プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および閲覧者様の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年01月30日

ロシア軍装雪中撮影会(2)

31880824
31880824 posted by (C)すてっきん
こんばんは。
前回に引き続き雪中ロシア軍装撮影会の模様をお伝えします(^^)
今回は第1次チェチェンあたりの設定で撮っています。
しかし急な事ゆえ、90年代前半装備も中途半端にしか持って行ってなかったので、
同志ワサビニコフと装備を分け合ってなんとか2名都合できました(^^;

P1060241
P1060241 posted by (C)すてっきん
◎同志ワサビニコフ(右)
・ショフィールド迷彩戦闘服
・6Б3ТМボディアーマー
・SSh68ヘルメット(ショフィールド迷彩カバー)
・AKMS(VFC)

◎私(左)
・M88ブタン迷彩空挺戦闘服
・РД-54空挺バックパック
・ソ連軍野戦ベルト
・ショフィールド迷彩戦闘帽
・ロシア製コンバットブーツ
・AKS74(VFC)


P1060232
P1060232 posted by (C)すてっきん
同志ワサビニコフのAKMSはGPグレネードランチャー付きです(^^)

CIMG8223
CIMG8223 posted by (C)すてっきん
個人で持ってきた空挺装備

CIMG8231
CIMG8231 posted by (C)すてっきん
設定は90年代ですが、あえてパッチをソ連空挺軍のままでワンポイントにしています。

CIMG8238
CIMG8238 posted by (C)すてっきん
1301060238
1301060238 posted by (C)すてっきん
旧共産圏の映像でよくあるカッコイイ跳躍シーンにチャレンジ、玉砕(^^;

CIMG8259
CIMG8259 posted by (C)すてっきん
休憩中の一コマ。

CIMG8258
CIMG8258 posted by (C)すてっきん
CIMG8251
CIMG8251 posted by (C)すてっきん
ロシア兵のガラの悪さを再現しようと頑張ってみました(--;


今回は急な撮影会だったので、次回はもっと人数と装備を揃えてきちんと時代背景も設定した上で
撮影に臨みたいですね。
しかしロシア製のコンバットブーツは流石ですね、これだけの積雪でも一切溶けた雪が内部ににじんで来ませんでした(^^;

  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:00Comments(0)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備

2013年01月30日

ロシア軍装雪中撮影会(1)

1301060165
1301060165 posted by (C)すてっきん
こんばんは。
先日チームの同志たちと雪中でのロシア軍装撮影会を実施しましたのでレポを上げておきます(^^)

1301060171
1301060171 posted by (C)すてっきん
急に実施されたので特にこういう装備で合わせよう、などという打ち合わせも特になく、
第1弾は持ち寄った装備でロシア内務省軍のテロ対策部隊のようなもの、という設定で・・・;

民生品のBerezka迷彩オーバースーツボトムを穿いて伏射姿勢なのが私、もう1名は副リーダー同志モスコフ。

1301060174
1301060174 posted by (C)すてっきん
今回は内務省軍対テロ部隊で実際に行われているように白テープで銃に偽装を実施。
スポーツ用のテーピングですが、効果はご覧の通り。銃のシルエットがだいぶ判り難くなっています(^^)

1301060179
1301060179 posted by (C)すてっきん
カラシニコフツリー。

CIMG8129
CIMG8129 posted by (C)すてっきん
伏射姿勢の同志モスコフ。

P1060133
P1060133 posted by (C)すてっきん
柵を乗り越え突入の先陣を切る私(^^;
ピストルはマルゼンの旧PPK/Sサイレンサー付きをマカロフPBと見立てて・・・

P1060140
P1060140 posted by (C)すてっきん
後に続く同志ワサビニコフ。

P1060167
P1060167 posted by (C)すてっきん
РГД-5手榴弾を投擲する私。
手榴弾の色がアレなので再塗装の必要がありますな・・・

P1060190
P1060190 posted by (C)すてっきん
飛翔する手榴弾から安全レバーが剥離していくのがお分かりいただけるだろうか。

P1060225
P1060225 posted by (C)すてっきん
同志モスコフが買ってきてくれた塗装用オーバースーツで雪中偽装服を代用・・・
左から同志ワサビニコフ、同志モスコフ、私。

P1060205
P1060205 posted by (C)すてっきん
雪中で戦闘行動をとる同志モスコフ。

P1060217
P1060217 posted by (C)すてっきん
P1060219
P1060219 posted by (C)すてっきん
状況、ガス!
流石に黒のГП-5Мガスマスクは目立ちますね(^^;

1301060204
1301060204 posted by (C)すてっきん
些か旧式のモシン・ナガン狙撃銃。

CIMG8175
CIMG8175 posted by (C)すてっきん
作戦を終えて一服する私・・・;


第2弾は第1次チェチェン紛争想定で撮ったものをアップします。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:12Comments(2)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備

2013年01月27日

1/12 プラウダガレージセール

こんばんは。
もうだいぶ前の話で申し訳ないのですが、京都のトイガンショップ「プラウダ(http://www.pravda.jp/)」様で実施された第二回ガレージセールにブース参加してきました(^^

CIMG8274
CIMG8274 posted by (C)すてっきん
当日の私のブース。
この日はソ連軍M88ブタン迷彩服(空挺裁断)の上にアフガンカ防寒服、さらにその上に6Б3ТМボディアーマー、装具はРД-54空挺バックパック、
ソ連軍革ベルト、ソ連軍水筒、VSR迷彩ヘルメットカバー付きSSh68ヘルメット、ロシア製コンバットブーツといういでたち。
いや、ほんとにガレージでやるから空調一切なくて寒いんですもんw

CIMG8299
CIMG8299 posted by (C)すてっきん
CIMG8300
CIMG8300 posted by (C)すてっきん
今回も多彩な商品がズラリ。
個人出品のブースも前回より増えております(^^)

CIMG8294
CIMG8294 posted by (C)すてっきん
こちらのブースでは映画の上映会が・・・;

CIMG8273
CIMG8273 posted by (C)すてっきん
ソ連軍マブータ服で現れた同志すもうく。
相変わらずどうかしています(褒め言葉

CIMG8297
CIMG8297 posted by (C)すてっきん
マブータの袖の中には隠しコンパスが。面白いですね(^^)

CIMG8276
CIMG8276 posted by (C)すてっきん
ワサビ・ニコフ師は相変わらず。

CIMG8296
CIMG8296 posted by (C)すてっきん
店番を頼まれたワサビ師。まるで武器の密売人である。

CIMG8290
CIMG8290 posted by (C)すてっきん
ワサビ師からAKMSを借りた同志すもうく。
さながらパトロール中にマーケットを物色するソ連兵のようです(^^;

CIMG8280
CIMG8280 posted by (C)すてっきん
私もAKMSを借りて同志とコラボレーション。

CIMG8306
CIMG8306 posted by (C)すてっきん
なんだかとんでもないことになっているサバゲ仲間やふし氏のM16A1。
今回M60用のバイポッドを購入し、さらにとんでもない事に・・・。無事ついたのかしら?

