プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および閲覧者様の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年07月13日

4/24トレンチ WWⅡ英軍装備合わせ

DSCN1677
DSCN1677 posted by (C)てっきん

皆さま今晩は。
今回は去る4月に大阪のトレンチさんで開催された定例会の際に行ったWW2英軍装備
あわせの記事です。

DSCN1669
DSCN1669 posted by (C)てっきん
DSCN1642
DSCN1642 posted by (C)てっきん

英軍の熱地装備はやっとグルカショーツとブッシュジャケットがサイズが合うのが手に入った
ので、折角あったかくなってきたのでフィールドで着ようと思い立った訳です。

DSCN1690
DSCN1690 posted by (C)てっきん

そしてコチラ、写真左は英軍P40を着込んだ英軍装仲間のhanacoさん。

DSCN1695
DSCN1695 posted by (C)てっきん

hanacoさんは暑い中デニソンスモック着込んだりしてました(^^;

DSCN1699
DSCN1699 posted by (C)てっきん

しかし熱地装備と空挺フル装備、なんとも不思議な組み合わせですね(^^;

DSCN1685
DSCN1685 posted by (C)てっきん

エントレンチングツール。戦中品。

DSCN1689
DSCN1689 posted by (C)てっきん

ワイヤーカッター。こっちは戦中同型の戦後品。

DSCN1701
DSCN1701 posted by (C)てっきん

私は熱地装備だったのでそうでもなかったのですが、ウールフル装備のhanacoさんはかなり熱そうでした;
やはり軍装着込むなら春先か秋あたりがイチバンですね・・・  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:00Comments(0)サバゲWWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2016年03月20日

インドシナ戦争フランス植民地空挺大隊Mle47/52スモック

DSCN1641
DSCN1641 posted by (C)てっきん

皆さんこんばんは。
画像は冬に手に入れたインドシナ、アルジェリア戦争期のフランス軍空挺スモック。
その中でもMle47/52と呼ばれる型のものです。
写真では上だけですが、下もセットで手に入れました(^^


DSCN1638
DSCN1638 posted by (C)てっきん

という訳で着込んでみました。


DSCN1640
DSCN1640 posted by (C)てっきん

インドシナ戦争期のフランス軍の装備品はアメリカ、イギリス軍等の装備品が入り混じって
おり、今回着込んだ装備のように上下ちぐはぐな例も沢山見受けられます。


DSCN1636
DSCN1636 posted by (C)てっきん

というかこのスタイル大好きなんですよね(^^;
なので今回は折角上下手に入れたスモックですが、あわせは英軍ウィンドプルーフパンツとです。
M1カービンはTwitterで一時話題になった5000円程度で買えるエアコキ。


DSCN1639
DSCN1639 posted by (C)てっきん

うしろ。
P37ベーシックポーチを雑嚢代わりに。これも実際の着用例があります。
まあポーチの型がちがうんでそれは何とかせにゃならんのですが(^^;
水筒も47年型と米軍のM1910をつけてます。
2つはさすがに付けすぎだと思うので次ははずします(--;

ではでは今回はこのへんで。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:30Comments(0)フランス植民地軍装備戦闘服・被服

2016年03月18日

WWⅡイギリス軍熱地装備を目指して

C48Uz
C48Uz posted by (C)てっきん

皆様こんばんは。
こちら、英軍のカーキドリルジャケット。届きたてほやほやです(謎

と、言う訳で・・・・

DSCN1614
DSCN1614 posted by (C)てっきん

着込みました。・・・部屋が汚い?ほっとけ。
とりあえずカーキドリルで服をそろえて、P37装備着込んだだけですが。
とりあえず着ただけで、何年のどこの戦線、といった想定はしてません。

DSCN1615
DSCN1615 posted by (C)てっきん

うしろ。
エントレンチングツールの延長、ほしいですね。
別にこのままで良いっちゃ良いんですが。

DSCN1610
DSCN1610 posted by (C)てっきん

ウールのバトルドレスにしろカーキドリルにしろ、なんとなく形にはなってきました。

DSCN1613
DSCN1613 posted by (C)てっきん

こうなるとJGも欲しくなってくるんですよね。
いや、それは更に深い沼やぞお主・・・。

では今回はこのへんで。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:47Comments(2)雑記装備品WWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2016年03月14日

いつぞやのバトラン戦という名の茶飲み会

皆様こんばんは。

暇を持て余しているので、前職で忙しくて全然ブログ更新していなかった時の写真を使って更新
したいと思います。

さて今回は去年の夏ごろ、和歌山のバトルランド1にて実施されたサバゲという名の茶飲み会の
写真です。


DSCN1183
DSCN1183 posted by (C)てっきん

こちらは大祖国戦争のソビエト労農赤軍35年型装備のパブロフ君。
ソ連軍ゴーグルが非常に怪しいです(^^;

DSCN1184
DSCN1184 posted by (C)てっきん

こっちでスイカ食ってるのは日本軍の南方装備の山風さん。
やっぱ夏はスイカですな!

DSCN1193
DSCN1193 posted by (C)てっきん

そしてこちらはスペシャルゲスト、OG装備のHanacoさん。
雰囲気作りの為にティーセットまで持参する徹底ぶり。

いつかWW2英軍合わせやりたいですなぁ。。。
最近レプリカのカーキドリル上下を入手したので、熱地装備とかであわせるのもいいですね。

我々が暑さで参加料払ってるくせにゲームに出ずにセーフティでずっとダベってるだけに対して
Hanacoさんはちゃんとゲームに出てらっしゃいました。
オイラも見習わなきゃ。

そして今回の私の装備は、

DSCN1187
DSCN1187 posted by (C)てっきん

前半はインドシナ戦争のフランス軍植民地空挺大隊でした。

今回の組み合わせは米軍ダックハンタージャケットに英軍ウィンドプルーフパンツという
組み合わせです。
戦後間もない頃は米軍や英軍の装備を使用している例も多く、今回の組み合わせの
ようにフランス製装備品より米英の装備品の割合の方が多い、なんて例もたくさん見かけ
ます(^^;

DSCN1188
DSCN1188 posted by (C)てっきん

銃はマルイのトンプソン。
銃器も多彩な種類が使われておりましたが、モデル化されているものが少なく・・・
MasライフルやMAT49サブマシンガンのモデル化が待たれます(多分無理

