プロフィール
てっきん(旧名すてっきん)
てっきん(旧名すてっきん)
軍装趣味のサバゲーマーです。古今ベトナム人民軍やソビエトロシア、旧共産圏や第三世界、旧ユーゴ、イギリス、フランス植民地軍など。当ブログでは軍事関連のみの書き込みメインだが、Twitterやpixivでは二次元オタク的内容も含むので注意。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
当ブログは軍装、サバイバルゲーム、ミリタリーホビー交流などを目的としたものです。あくまで趣味の範疇であり、ブログ管理者および特定の人物の主義、思想、宗教、派閥等に関する主張を行うものではありません。

2018年12月15日

マルイ次世代M4A1をMOEカービン化

(ヽ´ω`)みなさんこんばんは。
すっかり寒くなりましたね。おいらはなんかゲホゲホ言ってて、明日病院にいってみます。

まあそれは置いといて、今回の記事のテーマは・・・。


これです。

先日昔の仕事の同期から引き取ったほぼ未使用の東京マルイ製の次世代M4A1カービンをマグプルMOEカービン化していきます。

あれ?お前MOEカービン持ってなかったっけ?って方もいるかもしれません。
しかしおいらが今まで使ってたKING ARMSのS&W M&P15 MOEカービンは前回のサバゲ(前回の記事参照)で使っていて、もうそろそろ寿命かな?という感じで。
MOEカービンは軍装ではなく、サバゲーユースに使っている銃ですから、ある程度の性能が出てくれないと困る訳です。

という訳で二代目のMOEカービンを手に入れようと画策したところ、前述の同期が使わないM4を死蔵していることを思い出し、連絡を取って諭吉2人で買い取りに至った訳です。
んで、先代のMOEカービンから必要パーツを移植する、と。

因みにこの同期というのが当ブログにもかつて登場した同期ОКБという人物なのですが、そのあたりは覚えている方は居ないでしょう・・・。

それではさっそく組み込んで行きましょぅ。


まずはハンドガード。

特に問題なく付きました。
ただ、若干前後に余裕があるのでハンドガードを握って前後に力を入れるとカタカタ動きます。

まあこれぐらいは許容範囲かな?


次はストックとグリップ。

これも問題なく付きました。
ネットのレビューとか見てると、うまく付かないみたいな事が何か所かのサイトで書かれていたので、加工覚悟だったのですが、普通に付いてしまったので若干拍子抜け。

まあちゃんと付いたんだしいいや。


問題はグリップで、これはモーターの角度が次世代とスタンダードで若干違うので、付くには付くけどメカノイズが増えるよ、ってレビューに書いてありました。

組み込み後の試し撃ちでは確かに若干メカノイズが増えてましたが、まあこれもこのぐらいなら気にならんな、って事でスルー。


そしてプラウダで「次世代でリポバッテリー使うんやったらこれは入れとけ」と言われたトリガースイッチの痛みを軽減する回路をセット。


そしてマグウェルにラバーグリップを装着。

おいらはマグウェルでホールドして構える事も結構あるのでこれは必須。あとかっこいい。


お次はハイダー。

これも先代で使っていたハイダーをそのまま移植。
しかし正ネジと逆ネジを変換するアダプターがうまいこと取り付けできず、結局接着剤でアダプターをハイダーに取り付け、バレルとの間にゴムリングを挟んでハイダーの角度を調整しました。


そしてこれが完成品。


斜め前からアップ。

うーん、いい感じ。


初速はこんな感じ。

必要充分ですね。

一応撃ってみた感じでは弾道も素直で、HOPもちゃんとかかっていました。

今月の23日に今年の撃ち納めサバゲーをやる予定なので、そこでの活躍に期待ですね。


あー、次のサバゲーが楽しみになってきた。うほほ。

それでは今回はこのへんで。





  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 20:35Comments(0)トイガンサバゲ銃器

2018年12月09日

2018-11-25 プライベートフィールドサバゲ

みなさまこんばんは。
今回は11月25日に行われた某所のプライベートフィールドさんでのサバゲ記事です。

IMG_2783
IMG_2783 posted by (C)てっきん

当日の装備。
山でのサバゲという事で、上下ユーゴ軍のM93迷彩服にプレキャリ、SPLAV製迷彩キャップといういで立ちです。

IMG_2775
IMG_2775 posted by (C)てっきん

プレキャリにはTACOマグポーチのほかにベルクロ式名札入れとジオン軍血液型パッチを付けました。


ゲーム開始前にフィールド整備の時間がもうけられ、今年の台風やらで荒れたフィールドの整備が行われました。


IMG_2779
IMG_2779 posted by (C)てっきん

くっつき虫いっぱい。
これは後で大変だぞ、と思ってたらゲームで動き回ってた内に取れてました(^^;


IMG_2784
IMG_2784 posted by (C)てっきん

ゲーム中は匍匐したり障害物の間を転がって移動したりで迷彩服もドロドロ。
家帰ってから速攻で泥を落として洗濯しました。
放置してたら汚れが落ちなくなったかもしれません(^^;


IMG_2789
IMG_2789 posted by (C)てっきん

今回久々に一緒にサバゲに参加したSSWメンバーせっつーくん。
久々に会えてよかった。


今回はいつもお世話になっているすもうくさんに車をだしてもらったのですが、すもうくさんの写真は撮り忘れました・・・
ごめんなさいッ!! or2


こちらのフィールドさんが現在の場所に引っ越してから初めて行かせてもらったのですが、相変わらずゲームのレベルが高く、大変楽しめました。
ぜひまた参加させてもらいたいですね。



 オ マ ケ

IMG_2780
IMG_2780 posted by (C)てっきん

クソデカナメクジくんオッスオッス!!
  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:59Comments(0)装備品サバゲ

2018年12月06日

LCT PP-19-01 Vityaz電動ガン外装カスタム

こんばんは、てっきんです。
今回のネタはコチラ。

IMG_2718
IMG_2718 posted by (C)てっきん

前回の記事でもチョロっと書きましたとおり、撮影会のフリマで購入したLCTのVityaz電動ガンです(^^)

しかし購入後からセレクターやら電気系にトラブル発生・・・。
色々やった結果、メカボごと余ってるLCTのAKから移植しました・・・。

まあそれで無事に撃てるようになったので、今回は外装を自分好みにカスタムしていきます。

IMG_2836
IMG_2836 posted by (C)てっきん

まずはフォアグリップ。

LCTのVityazにはハンドガード下部にレイルがついています。
そこで写真のとおり、マグプルのアングルドフォアグリップを装着。
レイルが短めだったので装着できるか不安だったんですが、ピッタリサイズでした。
特に加工もいらず。