以下私の購入品。

CIMG8312
CIMG8312 posted by (C)すてっきん
アースカラーのセーター2着。特に右のジップアップのが気に入ってます(^^)

CIMG8319
CIMG8319 posted by (C)すてっきん
超特価だったので個人ブース様よりつい購入しちゃった謎のリザード迷彩ジャケットとローデシア迷彩パンツ。
【追記:同志の情報によればジャケットはトランスカイのものではないかとのこと】

CIMG8318
CIMG8318 posted by (C)すてっきん
ベレー。はたして被る機会はあるのかしら(^^;?

CIMG8322
CIMG8322 posted by (C)すてっきん
ポテトマッシャー。しかしドイツ軍をやる気は毛頭ありません。
鹵獲品としてソ連赤軍の装備ベルトにぶっ差すつもりです(^^;

CIMG8323
CIMG8323 posted by (C)すてっきん
グレネードバンダリア?これも使う機会あるのかしら・・・

CIMG8324
CIMG8324 posted by (C)すてっきん
イカすフラッシュハイダー。うちの変態M4に装備可能ですが、ラッパハイダーのままがいいなぁ・・・
うーん。

CIMG8327
CIMG8327 posted by (C)すてっきん
リアルソード製56式用マガジン。相変わらず素晴らしい出来です!

CIMG8331
CIMG8331 posted by (C)すてっきん
VFC製AKマガジン。今ではレアですね。

CIMG8329
CIMG8329 posted by (C)すてっきん
STARのL85用マガジン。手持ちのSTAR L85A2用です。もちろんAR-15系のマガジンも使えるのですが、
やはりL85専用マガジンを使いたいですよね(^^)

CIMG8334
CIMG8334 posted by (C)すてっきん
COLT刻印入りのダットサイト。シンプルでカッコ良いです。中古でめちゃんこ安かったので購入。
うちのS&W M4 MOEにでも載せるかなぁ・・・。

CIMG8336
CIMG8336 posted by (C)すてっきん
ブラックホーク製ダブルマガジンポーチ。

CIMG8338
CIMG8338 posted by (C)すてっきん
米軍メディカルキットポーチ。上のマガジンポーチと一緒にカンダハルメイドプレートキャリアに取り付けて、
アフガン国軍(ANA)装備にでも使おうかと思っています。


いやぁ、こういうイベントはついつい色々欲しくなってしまって危ないですね・・・。
自分のブースの売り上げのほとんどが今回の買い物で消えてしまいました(^^;

次回が待ち遠しいです(^^)  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 20:53Comments(2)軍装イベント装備品

2012年12月14日

ソ連空挺軍KLMK、RD54装備

こんばんは、私のデジカメには撮ったは良いものの、そのままブログに書きそびれてお蔵入りしている写真が結構ありますので、時間があるときに逐次追って更新していきたいものですが、なかなかうまく時間の都合が出来ません(^^;


本日はソ連軍装ネタです。
栄えあるソビエト空挺軍をイメージして、ガッチガチに着込んでみました。
しかし実際にアフガン戦などの写真を見てもこんなガッチガチの装備の兵士は見かけないのですが・・・(^^;

アフガンカ戦闘服の上にKLMKオーバースーツを着て、革ベルト・サスペンダーの通常装備の上からさらにRD54空挺バックパックを装備しています。
通常のRD54ですとAK用マガジン2本、F1/RGD5グレネード2個と容量が少ないので、ピストルベルトにAK用3ポケットマグポーチと通常装備のグレネードポーチを付けています(^^)
ヘルメットはソ連軍標準のSSh68。


うしろ。

RD54が斜めになっていますね(^^;
RD54はアフガン侵攻前の’78年製で既にボロボロ。いい味をだしています。
革サスペンダーの背部にソ連軍実物ポンチョを丸めて装備しています。これは大戦でも使われた古い物ですが、実際使ってみると優秀で、戦後使われ続けたのも納得です(^^)
スコップカバーは大戦型の旧式のレプリカです。この時代だと少し形の違うモデルになってるハズなのですが、持っていないので代用・・・;



水筒は言わずと知れたソラマメ型、大戦型の代用から現用まで幅広く使えます。



銃剣はアリイのプラモです(^^;
ストラップや鞘は東独の実物持ってるのでそっちで代用の方が見栄えは良いのですが、時代の都合上鞘はこのモデルで。


ドヤ顔うざいです(^^;

アブトマットはVFCのAKS74。ソ連製スリング付き。


戦闘開始!
最近はムジャヒディンと米軍とかで現代戦のイベントとかも増えてるので、あえてアフガン戦のヒストリカルとかをまた開催してみたりしないかなー、とか思っています。
しかしああいうイベントは東の方が多いのがネックですな・・・。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:23Comments(3)軍装ソビエト連邦軍装備

2012年12月02日

ショットショー&アフターお疲れ様でした!

CIMG7778
CIMG7778 posted by (C)すてっきん
去る12月1日、大阪で行われたミリタリー販売イベント、「ショットショージャパン (http://www.dsiclub.com/page/event/)」に参加してまいりました!
今回も1日と2日の二日に渡って開催されたのですが、今回は1日に参加させていただきました(^^)
上の写真は今回の戦利品。

CIMG7780
CIMG7780 posted by (C)すてっきん
今回関東から参加されていた同志、台風兄貴から譲っていただいた、ソビエト労農赤軍35年型ギムナスチョルカです(^^)
大祖国戦争初期等のソ連軍装には欠かせない被服であり、今回同志に都合していただきやっと入手できました!
映画撮影用のレプリカですが、非常に良い出来で満足です!
隣県の赤軍装備同志せっつー(http://insnowaesenal.militaryblog.jp/)と一緒に買ったので、
これで一緒に大祖国戦争赤軍装備でサバゲする際の装備バリエーションが増えました!
35年型装備でも43年型装備でもご一緒できるぞー!!

CIMG7781
CIMG7781 posted by (C)すてっきん
サイズは52。
けっこうでかいですが、まあなんとかなるでしょう・・・。

CIMG7783
CIMG7783 posted by (C)すてっきん
ボタンも野戦仕様に茶色く塗られておりハラショー。

CIMG7772
CIMG7772 posted by (C)すてっきん
奥の方でブースを構えられていた「レコレクショヌール」様。
リエナクト方面で素晴らしい商品が並べられておりました(^~^)b
英軍エンフィールドライフル用の銃剣にかなり惹かれたのですが、金欠につき今回は断念・・・。

CIMG7784
CIMG7784 posted by (C)すてっきん
色々見せていただき、ソ連赤軍35年型用の襟章用階級章を二つと、略帽用帽章を買わせていただきました(^^)
35年型階級章は下士官用の三角形のものをワンペア。29年型もおそらくこの型の階級章だったかと記憶。
三角形1個で伍長になります。私は兵卒や下士官が大好きです(^^;
ユーゴ製?のレプリカだそうですが、かなりキッチリ作られており垂涎・・・。