今回はトンプソン装備という事で、装具はMAT49短機関銃用のポーチを付けています。

DSCN1190
DSCN1190 posted by (C)てっきん

うしろ。
リュックのフラップにおフランス軍テントシートを挟み込んでいます。

そしてワンポイントのP37ベーシックポーチ。
インドシナ戦争の写真を見ていると、ちらほらこの付け方をしている写真が散見されます。
雑嚢として使ってたのでしょうかね。

DSCN1192
DSCN1192 posted by (C)てっきん

そして水筒は47年型と米軍水筒の2個を付けています。
今思うとやりすぎかも(^^;


DSCN1195
DSCN1195 posted by (C)てっきん

そして昼からは現用ベトナム人民軍の歩兵装備です。

DSCN1197
DSCN1197 posted by (C)てっきん

装備している56式チェストリグは中国軍のものでは無く、ツイッターのフォロワーさんで
同じくベトナム人民軍装備をされている方からのプレゼントのベトナム製のものです(^^

普通行軍等ではスリングで銃を背負う事が多いですが、ベトナム人民軍においてはこ
の写真のように銃身を持って肩に担ぐのが一般的です。

DSCN1198
DSCN1198 posted by (C)てっきん

うしろ。
背嚢に中国軍同型スコップを挿して携行。
ベトナム人民軍ではこの型のスコップが一般的で、紐を結んで背負っているのを
よく見かけます。

DSCN1199
DSCN1199 posted by (C)てっきん

戦闘態勢!

DSCN1202
DSCN1202 posted by (C)てっきん

ベトナムでは多彩な種類のAKが使われており、最近ではMpi-KMが増えています。
まとめてどこかから買い付けたのでしょうかね。

DSCN1203
DSCN1203 posted by (C)てっきん

さて、今回はこんなとこですかね。
ベトナム人民軍装備に関してはいまのとこ関東にしか仲間がおらず、なかなか装備あわせ
が出来ないのが残念です。

何人分かは余分を持っているので、あと何人か仲間が出来れば一個分隊で撮影会ができ
るのですが・・・。

今後の課題ですね。  

2016年03月09日

WWⅡイギリス軍Mk.Ⅱヘルメット ライナー交換

皆さんこんばんは、超絶お久しぶりです。
約1年ぶりの更新です。

現在、患ってる病気の治療のため仕事を辞め、なんとか食いつなぎながら治療をしておりますが・・・

7uCqY
7uCqY posted by (C)てっきん

こんな事して遊んでるぐらいには精神は元気です。


さて、今回は・・・

DSCN1429
DSCN1429 posted by (C)てっきん

WWⅡ英軍の軍装には必須であるMk.Ⅱヘルメットですが・・・

DSCN1430
DSCN1430 posted by (C)てっきん

手持ちのものはライナーが痛んでおり、クッション部分が完全に剥離してしまっています。

今回はこれを別のものに取り替えましょ。


DSCN1431
DSCN1431 posted by (C)てっきん

英軍のヘルメットですが、Mk.Ⅱはライナーは頭頂部のネジ一本で固定されており、
簡単に取り外す事ができます。


DSCN1432
DSCN1432 posted by (C)てっきん

さて、コイツはベルギー軍のヘルメット。
チンストラップ仕様等を考えると英軍でいうMk.Ⅰ相当でしょうか。

このヘルメットは特に使う予定もないので、今回はコイツのライナーと交換しようと思います。

DSCN1433
DSCN1433 posted by (C)てっきん

こちらがベルギー軍ヘルメットのライナー。

先ほどの英軍のものの写真と比較していただければ一目瞭然、ライナーの
素材等英軍のものとは多少違いますが、固定方式は全く一緒です。

DSCN1434
DSCN1434 posted by (C)てっきん

では早速交換してしまいましょう。

ネジも古いので若干硬かったですが、ネジ一本固定ですので簡単にはずれます。

DSCN1435
DSCN1435 posted by (C)てっきん

そしてベルギーヘルメットからも同じように取り外して交換、作業完了です。


これで問題なく英軍装備でヘルメットが被れます。


  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:25Comments(0)雑記装備品WWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2012年12月02日

ショットショー&アフターお疲れ様でした!

CIMG7778
CIMG7778 posted by (C)すてっきん
去る12月1日、大阪で行われたミリタリー販売イベント、「ショットショージャパン (http://www.dsiclub.com/page/event/)」に参加してまいりました!
今回も1日と2日の二日に渡って開催されたのですが、今回は1日に参加させていただきました(^^)
上の写真は今回の戦利品。

CIMG7780
CIMG7780 posted by (C)すてっきん
今回関東から参加されていた同志、台風兄貴から譲っていただいた、ソビエト労農赤軍35年型ギムナスチョルカです(^^)
大祖国戦争初期等のソ連軍装には欠かせない被服であり、今回同志に都合していただきやっと入手できました!
映画撮影用のレプリカですが、非常に良い出来で満足です!
隣県の赤軍装備同志せっつー(http://insnowaesenal.militaryblog.jp/)と一緒に買ったので、
これで一緒に大祖国戦争赤軍装備でサバゲする際の装備バリエーションが増えました!
35年型装備でも43年型装備でもご一緒できるぞー!!

