   

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)装備品ユーゴスラビア人民軍/連邦軍装備セルビア軍装備

2011年09月25日

【再録】ユーゴスラビア、セルビア軍ブーツ代用

こんばんは、絶賛負傷中のすてっきんです(^_^;)
今回はユーゴスラビアのコンバットブーツについて。

Share photos on twitter with Twitpic
だいたいどこの軍隊でもコンバットブーツは紐のみで締めるタイプが多いですが、ユーゴスラビアではフルレザーのバックルブーツが用いられています。
 
しかしこのバックルブーツが高い!
ユーゴものを扱ってる方に聞いてみたところ、なかなかの価格でした(^_^;)
 
と、いう訳で代用にこんなモノを用意してみました。
88 posted by (C)すてっきん
フランス軍のレザーバックルブーツです(^^)
カタチはユーゴスラビアのものとよく似ています。

77 posted by (C)すてっきん
なによりもこのバックルです(^^ )
これを再現できる代用品はこれがイチバンではないでしょうか。
 
ですが最近は状態の良いものの流通も減り、今回入手したものもあまり状態は良くありません…

66 posted by (C)すてっきん
鳩目が取れています(^_^;)

55 posted by (C)すてっきん
大事な縫製が解けてきています…

44 posted by (C)すてっきん
ソールはもう無いに等しいです(^_^;)

33 posted by (C)すてっきん
革もだいぶ傷んでべこべこです…
 
現在オイルを塗り込んでみたりと色々手段を講じていますが、きちんと本来の機能を取り戻してくれるかは疑問です(^_^;)
 
このブーツを使ったユーゴ軍装写真も撮ったのですが、それはまた後日にでもー  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)装備品ユーゴスラビア人民軍/連邦軍装備セルビア軍装備

2011年09月08日

【再録】ぼちぼちユーゴスラビア

44 posted by (C)すてっきん
写真はセルビア軍女性兵士。
 
以前からちょっとずつ集めていたユーゴスラビア連邦軍、セルビア軍装備がボチボチ揃ってきました。
 
33 posted by (C)すてっきん
・M93迷彩服
・M93迷彩シャツ
・ユーゴ軍戦闘帽
・ユーゴ軍略帽
・M56スチールヘルメット
・M56用擬装網
・M56用迷彩ヘルメットカバー
・サスペンダー
・ピストルベルト
・ユーゴ軍軍曹階級章

迷彩シャツはひょっとしたらM89迷彩かもしれません。M93迷彩とM89迷彩の違いって濃さぐらいみたいですし…区別つきませぬ。
 
取り敢えずここまでは代用無しの実物です。
元々ユーゴものはレアですが、ここから先は更にレア。今後の蒐集の課題です。

どうしたもんやら。
一応手配はしてみたのですが果たして… 

22 posted by (C)すてっきん
袖章。
買ったばかりの頃は赤に鷲だしユーゴスラビア連邦軍かな、とか漠然と思ってましたが、真ん中の十にccccってセルビアのマークですよね?
現用セルビア軍は記事冒頭写真のように簡素なODの十ccccですし、内戦中のセルビア人勢力か何かかも?
【追記:スルプスカ共和国軍の徽章のようで】
 
装備蒐集まで手を出してる割には全然知識がついてきてません。
ぐぬぬ…。

11 posted by (C)すてっきん
M89迷彩階級章です。
 
M93迷彩服の左胸にはベルクロ
階級章が付きます。
で、M89迷彩のならつくだろうと思って注文してみたら全然大きさ違いました(^^;

どうやら規格が違うようです。確認不足…
 
まあでも一応現段階でも軍装としてはある程度成り立ってはいるのですが、どうせならじっくり揃えたいです。
 
一番の問題はツァスタバのライフルがどこからもモデル化されてない事ですが…うーむ。