略帽用の帽章は50年代のソ連軍実物。
今までは崩壊前のものやレプリカを使っていたのですが、さすがこの時代の物は出来がよく、ホイホイ買ってしまいましたd(^^)b

CIMG7792
CIMG7792 posted by (C)すてっきん
こちらもレコレクショヌール様で購入、フランス軍のピストルベルトです。
私がインドシナ戦争のベトミン軍装備も研究していることをお話しすると是非にとおススメされました(^^
50年代、ちょうどインドシナ戦争末期あたりに使用され、短期間で次のモデルに移行したのだとか。
ベトミン軍や解放戦線の装備に組み込んでみたいと思います(^-^)

CIMG7793
CIMG7793 posted by (C)すてっきん
時代を先取りしたクイックリリースの出来るバックル。
このデザインに惚れました・・・。

CIMG7770
CIMG7770 posted by (C)すてっきん
民兵装備やAK関連の装備、自作パッチなどを販売されている「明日香縫製雑貨店(http://sewing.aska-corps.com/)」様。
ブログをいつも拝見させていただいており、私が昔ロシア軍装に実際着手する際に参考にさせていただいた方でもあります。
今回も民兵装備やオリジナル商品のほか、イベント限定の素敵なパッチも販売されておりました(^^)

CIMG7794
CIMG7794 posted by (C)すてっきん
今回はアフガニスタン警察、ANPの肩パッチを購入。
これでANP装備完成までまた一歩近づきました(^^
服まだ買ってませんけど・・・;

CIMG7773
CIMG7773 posted by (C)すてっきん
今回もイベントスタッフとして参加されていたレンチ氏。中国人民解放軍装備です。
以前のブログ記事(http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e375539.html)で中越戦争撮影会をやる予定だったが中止になった、という記事を書きましたが、その時に中国兵として参加される予定だった方です(^^)
スタッフお疲れ様でした!!


そして夢の終わり・・・

CIMG7775
CIMG7775 posted by (C)すてっきん
ショットショーが終わり、抜け殻の私・・・。


ショットショー終了後、関東の同志台風兄貴と同志せっつーとチャーリー様(http://www1.bbweb-arena.com/milchar/myweb1.htm)やマッシュ様(http://www.mash-japan.co.jp/)、S&Graf様(https://www.sandgraf.jp/)など、
会場周辺のお店をハシゴしてきました(^^)

CIMG7777
CIMG7777 posted by (C)すてっきん
チャーリー様では北ベトナム関係を物色。

CIMG7785
CIMG7785 posted by (C)すてっきん
カーキの米袋です。
今まではグリーンの物しか持っていませんでしたが、これで60年代の北ベトナム装備でも米袋が背負えます(^^)b

CIMG7786
CIMG7786 posted by (C)すてっきん
4連柄付手榴弾ポーチのカーキモデル。
今使っている素材の悪いカーキの物がかなり傷んできており、不安なので買い足し。
今持っているカーキのものよりいい生地が使われています(^^)

CIMG7787
CIMG7787 posted by (C)すてっきん
謎のポーチ。
何用のポーチなのかは不明で、チャーリーさんも首をかしげてました(^^;

CIMG7788
CIMG7788 posted by (C)すてっきん
漫画本が一冊ぐらいの大きさで、側面下部にすごい数の鳩目があります。
ラジオポーチか何かじゃないか?などと意見交換していましたが、後で資料をさがしてみても何のポーチなのかさっぱり。
情報提供をいただけると嬉しいです(^^;

その後は三人でごはんを食べて別れました。
今回のショットショーも素敵な商品、ブース様がいっぱいで良い買い物が出来ました(^^)
また、友人やショップ様とも楽しくお話しが出来て充実したいい時間を送ることが出来ました。
ぜひまた来年も会場でお会いしましょう!!



オマケ


CIMG7790
CIMG7790 posted by (C)すてっきん
知る人ぞ知る伝説のクソゲー、「デスクリムゾン」の2作目の記念Tシャツ。
同志から譲っていただきました(^^;;  

2012年11月22日

はじめてのM4 ―S&W M&P15 MOE―

r600x64500
r600x64500 posted by (C)すてっきん
さて、これはなんでしょう?

おはこんばんにちは、すてっきんです(^^)
小さなころからローテク好き、この趣味に入ってからもタクティコーな物にいまいち食指の伸びなかった私ですが、ついにやってしまいました。

r600x600
r600x600 posted by (C)すてっきん
KING ARMSのS&W M&P15 MOEです。
私がM4を買うことは一生ないだろうと思っていたのですが(なんだそれは)、M4のマグプルMOEカービン仕様に関してはそのデザインと、シンプルながら高い機能性に惹かれていました。
しかしただそれだけではこのすてっきんが購入に踏み切る訳がありません。

何が決め手になったのかと言いますと、ノーマルのM4ベースではなく、S&Wベースだったから、です(^^;
アテクシ、S&Wは瀟洒で好みのメーカーでして、軍装銃とは別にS&Wの銃器には興味は人並みにあります。
そのS&WのM4ベースのMOE仕様というダブルパンチにやられてしまいました・・・。

r600x786600
r600x786600 posted by (C)すてっきん
私のようなローテク厨はレイルアレルギー(なんじゃそりゃ) がありまして、レイルごてごての銃には拒否反応が出てしまうのです。(あくまで私個人の好みであり、批判ではありません;
しかしこのモデルはレイルは一面のみ。これなら大丈夫です(^^;)
勿論これ以上レイルを増設する予定は毛頭ありません。

しかしまあ、折角の初M4なので、私なりに弄ってみよう・・・という訳で

CIMG7663
CIMG7663 posted by (C)すてっきん
色々と用意。

CIMG7659
CIMG7659 posted by (C)すてっきん
MOE用のフォアグリップです。ただし金欠のため中華製レプリカ・・・(--;

CIMG7658
CIMG7658 posted by (C)すてっきん
見た目はそれっぽいのですが、細部はかなり雑です(^^;

CIMG7657
CIMG7657 posted by (C)すてっきん
刻印等も頑張ってはいるのですが、工作精度が悪く、ハンドガードの溝に取り付けるための突起の寸法が合わず、そのままだとグラグラ。

CIMG7697
CIMG7697 posted by (C)すてっきん
仕方ないので合わない部分をヤスリでゴリゴリ。

CIMG7700
CIMG7700 posted by (C)すてっきん
紆余曲折あってなんとか無事取り付けできました(^^)

CIMG7664
CIMG7664 posted by (C)すてっきん
そして何故かラッパハイダー。
私にM4なんていじらせるからこうなるんや・・・!
もともとAKやRPK用で発売されていた大陸メーカー製のものです。

CIMG7669
CIMG7669 posted by (C)すてっきん
困ったことにM4にも取り付け可能な14mm逆ネジです。これは付けるしかないやろ・・・。

CIMG7666
CIMG7666 posted by (C)すてっきん
折角のカッコいい純正ハイダーはネジロックが強固だったので・・・


ガスコンロで炙ってネジロックを軟化させるという凶行(^^;
無事ラッパハイダーを取り付けできました。

CIMG7691
CIMG7691 posted by (C)すてっきん
そして適当なスリングスイベルを付けて・・・

CIMG7695
CIMG7695 posted by (C)すてっきん
お買い得だったエイムポイントのダットサイトを載せれば・・・

CIMG7717
CIMG7717 posted by (C)すてっきん
残念なM4のハイ、完成(^^)
ラッパハイダーさえ付けなきゃ普通にかっこいいM4だったでしょうに・・・
だがここは譲れなかったんだ、スマヌ。

CIMG7714
CIMG7714 posted by (C)すてっきん
P-MAGを初期型20連マガジンに変えて更に妖しく。
なんだかマークスマンライフルっぽく見える?