CIMG7781
CIMG7781 posted by (C)すてっきん
サイズは52。
けっこうでかいですが、まあなんとかなるでしょう・・・。

CIMG7783
CIMG7783 posted by (C)すてっきん
ボタンも野戦仕様に茶色く塗られておりハラショー。

CIMG7772
CIMG7772 posted by (C)すてっきん
奥の方でブースを構えられていた「レコレクショヌール」様。
リエナクト方面で素晴らしい商品が並べられておりました(^~^)b
英軍エンフィールドライフル用の銃剣にかなり惹かれたのですが、金欠につき今回は断念・・・。

CIMG7784
CIMG7784 posted by (C)すてっきん
色々見せていただき、ソ連赤軍35年型用の襟章用階級章を二つと、略帽用帽章を買わせていただきました(^^)
35年型階級章は下士官用の三角形のものをワンペア。29年型もおそらくこの型の階級章だったかと記憶。
三角形1個で伍長になります。私は兵卒や下士官が大好きです(^^;
ユーゴ製?のレプリカだそうですが、かなりキッチリ作られており垂涎・・・。

略帽用の帽章は50年代のソ連軍実物。
今までは崩壊前のものやレプリカを使っていたのですが、さすがこの時代の物は出来がよく、ホイホイ買ってしまいましたd(^^)b

CIMG7792
CIMG7792 posted by (C)すてっきん
こちらもレコレクショヌール様で購入、フランス軍のピストルベルトです。
私がインドシナ戦争のベトミン軍装備も研究していることをお話しすると是非にとおススメされました(^^
50年代、ちょうどインドシナ戦争末期あたりに使用され、短期間で次のモデルに移行したのだとか。
ベトミン軍や解放戦線の装備に組み込んでみたいと思います(^-^)

CIMG7793
CIMG7793 posted by (C)すてっきん
時代を先取りしたクイックリリースの出来るバックル。
このデザインに惚れました・・・。

CIMG7770
CIMG7770 posted by (C)すてっきん
民兵装備やAK関連の装備、自作パッチなどを販売されている「明日香縫製雑貨店(http://sewing.aska-corps.com/)」様。
ブログをいつも拝見させていただいており、私が昔ロシア軍装に実際着手する際に参考にさせていただいた方でもあります。
今回も民兵装備やオリジナル商品のほか、イベント限定の素敵なパッチも販売されておりました(^^)

CIMG7794
CIMG7794 posted by (C)すてっきん
今回はアフガニスタン警察、ANPの肩パッチを購入。
これでANP装備完成までまた一歩近づきました(^^
服まだ買ってませんけど・・・;

CIMG7773
CIMG7773 posted by (C)すてっきん
今回もイベントスタッフとして参加されていたレンチ氏。中国人民解放軍装備です。
以前のブログ記事(http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e375539.html)で中越戦争撮影会をやる予定だったが中止になった、という記事を書きましたが、その時に中国兵として参加される予定だった方です(^^)
スタッフお疲れ様でした!!


そして夢の終わり・・・

CIMG7775
CIMG7775 posted by (C)すてっきん
ショットショーが終わり、抜け殻の私・・・。


ショットショー終了後、関東の同志台風兄貴と同志せっつーとチャーリー様(http://www1.bbweb-arena.com/milchar/myweb1.htm)やマッシュ様(http://www.mash-japan.co.jp/)、S&Graf様(https://www.sandgraf.jp/)など、
会場周辺のお店をハシゴしてきました(^^)

CIMG7777
CIMG7777 posted by (C)すてっきん
チャーリー様では北ベトナム関係を物色。

CIMG7785
CIMG7785 posted by (C)すてっきん
カーキの米袋です。
今まではグリーンの物しか持っていませんでしたが、これで60年代の北ベトナム装備でも米袋が背負えます(^^)b

CIMG7786
CIMG7786 posted by (C)すてっきん
4連柄付手榴弾ポーチのカーキモデル。
今使っている素材の悪いカーキの物がかなり傷んできており、不安なので買い足し。
今持っているカーキのものよりいい生地が使われています(^^)

CIMG7787
CIMG7787 posted by (C)すてっきん
謎のポーチ。
何用のポーチなのかは不明で、チャーリーさんも首をかしげてました(^^;

CIMG7788
CIMG7788 posted by (C)すてっきん
漫画本が一冊ぐらいの大きさで、側面下部にすごい数の鳩目があります。
ラジオポーチか何かじゃないか?などと意見交換していましたが、後で資料をさがしてみても何のポーチなのかさっぱり。
情報提供をいただけると嬉しいです(^^;

その後は三人でごはんを食べて別れました。
今回のショットショーも素敵な商品、ブース様がいっぱいで良い買い物が出来ました(^^)
また、友人やショップ様とも楽しくお話しが出来て充実したいい時間を送ることが出来ました。
ぜひまた来年も会場でお会いしましょう!!



オマケ


CIMG7790
CIMG7790 posted by (C)すてっきん
知る人ぞ知る伝説のクソゲー、「デスクリムゾン」の2作目の記念Tシャツ。
同志から譲っていただきました(^^;;  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 19:23Comments(3)イベント装備品北ベトナム軍装備ソビエト労農赤軍装備戦闘服・被服

2012年06月18日

現用ベトナム人民軍装備を更に強化!

CIMG7020-1
CIMG7020-1 posted by (C)すてっきん
こんばんは、すてっきんです。
上の画像は手持ちの現用ベトナム人民軍被服。

CIMG7018-1
CIMG7018-1 posted by (C)すてっきん
最近さらに現用ベトナム人民軍のリーフ迷彩服やリーフ迷彩背嚢、略帽等を追加注文したりして、現用人民軍で分隊が組めそうになってきました(^^)
まあ身体は一つなんでだれかにお願いしなければいけませんが・・・;


また、この写真のタイプのベトナム人民軍陸軍の特殊部隊であるダッコン用半袖短パンのリーフ迷彩戦闘服も入手しましたが、さすがに私の醜い生足を露出するのは憚られるので着用画像をあげる機会はあるのかしら・・・(^^;


目指せサバゲでベトナム人民軍分隊!!

  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:34Comments(0)現用ベトナム人民軍装備戦後ベトナム人民軍装備戦闘服・被服

2012年02月23日

現用カンボジア軍OD戦闘服

こんばんは。
今回は先日入手した現用カンボジア王国軍のOD戦闘服をご紹介します(^^)
 
Share photos on twitter with Twitpic
Share photos on twitter with Twitpic
こちらが現用カンボジア軍における着用例。
現在DPMやウッドランドへの更新が進んでいますが、依然としてOD戦闘服も多数使われており、現用と呼べるでしょう。
 
CIMG6542
CIMG6542 posted by (C)すてっきん
そしてこちらが私が所持しているカンボジアOD戦闘服。ジャケットのみでボトムはありません(--;
米軍のに形は似ていますが、細部が異なります。生地は薄手のリップストップです(^^)b
 
CIMG6544
CIMG6544 posted by (C)すてっきん
胸ポケットアップ。
ポケット周りには縫製工場で作る際のケガキが残っています(^^;
 