なんでこのフォアグリップかと言うと、バーチカルフォアグリップって苦手なんですよね(^^;

IMG_2728
IMG_2728 posted by (C)てっきん

次にグリップ。
これもマグプルので好みのデザインがあったので購入。

IMG_2729
IMG_2729 posted by (C)てっきん

しかしこれはポン付けとはいかず、写真の矢印の部分がフレームにあたって取り付けできず(^^;
結局この部分の突起を切断して取り付けました。

IMG_2730
IMG_2730 posted by (C)てっきん

取り付け完了。
ヤシの木の模様がオシャレです(^^)

IMG_2750
IMG_2750 posted by (C)てっきん

しかしメカボの都合上、グリップとフレームの間に少し隙間が空きます。
まあこれぐらいはしゃあない。。。。

IMG_2752
IMG_2752 posted by (C)てっきん

そしてVityazはスリングスイベルが右側なので、マグプルMS-2スリングで吊りやすいようにタイラップで即席スリングスイベルを作成。

そしてダットサイトを載せれば。。。

IMG_2731
IMG_2731 posted by (C)てっきん

はい、完成(^p^)

その後、サバゲで使って使用感や性能をテストしてきました。

それに関してはまた後日、、、、。

それでは今日はこのへんで。
  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:55Comments(0)トイガン雑記銃器

2018年11月25日

2018年11月11日ロシア軍オールドスクール撮影会inルートアイリッシュ

DSC07465
DSC07465 posted by (C)てっきん

皆さまこんにちは。
今回は先日参加させていただいたルートアイリッシュさんでの古めのロシア軍装備撮影会の模様をダイジェストでお送りします。
主催者は皆の頼れる兄貴、すもうくさん。

今回は関東など遠方からの参加の方もおられて、非常に意義のある撮影会になったと思います。

今回撮影場所として利用させていただいたルートアイリッシュさんの詳細はコチラ。→http://battlexfield.wixsite.com/routeirish


IMG_2699
IMG_2699 posted by (C)てっきん

当日の私。
リードパターン迷彩服にSMK迷彩キャップとタクティカルベスト。
実は前日に準備をする前に眠りに落ちてしまい、朝急いでリードパターン迷彩服とキャップとブーツとAKS-74をひっつかんで急いで出てきたので、他にもやりたい装備もあったのですがお預け。
ベストはすもうくさんに貸していただきました。
感謝感謝。

IMG_2719
IMG_2719 posted by (C)てっきん

毎度おなじみワサビ・ニコフ師。
ブタン迷彩が非常にエロいです。

IMG_2700
IMG_2700 posted by (C)てっきん

すもうくさんからSMK迷彩装備一式借り受けたヒロゴフ兄貴。わるそう(小並感

DSC07273
DSC07273 posted by (C)てっきん

ヒロゴフ兄貴とツーショット。やっぱこの時代の迷彩は趣きがあっていいですね・・・。

IMG_2707
IMG_2707 posted by (C)てっきん

すもうくさんからSMK迷彩服を借りたりして集まったSMK迷彩集団。
これは垂涎ですね・・・日本でこれだけこの迷彩が集まることはそうそう無いでしょう。

yiyOOSzU
yiyOOSzU posted by (C)てっきん

撮影中はハチトリで煙幕を焚いたり、持ち寄った小物で演出を加えたりと皆さん趣向を凝らして撮影をされていました。
※煙幕はフィールド管理者様の許可を得た上で行っています。

DSC07383
DSC07383 posted by (C)てっきん

また、撮影班も最新のデジカメから昔ながらのフィルムカメラ等機材にもこだわってらっしゃいました。


フリマも開催され、私も・・・

IMG_2718
IMG_2718 posted by (C)てっきん

こんなものをついつい買ってしまいました。
それについてはまた次回で・・・・


日程については前半に90年代想定での撮影、後半に00年代での撮影だったように記憶しております。
参加者の皆さまも皆撮影会という事で誰もBB弾やバッテリーは持ってこなかったという徹底ぶり。
遠方の方も来られて、交流の面でも良い機会になったと思います。
これを機にもっと面白い撮影会が増えて行く事を祈念します。

駆け足の記事でしたが、この辺で〆たいと思います。
参加者の皆さま、フィールドさま、大変お世話になりました。是非またやりましょうね!



おまけ。

IMG_2720
IMG_2720 posted by (C)てっきん

 フ ァ - ブ ブ ジ ョ ン ノ フ カ マ ン


  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:52Comments(0)軍装イベントロシア連邦軍・内務省軍装備装備品戦闘服・被服

2018年10月13日

2018-8-11 バトルゾーン定例会

おはこんばんちは、てっきんです。    
  
 
IMG_2387
IMG_2387 posted by (C)てっきん
今回は去る8月11日に毎度お世話になっている奈良県のフィールド、バトルゾーンさんでの定例会の記事です。


IMG_2389
IMG_2389 posted by (C)てっきん
当日のアテクシ。
ユーゴ軍M89/93迷彩服にホームセンターで買ったベストという超テキトー装備。
見た感じ只の兵隊ヤクザである。
最近ホントサバゲで軍装しねぇな俺。

今回は軍装じゃないので使う銃も好きなものを、という事で、KING ARMSのS&W M&P15のMOEカービンとA&KのMASADAを持っていきました。
今回はゲーム成績もおいらにしちゃ上出来で、このまま今後も頑張っていきたいとこです。


恒例の撮影タイム!

IMG_2404
IMG_2404 posted by (C)てっきん
今回車を出してくれた皆の頼れる兄貴、すもうくさん。
ゲーム前半はロシア装備です。

IMG_2395
IMG_2395 posted by (C)てっきん
撮影にも余念がありません。
SVDいいなぁ、おいらもRSあたりのが欲しいとこです。


IMG_2400
IMG_2400 posted by (C)てっきん
こちらもロシア装備のうげぴーさん。

IMG_2409
IMG_2409 posted by (C)てっきん
バトルゾーンさんは背景の山がいい雰囲気を醸し出してくれるので好きです。

IMG_2417
IMG_2417 posted by (C)てっきん
SVDとツーショット。

IMG_2388
IMG_2388 posted by (C)てっきん
すもうくさんとうげぴーさんのロシアあわせ。かっこいいです。


IMG_2397
IMG_2397 posted by (C)てっきん
そして今回もはるばる長野から参加のらんぼーさん。
前半はタイの国境警察装備。全身真っ黒でさぞ暑かった事でしょう・・・。