今月の頭に実戦投入してきましたが、特に問題はなく使用できていました(^^)
今回は外装のみで内部には一切手を付けていないので、いずれ内装の方も手を付けて精度向上を図りたいですね。
初速やサイクルを不必要に上げるのはポリシーに反するので、精度と作動の確実性を向上できたらと思います。

今後の私のサバゲライフに新たな風を起こしてくれる事を期待します(^^)



オマケ

CIMG7662
CIMG7662 posted by (C)すてっきん
ラッパハイダーをサイレンサー用のネジが切ってあるカスタムグロックに取り付け(^^;

CIMG7670
CIMG7670 posted by (C)すてっきん
ハイダーのリムが広すぎてサイトがさえぎられて使えないでござる・・・。

駄目だこりゃ。


  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:41Comments(2)トイガン

2012年10月28日

北ベトナム/ベトナム人民軍軍装写真②


こんばんは。
お昼に更新した記事の続きになります。
前記事をご覧になってない方はコチラ( ↓ )を先にご覧くださいませ。
 http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e375539.html 


ブッシュハット仕様。
基本的に被り物以外は前記事とかわりません。


被り物が変わっただけなのになんだか機動力が高い印象になりますね(きのせい


攻撃前進だ!



ベトナム人民軍偵察兵(想像図)
あくまでイメージなので実際
実際こういう装備だったか、と言われると違う気がします。


使用銃はPPS43短機関銃。
PPS43のトイガンはないので、これはポーランド製無可動実銃(合法品)です。
当記事トップの中越戦争写真でも写っていますね。


PPS43は大好きな短機関銃なので是非ともトイガン化してほしい銃のうちの一つですが、大きさの都合上、メカボやバッテリースペースを取るのが難しそうですね・・・


装備しているチェストリグは56式半自動歩槍用のもの。グリーンですが、70年代の製造で時代には合ってます。しかしこれもカーキのモデルが欲しいものですね。


背嚢の上にかけてみたり。
ベトナム人民軍の行軍写真でもこういうかつぎかたはよく見ますね。



PPSh41短機関銃。


私のPPSh41はHP製なのでバナナマグが使えず・・・。ARESのものが欲しいです。
HPのものは鉄の質感は他にない素晴らしさなのですが・・・。



狙撃兵。
KTW製のモシン・ナガン狙撃銃です。


KTWのは旧型レシーバなので、M1891/30の狙撃仕様が欲しいところです。


さて、本日の撮影会の写真はこれですべてになります。
ご覧いただきありがとうございました ノシ  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:46Comments(2)軍装北ベトナム軍装備戦後ベトナム人民軍装備

2012年10月28日

北ベトナム/ベトナム人民軍軍装写真①


皆様こんにちは。
本来今日は中国人民解放軍装備の友人と某フィールドで中越戦争の撮影会と行う予定だったのですが、あいにくの雨で中止になってしまい・・・。
折角準備した装備類を無駄にするのもナンですので、朝から一人さびしく室内撮影会をやってました(^^;
せっかくなので記事にしておきます。最近ベトナム記事書いてないですからね・・・。


基本装備。
今回は1979年の中越戦争という設定だったので、北ベトナム軍ではなく、南北統一後のベトナム人民軍装備となっています。
ですのでサンヘルメットの国章や、階級章もキチンとついていますし、小銃もあたらしいAKMとなっています(^^)
しかし基本的にはベトナム戦争中の北ベトナム正規軍とそれほど違う装備もないので記事タイトルにも「北ベトナム」をいれさせていただきます(^^;


小銃はAKMですが、ハイダーやトップカバーをAK47のものに換装してベトナムでよく見る仕様にしてあります。
サンヘルメットには手編みの偽装網にパラシュート生地を裂いた偽装材。


56式チェストリグやパラシュート生地マントでわかりづらいですが、北ベトナム軍の防寒ベストを着ています。ベトナムといえど山岳部は寒く、あまり認知度は高くないですがこういった防寒ベストや防寒帽も軍の正規装備として存在します。
56式チェストリグはカーキモデルです。裏面のスタンプのないものなので製造年がわかりませんが、おそらく60年代のモデルかと思います。
ベトナム人民軍においては、ベトナム戦争中から現用にいたるまで、ほとんどがカーキのモデルで、日本国内で流通している80年代グリーンのものはほとんど使われていません。


腰回りは右腰にはローカルメイドのベトナム製AK3ポケットマグポーチ、左腰にもベトナム製AK5ポケットマグポーチ。
ベトナム人民軍の装具が56式チェストリグに取って代わられる前はこういった肩掛け式のマガジンポーチが主流で、ピストルベルトをポーチのベルトループに通し、肩ひもを肩にかけることでサスペンダーの代わりの役割を果たしています。
階級章はベトナム人民軍下士(伍長相当)。


AK用のスリングは今回ソ連製のものを使用。中国製のもののほか、ベトナム製のものも存在します。
現用では多くがグリーンっぽい色のベトナム製のスリングが使用されております。ベトナム製実物が欲しいのですが、これが全然国内に出回りません(--;


吊れ銃。
背嚢はベトナム人民軍実物のカーキモデル。


背面。
背嚢の上に偽装ループを取り付けています。木製のフレームを布生地で覆ったもので、これに偽装材を挟んで使用します。
今回は100均で購入した造花を取り付けています。
偽装ループの下に見えるグリーンの袋は米袋。背嚢が無い場合は体に巻きつけますが、今回は背嚢に取り付けています。
右腰には北ベトナム実物手榴弾ポーチ。4連のモデルで、カーキ生地です。ダミーの手榴弾は、柄の色が濃い方が日本のこけし職人手作り、薄い方はどこ製かは不明です(^^;
さすがこけし職人、素晴らしい出来です(^^)


実物腕章には「Bảo vệ(防衛)」の文字。
左腰に見える丸いのは、背嚢でよく見えませんが、北ベトナム実物水筒ポーチです。カーキモデルで、独特のローカルメイド生地が気に入ってます(^^)


腰に雰囲気づくりアイテムとして天幕展張用のロープをくくりつけています(^^)
右腰の実物ローカルメイドAK3ポケットマグポーチは傷みと破れがひどく、修理に苦労しました。


腰にメディカルキットポーチをつけていますが、これはビニル生地の新しいモデルで当時の写真資料が見つからず・・・カーキのものを引っ張り出してくれば良かったです。さっき気づきました(^^;


こけし・・・じゃなかった、手榴弾!


