プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および閲覧者様の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年09月26日

武者と陸自と射命丸


去る9月9日、京都某所の私有地フィールドで行われたプライベートゲームに参加してまいりました(^^)


自衛隊装備の多い「舞鶴第3混成団 (http://m5392.militaryblog.jp/)(http://nesi.militaryblog.jp/)(http://izumi.militaryblog.jp/)」様ともご一緒させていただき興奮。
陸自迷彩はやはり日本人の魂に語りかけてくるものがあります・・・
後ろの旧式73式小型トラックたちはフィールド主様の自作。相変わらずすさまじい・・・。


左端が当日の私。この日はサバゲ人生初のテキトー装備。
「すてっきんさん来るならロシア装備を見たい」って方もおられたようで、少し後悔・・・。


自衛隊装備に九九式。これが案外シックリ来る。防暑垂付きの椀帽も相まってかしら・・・。


右端、九九式小銃に自衛隊装備で「立て銃」の構え。なにやら隣に変なものを持った人が・・・?


右端、九九式小銃で中間姿勢射撃の態勢をとる隊員とM14小銃を構える米兵の間にもやはり謎の人物・・・。
何を持っているのかというと私が持って行ってたゴザでした(^^;
構えているのはサバゲ仲間T氏。
後ろに日本刀を振り回している人物がいますがそれについては後述。


プローン姿勢をとる軽機班。


刻を超えた武田軍。赤備えというやつでしょうか?
先ほどの写真で日本刀を持っていた方です(^^)
ちなみにこの方は実際にこの装備でゲームに参加されていました(^^;


自衛隊との刻を超えた共演(^^)
自衛隊員の方は第3混成団の橋本1尉です。


米兵の振り下ろす日本刀を白刃取りを試みる隊員。
「フッ・・・見切った!  ・・・アレ?」


PPSh41おなじみの「椅子」。
トイガンでは強度不足なので半分空気椅子(^^;


タンクデサント(違

今回初めてこちらに参加させていただきましたが、私有地フィールドとは思えない立派なフィールドで、適度な茂みや起伏、くぼみ等あって素晴らしかったです。機会あらば是非また参加させていただきたいです(^^)



オマケ(ゲームネタゆえわかりづらいかも



ヤマハの原付、メイトの射命丸文(東方プロジェクト:同人ゲーム)×水曜どうでしょう(テレビ番組:北海道テレビ)コラボ痛車。


文々。新聞社ロゴと射命丸のシルエット入り(^^)


「水曜どうでしょうならぬ射命丸どうでしょう。」

※撮影許可並びにブログ掲載許可はいただいています。







  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:57Comments(4)軍装サバゲ陸上自衛隊装備

2012年09月25日

8/16 エピングフォレスト通常戦

CIMG7427
CIMG7427 posted by (C)すてっきん

去る8月16日、京都のサバイバルゲームフィールド、エピングフォレストさんにてゲームしてきました。
今回は数年前からブログで交流しているけだむ君(写真左)と初めて共演。
私は転職後のゴタゴタ、けだむ君は就職後のゴタゴタでかなり強行軍でしたが、無事合同演習を実施できて良かったです(^^;
写真がボケていますがご容赦を・・・;

CIMG7424
CIMG7424 posted by (C)すてっきん
今回もロシアSSO社のゴルカRとSmershコンバットハーネス。
ロシア装備はソ連時代から現代まで地道に増えて行ってはいるのですが、最近サバゲ前夜まで現場やら出張やらで忙しく、準備と後片付けが簡単なこの組み合わせばかりになってきています・・・(--;


以前記事でも紹介したMAGのAK74用45連型マガジンも今回実戦投入。
中華製のスプリング給弾マガジンとは思えないデフォルトの弾上がりの良さ!やはりMAGは素晴らしい!
これで外観もこだわってくれれば文句はないのですが・・・海外製に文句を言ってもどうにもなりません(^^;

CIMG7420
CIMG7420 posted by (C)すてっきん
数年の絡みではあるものの、今回初めてのサバゲのけだむ君。遠く愛知の地より見参。
「NAMっぽくタイガー迷彩にM60で来る!」と言っていたのですが、「夏だし起伏の激しい山フィールドだしやめておいた方が・・・」
と忠告しておいたらM4とモッシーオークに。
岩肌や樹木、枝等が多いエピングフォレストさんではモッシーオークが素晴らしい迷彩効果を発揮しておりました(^^)b