IMG_2407
IMG_2407 posted by (C)てっきん
「イイよいいよ~。そのポーズ。」
ローアングラーと化したらんぼー兄貴。


IMG_2392
IMG_2392 posted by (C)てっきん
コチラは久々にご一緒したポンコツタンクさん。
半そでとはいえ、こちらも黒。暑そう・・・。


IMG_2419
IMG_2419 posted by (C)てっきん
後半はらんぼーさん(左)とすもうくさん(右)のタイのパークレンジャーあわせ。
この独特の迷彩、凄い好きなんですがどっかに売ってないもんか・・・。

IMG_2422
IMG_2422 posted by (C)てっきん
打ち合わせ中・・・。

IMG_2423
IMG_2423 posted by (C)てっきん
「今日はあっちから周ってみようか。」

IMG_2434
IMG_2434 posted by (C)てっきん
ご満悦のすもうく兄貴。
「パークレンジャー迷彩はいいゾ!」



おまけ

IMG_2393
IMG_2393 posted by (C)てっきん

 ス ー パ ー リ ッ チ


ポンコツタンクさんのTシャツです。

こういうネタTシャツ大好きです。




  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:43Comments(0)軍装ロシア連邦軍・内務省軍装備装備品サバゲ

2018年06月29日

2018年春のショットショージャパン インドシナ戦争期フランス軍ごっこ

皆さんこんばんは。

今回は2018年春の大阪ショットショージャパンの記事です。

毎度参加させていただいてるショットショージャパンですが、今回もすもうく商店・ベロモルカナル合同ブースにてスタッフをやっていました。
今回は日程の都合上日曜日だけでしたが。

前はよく軍装をしてスタッフをやっていたのですが、最近はあまり軍装はしていませんでした。
しかし今回は・・・

Dewa66EUcAACGbl
Dewa66EUcAACGbl posted by (C)てっきん
コチラ。

インドシナ戦争期のフランス軍、植民地空挺装備です。

インドシナ戦争期のフランス軍の装備はいろんな国の装備ごちゃまぜで、知らない人が見てもどこの国の装備なのかよくわからん状態です。
今回の私の装備もフランス軍、米軍、イギリス軍の装備ごちゃまぜでカヲス状態。
しかしわかる方にはわかっていただけて満足です。

次回のショットショーは9月だとか。
さて、次回はどうしますかね・・・色んな意味で。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 19:47Comments(0)軍装イベント装備品フランス植民地軍装備戦闘服・被服

2018年05月08日

2018.3.25 CZK定例会

皆さま今晩は。今回はいい加減に3月の定例会サバゲの時の記事を書こうと思います(遅

今回は京都のサバイバルゲームフィールド、「コンバットゾーン京都」様の定例会に参加させていただきました。
フィールド様のサイトはコチラ → https://www.combatzone-kyoto.com/

IMG_2088
IMG_2088 posted by (C)てっきん
今回の装備はこんな感じ。
今回は珍しく軍装はせず、サバゲーマー寄りのスタイルで参加しました。

IMG_2090
IMG_2090 posted by (C)てっきん
上半身はリップストップ生地でフード付きのTANカラーの謎ジャケットと謎のブーニーハット。
今回はピストルベルトに必要最低限のもので装備を組みました。サイドアームはカスタムグロック17.

IMG_2092
IMG_2092 posted by (C)てっきん
今回は軍装ではないので、好きな銃をってことでウチで一番いじってある銃であるキングアームズのS&W M&P15ベースのMOEカービンを使用。
ダットサイトはベレッタ社の純正品。グローブは田村装備開発さんのもの。
ピストルベルトにセカンダリとTACOマグポーチ3つとダンプポーチでまとめています。

IMG_2095
IMG_2095 posted by (C)てっきん
しかし数ゲームでマグポーチが壊れてしまいました。
安いレプリカだししゃーないですな・・・。

IMG_2093
IMG_2093 posted by (C)てっきん
ダンプポーチはロシアのSSO社製、ニーパッドもロシアのサバイバルコープス社製、ブーツはロシア軍官給品です。
何気にパンツがユーゴ軍のM93だったのですが、とくにそこのツッコミはありませんでした。

IMG_2111
IMG_2111 posted by (C)てっきん
今回も一緒に参加してくれた会社の先輩N氏。
もはやお馴染みになりつつあります;

IMG_2087
IMG_2087 posted by (C)てっきん
いつものメンツ、今日も車をだしてくれたやふし。
今回もイスラエル色マシマシです。

IMG_2108
IMG_2108 posted by (C)てっきん
今回もはるばる長野から参加のらんぼーさん。
装備からタイのスパイシーな香りが漂っています。

IMG_2107
IMG_2107 posted by (C)てっきん
らんぼーさんを撮影するすもうくさんとワサビ・ニコフさん。
メンツがメンツなので、やはり撮影会は外せません。

IMG_2096
IMG_2096 posted by (C)てっきん
ゲーマー装備のワサビ・ニコフ氏。
銃は私のMOEカービンです。

IMG_2080
IMG_2080 posted by (C)てっきん
ワサビ・ニコフさんのルーマニアンAKを吟味するらんぼーさん。

IMG_2078
IMG_2078 posted by (C)てっきん
やっぱさ、AKってこう・・・「良い」よな・・・。

IMG_2083
IMG_2083 posted by (C)てっきん
「写真とれました?」

IMG_2085
IMG_2085 posted by (C)てっきん
「ピンボケやんけ!」
「はぷし!」

IMG_2100
IMG_2100 posted by (C)てっきん
やふしが持ってきたイスラエル製抱っこ紐ならぬおんぶ紐を実際使ってみる。

IMG_2101
IMG_2101 posted by (C)てっきん
しかしこれが説明書がまた難解。当然文章ヘブライ語。

IMG_2102
IMG_2102 posted by (C)てっきん
とりあえずイラストのとおりに組み上げる事には成功。

IMG_2103
IMG_2103 posted by (C)てっきん
ではさっそく背負ってみましょう。

IMG_2104
IMG_2104 posted by (C)てっきん
「ふんごごごgg...」

どうやら各ストラップの長さをちゃんと調整しないとうまくいかないようで。
また次回に期待。



おまけ

IMG_2099
IMG_2099 posted by (C)てっきん
私とやふしとワサビ・ニコフさんの腕時計がおそろいのCASIO F-91W。
とくに示し合わせた訳ではありませぬ。

  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 19:04Comments(0)装備品サバゲ

2018年03月04日

2017年末コソボ戦あわせサバゲー

あけましておめでとうございます(遅

さて、今回は昨年末に行ったSURVIVAL GAME FIELD IDE様でのユーゴ連邦軍コソボ戦装備あわせの記事です。
フィールド様のURLはコチラ→ http://sgfide0611.militaryblog.jp/