でぇい!
・・・変な顔。


さてさて、ではこの記事はこの辺にしておきます。
他にも何パターンかの装備で写真を撮ったのですが、さすがに量が大すぎるので記事を分けさせてもらいます(^^;
ではでは~ ノシ

後半記事はコチラ↓
http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e375701.html






  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 13:48Comments(0)軍装北ベトナム軍装備戦後ベトナム人民軍装備

2012年10月16日

9/22 岸和田BUDDY貸切戦というか最早撮影会


去る9/22に行われた友好チーム様のBUDDY貸切戦に参加させていただきました。
去る、ってももう一か月近く前の話ですががががg 全部Skypeがいけないんや・・・!(内輪ネタ失礼


左よりSSWセキュリティサービスのYafishi氏、同志せっつー、FSBサイドより私、同志すもうく。
今回は同志すもうくと図らずともほぼお揃い装備でわっほい。


ロシアユニット。約1名時空を超えてます。


同志すもうくと連携。
スパイの疑いのあるPMC要員を確保。


「桜の国からこんにちは!(http://insnowaesenal.militaryblog.jp/)」より同志せっつー。
9月とはいえまだまだ暑い中、赤軍のウールコートでゲームに参加されていました・・・。
恐るべし。


私が輸出したモシン・ナガンカービンもちゃんと飛ぶようにカスタムされた上に赤軍旗まで付いていて胸熱。


今回サバゲ初体験の前職の同期N。同郷出身者で今でもちょいちょい絡んでます。
銃は私のFNCを貸し出しました。迷彩服は自前。
写真では撮影用に同志すもうくのAKMSを借りてます。


立て銃、及び吊れ銃の敬礼。


おや?せっつー氏の様子が・・・?







 
Урааааааааааааааааааааа!!

赤軍装備での突撃はいつか人数を揃えてやってみたいものです・・・。
同志せっつーはPM1910機関銃のスクラッチにも挑戦されているので、完成の暁には突撃が盛り上がる事この上なし!

・・・おや?

良い三輪車だ、少し借りるぞ。




突撃!


突撃!!


突撃ィ!!


「俺に追い付いてみな!」 童心に還るN。


弾薬運搬兵同志せっつー。
何とも言えない哀愁・・・。



スト魔女仕様のYafushi氏のプライマリ。
フレーム両面にそれぞれユーティライネン中尉とリトヴャク中尉エンブレム。
なんというエイラーニャ・・・。欲しい。


リトヴャク中尉パッチ。



おまけ


同志せっつーの縞パン実物生地仕様ガバ。
今度はスク水生地ガバを作るのだとか。

もはやなにもいうまい・・・。





  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:01Comments(0)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲソビエト労農赤軍装備

2012年09月26日

武者と陸自と射命丸


去る9月9日、京都某所の私有地フィールドで行われたプライベートゲームに参加してまいりました(^^)


自衛隊装備の多い「舞鶴第3混成団 (http://m5392.militaryblog.jp/)(http://nesi.militaryblog.jp/)(http://izumi.militaryblog.jp/)」様ともご一緒させていただき興奮。
陸自迷彩はやはり日本人の魂に語りかけてくるものがあります・・・
後ろの旧式73式小型トラックたちはフィールド主様の自作。相変わらずすさまじい・・・。


左端が当日の私。この日はサバゲ人生初のテキトー装備。
「すてっきんさん来るならロシア装備を見たい」って方もおられたようで、少し後悔・・・。


自衛隊装備に九九式。これが案外シックリ来る。防暑垂付きの椀帽も相まってかしら・・・。


右端、九九式小銃に自衛隊装備で「立て銃」の構え。なにやら隣に変なものを持った人が・・・?


右端、九九式小銃で中間姿勢射撃の態勢をとる隊員とM14小銃を構える米兵の間にもやはり謎の人物・・・。
何を持っているのかというと私が持って行ってたゴザでした(^^;
構えているのはサバゲ仲間T氏。
後ろに日本刀を振り回している人物がいますがそれについては後述。


プローン姿勢をとる軽機班。


刻を超えた武田軍。赤備えというやつでしょうか?
先ほどの写真で日本刀を持っていた方です(^^)
ちなみにこの方は実際にこの装備でゲームに参加されていました(^^;


自衛隊との刻を超えた共演(^^)
自衛隊員の方は第3混成団の橋本1尉です。


米兵の振り下ろす日本刀を白刃取りを試みる隊員。
「フッ・・・見切った!  ・・・アレ?」


PPSh41おなじみの「椅子」。
トイガンでは強度不足なので半分空気椅子(^^;


タンクデサント(違

今回初めてこちらに参加させていただきましたが、私有地フィールドとは思えない立派なフィールドで、適度な茂みや起伏、くぼみ等あって素晴らしかったです。機会あらば是非また参加させていただきたいです(^^)



オマケ(ゲームネタゆえわかりづらいかも



ヤマハの原付、メイトの射命丸文(東方プロジェクト:同人ゲーム)×水曜どうでしょう(テレビ番組:北海道テレビ)コラボ痛車。


文々。新聞社ロゴと射命丸のシルエット入り(^^)


「水曜どうでしょうならぬ射命丸どうでしょう。」

※撮影許可並びにブログ掲載許可はいただいています。







  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:57Comments(4)軍装サバゲ陸上自衛隊装備

2012年09月25日

8/16 エピングフォレスト通常戦

CIMG7427
CIMG7427 posted by (C)すてっきん

去る8月16日、京都のサバイバルゲームフィールド、エピングフォレストさんにてゲームしてきました。
今回は数年前からブログで交流しているけだむ君(写真左)と初めて共演。
私は転職後のゴタゴタ、けだむ君は就職後のゴタゴタでかなり強行軍でしたが、無事合同演習を実施できて良かったです(^^;
写真がボケていますがご容赦を・・・;

CIMG7424
CIMG7424 posted by (C)すてっきん
今回もロシアSSO社のゴルカRとSmershコンバットハーネス。
ロシア装備はソ連時代から現代まで地道に増えて行ってはいるのですが、最近サバゲ前夜まで現場やら出張やらで忙しく、準備と後片付けが簡単なこの組み合わせばかりになってきています・・・(--;


以前記事でも紹介したMAGのAK74用45連型マガジンも今回実戦投入。
中華製のスプリング給弾マガジンとは思えないデフォルトの弾上がりの良さ!やはりMAGは素晴らしい!
これで外観もこだわってくれれば文句はないのですが・・・海外製に文句を言ってもどうにもなりません(^^;

CIMG7420
CIMG7420 posted by (C)すてっきん
数年の絡みではあるものの、今回初めてのサバゲのけだむ君。遠く愛知の地より見参。
「NAMっぽくタイガー迷彩にM60で来る!」と言っていたのですが、「夏だし起伏の激しい山フィールドだしやめておいた方が・・・」
と忠告しておいたらM4とモッシーオークに。
岩肌や樹木、枝等が多いエピングフォレストさんではモッシーオークが素晴らしい迷彩効果を発揮しておりました(^^)b

せっかくの初めてのサバゲだったけだむ君ですが、我々眼鏡族のサガである「ゴーグルの曇り」であまり満足の行く結果ではなかったようです・・・;
ためしに私のファン付きゴーグルを貸してみたら効果は抜群のようで、「次回までに絶対調達する!」とのこと。