CIMG6543
CIMG6543 posted by (C)すてっきん
腰ポケット。ピンボケ失礼(^^;
 
CIMG6545
CIMG6545 posted by (C)すてっきん
袖章。カンボジアの象徴アンコールワットです(^^
 
CIMG6546
CIMG6546 posted by (C)すてっきん
勿論メイドインカンボジアです(^p^)
 
CIMG6541
CIMG6541 posted by (C)すてっきん
今回手に入ったカンボジア軍OD戦闘服はサイズもぴったりで状態もよく、素晴らしいです(^~^
すでに持っているカンボジア軍DPMや米軍ウッドランドと組合わせていろんなカンボジア軍装の組み合わせができそうです(^^)b  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:15Comments(0)カンボジア王国軍装備戦闘服・被服

2011年12月19日

ユーゴスラビア・セルビア軍M93迷彩シャツいじり

3
3 posted by (C)すてっきん
こんばんは、大祖国戦争のソ連赤軍と魔女を題材にした漫画「靴ずれ戦線」におおハマり中のすてっきんです(^_^;)
今回はM93迷彩シャツについて。
 
4
4 posted by (C)すてっきん
シャツ自体はM93迷彩服共々ずいぶん前に揃えたのですが、最近同志に階級章を譲って頂いたので縫い付け。
一応左胸ポケット上につけるのが正規のようですが、結構いい加減に付けてる写真も見受けられます(゚▽゚*)浪漫
 
2
2 posted by (C)すてっきん
と、その前に釦が一カ所取れていたのでその辺に転がってたのを付けました。この方が「身近にあるものでテキトーに補修した」感じが出て良いと思いまして。
 
1
1 posted by (C)すてっきん
んで、今度こそ階級章も縫い付け。
M93迷彩シャツはロールアップした袖を釦で留められるのが素敵です。どうもこの機能は昔からユーゴスラビアの野戦シャツにはあったようで、M77やM89などの旧型の野戦シャツでも確認出来ます(^_^)
しかしこのM93迷彩シャツ、私にはサイズがでかいです(^_^;
素材もナイロンっぽいですし、もちっと小さいサイズのコットン製のM93迷彩シャツが欲しいところです。
【追記:同志からナイロンっぽい素材のシャツは内務省のものかもしれないという情報をいただきました】
   

2011年12月14日

ロシア軍ショフィールド迷彩2種

こんばんは、すてっきんです。
先日無事退院し、手術後の経過も順調で早いとこリハビリ済ましてサバゲーに復帰したいものです。
 

さて、今回は90年代ロシア軍装に欠かせない存在、ショフィールド迷彩服についてです。VSR迷彩等の呼び方もありますね。
 
CIMG5089
CIMG5089 posted by (C)すてっきん
こちらが私が所有しているショフィールド迷彩です。

左側が一般的なカラーのもの。
 
DVC00022
DVC00022 posted by (C)すてっきん
記事冒頭の空挺軍兵士が着ているものとほぼ同じかと思います。
ですが素材が悪く、ソ連邦崩壊間もない頃のものではないかと思っています。
 
CIMG5092
CIMG5092 posted by (C)すてっきん
スタンプも消えかかっており、サイズや製造年度等は不明ですが、着た感じロシアサイズ46-3か48-3かと思います。私が所持してる唯一の一般的カラーのものなので軍装やゲームには使うのですが、前述の通り劣悪な生地と作りのせいでこのまま使用していくのはいささか不安です(-_-;)
もう少し後期の頑丈な生地のものが欲しいところです…。
 
先程の写真右側に写っていたのがコチラ。
DVC00021
DVC00021 posted by (C)すてっきん
かなり黄色がかったショフィールド迷彩です(^_^;)
イエローVSRと言うのでしょうか。こちらは比較的マトモな生地で、前述のもいっこのショフィールドよりかよっぽどマシです。それでもやはり近年の官給品には遠く及ばぬクオリティですが(-_-;)
 
CIMG5091
CIMG5091 posted by (C)すてっきん
こちらはロシアサイズ50-3。
痩せ型の私には少々ぶかいですが特に問題なく着られます。
問題なのはあまり見ないカラーのものなので軍装で着る機会があまりない事ですが(-_-;)
 
ショフィールド迷彩も最近はめっきり見なくなり、寂しい限りです。
希少化も進んでいる事ですし、大切にしていきたいですね。
願わくば、状態のいいショフィールドがもう1着欲しいところですが…(^_^;
   

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:09Comments(3)ロシア連邦軍・内務省軍装備戦闘服・被服

2011年12月09日

11月27日ショットショージャパン

こんばんは。病室より、すてっきんです。
Twitteタイムラインがラピュタ一色のため、入院中で観られない腹いせに更新します(ラピュタ大好きっ子
 
すこし遅くなりましたが、去る11月末のショットショージャパンについてです。
 
3
3 posted by (C)すてっきん
道頓堀に来るのもやっと2度目です。
今回大阪心斎橋で開催されたショットショージャパンの2日目に参加して来ました(^_^)
1日目はサバゲと被っていたため、疲れの残る身体での参加となりました。
元来田舎出身の私はこういったミリタリーイベントは初体験で、内心ドッキドキでした。
 
入って早速のブースでいきなりたまにサバゲを一緒にさせていただいてる方とバッタリ。
トイガン関連の会社にお勤めだとは聞いておりましたがビックリ。以前お貸しした靴下の話で盛り上がったのち、ブースで海外製のエアガンを色々触らせて貰いました(^_^)
来るANA(アフガニスタン軍)、ANP(アフガニスタン警察)装備の為の参考として新生アフガニスタンで多数導入されているハンガリー製カスタムAK、AMD65も触らせて貰いましたが、やはりフォアグリップが邪魔でマガジンが入れずらいので、もし導入した際はフォアグリップ外すかもしれません(^_^;)
実はAMD63、AMD65はフォアグリップを外すと武骨でカッコいいのです(床井雅美氏著・カラシニコフバリエーション参照
 
すぐそばではマルイの広報で有名な島村氏やタニコバの小林翁らもおられて「すげー、写真や動画でしか見たこと無い人を生で見られてる!」と一人で感動。
マルイの新作の.45 S70に少々興味が。XDMは需要を考えればモデル化は当然なのでしょうが、個人的には普通のスプリングフィールドXDをモデル化してほしかったですねー…。
 