写真 2017-12-30 12 49 22_preview
写真 2017-12-30 12 49 22_preview posted by (C)てっきん
写真 2017-12-30 12 52 56_preview
写真 2017-12-30 12 52 56_preview posted by (C)てっきん
今回の装備はコチラ。
コソボ戦時のユーゴ連邦軍装備です。

写真 2017-12-30 12 35 50_preview
写真 2017-12-30 12 35 50_preview posted by (C)てっきん
今回はこの装備で3人集まりました。
左から私、レッドアフガンさん、らんぼーさんです。
この装備(M93迷彩服+MD97ベスト)で3人で合わせができて胸熱です。

写真 2017-12-30 12 31 41_preview
写真 2017-12-30 12 31 41_preview posted by (C)てっきん
写真 2017-12-30 12 30 46_preview
写真 2017-12-30 12 30 46_preview posted by (C)てっきん
フィールド内に溝があったので塹壕に見立てて。

写真 2017-12-30 12 31 13_preview
写真 2017-12-30 12 31 13_preview posted by (C)てっきん
しかしゴーグルのせいでヘルメットがずり上がってすっげーかっこ悪い・・・orz

写真 2017-12-30 12 33 16_preview
写真 2017-12-30 12 33 16_preview posted by (C)てっきん
写真 2017-12-30 12 33 29_preview
写真 2017-12-30 12 33 29_preview posted by (C)てっきん
ロケットランチャー(M80ゾーリャ)発射用意!

写真 2017-12-30 12 41 10_preview
写真 2017-12-30 12 41 10_preview posted by (C)てっきん
水を飲もうと水筒をまさぐるアテクシ。
M70AB2のハンドガードを実物に換装しといてホント良かった。

写真 2017-12-30 12 40 20_preview
写真 2017-12-30 12 40 20_preview posted by (C)てっきん
うしろ。
背嚢にテントシート縛着するこのスタイルほんと好き。

写真 2017-12-30 12 58 25_preview
写真 2017-12-30 12 58 25_preview posted by (C)てっきん
写真 2017-12-30 13 02 52_preview
写真 2017-12-30 13 02 52_preview posted by (C)てっきん
移動中。

さて、写真はこんなとこですかね。
写真提供ホントありがとうございます!
ユーゴ軍装する方が関西ではあまりおられないので、今回の合わせはとても有意義でした。
その一方で反省点も結構あったので、またやる際は教訓を生かしたいです。




おまけ。


写真 2017-12-30 16 10 43_preview
写真 2017-12-30 16 10 43_preview posted by (C)てっきん
ひと昔前のロシアOMON装備のワサビ・ニコフさん。
クッソ悪そうですき。

  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:57Comments(0)軍装トイガン装備品サバゲユーゴスラビア人民軍/連邦軍装備銃器

2017年11月26日

S&T 三八式歩兵銃 エアーコッキングガン

こんにちは。
数か月おきの更新が当たり前の我がブログでまさかの二日連続更新です。

さて、今回のネタは・・・・

IMG_1878
IMG_1878 posted by (C)てっきん
コチラ。

S&Tの三八式歩兵銃エアーコッキングガン、購入しました。

日本人のミリヲタならほとんどの人が欲しいであろう三八式歩兵銃ですが、筆者も多分に漏れず昔から欲しい銃でありました。
ただ今回は大陸メーカーであるS&Tの製造という事で些か不安でありました。
同メーカーの64式小銃も持っていますが、お世辞にもいい出来とは言えませんでしたので・・・。

しかし今回、ネットでレビューを見た感じではそこまで悪い出来では無いようでしたので、今回購入に踏み切った訳です。
購入価格は約4.5諭吉。

それでは細部を見ていきましょう。

IMG_1869
IMG_1869 posted by (C)てっきん
薬室上部の刻印。

「お、ちゃんと菊の御紋も再現されとるやんけ!」

とか思った?

残念ながら花びらの枚数が違います。
実物は16枚の八重表菊紋ですが、このS&Tの三八式は15枚です。

まあパッと見は分からんので良しとしますか。
細部は違うとは言え、菊の御紋を大陸メーカーが付けてくれただけ良しです。
あとガス抜き穴が貫通してるのも嬉しいですね。

IMG_1868
IMG_1868 posted by (C)てっきん
機関部後部。

回転式の安全装置も再現されており、キチンと稼働します。

IMG_1875
IMG_1875 posted by (C)てっきん
遊底部。

デフォルトで金属製の防塵カバーが装着されています。これは嬉しい!
ボルトハンドルを操作するとカチャカチャといい音がします。

IMG_1876
IMG_1876 posted by (C)てっきん

ボルトストロークはこんなもん。
短いような気がしますが、まあエアコキですし仕方ないのかも。

IMG_1871
IMG_1871 posted by (C)てっきん
弾倉下部。

思いっきり「MADE IN CHINA」の表記があります。
ここはマイナスポイントですね。その内上から黒で塗ってしまいますかね。

IMG_1872
IMG_1872 posted by (C)てっきん
マガジン部。

思いっきりマガジンが見えています。
まあエアコキだから仕方ないんですが、これは何とかしたいですね。

IMG_1873
IMG_1873 posted by (C)てっきん
マガジン。

ダブルカアラムの26発装填です。
構造上ローダーの使用は無理ですね。

IMG_1877
IMG_1877 posted by (C)てっきん
今回は予備マガジンも2個一緒に購入しました。

マガジンが小柄なので、弾薬ポーチでの携行もしやすそうですね。

IMG_1874
IMG_1874 posted by (C)てっきん
照星部。

照星(フロントサイト)はガードが付いてる戦中型。たしかKTWさんのはガードが付いてないんじゃなかったか。
ここは嬉しいですね。
銃剣は持ってないので取り付けが可能かどうかは分かりません。

照門(リアサイト)の写真は撮るの忘れました(駄
コチラはきちんと目盛り入りで可動します。

IMG_1870
IMG_1870 posted by (C)てっきん
銃身前部。

何だこりゃ?
なんか加工時か何かの赤い罫書き線みたいなのが残っています。
個体差なのかしら。

IMG_1867
IMG_1867 posted by (C)てっきん
初速。

東京マルイ製0.2gバイオBB弾で適正HOP時の数値です。
ほぼこの数値で安定しています。

海外製のエアガンはHOPパッキンがダメなのが結構ありますが、今回はちゃんと働いております。
写真は撮ってませんが、HOP調整は照門の下にあるネジを六角レンチで調整する方式です。

IMG_1876-1
IMG_1876-1 posted by (C)てっきん
装填時のコッキングですが、個体差なのかたまに装填不良を起こします。

色々やってみましたが、写真の用にボルトを引く際に下に力を加えながら装填すると解決しました。
初期不良なのか筆者のコッキングのしかたがマズかったのか・・・何にせよ一応の解決はしたので良しとしましょう。