次こそは万全の態勢でサバゲを楽しんでいただきたいですね(^^)
ためしに私と得物交換してAKを使ってみて、AKも気になりだした様ですし、次が楽しみです。
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:23Comments(0)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲ

2012年09月15日

ロシア装備強化と激辛

みなさんこんにちは、最近ブログの更新が全く追い付いていないすてっきんです(--;
 
以前京都のトイガンショッププラウダさん(http://www.pravda.jp/index.html)で購入したロシア装備についてちょこっと。


中華メーカー、「MAG」のAK用45連型ロングマガジンです(^^)


装弾数は140発。スプリング給弾式で、弾上がりも良いです。


MAGのAKマガジンは外見はこう言っちゃナンですがショボいです。が、その代わり給弾性能は素晴らしいです(^^)
中華製のスプリング給弾マガジンは精度が悪く弾詰まりなんて日常茶飯事ですが、MAGのマガジンはそういった事は一切無く、ストレス無く使用できるので愛用しております(^^)b

MAGのスプリング給弾マガジンはセット販売もしているのですが、この性能にほれ込んだ私は74用オレンジ、74用プラム、AKM用オレンジと、各種ともセット購入しています(^^;
ノーマルの47用スチールプレスマガジン型のも販売しないかな・・・


さて、こちらはロシアの装備メーカー、SSO社のダンプポーチです。勿論ロシア製。


タグです。タグにボールペン等でチェックが入ってたりするのはロシア製品ではよくある事です(^^;


ベルクロもついており、このように折り畳みも可能です。


中身。
至って普通のダンプポーチです。


ベルトループ部。
ピストルベルトにもモールにも取り付け可能ですね。
今まで近年のロシア連邦軍の装備には同社のSmershサスペンダーキットを使っているのですが、ダンプポーチを取り付ける際には 「明日香縫製雑貨店(http://sewing.aska-corps.com/)」様 がかつて販売していた ロシアBerezka迷彩柄のダンプポーチ(http://arablog.militaryblog.jp/e11817.html) を使用していたのですが、架空装備になるので今後は今回購入したSSO製のダンプポーチを使用していこうと思います。


話は変わって買い物後、プラウダ様より「激辛で有名な中華料理屋があるので食べに行かないか」と誘われたので、ホイホイついていってみました。

「激辛商店街」という町おこし?に参加されている「麒麟園(http://www.kyoto-gekikara.com/store.php?ShopID=18)」というお店です。

ラーメンの辛さが1~5まであり、5は日本一辛いとかなんとか。


左側はプラウダ夫妻、右側に見切れているのはサバゲ仲間で、この時たまたまプラウダに居合わせたM氏。

 

私はとりあえず3辛を注文・・・。
辛いのそんなに得意ではないので、3ならまだイケるだろう・・・。
 

・・・
・ ・ ・
・  ・  ・  ・ ! !?
 
からい・・・・

何だこれは、舌と唇が痛い、辛い!ヒリヒリ!!
しかしただ単に辛いだけではなく、キチンとうまみもある辛さです。おいしい!


ヒィヒィ言いながらも無事完食。内臓が熱い・・・翌日ケツも熱い・・・。

お店の方に聞くと、どうも私が食べた3辛から辛さが格段にUPし、スープだけでなく麺にも香辛料を練りこんであるのだとか・・・。
今度行く時には2辛ぐらいに抑えておきましょう・・・。


ちなみにプラウダ夫妻は5辛を完食済です(^^;

  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 16:56Comments(0)トイガン雑記装備品

2012年09月07日

自動車化歩兵リスペクト・ソ連編

こんばんは。
先日某私有地フィールドにお邪魔しました(^^)


以前までは竹の生い茂る立派なフィールドだったのですが、この先高速道路にされてしまう都合上、すっかり伐採されてしまい・・・。


半分土木作業、半分ハンドガン戦という感じになりました(^^;


今回は大祖国戦争のソビエト労農赤軍装備で参加しました。


今回、相互リンクブログで、ベトナム人民軍装備同志の同志はむ星のブログ「まどろみ三等兵(http://hamu.militaryblog.jp/)」より、「56式自動車両(http://hamu.militaryblog.jp/e352952.html)」をリスペクトさせていただきました(^^;


Iさん、操縦手役ありがとうございました(^^)b



おまけ




おわかりいただけただろうか・・・・
  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:24Comments(4)軍装サバゲソビエト労農赤軍装備

2012年08月25日

現用カンボジア王国軍軍装

こんにちは、今日は6月に撮影したまま忘れていた現用カンボジア王国軍の軍装を実際のカンボジア軍の写真を交えてご紹介させていただきます。


撮影日は6/30。
カンボジア製実物ODジャケット( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e302324.html )に同じくカンボジア製DPM迷彩パンツとキャップ( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e279832.html )。
東南アジア製チェックスカーフにロシア製コンバットブーツです。


装具は中国製56式チェストリグ(80年以前のカーキのもの)と、代用品のユーゴスラビア製サスペンダーとピストルベルトです。


銃はカンボジアでも普及している中国製56-2式。私のはリアルソード製です。

ではここからは実際のカンボジア王国軍を見てみましょう。


装備の更新の遅れているところでは装具もつけていないような部隊もよく見かけます。
支給されていないのか、はたまた邪魔だからつけていないのか?
戦闘服も迷彩ではなくODです。わたしはこのODのモデルが好きです。
こういう部隊では靴ではなくサンダル履きの兵士なんかも見かけます。


こちらはDPM迷彩着用例。
カンボジアではいくつかの種類のDPMを見かけますが、私の所持しているDPMはパターンや色合いなどからこのモデルではないかと思います。
装備は中国製56式、サスペンダー、ロシア製RGD-5手榴弾、56式チェストリグ。
56式チェストリグは色合いから80年ごろ生産のカーキからグリーンへの移行期のモデルではないかと思います。


写真が大きいのでサムネイル表示です。クリックしてください。
こちらは装備が恵まれています。外国から招いた教官に近接戦闘を学んでいるようです。
特殊部隊でしょうか?警察は袖章のデザインがちがうのですが、この写真からは袖章の細部がハッキリわからないので軍の部隊なのか警察の部隊なのかはわかりません。
 
タクティカルベストやケブラーヘルメット、ニーパッドなども普及し、レッグホルスターにはピストルも携行しています。
しかし迷彩服はバラバラ。
左端の黒ベストの兵士の右のベルトだけ締めている兵士が着ているのはどうも中国人民解放軍の99式迷彩に見えます。
他にも右の方にはタイかどこかのものと思われるリーフ迷彩を着た兵士も。
 
教官も3カラーを着ていますし、カンボジアの迷彩事情はかなり面白いです。
しかしいろんな国の迷彩服が混用されていても、きちんとカンボジア国章に変更されているのは素晴らしいですね。
 

オマケ。


先日カンボジアに行ってこられたサバゲ仲間の同志すもうくが撮影してきてくださった現地のカンボジア兵。
検問所の兵士だそうです。
デジタル系の迷彩を着ていますね。カンボジアオリジナルの迷彩と思われます。
装備は56式のみのようですね。56式のスリングも中国製の56式用のものです。
 
カンボジア軍も徐々に近代化の波が来てなにやらサバゲーマー装備みたいになって来ていますが、私は昔ながらのOD装備が好きですねぇ。
まだまだ知識不足なのでさらに勉強して精進していきたいです。

  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 14:43Comments(8)軍装サバゲカンボジア王国軍装備

2012年08月05日

遂に機械化歩兵に!