1
1 posted by (C)すてっきん
ブースをウロウロしてるとトイガン屋さんでベレッタM84FS発見。元々中型オート好きなのでいつか買おうと思っていたモデルです。作動も良かったので店のお兄さんと値段交渉の末購入。
初WA製品なのですが作動も良いのでこれは同社のM1934も欲しいところですね。
因みにタナカのM1934はノーマルとHWと民間型のM935を持っています(^_^;)
 
1
1 posted by (C)すてっきん

AKカスタムのハンマーズさんを訪れるとなんとユーゴスラビアのAK、ツァスタバM70のハンドガードとグリップが!
ユーゴ軍装の為にAKMSを改造してM70AB2(ユーゴ版AKMS)を製作しようとしていたので交渉の上グリップとセットで少々オマケしていただきました(^_^)
正直M70AB2再現にあたってハンドガードが一番のネックであり、木材削りだしで造るとなると相当の手間になると思っていたので、正に渡りに船、少々高価ですが実物使用で製作する事にしました。
グリップはモーターの都合上使えませんが、貴重な資料です(^_^)
 
3
3 posted by (C)すてっきん
そして念願の明日香縫製さんのブースへ。
明日香縫製さんのアラブログ!は私が本格的なロシア軍装を行うきっかけであり、扱うネタがいちいち秀逸で尊敬致しております。
 
4
4 posted by (C)すてっきん
挨拶を済ませ、ロシア軍装やANA、ANPなどの話で盛り上がりました(^_^)
 
4
4 posted by (C)すてっきん
そしてシャルワールカミースとパコール、
 
4
4 posted by (C)すてっきん
各種パッチを購入させていただきました(^_^)
右下のミニパッチはオマケです。
これらは今後行うであろうANAやANP、ムジャヒディーン装備で使用予定です。
 
2
2 posted by (C)すてっきん
サムズミリタリヤさんではルーマニア製AK用レザーマガジンポーチを購入。
チャウシェスク時代のルーマニア軍とか興味あるんですがなかなか…(-_-;)
 
2
2 posted by (C)すてっきん
今回初めてのイベント参加ではありましたが、非常に有意義な買い物が出来ました。
あとこういうイベントではオマケや値切りができるのもいいですね(^_^)
今回入手したアイテムは今後誠意活用していこうと思います。 
   

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:51Comments(0)トイガンイベント装備品戦闘服・被服

2011年10月15日

【再録】北ベトナム軍/ベトナム人民軍装備強化

こんばんは。
本国から軍事支援物資が届きました(^^)b
 
11 posted by (C)すてっきん
 
グリーン戦闘服です。2ポケグリーン。
サイズピッタリですが、コットン製なので洗うと縮んで着られなくなりそうです(^^;
 
22 posted by (C)すてっきん
 
サンヘルメットです。
知らないうちに3個になってました…。
サンヘルメットはほっとくと勝手に増殖するのでユーザーの皆は気を付けてね!
偽装用ネットとパラシュート生地つきです。
 
33 posted by (C)すてっきん
 
背嚢です。
ずっと探していた背嚢、ようやく手に入りました(^^;)
最近はリーフ迷彩の背嚢も採用されています。
やはりベトナム装備では必須ですね。
 
44 posted by (C)すてっきん
 
56式用チェストリグのカーキです。部分的にグリーンです(^^;
80年製。どうやらカーキからグリーンに移行する途中のモデルのようです。
 
現用ベトナムやカンボジア、アフガニスタン正規軍、民兵等あらゆる装備に。
 
55 posted by (C)すてっきん
 
ハットと水筒セットと靴と56スリング。
水筒はカップつき。靴は中国軍仕様でサイズは40。日本サイズは25cmなので少し小さいです。スリングは革が痛んできてるのでオイルで手入れをしないとですね。
 
66 posted by (C)すてっきん
 
ピストルベルトです。
やたら綺麗なんで戦後生産品かお土産品、レプリカあたりかと思います。
バックルに☆がないのが残念…。
【追記:中国軍のベルトかもしれません】
 
77 posted by (C)すてっきん 

パラシュート生地。
これもずっと探してました。これをマントにして背負うのが夢でした(^^)
ただ欲を言うと少し小さいです(^^;
 
88 posted by (C)すてっきん
 
オマケで食器がついてきました(^^;
中国軍のものです。陶器っぽく塗装してありますが金属プレス製なので割れる心配はありません。
 
99 posted by (C)すてっきん 
 
いかにもな☆つき(^^;
  
とりあえずこんなとこですね。
今後随時北ベトナム/ベトナム人民軍装備に組み込んでいきたいと思います(^^)b
 

   

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)装備品北ベトナム軍装備戦後ベトナム人民軍装備戦闘服・被服

2011年09月19日

【再録】現用カンボジア軍いろいろ

こんばんは。すてっきんです。
本日は現用カンボジア軍の戦闘服アレコレについて(^^)d

Share photos on twitter with Twitpic
ハットがイカすおじ様(^^)
迷彩服はカンボジア軍で広く普及しているDPM迷彩。
ライフルはプレスの56式。着けているチェストリグも56式用のもの。
首に巻いてる南アジア特有のチェックのスカーフ(クラマ)もいい感じです(^^)b

Share photos on twitter with Twitpic
こちらも同迷彩服。何気に現用カンボジア軍のDPM迷彩服はリップストップです(^^;
袖まくりやブレスレットなど、非常にいい雰囲気です(ーvー)

Share photos on twitter with Twitpic
これもいいですね…。
56式チェストリグの他にハーネスにRGD-5手榴弾。RGD-5がアリなら私のф1手榴弾もアリかしら?