さて、私のレビューはこんなもんですね。
結論としては、この値段でこの出来なら充分じゃないかと思います。
その内サバゲーフィールドに連れて行ってあげて実戦投入といきたいですね。
  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 16:28Comments(4)トイガン大日本帝国陸海軍装備銃器

2017年11月25日

2017年8月 夏の北ベトナム軍装備

皆さまお久しぶりです。

今年の春に再就職してから中々サバゲにも行けていません。

そんな中8月に久々にサバゲに行ってきたのでその時の記事を書きたいと思います。

IMG_1682
IMG_1682 posted by (C)てっきん
今回は真夏という事で、比較的涼しげな1960年代北ベトナム人民軍装備で参加しました。

IMG_1665
IMG_1665 posted by (C)てっきん
それと今回は自分への誕生日プレゼントで買ったCZ P-09の試運転も兼ねています。

IMG_1664
IMG_1664 posted by (C)てっきん
他にもAKMのボルトハンドルが折れたので代わりに最新版のボルトハンドルやらBB弾やらガスやら色々買いました。
CZ P-09はフィールドで使ってみた感じ、素直な弾道でしたね。
今後もグロックなんかと一緒に使っていきたいです。

IMG_1670
IMG_1670 posted by (C)てっきん
LCTの最新版AK用ボルトハンドルは取り付けが大変でした。
メカボックスまで外したのなんてホント久しぶりでした。

AK本体はウェザリングしてあるので、ボルトハンドルも其のうちウェザリングしようと思います。

まあ、結局忘れたまま放置するんでしょうけど・・・(駄


IMG_1671
IMG_1671 posted by (C)てっきん
装備の方はこんな感じ。

北ベトナム軍といえばグリーンのイメージが一般的なようですが、1960年代の北ベトナム軍の装備はカーキ色です。
なので今回の装具もカーキ色のものに統一。

今回は肩掛けのAKポーチにグレネードポーチ、メディカルキットポーチに中国軍水筒、民生品の雑嚢の組み合わせです。

IMG_1673
IMG_1673 posted by (C)てっきん
被り物はお馴染みのサンヘルメット。
今回はカーキ色の個体に偽装網を装着。

IMG_1674
IMG_1674 posted by (C)てっきん
装備を組み上げたらこんな感じ。
北ベ装備はサスペンダーを使わず、各ポーチの肩掛けストラップで荷重を分散するようになっています。

IMG_1675
IMG_1675 posted by (C)てっきん
装具を装着して前から見た図。


IMG_1678
IMG_1678 posted by (C)てっきん
こちらは靴。
今回は妥協して現用のものでお茶を濁しました。

IMG_1679
IMG_1679 posted by (C)てっきん
中敷きに自衛隊の行軍用中敷きをセット。
これで履き心地は抜群です。


IMG_1685
IMG_1685 posted by (C)てっきん
フィールドにて、1960年代北ベトナム人民軍装備の私と、今回一緒に参加した同じ会社の先輩N氏。

IMG_1687
IMG_1687 posted by (C)てっきん
会社でN氏もサバゲが趣味であることをたまたま聞いたので今回お誘いしました。
普段はインドアでゲームをされているそうです。

IMG_1691
IMG_1691 posted by (C)てっきん
まえ。

IMG_1692
IMG_1692 posted by (C)てっきん
立ち。

IMG_1693
IMG_1693 posted by (C)てっきん
かばんちゃんです。
うそです。

IMG_1695
IMG_1695 posted by (C)てっきん
今回も車を出してくれたやふし。
タクティカルキルト装備です。涼しいんだろうなぁ・・・俺は着ないけど(

IMG_1697
IMG_1697 posted by (C)てっきん
久々のSSWメンバー集合!
実に3、4年ぶりの事です。みんな変わりなく。

IMG_1700
IMG_1700 posted by (C)てっきん
サバゲが終わってからは皆で飯食いました。肉肉。




おまけ



IMG_1684
IMG_1684 posted by (C)てっきん
アウターバレル内でBB弾が三発同時に弾詰まりを起こすという珍事。
  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 00:47Comments(0)軍装トイガン装備品サバゲ北ベトナム軍装備

2017年07月10日

P37装備いじり

DES-x0nUQAAwdse
DES-x0nUQAAwdse posted by (C)てっきん
皆さんこんばんは。
転職して1か月とちょっと。新しい職場にもだんだんなじんできました。
昨晩久々にWWⅡ英軍のP37装備をいじってはTwitterにうpしていたので折角なのでその写真を使って記事にしたいと思います。

DEStHe_U0AAv-wW
DEStHe_U0AAv-wW posted by (C)てっきん
こちらが私のP37装備。
今はベーシックポーチではなくリー・エンフィールドポーチにしています。

DEStnElVoAA9Rmn
DEStnElVoAA9Rmn posted by (C)てっきん
エントレンチングツールと銃剣とワイヤーカッター。
こういう小物を付けるの大好きです。

DES2Y8aUMAEkCOx
DES2Y8aUMAEkCOx posted by (C)てっきん
銃剣。
銃剣の鞘がいわゆるカナディアンタイプです。
大戦期の一般的な方の鞘が欲しいですね。

DESxOwbVYAA2sjS
DESxOwbVYAA2sjS posted by (C)てっきん
銃剣をエントレンチングツールの柄の先のアタッチメントに接続。
エントレンチングツールのアタッチメントって銃剣を取り付けるための物だったんですね。
昨日初めて知りました(駄

ずっと柄を延長するアタッチメントがあって、それを付けるんだと思っていました・・・。

DETD7XyV0AAJpbc
DETD7XyV0AAJpbc posted by (C)てっきん
カーキドリルの半そでジャケットとグルカショーツ。

DETEblsUMAMLTI6
DETEblsUMAMLTI6 posted by (C)てっきん
一応シャツも持ってます。
リプロですけど。

DETRIXHVwAAjBjA
DETRIXHVwAAjBjA posted by (C)てっきん
KDホーゼ。
グルカショーツと合わせるならやっぱりこれです。
色の濃いのと薄いの、2種類持っています。

DETL_gFUMAAjeE1
DETL_gFUMAAjeE1 posted by (C)てっきん
メスキットと石鹸。
スモールパックにしまってありました。
石鹸は官給品の証であるブロードアローがついていますが、本物かリプロかは不明です。

DETRvCYV0AA96kS
DETRvCYV0AA96kS posted by (C)てっきん
リー・エンフィールドライフル用バンダリア。
何も入れる物が無いので取り敢えずマッチ箱で膨らませているのですが、些か膨らみすぎなのでちょっと考えないとですね。