以前からチームメンバーから譲っていただく話を進めていた三菱ミニカを本日受領しました!

今までゲームに行くのが大変でしたが、これで今までよりゲームへの参加が楽になります(^^)
 
はやく自動車保険に入らないと・・・ただ今見積もり中です。  
タグ :ミニカ三菱

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 19:57Comments(2)雑記

2012年07月24日

ベトナム人民軍軍装撮影会ダッコン編

こんばんは!
誰得記事が続いておりますが、ご容赦ください。需要?そんな事ZSU-23-4(NATOコードネーム:シルカ)!!

という訳で、前回( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e347376.html )の続きで、今回はベトナム人民軍特殊工兵隊(特殊攻撃隊とも)、ダッコンの軍装記事です。


野戦装備のダッコンといえばコレ!半袖短パンの迷彩戦闘服に装具なし、AKSのみ、しかも裸足という男前っぷり。


まさしく己の肉体が武器!ですね。



CIMG7107
CIMG7107 posted by (C)すてっきん
今回ダッコン軍装をやるのは私ではなく元同期ОКБです(^^;
北海道に帰ってしまう記念に最後の晴れ舞台です。


ダッコンといえば上の画像たちのように特徴的のダックハンター迷彩が有名ですが、ダッコン用の半袖短パン戦闘服はこの写真のリーフしか持っていないので、今回はリーフで撮影。


撮影前にお化粧。


ダッコンはドーランなどを用いず、泥などの自然物での偽装を好んで行います。


今回の偽装はこの写真を参考に(^^)


顔にも容赦なく塗り塗り。

CIMG7279
CIMG7279 posted by (C)すてっきん
一名の援護下のもと、川を渡るダッコン隊員。

CIMG7277
CIMG7277 posted by (C)すてっきん
後ろの援護の隊員はこの日愛知から参加してくださった同志東方紅。
人民解放軍のダックハンターでダッコン迷彩代用です。

CIMG7282
CIMG7282 posted by (C)すてっきん
AKMSは同志ワサビ・ニコフからお借りしました(^^)

CIMG7290
CIMG7290 posted by (C)すてっきん
CIMG7301
CIMG7301 posted by (C)すてっきん
今度は川にざぶり。

CIMG7295
CIMG7295 posted by (C)すてっきん
北海道に帰る前にとても良いパフォーマンスをやってくれました(^^)ありがとう!


オマケ


(写真提供:同志セルゲイ)
川にどっぷり浸かって演技指導と撮影を行う私(^^;
人民軍キャンバスブーツが水に浸かってパッと見てレザーブーツのような色に・・・  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:42Comments(2)軍装サバゲ現用ベトナム人民軍装備

2012年07月20日

現用ベトナム人民軍軍装分隊撮影②

お待たせしました!(待ってる人いるのか^^;? )
前回( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e343910.html )の記事の続きです。

前回は各人の装備や、川辺での撮影写真でしたが、今回はバンカー中心です(^^)


(写真提供:同志セルゲイ)
土嚢陣地で防衛にあたるベトナム人民軍分隊

(写真提供:同志セルゲイ)
陣地から敵性車両に睨みを効かせるRPG!
陣地ならB-10や65式無反動砲が欲しいところですが・・・・

(写真提供:同志セルゲイ)
腕には人民軍実物「Bảo vệ(防衛)」腕章。こういった腕章は人民軍の訓練写真、動画等で確認できます(^^)
CIMG7258
CIMG7258 posted by (C)すてっきん
指揮官の手旗と号令と共にRPGが発射されます!

CIMG7267
CIMG7267 posted by (C)すてっきん


(写真提供:同志セルゲイ)
56-2式はベトナムでは見かけないのですが、今回は銃が不足していたため投入。隣国カンボジアではよく見かけるのですが・・・。

(写真提供:同志M)
左側二名、私と同志東方紅は「Bảo vệ(防衛)」腕章をつけていますが、指揮官訳のコサック(マルサ)氏は「trục ban(基軸?)」腕章をつけています(^^)

(写真提供:同志すもうく)

(写真提供:同志すもうく)

(写真提供:同志すもうく)

CIMG7270
CIMG7270 posted by (C)すてっきん

(写真提供:同志すもうく)

現用ベトナム人民軍の軍装をされる方は少なく、今回チームの同志たちの協力でこのような素晴らしい写真を撮ることが出来て幸せです(^^)
感謝いたしますm(--)m

もうちょっとだけ続きます。


次回はベトナム人民軍特殊部隊、ダッコン編です!

需要?なにそれおいしいのですか?  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 01:41Comments(0)軍装サバゲ現用ベトナム人民軍装備

2012年07月07日

現用ベトナム人民軍軍装分隊撮影①

CIMG7138-1
CIMG7138-1 posted by (C)すてっきん
みなさんこんばんは。
先日のゲーム(http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e341650.html)の際に実施した現用ベトナム人民軍軍装での分隊写真撮影会の模様をお伝えします(^^)
装備のほとんどは私の貸出ですが、一部持ち寄っていただきました。

まずは参加者の紹介から。

CIMG7107
CIMG7107 posted by (C)すてっきん
元同僚ОКБ。今回は一人だけ旧来のグリーン戦闘服です。
今回ベトナム人民軍砲兵下士(伍長)の階級章を付けていますが、砲なんて当然無いのでRPG装備です(^^;


現在リーフ迷彩への更新をおこなっているベトナム人民軍ですが、旧来のグリーンの戦闘服も多数現役で、この戦闘服も混紡の比較的新しいものです。

CIMG7146
CIMG7146 posted by (C)すてっきん
コサック(マルサ)氏。今回は士官学校生徒や教官、一部部隊などが着用しているローカルメイドの笹柄迷彩です。
歩兵科の兵科章に略帽、トカレフホルスター装備で今回は指揮官をやっていただきました(^^)
56-2式はベトナムでは見かけないのですが、今回は銃数が足りず投入。


笹柄迷彩参考画像

CIMG7152
CIMG7152 posted by (C)すてっきん
今回愛知からはるばる参加してくださった同志東方紅(http://plath81.blog31.fc2.com/)。
ベトナム人民軍兵一(一等兵)です。
同志には56式とサンヘルメットを持参していただきました(^^)
56式のウェザリングが素晴らしいです・・・・・

CIMG7155
CIMG7155 posted by (C)すてっきん
今回巻き込まれた形の同志ワサビ・ニコフ(http://nkvd.militaryblog.jp/)。
AKMSと56チェストリグを持参していただき、ベトナム人民軍下士(伍長)をやっていただきました。