11 posted by (C)すてっきん
実は現用カンボジア軍のDPM迷彩服、入手済みです(^^;)
アジアンMサイズのハズですがちょいデカ目。

22 posted by (C)すてっきん
最近流行りの中国製や韓国製の輸入品ではなく、正真正銘カンボジア製です。
やはり自国の国防に関わる物品は自国で作るがイチバンです。
エラいぞ、カンボジア(^^)d

33 posted by (C)すてっきん
カンボジア軍袖章。
シハヌークの王国から親米ロン・ノル将軍のクーデタ、クメール・ルージュの台頭による恐怖の原始共産主義による独裁と粛清、ベトナムのカンボジア侵攻、ベトナム寄り共産主義政権の樹立、そして王政復古と、ハードな20世紀を送ってきたカンボジアですが、21世紀は幸多き歴史を歩んで貰いたいものです。
 
あ、今回買ったカンボジア軍DPM迷彩服ですが、ホントは着込んで装備写真を撮る予定だったのですが、先日ちょっと肩を脱臼して左腕をサポーターで固定されておりまして、ちょっと着込めそうにありません(^^;)

もう少し身体が良くなるまでお預けです…。
 
Share photos on twitter with Twitpic

次はカンボジア軍のOD戦闘服も欲しいとこですが、なかなか難しいです。
友人に調達を依頼していますが、なかなか難しいですねー。
 
では今回はこの辺でー。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)カンボジア王国軍装備戦闘服・被服

2011年09月08日

【再録】ぼちぼちユーゴスラビア

44 posted by (C)すてっきん
写真はセルビア軍女性兵士。
 
以前からちょっとずつ集めていたユーゴスラビア連邦軍、セルビア軍装備がボチボチ揃ってきました。
 
33 posted by (C)すてっきん
・M93迷彩服
・M93迷彩シャツ
・ユーゴ軍戦闘帽
・ユーゴ軍略帽
・M56スチールヘルメット
・M56用擬装網
・M56用迷彩ヘルメットカバー
・サスペンダー
・ピストルベルト
・ユーゴ軍軍曹階級章

迷彩シャツはひょっとしたらM89迷彩かもしれません。M93迷彩とM89迷彩の違いって濃さぐらいみたいですし…区別つきませぬ。
 
取り敢えずここまでは代用無しの実物です。
元々ユーゴものはレアですが、ここから先は更にレア。今後の蒐集の課題です。

どうしたもんやら。
一応手配はしてみたのですが果たして… 

22 posted by (C)すてっきん
袖章。
買ったばかりの頃は赤に鷲だしユーゴスラビア連邦軍かな、とか漠然と思ってましたが、真ん中の十にccccってセルビアのマークですよね?
現用セルビア軍は記事冒頭写真のように簡素なODの十ccccですし、内戦中のセルビア人勢力か何かかも?
【追記:スルプスカ共和国軍の徽章のようで】
 
装備蒐集まで手を出してる割には全然知識がついてきてません。
ぐぬぬ…。

11 posted by (C)すてっきん
M89迷彩階級章です。
 
M93迷彩服の左胸にはベルクロ
階級章が付きます。
で、M89迷彩のならつくだろうと思って注文してみたら全然大きさ違いました(^^;

どうやら規格が違うようです。確認不足…
 
まあでも一応現段階でも軍装としてはある程度成り立ってはいるのですが、どうせならじっくり揃えたいです。
 
一番の問題はツァスタバのライフルがどこからもモデル化されてない事ですが…うーむ。  

2011年07月25日

【再録】北ベトナム軍装備買出し1

 
 
【2011年7月の再録記事です。内容そのまま。】
 
 
お久しぶりです、すてっきんです(^^;)
 
さて、先日NAM戦アイテムの買出しに行ってまいりました。大阪の老舗、チャーリーさんです。先日同志たちとも訪れたのですが、運悪く商品買い付けのため閉店しており、再チャレンジしました。
 
ホントは同志たちと行きたかったのですが、次のゲームまでは私は休日もずっと職場に居なくてはならなくなったため、急遽単独買出しを実行しました。一人抜駆けしてしまい、同志たちには申し訳ないです・・・。
 
さて、それでは今回買った商品を簡単に紹介します。背嚢やカーキの56チェストリグ・サンヘルメットも探していたのですが、在庫切れでした;
しかしそれでもいい商品がいっぱい入りました(^^)


kaidasi posted by (C)すてっきん
モノが多いので記事を二つに区切ります(^^;)
 

nva-huku posted by (C)すてっきん
まずは戦闘服です(^^)
私はベトナムの戦闘服はカーキと現用いろいろと代用作業服しかもっておらず、グリーンを購入。
ただやっぱりモノがモノだけに商品がなく、グリーンは上下ちぐはぐな当時モノ一着だけでした(^^;)
ボタンが経年劣化で朽ちており、撮影のためにボタンを留めたらボロボロ崩壊しました・・・早くボタンをつけかえなくては・・・;

上下で生地と色合いががまったく違います;
上はワイシャツに近いような生地、下はソ連のアフガンカみたいな生地です。
代用戦闘服として使っている作業服のスラックスが実物に似ていてかつこのボトムよりも薄い色のため、この戦闘服は混用して使用する事になりそうです(^^;)


kaikyuusho posted by (C)すてっきん 
階級章です。
なんかNAM戦の北ベトナム軍=階級章つけてないみたいな通説ですが、つけている場面ではつけてるわけで、買わないわけにはいきません。
丁度ほしかった一等兵(兵一)と伍長(下士)があったので購入。


nva botom posted by (C)すてっきん
ボトムです。
光源の都合かいい色に見えますが、ホントはソ連のM69常勤服みたいな色です;


 

nva chapp posted by (C)すてっきん
略帽です。
略帽は以前からほしかったので帽章も一緒に見つかって感動です(;_;)
 

magupo-strapp posted by (C)すてっきん
そして肩掛け式マガジンポーチ。
これもかなりほしかったアイテムなのでうれしいです(^^)
ただやはり流通数がないためか、状態が非常に悪いです;ちょっとこのままでは使えないので手直し予定です。
この写真だけでもポーチのフラップを留めるところがちぎれてます。というかまず第一に肩掛け用のストラップが短すぎてポーチが胸の位置にきてしまいます・・・これもなんとかしなくては・・・


magupo-tigire posted by (C)すてっきん
写真ではわかりにくいですが、マガジンポーチの仕切りの縫製が全部解けています;
縫いなおさなければ・・・
 

magupo posted by (C)すてっきん
裏にはベトナム語のスタンプ。
幸いピストルベルトに通す部分の縫製は生きているのですが、ストラップが短すぎてベルト位置までポーチが下りてこないため、ストラップそのものを付け替えないとダメっぽいです(--;)
 


kutu posted by (C)すてっきん
靴です。
左上はもともと使ってた実物ベトナム製。サイズが少し大きく、もっぱら撮影用です(^^;)
左下は一番初めに代用に購入したフランス製。
右二つは今回購入した中国製です。
 

ho-chi-minh geta posted by (C)すてっきん
ホーチミンサンダル。
ものすごく履き心地悪いです(^^;)
解放戦線はこんなのでジャングルで戦闘していたことを考えるとオソロシイです(--;)
 

made in thailand posted by (C)すてっきん
ちなみに最近作られたものです。
1989年製のタイ製のタイヤでできています。
タイのタイヤで・・・いやなんでもない。
 