DETHTtSU0AALs7x
DETHTtSU0AALs7x posted by (C)てっきん
DENIXのリー・エンフィールドとパシャリ。
「桜の国からこんにちは!」→ http://insnowaesenal.militaryblog.jp/
の管理人でサバゲ仲間のせっつー君がKTWのリー・エンフィールドNo.4を買ったので羨ましいかぎり。

P37系装備はとても奥が深くてやりがいのある装備なので、今後も力を入れていきたいですね。
今回紹介した装備や服を実際装備してる写真はこちらの過去記事からどうぞ。
   ↓
http://stechkinaps1991.militaryblog.jp/e781666.html

それでは今日はこのへんで。
おやすみなさいませ。


あぁ~、サバゲー行きてぇなぁ。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:34Comments(0)軍装雑記装備品WWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2016年12月29日

2016年12月29日サバゲおさめチェチェン風

こんばんは。

今日はらんぼーさんの提案で、奈良県のフィールド「ラグーンシティ」さんへ撃ちおさめに行ってきました。

ラグーンシティ様のホームページはコチラ→ http://www.laggooncity.jp/

1229-1
1229-1 posted by (C)てっきん
当日の私(左)とすもうくさん。
チェチェン紛争時のロシア軍の軍装をしています。
CQB主体のフィールドなのにタクティカルのタの字も無い・・・。

楽しめればええんじゃ。

1229-2
1229-2 posted by (C)てっきん
防寒着プラス。
私はOKZK防寒着の上に6Б3Тボディーアーマー、すもうくさんがアフガンカの上に6Б4ボディーアーマー
を装着し、さらにアフガンカの防寒着を羽織っています。

1229-3
1229-3 posted by (C)てっきん
ご一緒した五式さん。
ロシアのおまわりさん装備です。

1229-4
1229-4 posted by (C)てっきん
警棒を装備。コワイ!!


フィールドはかなり寒かったですが、ロシア製の防寒着のおかげで凍えることなく
ゲームに集中できました。
ってかウールのインナーが重くてかさばるので動きは制限されましたが・・・^^;

ゲームの成績は相変わらずのへっぽこでしたが、非常に楽しい一日でした。
来年もよろしくお願いいたします。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:15Comments(0)ロシア連邦軍・内務省軍装備

2016年09月01日

2016.8.21 バトルゾーン定例会

皆さんこんにちは。

今回は8月21日のバトルゾーン定例会の記事です。

IMG_1152
IMG_1152 posted by (C)てっきん
当日の私。
カンボジア軍の一般兵装備で行きました。
暑い時は一番これが楽です。超軽装だし(^^;

IMG_1149
IMG_1149 posted by (C)てっきん
一緒に参加したやふし君。
装備は一式イスラエル軍なんですが、ライフルが何故か超カスタムのM16。
タボール持ってるんだからタボールで撮ればよかった(^^;
暑かったらしく、途中から着替えてました。そりゃそうだ。

IMG_1153
IMG_1153 posted by (C)てっきん
同じく一緒に参加した山風さん。
今日は夏サバゲ装備。

他にもせっつー君やレンチ兄貴も一緒に参加しました。
せっつー君はアフガン戦のソ連空挺軍装備だったのですが写真撮りわすれました(^^;

IMG_1148
IMG_1148 posted by (C)てっきん
レンチ兄貴の「不法入国者」Tシャツ。
ほしい。


今回は普通の定例会だったのですが、昼休みを利用して「ある競技」にチャレンジしました。
「ある競技」って?

それは・・・「コーラウォーリア」です。

なんやねんそれ?って方は調べてみてください。

簡単に言うと、コーラがぶ飲みしてマシュマロ食って障害物走と射撃競技をやるという、
非常に自分の体を痛めつける競技です(^^;

今回は現地の状況に合わせて障害等設定したのでアメリカ人がやってる真のコーラウォーリア
には全然及ばない内容ですが、それでも地獄でした。

まずうさぎ跳びで銃の元まで移動します。

IMG_1155
IMG_1155 posted by (C)てっきん
そして置いてある銃(RPK)を分解して結合。

IMG_1158
IMG_1158 posted by (C)てっきん
そして大サイズのマシュマロを口に3つ詰め込んでコーラ500mlを一気飲み。

そしてフィールド外周をダッシュで周り、

IMG_1160
IMG_1160 posted by (C)てっきん
拳銃でマンターゲット4つを撃ち、

IMG_1165
IMG_1165 posted by (C)てっきん
最後にまたコーラ500mlを一気飲みで終了。

IMG_1163
IMG_1163 posted by (C)てっきん
実際やってみて、本場アメリカ人ほどのキツい条件じゃないんでなんとかなるやろう
と思ってましたが、それでも十二分にキツかった・・・。
私はなんとかクリアしましたが、今回チャレンジした五人のうち、一人は途中でリタイア、
もう一人はコーラリバースしたほどです。

アメリカ人がやってるバカなことなんてマネするもんじゃねぇな。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 12:59Comments(0)軍装雑記装備品サバゲカンボジア王国軍装備

2016年07月23日

2016.7.16 スルプスカ共和国軍ごっこ

e1cbb92a-1ec8-4096-b115-2ad34d594e6b
e1cbb92a-1ec8-4096-b115-2ad34d594e6b posted by (C)てっきん

皆さんこんばんは。
今回は先日のバトルゾーンでのスルプスカ共和国軍ごっこの記事です。

SMBシャツにスルプスカリザードパンツとかなり軽装ですが、実際写真みてるともっと軽装な兵士もいます。
今回の組み合わせはユーゴ装備の先輩にご指導いただき組んだもの。


a6e42695-20d6-4298-8583-cd2a2bc536a6
a6e42695-20d6-4298-8583-cd2a2bc536a6 posted by (C)てっきん

小物たち。
AKのマガジンをカラービニテでセルビア国旗カラーで縛着しています。

DSCN1703
DSCN1703 posted by (C)てっきん

LCTのM70AB2のハンドガードは実物に換装。

DSCN1704
DSCN1704 posted by (C)てっきん

ヘルメット前部にはセルビア十字を自分で描きました。
実際内戦中の写真を見るとこういうワンポイントなオシャレが多いです。

DSCN1702
DSCN1702 posted by (C)てっきん

グラサン。
内戦中はこういう古めかしいデザインのサングラスの使用例が多いです。
ホームセンター三軒回ってやっと買えました;

1410b636-4d42-42eb-a22f-019ac0fd81af
1410b636-4d42-42eb-a22f-019ac0fd81af posted by (C)てっきん

まえ。
本来肩掛けのマグポを腰に巻き、バラ弾入れマシマシ。

0a175e69-ec3c-462c-912e-adab2c3a6740
0a175e69-ec3c-462c-912e-adab2c3a6740 posted by (C)てっきん

うしろ。
流石に水筒ぐらいつければよかったかしら・・・?