CIMG7150
CIMG7150 posted by (C)すてっきん
んで、アテクシ。ベトナム人民軍少尉です。

ではここからは撮影会の模様を、実際のベトナム人民軍画像とともにご覧ください(^^)

CIMG7122
CIMG7122 posted by (C)すてっきん
CIMG7145
CIMG7145 posted by (C)すてっきん

CIMG7153
CIMG7153 posted by (C)すてっきん

(写真提供:同志すもうく)
CIMG7243
CIMG7243 posted by (C)すてっきん
CIMG7242
CIMG7242 posted by (C)すてっきん

CIMG7246
CIMG7246 posted by (C)すてっきん
CIMG7253
CIMG7253 posted by (C)すてっきん

(写真提供:同志すもうく)

まずはひとまずこのあたりで次の記事へ続きます(^^;
色調とか光源とかもうちょっとうまく処理できたらよかったのですが・・・・

つづく  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 02:38Comments(4)軍装サバゲ現用ベトナム人民軍装備

2012年06月29日

6/23エピング戦 現用ベトナム人民軍装備

こんばんは、すてっきんです(^^)

去る6月23日、京都のエピングフォレストさん( http://www.cwo.zaq.ne.jp/bfbbw808/ )にてゲームをしてきました。
今回はその模様について。

CIMG7234
CIMG7234 posted by (C)すてっきん
今回は現用ベトナム人民軍装備で参加しました(^^)


(現用ベトナムに詳しくない方の為に現用ベトナム人民軍写真)

CIMG7311
CIMG7311 posted by (C)すてっきん
今回はわざわざ愛知から同志東方紅( http://plath81.blog31.fc2.com/ )が遊びに来てくれました!
人民解放軍装備がキマッております(^^)b

CIMG7314
CIMG7314 posted by (C)すてっきん
同志東方紅は普段は中国人民解放軍、台湾軍など、中華圏の軍装をメインにされています。
今回はさる理由によりその本領発揮とはならなかったのですが・・・それはまた後程。

CIMG7130
CIMG7130 posted by (C)すてっきん
見事にウェザリングされた同志東方紅のRS 56式d(^^)b
金属部分のみではなく、木製部分も素晴らしい汚しです。

CIMG7158
CIMG7158 posted by (C)すてっきん
頭にシダ植物を盛られるすもうく氏(^^;

CIMG7113
CIMG7113 posted by (C)すてっきん
軍装・サバゲを始められたばかりだというのに、相変わらず色々終わってらっしゃいます・・・。(褒め言葉
KLMKに6b2ボディアーマー、RD54にショフィールドカバー付SSh68ヘルメットとは・・・。
ソビエト末期から連邦黎明期の空挺軍でしょうか。

CIMG7118
CIMG7118 posted by (C)すてっきん
RD54には空挺軍の意匠が!シブい!

CIMG7164
CIMG7164 posted by (C)すてっきん
前の竹林戦のときにもそうでしたが、KLMKの迷彩効果は緑が多い地形では素晴らしいですね(^^)
カーキ色の6b2とRD54装備じゃなきゃバレないんじゃ、と思ってしまいます。
でもそこがイイ!

CIMG7131
CIMG7131 posted by (C)すてっきん
今回もロシア最新装備メーカー、サバイバルコープス社のSURPATに身を包んだ同志セルゲイ。
流石にフル装備は暑いのか、同迷彩のTシャツにブーニーハットです。装具もSmershでしょうか。
AKカスタムに余念がありません(^^)

CIMG7180
CIMG7180 posted by (C)すてっきん
90年代なロシア軍装に身を包んだ同志モスコフ。
川に入って撮影会をされてますが、台風4号の影響でいつもより流れが急です(^^;

CIMG7209
CIMG7209 posted by (C)すてっきん
すもうく氏と一緒に。
やはりこの時代のロシア軍装は興奮します・・・Урааааа!

CIMG7217
CIMG7217 posted by (C)すてっきん
緊迫の戦闘シーン!!

CIMG7170
CIMG7170 posted by (C)すてっきん
私が撮影用に持ってきたRPG-7に興奮するワサビ師。
「エエなぁ~・・・RPG買おかな・・・」

CIMG7126
CIMG7126 posted by (C)すてっきん
私が持ってきた信号らっぱを吹くコサック(マルサ)氏。
コサック氏はらっぱ手の経験があり、私と二人で起床らっぱやらメシのらっぱやら吹いていました(^^)

CIMG7179
CIMG7179 posted by (C)すてっきん
私が持ってきたベトナム国旗を持つ管理人さん。
普段は管理人さんはWWⅡ米軍装備なので、ブラックパジャマ装備の管理人さんは激レアです!!
私もこれまで米兵な管理人さんしか見たことありませんでした・・・
ゲームに参加された際は、武器を持たず、ベトナム国旗だけ掲げて敵陣に突撃されてました。
もちろん私も一緒に突っ込みました(^^)
動画を撮ってあるのでそのうちお見せ出来たら、と。

CIMG7175
CIMG7175 posted by (C)すてっきん
今回も赤チームのマーカーにはベトナム人民軍腕章を使いました(^^)
この腕章の意味は「防衛」。

CIMG7138-1
CIMG7138-1 posted by (C)すてっきん
今回最大のネタは現用ベトナム人民軍分隊写真撮影会です!
前回記事( http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e338409.html )で手持ちの現用ベトナム装備貸し出して分隊写真撮りたいな、と言っていましたが、いろいろ働きかけた結果、さっそく叶ってしまいました・・・(^ワ^)

CIMG7122
CIMG7122 posted by (C)すてっきん
左が同期ОКБ。右が同志東方紅。
二人とも私が貸し出した装備です。同志東方紅やワサビ師は今回の撮影会のため、ご自身の専門の軍装に力を入れられなかったと思います・・・。申し訳ない。
ОКБはもう少しで地元の北海道に帰ってしまうので、今回ラストゲームです・・・

撮影会の模様や、撮影写真については別記事でみっちりタップリやります!乞うご期待!!
現用ベトナムとかどこに需要があんねん、とかそういうツッコミはなしね!!!




オマケ。

CIMG7105
CIMG7105 posted by (C)すてっきん

サンヘルメットを盛られたОКБ。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 04:21Comments(0)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備サバゲ現用ベトナム人民軍装備

2012年06月18日

現用ベトナム人民軍装備を更に強化!

CIMG7020-1
CIMG7020-1 posted by (C)すてっきん
こんばんは、すてっきんです。
上の画像は手持ちの現用ベトナム人民軍被服。

CIMG7018-1
CIMG7018-1 posted by (C)すてっきん
最近さらに現用ベトナム人民軍のリーフ迷彩服やリーフ迷彩背嚢、略帽等を追加注文したりして、現用人民軍で分隊が組めそうになってきました(^^)
まあ身体は一つなんでだれかにお願いしなければいけませんが・・・;


また、この写真のタイプのベトナム人民軍陸軍の特殊部隊であるダッコン用半袖短パンのリーフ迷彩戦闘服も入手しましたが、さすがに私の醜い生足を露出するのは憚られるので着用画像をあげる機会はあるのかしら・・・(^^;


目指せサバゲでベトナム人民軍分隊!!