さて、そろそろ写真量が多くなったので記事2枚目に続きます。  

2011年07月25日

【再録】北ベトナム軍装備買出し2

 
 
【2011年7月の再録記事です。内容そのまま】
 
 
続きです。



sunheru- posted by (C)すてっきん
サンヘルメット帽章です。
今回購入したのは左のサンヘルメットについてる解放旗カラーのモデルです(^^)
これでサンヘルメット用帽章が三つになりました;(通常国章2、解放旗仕様1)
ちなみにサンヘルメット偽装網と偽装材は自作ですが、このほどカーキのヘルメットカバーと偽装網を注文したのでそろそろ届きますp(^^)q
 

sihei posted by (C)すてっきん
お札です(^^;)
本物か偽者かは不明。一枚500円でした;
ホーおじさんとベトナムの兵士の肖像がかっこいいです(^^)b
ちょっとした雰囲気造りの小物は大好きなのです(^-^)
一枚常時財布にお守りとして入れています(^^;)
 

pistoruberuto posted by (C)すてっきん
ピストルベルトです。
私がすでに所持していた布製のものは戦時中のデッドストックで、いかにもローカルメイドといった感じですが、これはかなり新しく、状態がいいです。ホントにNAM戦当時から使用されていたかは不明です。
現用ベトナム軍は昔より機械化が進み、装具も56チェストリグのみといった装備も多いですが、比較的最近と思われる行軍してるPV?みたいなのに擬装して背嚢しょった兵士がそれっぽいのつけてるのをみたので、ひょっとしたら現用品かも(^^;)?
 

mibunnsho-hyo-si posted by (C)すてっきん
身分証。
表面の凹凸で国章や文字を表記しています。

mibunnsho posted by (C)すてっきん
中はこんな感じ。
次のページからは同じ定型のページが続いています。
店主の言及や写真から判断すると民間人用?
ちなみに軍人の身分証はIDカード型になっています。私は1977年発行のベトナム人民軍発行のIDカードを所持していますが、残念ながら同時に買った1975年出版のベトナム人民軍AKライフル教範と一緒に実家に発送させたのでまだ写真はありません(--;)


kyanntin posted by (C)すてっきん
水筒です。
今までは肩掛け式の中国軍型のを使っていましたが、あれはどうもNAM戦初期が一般的な通説らしいので60年代のカーキ装備あるいは解放民族戦線装備をメインに使用する予定です。
この水筒はグリーン戦闘服にあわせることにしましょう(^^)
 
中身の水筒はソ連型で、違うのは塗装の有無と底部刻印の有無ぐらいです。
 

komebukurou posted by (C)すてっきん
米袋です。行軍時などに米を詰め、身体にくくりつけて運んでいました。
中には左上に写っている手芸屋で購入したクッションビーズを詰める予定です(^^;)
クッションビーズは素材が素材なので夏場は暑そうです。私もそば殻かなんかにすればよかった・・・
 

kaiho-ki posted by (C)すてっきん
解放旗2種。
水筒はサイズ比較用です。ホントはベトナム国旗とセットでほしかったのですが、デコレーションされたやつしかなかったのでまたの機会にします(--;)
モシン・ナガンあたりに括りつければいいかも?
 

ho-chi-minh posted by (C)すてっきん
ホー・チ・ミン師の肖像。紙に印刷されたものではなく、白黒の糸を織って作られた手の込んだ逸品です。ジャングルでスコールに降られても安心(^^;)
 

bagg posted by (C)すてっきん
バッグです。
店主も何用のバッグかは正確にはわからないのだとか。ただ、肩掛け用とは別に腰にまわすストラップがついているので構造的に見るとガスマスクバッグかも?
今まではチェコ軍のブレッドバッグを代用雑嚢にしていたので、今度からはこいつを雑のうにします(^^)
 

black-bajama posted by (C)すてっきん
シメはブラックパジャマ。
本来は購入予定はなかったのですが、上下と帽子とスカーフセットで5000ちょいとお手ごろだったのでつい購入(^^;)
ただ今のところは解放民族戦線はやる予定はないので、人民帽とあわせて解放戦線は解放戦線でもカンボジア民族解放戦線(いわゆるクメール・ルージュの武装勢力)用です。
アメリカの傀儡であるロン・ノル政権を打倒した後はベトナム人虐殺したりポル・ポトによる強行的な原始共産主義政治で国民の1/4を死に至らしめた恐ろしい勢力です。
米軍のカンボジア越境作戦やベトナムカンボジア侵攻の際の敵役が必要な際は使いますが、そんなマニアックな設定誰もいらないと思うのでもっぱら南ベトナム解放民族戦線貸し出し用?
ただ超生地薄いのでゲームには向かないかも・・・撮影用;?
 

black-pajama-shita posted by (C)すてっきん
ボトムです。ズボンのでかさは異常です(^^;)
完全フリーサイズで、紐を引っ張ってウエストを締めます。
まるでラ〇ュタでドー〇がシー〇にあげたやつみたいな・・・;
 
と、まあ今回の買出し品は以上です。
結構いろいろ買ってしまったので資金がカッツカツなので、しばらくは自重します(--;)
ですが、おかげで代用品ばかりだった北ベトナム装備もこれでだいぶいい感じになってきました(^^)
次のゲームが楽しみですp(^^)q  

2011年06月17日

【再録】北ベトナム軍戦闘服再染色&手直し

 
 