いつかもっと人数集めて部隊写真撮りたいですねぇ。

では今日はこのへんで。



  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:30Comments(0)軍装トイガン装備品サバゲセルビア軍装備内戦時セルビア人軍装備

2016年07月13日

4/24トレンチ WWⅡ英軍装備合わせ

DSCN1677
DSCN1677 posted by (C)てっきん

皆さま今晩は。
今回は去る4月に大阪のトレンチさんで開催された定例会の際に行ったWW2英軍装備
あわせの記事です。

DSCN1669
DSCN1669 posted by (C)てっきん
DSCN1642
DSCN1642 posted by (C)てっきん

英軍の熱地装備はやっとグルカショーツとブッシュジャケットがサイズが合うのが手に入った
ので、折角あったかくなってきたのでフィールドで着ようと思い立った訳です。

DSCN1690
DSCN1690 posted by (C)てっきん

そしてコチラ、写真左は英軍P40を着込んだ英軍装仲間のhanacoさん。

DSCN1695
DSCN1695 posted by (C)てっきん

hanacoさんは暑い中デニソンスモック着込んだりしてました(^^;

DSCN1699
DSCN1699 posted by (C)てっきん

しかし熱地装備と空挺フル装備、なんとも不思議な組み合わせですね(^^;

DSCN1685
DSCN1685 posted by (C)てっきん

エントレンチングツール。戦中品。

DSCN1689
DSCN1689 posted by (C)てっきん

ワイヤーカッター。こっちは戦中同型の戦後品。

DSCN1701
DSCN1701 posted by (C)てっきん

私は熱地装備だったのでそうでもなかったのですが、ウールフル装備のhanacoさんはかなり熱そうでした;
やはり軍装着込むなら春先か秋あたりがイチバンですね・・・  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 21:00Comments(0)軍装サバゲWWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2016年07月13日

いつぞやのユーゴ軍あわせ

皆さんお久しぶりです。
ミリブロのログイン情報を紛失してしばらくログインできなくなってたのですが、さっきやってみたら奇跡的に
ログイン出来てしまったので更新したいと思います。

DSCN0994
DSCN0994 posted by (C)てっきん

今回は廃屋を中心としたフィールド、ルートアイリッシュさんにお邪魔した時の記事です。
って言っても最早いつ行ったのかも定かではないのですが・・・(^^;

DSCN1102
DSCN1102 posted by (C)てっきん

今回はユーゴスラビア人民軍末期の装備合わせで、写真左の迷彩シャツが私、右がツイッター
フォロワーさんでサバゲ仲間のらんぼーさんです。

DSCN1068
DSCN1068 posted by (C)てっきん

射撃訓練中・・・

DSCN1076
DSCN1076 posted by (C)てっきん

講評。

DSCN1049
DSCN1049 posted by (C)てっきん

トラックにて移動。。。

DSCN1079
DSCN1079 posted by (C)てっきん

会敵!

DSCN1084
DSCN1084 posted by (C)てっきん

DSCN0999
DSCN0999 posted by (C)てっきん

DSCN1000
DSCN1000 posted by (C)てっきん

DSCN1004
DSCN1004 posted by (C)てっきん

DSCN1010
DSCN1010 posted by (C)てっきん

廃屋中心ということで、非常にユーゴ装備とも相性が良く、良い写真がたくさん
撮れました(^^)
ぜひまたユーゴ合わせで撮りたいですね。



おまけ。

DSCN1091
DSCN1091 posted by (C)てっきん

DSCN1097
DSCN1097 posted by (C)てっきん

もちろんポーズとってるだけ。フリですよ(^^;  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 18:06Comments(0)サバゲユーゴスラビア人民軍/連邦軍装備

2016年03月20日

インドシナ戦争フランス植民地空挺大隊Mle47/52スモック

DSCN1641
DSCN1641 posted by (C)てっきん

皆さんこんばんは。
画像は冬に手に入れたインドシナ、アルジェリア戦争期のフランス軍空挺スモック。
その中でもMle47/52と呼ばれる型のものです。
写真では上だけですが、下もセットで手に入れました(^^


DSCN1638
DSCN1638 posted by (C)てっきん

という訳で着込んでみました。


DSCN1640
DSCN1640 posted by (C)てっきん

インドシナ戦争期のフランス軍の装備品はアメリカ、イギリス軍等の装備品が入り混じって
おり、今回着込んだ装備のように上下ちぐはぐな例も沢山見受けられます。


DSCN1636
DSCN1636 posted by (C)てっきん

というかこのスタイル大好きなんですよね(^^;
なので今回は折角上下手に入れたスモックですが、あわせは英軍ウィンドプルーフパンツとです。
M1カービンはTwitterで一時話題になった5000円程度で買えるエアコキ。


DSCN1639
DSCN1639 posted by (C)てっきん

うしろ。
P37ベーシックポーチを雑嚢代わりに。これも実際の着用例があります。
まあポーチの型がちがうんでそれは何とかせにゃならんのですが(^^;
水筒も47年型と米軍のM1910をつけてます。
2つはさすがに付けすぎだと思うので次ははずします(--;

ではでは今回はこのへんで。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 22:30Comments(0)軍装フランス植民地軍装備戦闘服・被服

2016年03月19日

英軍Mk.Ⅱ、Ⅲ、Ⅳヘルメットのお手入れ

皆様こんばんは。

さて、今日は手持ちの英軍のヘルメット各種のお手入れをしたいと思います。

DSCN1620
DSCN1620 posted by (C)てっきん

さて、こちらは先日ボロボロのライナーからベルギー軍のものに交換したMk.Ⅱヘルメット。
こちら交換して早々に本家のレプリカライナーが手に入ったのでこちらに交換し直したいと思います^^;

DSCN1621
DSCN1621 posted by (C)てっきん

ライナー交換の手順は先日記事にしたとおり。サクッといきましょう。


DSCN1623
DSCN1623 posted by (C)てっきん

んでこちらはMk.Ⅱヘルメットの後継者たち。肌色のほうがMk.Ⅲ、OD色がMk.Ⅳです。


DSCN1624
DSCN1624 posted by (C)てっきん

このMk.Ⅲヘルメット、以前のMk.Ⅱと同じようにライナーが痛んでしまっています。
Mk.Ⅳではごらんのようにライナー構造自体が違うのですが、Mk.Ⅲはこれまでの型と基本的に一緒。
せっかくベルギー軍ライナーがあまったのでこっちを交換してしまいましょう。


