プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および閲覧者様の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2010年09月06日

【再録】AK用ダットサイト「PKーA(ПК-А)」

 
 
 【2010年9月の再録記事です。内容そのまま】
 
 
お久しぶりです。
京都はとても暑いです。職業上炎天下での作業が多いので何度か熱中になりました、すてっきんです。あ、あと一歳年とりました。
  
まあそんな管理人の近況はほっといて、今回はAK用のダットサイト、PKーAの紹介です。まあ紹介といってもエアガン等は実家で、今はダットサイト単体でしか持ってないので簡単な紹介だけですが(^^;)
 
DVC00198DVC00198 posted by (C)すてっきん
これがPKーAダットサイト。ベラルーシ製の実物で、今までこの趣味で買った物の中では一番高価でした(>_<)
日本ではPKーAと表記される事が多いですが、旧ソ連圏なのでПКーАと表記するのが正しいです。
 
私はあんまり光学サイトとかは興味が沸かなかったんですが、このPKーAは一目惚れで買ってしまいました(゚Д゚)
この武骨さ・・・堪らんっ(ジュルリ
 
このPKーAダットサイト、AK用と紹介しましたが、SVDやSAIGA、AKMなどAKタイプのサイドマウント付きの銃に搭載可能です。正にロシア銃専用のダットサイトですな。
 
DVC00199DVC00199 posted by (C)すてっきん
サイトを覗くとこんな感じ。カメラの焦点の都合上こんなになっちゃってますが、実際はもっと見やすいです(^^;)
 
ドットは赤で、光量は8段階調節が可能です。ドットの位置も当然調節できます。マニュアルがロシア語なんでやり方はわかりません(^q^)
LR44ボタン電池2個で動きます。
後、いっこめの写真に写ってるサンルーフみたいなのが取り付け出来ます。多分サンルーフとレンズ保護の二つの目的があるんじゃないでしょーか。コレは接眼側と対物側(表現あってる?;)どっちかに取り付け可能のようです。
 
DVC00200DVC00200 posted by (C)すてっきん
PKーA本体と取説等付属品諸々は全部ひとまとめでこのポーチに入ってました。なんかロシアのフローラ迷彩かウッドランドを紫っぽくしたようなみょんな色をしています(失礼;)
 
ついてた負い紐はなんか捻れてて使い物になりません(--;)
裏側にベルトループついてるんで携行する時は負い紐外してベルトに通しますかなー
とても光学機器を入れるとは思えないペラい作りです。さすが旧ソ連圏(^^;;)
 
DVC00201DVC00201 posted by (C)すてっきん
DVC00202DVC00202 posted by (C)すてっきん
こんな裏表印刷のカードがついてました。なんか銃によっての修正の違いとか書いてるみたいです?
 
DVC00203DVC00203 posted by (C)すてっきん
超絶シンプルな取扱説明書\^o^/
普通の紙にモノクロ印刷してホチキスで止めただけという親切設計っ
ベラルーシは経済難か何かで貧困が多いそうですがなんかわかる様な気が。
 
DVC00204DVC00204 posted by (C)すてっきん
説明書の中身。図と写真、表を使って説明しています。ロシア語なんで内容はワケワカメですが^q^
 
DVC00205DVC00205 posted by (C)すてっきん
付属品。
絵筆?なんに使うのでしょう??ボタン電池はLR44。アメリカ製です。予備につけてくれたのかな?
あとガーゼも付いてましたがなにに使う物なのかはサッパリです(..;)
因みに今このPKーAは初めから入っていたテスト電池で動かしているのですが、このテスト電池、両方とも確かにLR44ではあるのですが、メーカーがそれぞれ違います(^^;)
日本では違うメーカーの電池と混用するなと言われますが、向こうは電圧と形状さえ合えばお構いナシなんですね(>_<)
 
 
なんだか散々こき下ろしましたが、このPKーAダットサイト、かなり気に入ってます(^-^)b
もう大分ロシアンクオリティーにも慣れて来ているのであんまり気にならないですw 
まだ銃に取り付けて実用していないので性能や使い勝手は未知数ですんで今度実家に帰った時にテストしたいと思います。
まあ多分正月になるんでしょうが・・・;
 
気長にやっていこうと思いますm(__)m
 
   

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:00Comments(0)装備品銃器