せっかくの初めてのサバゲだったけだむ君ですが、我々眼鏡族のサガである「ゴーグルの曇り」であまり満足の行く結果ではなかったようです・・・;
ためしに私のファン付きゴーグルを貸してみたら効果は抜群のようで、「次回までに絶対調達する!」とのこと。

次こそは万全の態勢でサバゲを楽しんでいただきたいですね(^^)
ためしに私と得物交換してAKを使ってみて、AKも気になりだした様ですし、次が楽しみです。
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:23Comments(0)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲ

2012年09月15日

ロシア装備強化と激辛

みなさんこんにちは、最近ブログの更新が全く追い付いていないすてっきんです(--;
 
以前京都のトイガンショッププラウダさん(http://www.pravda.jp/index.html)で購入したロシア装備についてちょこっと。


中華メーカー、「MAG」のAK用45連型ロングマガジンです(^^)


装弾数は140発。スプリング給弾式で、弾上がりも良いです。


MAGのAKマガジンは外見はこう言っちゃナンですがショボいです。が、その代わり給弾性能は素晴らしいです(^^)
中華製のスプリング給弾マガジンは精度が悪く弾詰まりなんて日常茶飯事ですが、MAGのマガジンはそういった事は一切無く、ストレス無く使用できるので愛用しております(^^)b

MAGのスプリング給弾マガジンはセット販売もしているのですが、この性能にほれ込んだ私は74用オレンジ、74用プラム、AKM用オレンジと、各種ともセット購入しています(^^;
ノーマルの47用スチールプレスマガジン型のも販売しないかな・・・


さて、こちらはロシアの装備メーカー、SSO社のダンプポーチです。勿論ロシア製。


タグです。タグにボールペン等でチェックが入ってたりするのはロシア製品ではよくある事です(^^;


ベルクロもついており、このように折り畳みも可能です。


中身。
至って普通のダンプポーチです。


ベルトループ部。
ピストルベルトにもモールにも取り付け可能ですね。
今まで近年のロシア連邦軍の装備には同社のSmershサスペンダーキットを使っているのですが、ダンプポーチを取り付ける際には 「明日香縫製雑貨店(http://sewing.aska-corps.com/)」様 がかつて販売していた ロシアBerezka迷彩柄のダンプポーチ(http://arablog.militaryblog.jp/e11817.html) を使用していたのですが、架空装備になるので今後は今回購入したSSO製のダンプポーチを使用していこうと思います。


話は変わって買い物後、プラウダ様より「激辛で有名な中華料理屋があるので食べに行かないか」と誘われたので、ホイホイついていってみました。

「激辛商店街」という町おこし?に参加されている「麒麟園(http://www.kyoto-gekikara.com/store.php?ShopID=18)」というお店です。

ラーメンの辛さが1~5まであり、5は日本一辛いとかなんとか。


左側はプラウダ夫妻、右側に見切れているのはサバゲ仲間で、この時たまたまプラウダに居合わせたM氏。

 

私はとりあえず3辛を注文・・・。
辛いのそんなに得意ではないので、3ならまだイケるだろう・・・。
 

・・・
・ ・ ・
・  ・  ・  ・ ! !?
 
からい・・・・

何だこれは、舌と唇が痛い、辛い!ヒリヒリ!!
しかしただ単に辛いだけではなく、キチンとうまみもある辛さです。おいしい!


ヒィヒィ言いながらも無事完食。内臓が熱い・・・翌日ケツも熱い・・・。

お店の方に聞くと、どうも私が食べた3辛から辛さが格段にUPし、スープだけでなく麺にも香辛料を練りこんであるのだとか・・・。
今度行く時には2辛ぐらいに抑えておきましょう・・・。


ちなみにプラウダ夫妻は5辛を完食済です(^^;

  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 16:56Comments(0)トイガン雑記装備品

2012年09月07日

自動車化歩兵リスペクト・ソ連編

こんばんは。
先日某私有地フィールドにお邪魔しました(^^)


以前までは竹の生い茂る立派なフィールドだったのですが、この先高速道路にされてしまう都合上、すっかり伐採されてしまい・・・。


半分土木作業、半分ハンドガン戦という感じになりました(^^;


今回は大祖国戦争のソビエト労農赤軍装備で参加しました。


今回、相互リンクブログで、ベトナム人民軍装備同志の同志はむ星のブログ「まどろみ三等兵(http://hamu.militaryblog.jp/)」より、「56式自動車両(http://hamu.militaryblog.jp/e352952.html)」をリスペクトさせていただきました(^^;


Iさん、操縦手役ありがとうございました(^^)b



おまけ




おわかりいただけただろうか・・・・
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:24Comments(4)軍装サバゲソビエト労農赤軍装備