DSCN1625
DSCN1625 posted by (C)てっきん

ただ問題がひとつ。
Mk.Ⅲからはライナーの固定方式がネジからスナップボタンに変更されていたのです;


DSCN1629
DSCN1629 posted by (C)てっきん

仕方がないのでこのとおり。
穴を通して針金で無理やり固定。
まあ被れず箪笥のこやしにされるよりかはヘルメットもこの方が本望でしょう(謎


DSCN1630
DSCN1630 posted by (C)てっきん

さてお次はあご紐。Mk.ⅢもⅣもあご紐は共通です。
しかしフォークランド紛争装備等でよく使うMk.Ⅳの方のあご紐が痛んでいます。
折角ですしこっちも換えてしまいましょ。


DSCN1631
DSCN1631 posted by (C)てっきん

固定方式はいたって簡単。
マイナスドライバーとラジオペンチではずして、、、


DSCN1632
DSCN1632 posted by (C)てっきん

取替え。
これでフォークランド装備で堂々とヘルメットを被れます(^^

さて、本日はこのへんでオサラバ。  
Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:00Comments(0)軍装雑記装備品冷戦期イギリス軍装備WWⅡイギリス軍装備

2016年03月18日

WWⅡイギリス軍熱地装備を目指して

C48Uz
C48Uz posted by (C)てっきん

皆様こんばんは。
こちら、英軍のカーキドリルジャケット。届きたてほやほやです(謎

と、言う訳で・・・・

DSCN1614
DSCN1614 posted by (C)てっきん

着込みました。・・・部屋が汚い?ほっとけ。
とりあえずカーキドリルで服をそろえて、P37装備着込んだだけですが。
とりあえず着ただけで、何年のどこの戦線、といった想定はしてません。

DSCN1615
DSCN1615 posted by (C)てっきん

うしろ。
エントレンチングツールの延長、ほしいですね。
別にこのままで良いっちゃ良いんですが。

DSCN1610
DSCN1610 posted by (C)てっきん

ウールのバトルドレスにしろカーキドリルにしろ、なんとなく形にはなってきました。

DSCN1613
DSCN1613 posted by (C)てっきん

こうなるとJGも欲しくなってくるんですよね。
いや、それは更に深い沼やぞお主・・・。

では今回はこのへんで。  

Posted by てっきん(旧名すてっきん) at 23:47Comments(2)軍装雑記装備品WWⅡイギリス軍装備戦闘服・被服

2016年03月14日

いつぞやのバトラン戦という名の茶飲み会

皆様こんばんは。

暇を持て余しているので、前職で忙しくて全然ブログ更新していなかった時の写真を使って更新
したいと思います。

さて今回は去年の夏ごろ、和歌山のバトルランド1にて実施されたサバゲという名の茶飲み会の
写真です。


DSCN1183
DSCN1183 posted by (C)てっきん

こちらは大祖国戦争のソビエト労農赤軍35年型装備のパブロフ君。
ソ連軍ゴーグルが非常に怪しいです(^^;

DSCN1184
DSCN1184 posted by (C)てっきん

こっちでスイカ食ってるのは日本軍の南方装備の山風さん。
やっぱ夏はスイカですな!

DSCN1193
DSCN1193 posted by (C)てっきん

そしてこちらはスペシャルゲスト、OG装備のHanacoさん。
雰囲気作りの為にティーセットまで持参する徹底ぶり。

いつかWW2英軍合わせやりたいですなぁ。。。
最近レプリカのカーキドリル上下を入手したので、熱地装備とかであわせるのもいいですね。

我々が暑さで参加料払ってるくせにゲームに出ずにセーフティでずっとダベってるだけに対して
Hanacoさんはちゃんとゲームに出てらっしゃいました。
オイラも見習わなきゃ。

そして今回の私の装備は、

DSCN1187
DSCN1187 posted by (C)てっきん

前半はインドシナ戦争のフランス軍植民地空挺大隊でした。

今回の組み合わせは米軍ダックハンタージャケットに英軍ウィンドプルーフパンツという
組み合わせです。
戦後間もない頃は米軍や英軍の装備を使用している例も多く、今回の組み合わせの
ようにフランス製装備品より米英の装備品の割合の方が多い、なんて例もたくさん見かけ
ます(^^;

DSCN1188
DSCN1188 posted by (C)てっきん

銃はマルイのトンプソン。
銃器も多彩な種類が使われておりましたが、モデル化されているものが少なく・・・
MasライフルやMAT49サブマシンガンのモデル化が待たれます(多分無理

今回はトンプソン装備という事で、装具はMAT49短機関銃用のポーチを付けています。

DSCN1190
DSCN1190 posted by (C)てっきん

うしろ。
リュックのフラップにおフランス軍テントシートを挟み込んでいます。

そしてワンポイントのP37ベーシックポーチ。
インドシナ戦争の写真を見ていると、ちらほらこの付け方をしている写真が散見されます。
雑嚢として使ってたのでしょうかね。

DSCN1192
DSCN1192 posted by (C)てっきん

そして水筒は47年型と米軍水筒の2個を付けています。
今思うとやりすぎかも(^^;


DSCN1195
DSCN1195 posted by (C)てっきん

そして昼からは現用ベトナム人民軍の歩兵装備です。

DSCN1197
DSCN1197 posted by (C)てっきん

装備している56式チェストリグは中国軍のものでは無く、ツイッターのフォロワーさんで
同じくベトナム人民軍装備をされている方からのプレゼントのベトナム製のものです(^^

普通行軍等ではスリングで銃を背負う事が多いですが、ベトナム人民軍においてはこ
の写真のように銃身を持って肩に担ぐのが一般的です。

DSCN1198
DSCN1198 posted by (C)てっきん

うしろ。
背嚢に中国軍同型スコップを挿して携行。
ベトナム人民軍ではこの型のスコップが一般的で、紐を結んで背負っているのを
よく見かけます。

DSCN1199
DSCN1199 posted by (C)てっきん

戦闘態勢!

DSCN1202
DSCN1202 posted by (C)てっきん

ベトナムでは多彩な種類のAKが使われており、最近ではMpi-KMが増えています。
まとめてどこかから買い付けたのでしょうかね。

DSCN1203
DSCN1203 posted by (C)てっきん

さて、今回はこんなとこですかね。
ベトナム人民軍装備に関してはいまのとこ関東にしか仲間がおらず、なかなか装備あわせ
が出来ないのが残念です。

何人分かは余分を持っているので、あと何人か仲間が出来れば一個分隊で撮影会ができ
るのですが・・・。

今後の課題ですね。