【2011年6月の再録記事です。内容そのまま。】
 
 
前回脱色に失敗した 
参照→ http://mblg.tv/stechkin/entry/240/ 
北ベトナム軍カーキ戦闘服レプリカ、なんとか再染色に成功しました(^_^;
DVC00245DVC00245 posted by (C)すてっきん
使ったのはシンプリコール。ドイツ製の染料です。ミリタリーホビーで物を染めるには色数の都合上ダイロンがいいとよく耳にしますが、近場ではどっこにも売ってなかったのでコレにしました(^_^;
 
しかもカーキに一番近い色がコーヒーブラウンしかないという(--;)
DVC00244DVC00244 posted by (C)すてっきん
やり方は説明書のとおり。説明のままやれば何も問題はありません。染料がコーヒーブラウンだったので不安だったのですが、薄めに染まってくれたので丁度よかったです(^_^;
写真は乾燥前なので濃いめに写っています。
DVC00242DVC00242 posted by (C)すてっきん
乾燥させるといい感じの色に(^^)
元からついてたボタンが半透明のとても戦闘服とは思えないものだったので、濃いめの茶色の古臭いデザインのものに変更しました(^^)
 
ホントは4つ穴がよかったのですが、何故か2つ穴しか売っておらず、これにしました;
まあこれはこれでローカルメイドっぽくていいかも?
DVC00241DVC00241 posted by (C)すてっきん
戦闘服のサイズもダッボダボだったので手縫いでつめます(^^;)
両脇から裾にかけて余った布を縫い目によせて折り返してチクチク。
DVC00240DVC00240 posted by (C)すてっきん
パンツもウエストゆるゆるだったのでコチラも手縫いでつめつめ。場所が場所だけに強度が不安です(^O^;)
DVC00229DVC00229 posted by (C)すてっきん
全体をよく見てみるといい感じに色ムラが。やっぱこういうのがあった方が雰囲気出ますね(^^)b
DVC00248DVC00248 posted by (C)すてっきん
着てみた。
あれだけダボダボだった戦闘服が、いい感じのサイズになりました(^^)
靴はベトナム人民軍実物。
ベルトは中学の時にホムセンで買った作業ベルトに星を彫り込んだ代用品です。社会人になった今でも使っています(^^;)そろそろなんとかしなくては・・・
DVC00249DVC00249 posted by (C)すてっきん
同居人が居ない隙にパパッと撮影したので間違えて階級章を上下逆さまに着けているのはナイショです(;^з^)~♪
取り合えずサイズ直し自体はなんとかなったので、60年代北ベトナム正規軍の装備用の戦闘服はこれで決まりですね!
あとはカーキのサンヘルメットやらが欲しいところであります。
 
   

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:00Comments(0)北ベトナム軍装備戦闘服・被服

2011年06月10日

【再録】北ベトナム軍カーキ戦闘服脱色失敗...OTZ

 
 
【2011年6月の再録記事です。内容そのまま。】
 
 

 
すごく・・・オレンジです・・・。
 
画像は先日入手した北ベトナム軍カーキ戦闘服のレプリカです。
 
ちょっと綺麗すぎるので褪色させようとキッチンハイターに漬け込んだのですが、ただでさえ強力なキッチンハイターをドバドバ入れたせいか、はたまた元々の生地の都合か、綺麗なミカン色になってしまいました/(^O^)\
 
これはもう染め直すしかなく、明日染料を捜しに行ってみます(--;)
まあこれもお勉強という事で(^_^;
これでちゃんと染色できなければ金銭的損失は大きいですが・・・
 
   

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)雑記北ベトナム軍装備戦闘服・被服

2011年06月06日

【再録】現用ベトナム人民軍迷彩戦闘服

 
 
【2011年6月の再録記事です。内容そのまま。】
 
 
こんばんは、最近NAM戦の北ベトナム軍にハマりっぱなしのすてっきんです。
最近現用ベトナム人民軍にも興味が出てきました(--;)
そして丁度いいタイミングで以前ロシア関連で取引のあった中国人がベトナム人民軍のリーフ迷彩戦闘服を出品! 
 
この中国人、相応の相場でちゃんとモノも送ってきてたので信用して落札。
CIMG6075CIMG6075 posted by (C)すてっきん
そしてついに届きました、現用ベトナム人民軍のリーフ迷彩戦闘服です!・・・が、届いた商品をよく見てみると、注文した商品と違う・・・。
 
実は注文したのは4ポケット、リップストップ生地の階級章付きだったのですが、届いたのは2ポケットのノンリップ、しかも階級章はついていませんでした。
CIMG6076CIMG6076 posted by (C)すてっきん
でもモノはしっかりしたベトナム人民軍の実物には違いありません。これはこれで十二分にアリです。サイズもピッタリ(^_^;
CIMG6078CIMG6078 posted by (C)すてっきん
ですがちゃっかり苦情を入れたところ、普段は日本語に翻訳して連絡してくる彼が、翻訳する手間も省き英語ですぐさま返信してきました。
要約するに、「すでに送った商品は間違いだった、申し訳ない!すぐに正しい商品を送るよ!」とのこと。
 
そしてその日の内に「商品を発送した」旨の連絡が。
間違えた商品にしても「返品してほしい」等の要求は一切なしで、どうも間違えて送られてきたこの戦闘服はサービスのようです(^^;)
「商品はそれであってる」と開き直れば良いものを、ちゃんと非を認めリカバリーも早い。結構信頼出来ますね彼は。以前取引した某半島の業者とは大違いです(--;)
 
しかしこれは思わぬ収穫です(^^)
ちなみに購入価格は6800円。この価格+送料で現用ベトナム人民軍のリーフ迷彩戦闘服が2種類手に入る訳です・・・到着が待ち遠しいです(^^)b
 
   

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)現用ベトナム人民軍装備戦闘服・被服

2011年04月17日

【再録】空挺軍のフローラ

 
 
【2011年4月の再録記事です。内容そのまま。】
 
 
チームブログにロシア空挺軍のフローラ迷彩野戦服に関する記事を寄稿させていただきました。ご覧いただけると幸いです。
『空挺軍フローラ』
http://fsb.militaryblog.jp/e212974.html  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)ロシア連邦軍・内務省軍装備戦闘服・被服